« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

義援金ありがとうございました。

「東北地方太平洋沖地震」被災者救援募金の結果報告
20110331_1   
20110331_3_2この度の東北地方太平洋沖地震において被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早い被災地の復興を心からお祈り申し上げます。

早速ですが、先日行いました募金活動には、多大なご協力をいただきありがとうございました。

20110331_2_2一週間で190,271円の義援金が集まりました。
この内当店ファンホイールズのお客様からは、4日間で29,349円の募金をいただきました。

その後も学校の各学年会計の残金を募金していただいたり、新たな協力もしていただいたりして、最終的には204,984円を、大田区役所の義援金ボックスに届けることが出来ました。
(お店の掲示板に領収書のコピーを貼り付けてあります。)

改めて皆様方の素早い結束力と素晴らしい行動力に、感動いたしました。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年3月30日 (水)

ビーノ始動不能!

熊谷ナンバーの2008年式XC50D「VINO」にお乗りになるお客様が来店しました。
当店前の国道1号線を利用し、横浜方面から遠く埼玉方面へ向かう途中だったらしく、走行中急にエンストした後、一斉エンジンが掛からなくなってしまい、暫くバイクを押して当店に辿り着いたそうです。

点検&診断の結果、燃料が行ってない事が判り、直ぐに燃料ポンプ不良のサービスキャンペーン対象車である事が判明いたしました。

サービスキャンペーンとは、リコールや改善対策に該当しないけれど、商品性向上や品質改善を行なう場合に、バイクメーカーが国土交通省に通知をして対策を実施する制度です。

20110330_1今回の場合は、「燃料ポンプの樹脂製インペラ(燃料を圧送する羽根車)の成形条件が不適切で、燃料温度が高い状態で継続使用するとインペラが変形し、燃料ポンプ内で干渉することがあり、そのため燃料吐出量が低下して加速不良や始動不良となり、最悪の場合は走行中にエンストするおそれがある。」と云うもので、燃料ポンプを良品と交換して対策するものです。

ついでに調べるとメインスタンドも対策品と交換するサービスキャンペーンに該当している事がわかり、今回は燃料ポンプとメインスタンドの両方を新品の対策部品と交換しました。
お客様には、飛び込みで初めて来店したバイク店で無料で修理して貰った!っと大変喜んで頂きました。

20110330_2メインスタンドに関しては、スタンドに設けられた水抜き用の孔の形状が不適切で、孔部付近の強度が不足しているものがあり、メインスタンドを立てる際に、スタンドが変形するおそれがあるそうです。

修理が終わり整備記録を行うため、いつものように整備手帳の提示を求めたところ、このバイクは2年前に中古車で購入していて、その時点で整備手帳は貰ってないと云う事でした。
2年前だったら中古車でも保証が残っていたに違いないので、保証登録されている筈ですが・・・?
2009年に届出の「サービスキャンペーン」が未だ行われず、バイクを買った販売店やメーカーからも、この2年間「サービスキャンペーン」の案内は無かったそうです。

今回のように、バイクを購入の際に保証登録されておらず、「リコール」や「サービスキャンペーン」などの案内が届いていないケースが多く見受けられます。
保証登録されていないと、危険な状態でバイクに乗り続ける事になりますので、バイクを購入される際は、この点(アフターサビス面)も考慮して購入する事をお勧めいたします。
また、現在お乗りのバイクで不具合が出ている場合、リコール対象の可能性も御座いますので、心配な方は、お気軽にご相談ください。

| | コメント (0)

2011年3月29日 (火)

ZRX1100フロントフォークオーバーホール

今日は朝から「ZRX1100」の車検でした。

20110329_1今年で5回目の車検となる、この2000年式「ZRX1100」は、走行距離こそ3万キロ弱ですが、早いもので、あっという間に10年が経ちました。

そんなことから今回は、フロントフォークがヘタってきているようで、車検と一緒にフォークのオーバーホール(OH)も依頼されました。

20110329_3早速フォークのOHと云うことで、先ずは車体からフォークを外し、受け皿にオイルを抜いてみると・・やはり10年の月日は長かったのか?真っ黒なオイルの中に筋状に白いものが混ざり、(これは?水ですネ!)白濁して、コーヒーにミルクを混ぜたようなオイルが、大量の金属粉やゴミと一緒に出てきました。しかもねっとりしたオイルが随分少なめに・・・この感じは、全くダンパー効いてなかったんじゃ・・

20110329_2次にこのフォークを分解して、隅々まで綺麗に洗浄して、パーツひとつひとつを点検していくと、スライドメタルの接触面が磨耗して地が出始めていました。
ゴム製のシール類も硬化してカチカチで、オイル漏れ寸前って感じでした。

これらメタルやシール類も新品に交換して、フォークを組み立て新しいオイルを注入し、念入りにエア抜きした後オイルレベルを調整して、10年振りに蘇ったフロントフォークでした。

20110329_4今回は、このフォークのOH以外に、フロント・タイヤや細かいところで、スパークプラグやエアークリーナーに、油脂類では、エンジンオイルやブレーキ液も交換しました。

ちなみに交換したタイヤはミュシュランのNEWタイヤ「パイロットロード3」でした。
前回は「パイロットロード2」を履かせていましたが、なんと7千キロしかもちませんでした。
普通に乗ってれば1万5千キロはもつタイヤなのに・・・
やはりライディングスクールで走り回っているのが、磨耗を早めているのでしょうか?
次は履き替えた「パイロットロード3」に期待しましょう!

| | コメント (0)

2011年3月27日 (日)

2011RV200i入荷!

SYMの「RV200i」がマイナーチェンジして登場!

20110327_1171.2cc水冷4サイクル・エンジン搭載の「RV200i」は、原付二種に近い小振りな車体サイズで軽二輪登録できるバイクとして、当店でも人気の高いバイクです。

軽量コンパクトな車体は原付二種感覚で取り回しができて、渋滞のすり抜けもし易く、省スペースに駐車でき、いざとなったら高速道路にも乗れる、ひじょうに実用的で欲張りなバイクです。

20110327_2このバイクのもうひとつの特徴でもあり、人気の理由となっているのが、このクラスでは珍しいフラットなフロアーステップボードを採用していることで、乗降もスムーズで足元に荷物も積めて更に利便性を上げています。

20110327_3メインキーを押すとキャップが自動開蓋するワンプッシュ・ガソリン給油口をハンドル左下に設置。
ガソリンスタンドでシートに座ったまま、手を汚すことなく給油が可能です。

20110327_4シート内部にはスイッチをオンにすると点火がカットされ、盗難やイタズラを抑止する盗難抑止点火カットスイッチが採用されています。

20110327_5またハンドル左側のスイッチを押すだけでシートを開けられる、ワンタッチシートオープナーなど、他メーカーにはないSYM独自のユニークな装備も魅力です。

20110327_7フューエル・インジェクション搭載のエンジンには、耐久性抜群のセラミックコートシリンダーを採用。
高速道路走行も余裕です。

2011MODELとして今年の「RV200i」は、シートにバックレストが付き、前後に3段階の調節可能なアジャスタブルシートが採用されました。

20110327_8この他、55w/55wのデュアルハロゲンヘッドライトや大型のウインドスクリーンに40L容量のシート下収納スペースなど充実の豪華装備でお値段据え置きの「¥391,650」(税込本体価格)は、売れている最大の理由かもしれません。

只今「RV200i」リヤボックス・プレゼントキャンペーン中!
4月30日まで→詳しくはこちら
20110327_9

| | コメント (0)

2011年3月26日 (土)

MAJESTY整備

2006年式「MAJESTY250」の整備を行いました。

20110326_1先日行った12ヶ月点検の結果、ステアリング・ステムのベアリングの損傷と、前後のブレーキ・パッド及びディスクの著しい磨耗が確認されました。

20110326_2ステアリング・ステムは完全に作動不良を起こし、ジャッキ・アップして前輪を浮かせた状態でハンドルを左右に切ると、明らかにベアリング軸受部の段付磨耗と判るガタが生じていて、ハンドルがスムーズに動きませんでした。
これでは安全に走行できないばかりか、大変危険ですのでベアリングの打ち換えを行う事となりました。

20110326_3_2またブレーキに関しましては前後共にディスク表面が酷くエグれて、波打つようにキザキザになっていました。
これでは新しいパッドを装着しても、面接触しないため制動力は低下し、異音、引き摺りの原因にもなります。
新しいパッドもこのキザキザでは直ぐに減ってしまいますので、ここも今回新しい部品に交換する事となりました。

20110326_4事前に発注しておいた部品が入荷してきたため、今日は改めてステアリング及びブレーキを中心に不具合個所の部品交換作業を行いました。
その後フロント・タイヤの交換やエアークリーナーやミッションオイルの交換なども行い、本日のマジェスティの整備は全て完了いたしました。

3万キロほど走行するマジェスティでしたので、ある程度の損耗は仕方ないかと思われますが、ブレーキなどはもう少し早めにパッド交換を行っていれば、ここまでの損耗は防げたかもしれません。

いずれにしろマメな点検・整備はランニングコストを抑えますので、みなさんも定期的なバイクの点検を行うようにしましょう。

| | コメント (0)

2011年3月25日 (金)

スーパーカブ90タイヤ交換

20110325_1<超長老様>のセカンドバイク「SUPER CUB90 CUSTOM」の前後タイヤの交換を行いました。

20110325_2タイヤ交換のためホイールを外し、何気に交換する古い方のタイヤを見てみると・・・
なんと!<超長老様>のバイクはタイヤもレトロ(^o^)丿!
前タイヤには「YOKOHAMA」、後タイヤには「INOUE」が装着されているではないですか!

20110325_3既に15年程前にはバイク用タイヤから撤退した「YOKOHAMA」と、現在の「I.R.C」になる前の「INOUE」タイヤが装着されていました!

しかもタイヤ・サイドウォールに刻まれたタイヤ製造年月日を見ると、「INOUE」は17年前、「YOKOHAMA」に関しては20年前に製造されたものと判明!

さすが<超長老様>クラッシックです(^O^)。

前後とも新しいタイヤになりましたので、これで思う存分走り回ってください。

本日は有難う御座いました。

| | コメント (0)

2011年3月24日 (木)

救援物資?

超ひさしぶりに<お坊さん>登場しました。
もしかして今年初めて・・・?

20110324_1実家の京都に帰っていたらしい<お坊さん>は、ここ東京の買いだめ騒ぎで心配してくれたのか?京都産のお米を差し入れしてくれました。

育ち盛りの子供が多い我が家では、平時でも有り難い救援物資になります。

大変助かります。
有難う御座いました。

救援物資と云えば・・・
地震直後に被災地へ救援物資を届に行った<親方様>は、無事に帰ってきたのでしょうか?
仕事柄この先も大変だと思いますが、お仕事頑張ってください。

| | コメント (0)

2011年3月23日 (水)

ラジエターキャップ交換

今日は朝から<ヤス坊さん>「ZX-10R」の車検でした。

20110323_4前回の車検から8千キロ程しか走ってないので、特に大きな消耗は有りませんでしたが、テスターでの点検結果ラジエターキャップがダメで、開弁圧力を基準値で保持出来ない事が判明し、今回はこのラジエターキャップを新品に交換致しました。

ラジエターキャップはプレッシャーキャップとも云い、ただのフタ(キャップ)ではなく、キャップの裏には設定の圧力まで開かない加圧弁が付いています。

水冷エンジンの場合はエンジンの熱を冷却液で吸収して、ラジエーターで熱を放熱しています。
20110323_5ラジエーター内の冷却水は過熱と共に膨張し、通常であれば100度で沸騰しますが、膨張による圧力を一定まで逃がさず、この加圧弁で加圧することで冷却水の沸点を上昇させ、放熱効率を上げています。

加圧弁には設定圧力まで開かないようなバネが付いていますが、故障の多くの場合このバネのヘタリでラジエターキャップがダメになります。
そうすると沸点温度が下がり100℃近くで沸騰してしまい、冷却水を吹き出したり、オーバーヒートの原因にもなります。

20110323_1_2当店では車検や点検などの際に、必ずこの辺もテストするようにしていますが、車検の無いバイクや点検を受けられていない方などは、このラジエターキャップがダメで、オーバーヒート気味でエンジンを痛めているバイクも多く見受けられます。

20110323_3峠道走行や高速道路走行などの高負荷走行時にオーバーヒートは危険ですので、そんなに高額な部品でもないですし、4~5年交換した事がなければ、予防整備として、ぜひ定期交換して頂きたい部品です。

20110323_2この後<ヤス坊さん>の「ZX-10R」は前後のブレーキ液の交換と、今回はトータル2万キロを超えたので、スパークプラグも交換しました。
スパークプラグは、なんと純正でイリジウムでした。
この2005年式「ZX-10R」には「LASER IRIDIUM」と云う、NGKの特殊なプラグ(CR9EIA-9)が付いていました。

朝からどんより曇っていましたが、さすが<ヤス坊さん>!
やはり予報に反して今日も雨が降ってきました。
ちなみに2年前の車検の時も雨でした。・・・・

| | コメント (0)

2011年3月22日 (火)

FZR1000タイヤ交換

リア・タイヤのパンクと云う事で入庫した「FZR1000」は、既にスリップ・サインが出きってましたので、パンク修理はせず、そのままタイヤの交換となりました。

20110322_1スリップ・サインは《磨耗限度表示》と言い、法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、タイヤ・トレッド周上に6ヶ所くらいあるどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的に使用不可となります。

またゴムで出来ているタイヤは、オゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換を推奨しています。

只今!タイヤ交換特価セール中です。
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2011年3月20日 (日)

R1-Z点検整備

20110320_1丁度あの地震の真っ只中に24ヶ月点検を行っていた<長老様>「R1-Z」の続きの整備を行いました。

あの時の点検で拾い出された不具合個所としては、ラジエターキャップの加圧弁のヘタリくらいでしたが、クラッチケーブルも重くなってきてましたので、キャップにケーブルも新品に交換する事になりました。

20110320_2これら発注しておいた部品が入荷してきましたので、本日改めての交換作業となりました。

上記部品の交換を行いながら、今回は油脂類として冷却液とブレーキ液にミッションオイルも交換して、全ての作業は完了いたしました。

20110320_3このバイクは2005年に当店で販売したバイクで、初期型1990年式の中古車でしたが、エンジン、足回り共にほぼフル・オーバーホールを実施したバイクです。
それでも半年に一度の点検を欠かさず実施するという念の入れようで、現存する「R1-Z」の中でも、トップクラスの素晴らしいコンデションを保っています。

これからも大事に乗ってください。
ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年3月19日 (土)

グランドアクシス長期放置

あれから1週間が経ち、この辺のガソリンスタンドでは行列も無くなりましたが、燃料代は一気に高騰して、高い所ではリッター160円以上に跳ね上がっているようです。

20110319_1まだまだ計画停電や電車の運行制限などもあり、交通機関に不安を感じている方も多い様です。

そんな中、今まで乗ってなかったバイクを引っ張り出し始めた方も多い様で、特にここ数日は、この放置バイクの復活整備の依頼が多くなってきました。

20110319_2やはり燃費が良く利便性の高いバイクが、少し見直されてきているようです。

殆どの皆さんは、半年~1年と長期に放置していたバイクばかりで、当然エンジンが掛からなくなっています。

今回ご依頼の「GRAND AXIS100」も同様に、長期に放置していたため、エンジンが掛からなくなっています。
やはりバッテリーがダメでキャブレターも詰まっておりました。
いつものようにバッテリーの交換後、キャブレターは分解清掃することで、無事にエンジンは掛かるようになりました。

乗らなくなったバイクでも、ちょっとした整備でまた動くようになる場合が多いです。
こんな時期ですので、乗らなくなったからと云って捨ててしまうのはもったいないので、いざと云う時に乗れるように整備しておくのも良いと思います。

| | コメント (0)

2011年3月18日 (金)

フロントフォークOH

20110318_1 最近依頼の多いフロントフォークのオーバーホール(OH)ですが、共通するのは、お客様ご自身でフォークを分解しようとして、ボルトがナメてしまい、どうしようもなくなってから当店に持ち込まれるケースです。

今回の「XJR1300」と「GSX1100S」のお客様も、最初はご自分で分解しようとして、アウターチューブ底のボルトを緩めようとしたところ、工具や設備も整っておらず正しい方法を執らなかったために、結局ボルトを緩められなかったばかりか、無理に回したためボルトの頭をナメてしまい、にっちもさっちもいかなくなってしまい、当店に持ち込まれました。

20110318_2こうなるとボルトをドリルなどで切削して抜き取るなどの特殊作業が追加となり、通常のOH料金より高い料金が掛かってしまいます。

この辺の整備に関しましては工具や設備だけでなく、整備マニュアルや知識も必要ですので、自信の無い方は初めからバイク屋さんに任せるようにしましょう!

| | コメント (0)

2011年3月17日 (木)

東日本大地震義援金のお願い!

改めて今回の地震で被災に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

20110317_1さて家の卒業間近の小6の息子が、卒業までの1週間、自分達でも何かやりたいと学校に希望を出し、担任の先生から校長先生の許可もとり、クラスの各自夫々に募金活動をしようと云う事になりました。

息子の作った募金箱が、当店ファンホイールズの店頭に、来週3/22(火)までは置いてありますので、ご来店の際は、どうかご協力頂けます様お願い申し上げます。
20110317_2

| | コメント (0)

2011年3月16日 (水)

ARAIペドロサ入荷!

<長老様>ご注文のPEDROSAが本日入荷しました。

20110315_4<長老様>ご用達の「ARAI」の「RX-7 RR5」も、前回2005年にご購入頂いたROBERTSから早や6年が経過。
何時もより少し長く被り過ぎた感じですし、やはりあちらこちらヘタって来て怖いので、今回新しいヘルメットに交換する事にいたしました。

20110315_1当初は、今最も新しく超話題の「ASTRO-IQ」のORIENTALにする予定でしたが、超少量生産で限定販売に近い上に相当人気が有る様で、納期が3~4ヶ月待ちと云う事と、少数生産と云えども皆が被ってるヘルメットじゃ嫌だって事で、改めて検討の結果、<長老様>は昔からの#26 Dani Pedrosaファンと云う事で、今回は、この「RX-7 RR5 PEDROSA」に決定いたしました。

20110315_2当店のお客様の多くの方が愛用されている、このアライ最高峰ヘルメット「RX-7 RR5」については、今更説明の必要も無いと思いますが、最高速度を伸ばす為に開発された「エアロ・フィン」やストレートエンドでブレを押さえる「エキゾーストダクト」、よりワイドな視界を確保できるよう改良が加えられたシールド部など、ご存知の通りMotoGPで極められた最高峰のレーシング・ヘルメットです。

そんな感じで安全の為に当店の良い子の皆様は、ヘルメットと言えども定期的な交換をして頂いております。
20110315_3何故かと言えば、ヘルメットにも当然寿命が有るからです。
内装パッド類に使われるウレタンフォームは劣化しても、交換できるものが多く成ってきましたが、帽体のFRP(繊維強化樹脂)に使われている樹脂には吸湿性があり、水を含むと内部の強化繊維が剥離を起こし、最長5年くらいで強度的に寿命となり衝撃でバラバラになります。(古いヘルメットって重くなりますよね!・・・)
衝撃吸収材の発泡スチロールはもっと早く経年劣化し、表面から徐々に酸化して強度低下が進み約2~3年で寿命といわれてます。
その他、顎ヒモなども時間とともに磨耗、劣化していくため。
SGマークに付いている対人賠償責任保険の有効期間(製品の耐久性を考慮して設定)も購入後3年を設定しています。
ヘルメットは決して安いものではありませんが、定期的に買い替えが必要な消耗品です。
かぶっていれば交通違反には成りませんが、事故を起こした時にはヘルメットの役目をしません。(死にます。)

当店では、「ARAI」以外にも「SHOEI」、「OGK」などのヘルメットも取り扱います。
店頭在庫に無いものも取寄せできますので、サイズを確かめてご注文ください。
宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2011年3月15日 (火)

CBR250R予約受付中!

大変お待たせ致しました。
いよいよ期待の「CBR250R」が発売されます。

あれはバブル最盛期の80年代後半。
レーサーレプリカブーム真盛りの時代に「CBR250R」と云う同じネーミングのバイクがありました。

20110316_1景気低迷の長い時代が続き、あれから20年の月日が流れましたが、やっとここで同じネーミングを冠したマシンが発売されます。

発表されるまでは少し怪しんでいましたが・・・
昔の「CBR250R」の時代は、どこのメーカーもチャレンジ精神旺盛で、しかも高度成長のピーク期で、今よりも潤沢な開発費を得ていた事でしょう。
そんな時代に作られた「CBR250R」以上のマシンが今の時代に作れるのだろうか?

20110316_2現に何処のメーカーにおいても、このクラスのスポーツ車自体がカテゴリーから外され、当時とは比べ物にならない程にラインナップも減りました。
現存しているスポーツ車においても、30年前のエンジンを使い回していたり、共通ボディに外装だけ交換して車名を替えて発売していたりで、徹底的なコストダウンが一目瞭然なモデルしか残っていないのが現状でした。

そんな事から私はこの「CBR250R」の噂を最初に聞いて、もちろん久し振りに投入される、
このクラスの本格スーパースポーツでもありますが、ガッカリしたくなかったので、シャシーや外観よりもエンジンについて注視していました。

20110316_4そして安心したと云うか、非常に嬉しい最新鋭のエンジンが搭載されました。
新開発・新設計の「水冷DOHC4バルブ単気筒エンジン」が搭載されました。
世界最高峰のレース「MotoGP」で新設のMoto3クラスと同様の、4スト単気筒の250ccになる事は、考えてみれば至って正常な自然な形です。

このニューエンジンは、ホンダがF1やMotoGPで培った技術をフル投入したもので、ホンダの単気筒モーターサイクル初のメタル軸受けを採用したり、振動の低減と静粛性を向上するための一次バランサーを採用。
またCBR1000RRと同一のボア×ストロークを持つショートストロークエンジンは、低回転から高回転までスムーズに回る気持ちの良い特性を発揮しています。
更にはDOHCエンジン搭載二輪車では世界初のローラーロッカーアームを採用したり、ピストン往復部のフリクションを低減させるオフセットシリンダーやオイル潤滑をより促進するモリブデンコーティングピストンを採用し、他車を大きく引き離すリッター当り49.2kmの低燃費性能も実現しています。

20110316_3_2ここまで高性能なエンジンを載せて頂いて安心しましたが・・・
お値段の方が心配になって来ました。
いくらコストが掛かってもユーザーの価格限界を超えたものでは意味がありません。
ところが、な!なんと値段も凄い!
この「CBR250R」は、こんなに高性能な新開発のエンジンでも驚かされましたが、価格の安さで再び驚きました。
メーカー希望小売価格=STD:\449,400(税込本体価格)
中古車価格で新車が買えるんですね!

っと云う事はすぐに手に入るんでしょうか?
09年に「VTR」がモデルチェンジして登場時の初年度3,619台に対して、「CBR250R」の年間販売計画は7,000台らしく、かなり増産する予定のようですが、月平均にしたら5~6百台程度です。
やはりPCXの時同様に慢性品薄バックオーダー状態間違無しって感じですかネ!
そうすると常時2~3ヶ月待ちっとかになるんでしょうか?
もはやバイクは大量生産品と云うより受注生産に近いプレミアム商品ですよネ!

当店でも予約を頂いた順に納車させて頂くようになると思いますので、このマシンを欲しい方は、早めにご予約ください。
ご注文お待ち申し上げます。

当店新製品情報はこちら→「CBR250R

| | コメント (0)

2011年3月13日 (日)

盗難補償1年プレゼント!!

改めて今回の地震で被災に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

今日も店前のガソリンスタンドでは長蛇の列です。
しかも1時間待ちで補給出来ても、燃料不足のため補給量規制まで掛かっています。
その上燃料代は高騰しています。
首都圏でも停電で電車が止まったり、節電で運行制限が掛かり、駅も道路も大変混雑しています。

そんな状況の中、考える事は皆さん同じで、地震直後からは自転車屋さんの店頭からは自転車が無くなり、当店のようなバイク屋さんの店頭からも、バイクの在庫が減りつつある状況です。
しかも一番売れ筋の50CCスクーターの需要が多く、ホンダで云えば特に廉価版のトゥディやディオに関してはメーカー在庫も無くなり、次回入荷予定が立たない状況です。

しかしながら当店は、当店の取り扱うバイクが停電や電話・交通機関の麻痺などの影響下、最終インフラを支えている移動手段に欠かせない乗り物であると事を自負・認識し、出来る限りお待たせしない対応に鋭意調整を行っております。

只今当店のホンダ車の在庫・納期は下記の通りです。

PCX125→白色在庫1台限り、次回納期未定。
20110313_3
LEAD110EX→在庫無し、近日入荷予定。
20110313_2
DIO→白、黒各1台限り在庫アリ、次回納期未定。
20110313_5
TODAY→銀色在庫1台限り、次回納期未定
20110313_6
上記以外の車種に関しましては、お問合せください。

只今上記対象機種をご成約の方に
盗難補償1年間プレゼント!!

Hondaスクーターズフェア2011
盗難補償1年プレゼント!!
2011年3月1日~5月31日迄!

只今ホンダの新車の中からキャンペーン対象機種をご成約の方に、盗難補償1年プレゼント中です。
20110313_1_2 
更にキャンペーン限定オプションとして、キャンペーン特別価格2,600円のご負担で補償期間を2年にできます。

更に更に限定追加オプションで、ロードサービス+カギ穴いたずら補償が、キャンペーン特別価格で入会出来ます。

補償期間:1年間 1,000円
補償期間:2年間 1,800円

もしも走行中にバイクが動かなくなってしまったら10kmまで無料サービス!
24時間・365日サポート致します。
駐輪中にカギ穴を悪戯されて壊されてしまった時のキーシリンダー部品代を2万円(税込)まで補償致します。

| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

おみやげ-22

久し振りに<マルちゃん>登場!

20110312_1なんと!あの地震の直前まで毎週通っていた仕事先の仙台からのお土産で、東北限定の牛タン塩味「うまい棒」を頂きました。

20110312_2その後、同じく仕事で行った沖縄の土産は、「さーたーあんだぎー」っと云うお菓子や、「琉神マブヤーキャンディー」と名の飴に「ちょっちゅね」って云う名の黒砂糖菓子や更には「ちんこすこう」?(^O^)って名の変な形した子宝祈願の焼き菓子などを頂きました。

子宝祈願って云われても・・
ありがたいのですが・・
これ以上は子供増やせませんって!(^o^)丿

ご利益欲しい方は食しに来店ください。

| | コメント (0)

2011年3月11日 (金)

地震

PC見ながら仕事していると、何か揺れてる感じ・・
カウンターを挟んで向こう側の<長老様>も何かモジモジしています。

地震じゃない!
自分が揺れていると思っているらしい<長老様>に、これは地震だヨ!っと言いながら、次の瞬間には明らかに地震と判る位に揺れが大きくなって来て、しかも何時もの様に直ぐ治まる気配も有りません。
なのにインターネットもTVからも緊急速報などは有りません。

20110311_2ところが、どんどん揺れが大きくなって来たので、これは何時もとは違うな?っと思い、<長老様>の「R1-Z」を整備している<カズちゃん>に、何時でも出れるように店の扉を開ける事を指示しながら、揺れは更に大きく成って来て、そんな悠長な事態でもなさそうなので、<長老様>に「R1-Z」は潰れてもいいでしょ!(^O^)っと云いながら、外へ出ましょうと促し、店の外へ避難しました。

一旦、歩道に避難しましたが、うちの店の入っている、この築数30~40年は経つビルが、何時倒壊するか判らない程に強烈に揺れているので、歩道に居る事にも危険を感じ、更に車道にまで出て非難しました。

当店前を走る国道1号線は、クルマも笑っちゃう位に大揺れで、信号が青に成っても一斉動かず走り出さずに、皆さん良い子でお行儀良く揺れが治まるまで、その場で待機していました。
お陰で国道に出た避難民も国道の真中で待機する事が出来ました。

結果的に観測史上国内最高M8.8だったそうで、今も余震が続いています。

20110311_1日が暮れて夕方、店前の国道1号線は今まで見た事も無い大渋滞で、全く動かず、上りも下りも終わりが見えない状態です。
それにも増して、歩道は歩行者で溢れ返っています。
電車が止まり復旧のめどが立たない状況で、徒歩で帰宅を急ぐ人達の大行列が続いています。

そうしているうちに<マルちゃん2号>、<マルちゃん1号>が夫々登場。
都心の仕事場から来た<マルちゃん2号>の情報では、全ての道路は渋滞していて、歩道で手を挙げている人達の多くは、既にタクシーも一杯の様で、乗れずに立ち往生の様相です。

バイク通勤の<マルちゃん2号>は、それを横目でスイスイ渋滞を余裕でスリ抜け、ここまで楽勝で辿り着き、なんとバイクは便利な乗り物なんだっ!と絶賛していました。

TVで渋谷駅のバスターミナル付近の映像が流れてましたが、あの帰宅難民で溢れかえった状態を見ると、みんなバイクで通勤していれば、こんな事に成らなかったのに・・・

バイクは駐車スペースも取らずに渋滞も関係なく、エコで超低燃費で安く経済的な、最も利便性の高い乗り物なのに、世界一のバイク大国日本なのに、国民がバイクを乗る文化を持ち合わせて無いって云うのが不思議です。

これをきっかけに、もう一度バイクの良さが見直されればイイな!

| | コメント (1)

2011年3月10日 (木)

最新DVDをご紹介②

暖かくなって来ました。
本格始動前のウォーミング・アップに、DVD&書籍でイメージトレーニングは如何でしょう?
最新3本&1冊をご紹介!

20110310_1ファン必見 奇跡のレース!
1992鈴鹿同着
全日本選手権ロードレース第6戦
鈴鹿大会250cc

●DVD/本編50分/特典24分
岡田忠之 原田哲也
ふたりの天才による争いは、誰もが予想しない、信じられない結末となった─。
ロードレース史に残る伝説のレース、1992年鈴鹿同着が待望のDVD版となって発売!

あれから18年…語られる岡田忠志と原田哲也を特典映像にて収録!
ロードレースフアン必見の作品。

実況:高柳謙一 解説:和歌山利宏
【特典映像】
1.岡田忠之、原田哲也対談。
2.岡田忠志vs原田哲也
 全日本時代編 1990~92
¥2,800

MotoGPオンボードスペシャル
2004-2010

●DVD/本編74分/特典38分

2輪ロードレース世界最高峰MotoGP。
その名レースの数々を、オンボード映像を中心に再編集し、時速300kmを超える白熱のバトルを迫力のオンボード映像で紹介!
MotoGpの歴史に刻まれた伝説のレースを、新たな視点で振り返る。
MotoGpフアンならずとも全てのレースフアン必見の映像だ!

○収録レース
2004 開幕戦南アフリカGP
2004 第嶺戦イタリアGP
2005 開幕戦スペインGP
2007 第7戦カタルエアGP
2007 第9戦TTアッセン
2808 第11戦アメリカGP
2809 第6戦カタルニアGP
2010 第14戦日本GP
¥2,400

2010 Moto2年間総集編
シーズンダイジェスト2010

Moto2 初年度の戦い!
●DVD/本編110分/特典10分

2010年より新設された4ストローク600ccで争われる世界選手権Moto2。
激戦となった初年度を年間総集編として発売。
特典映像には第12戦サンマリノ6Pの転倒により惜しくもこの世を去った、富沢拝也追悼の映像を収録。

【特典映像】
1.開幕戦で勝利を飾った富沢祥也が、自身のキャリア、そしてMoto2クラスについて語る。
2.レース中の事故でこの世を去った富沢。第13戦アラゴンでは、彼を偲び黙祷が捧げられた。
¥2,800

写真集「 人間 宗一郎」

数々の活字で語らえている本田宗一郎の姿を多くの写真で見ることが出来る貴重な写真集。
本田家より提供された秘蔵の未公開写真を含め、870点もの写真が圧倒的な迫力で見る者に迫ります。
古きホンダに興味を持つ方や本田宗一郎ファンには、永久保存版と言える一品です。

●エス・イー・エルインターナショナル発行ぺ一ジ数:334p
●A4版変形横型(230x310mm)、
●装丁:クロス装ハードカバー/
 フランス装PP張カバー付き、
●印刷:オール・ダブルトーン印刷 
●初版:1993年
150冊限定
¥12,500

| | コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

R1200GSハンドルスペーサー取付

またまた<監督>の「R1200GS ADVENTURE」をさわりました。

20110309_2前回のオイル交換の時にご注文いただいたパーツで、ハンドル・ブラケットの間に噛ます、スペーサーを取付けました。

体格が大きい欧米人向けに設計した外車(BMW)のポジションは、日本人にとってやや無理な姿勢になりがちです。

手足の短い(^O^)?<監督>にとっても、若干ハンドル位置が遠いいようで、この度ご相談を賜りました。

20110309_1そして今回この要求に応えるために選んだパーツが、このハンドルブラケットです。

このブラケットを装着する事で、ハンドル位置は25mmバック、20mmアップします。

これでハンドルを手前に近づけて無理のない快適なポジションを得ることで、快適性もドライバビリティも大幅にアップします。

今回のBMW以外にもハンドルやステップ、シートなどの調整や交換で、ベストなポジションをご提案します。

ライディング・ポジションで気になる方は、一度ご相談ください。

| | コメント (0)

2011年3月 8日 (火)

ラミネーター入替

この一年、本当にいろいろな物が壊れます。
去年はパソコンやプリンターに、最後には携帯電話まで壊れましたが、今年一発目はラミネートフィルムを溶着する道具のラミネーターが壊れました。
うちの店も、そろそろ7年経ちますので、仕方ないですかね!

20110308_1お店の店頭POPなどは全てこれで作ってますので、これも壊れると非常に困ります。

緊急を要しますし、買い換えるのも何だから、一先ず修理してみようと思い中を分解してみましたが、どうもモーターが壊れているようで、ロール部分が回転してない事が判明。

仕方が無いので新品を購入する事にいたしました。
今まで「アイリスオーヤマ」のRL-A3Tと云う機種で7年持ったので、今回も同じ「アイリスオーヤマ」のもので、そこそこの機能で一番安いのを選んで、LTE42Tと云う機種を選びました。

しかし、こんな家電品もかなり安くなりましたネ!
7年前の価格の3分の1程の価格で、それ以上に高機能で更に軽量コンパクト!
でも、これでまた7年も使える耐久性はあるんでしょうか?
ちょっと心配ですが、まあ費用対効果で2年も使えれば良しとしましょう。

20110308_2ついでに今回はペーパーシュレッダーも入替えました。
元々使っていた例の安っすい手動式シュレッダーは、あまりにも酷使したのか、直ぐにハンドル部分が壊れてしまいました。

保管期間の過ぎた保険関係などの書類は、お客様の個人情報満載なため、そのまま捨てる訳にはいきません。
やはりどうしても必要な道具なので、今回はこれも一緒に購入する事にいたしました。

同じ「アイリスオーヤマ」のP5EEと云う機種で、売り場にあった電動ペーパーシュレッダーの中でも最安値のものを購入しました。

しかし不景気なのに経費ばかりが掛かります・・・(>_<)

| | コメント (0)

2011年3月 6日 (日)

CBR600RR車検

遠く西東京市からの来店で、車検の「CBR600RR」をお預りしました。

20110306_1今回で2回目の車検になるこの「CBR600RR」は、2007年に当店で新車で購入頂いたお客様の車両で、何時も遠方より通って頂いております。
ありがとうございます。

4年経ちますが走行距離も5千キロ位ですし、今回も特に問題点は有りませんでしたが、丁度今回で4年が経過する事から、定期交換時期になった冷却液の交換を行いました。

冷却液には不凍液(エチレングリコール)と防錆剤(リン酸塩系物質)の入ったLLC(ロングライフクーラント)と云うものを使用しています。
水冷エンジンは真水で冷やしている訳では有りませんヨ!

20110306_2真水は摂氏0度以下になると凍結し始め氷となり、真水が固体化すると体積が膨張してしまうため、ラジエーターやエンジンなどの破裂に繋がります。
このため不凍液を使用して凍結を防止しています。
また、この冷却液の循環する冷却通路には鉄やアルミの金属製品が使われています。
このため防錆剤使用して腐食を防止しています。
更には冷却効率を高める消泡剤(泡立ち防止剤)などが使用されいます。

このLLCも3~5年で劣化して、その効能は失われます。
また、ラジエター含む冷却通路には、錆や溜まった不純物が堆積して行き、ラジエターそのものの冷却効果を奪って行きますので、大事な愛車のエンジンを守る為にも定期的な冷却液の交換が必要になります。

空冷エンジンであれば、当然冷却液の交換は必要ありませんが、最近のバイクの殆どに使われている水冷エンジンの場合では、この冷却液の交換が必ず必要となります。

新車で買って今まで一度も交換した事が無い!
中古で買ったバイクだから過去の整備暦が判らない!
など、思い当たる方は早めに交換お願いします。

冷却液を交換すると燃費も向上しますヨ!
ご依頼お待ち申し上げます。

| | コメント (0)

2011年3月 5日 (土)

ROADTEC Z8 INTERACT

早くも「METZELER」の新製品「ROADTEC Z8 INTERACT」が入荷しました。

20110305_1今度のZ8は、従来の「インタラクトテクノロジー」(特製の異なるコンパウンドを継ぎ目無くグラデーション状に配置する生成技術「NMC」とタイヤ内部のスチールベルトの張力を自在に変化させタイヤ剛性を無段階にコントロールする技術「MMW」)を更に進化させて、コンパウンド材料(素材)の持つ性能を最大限まで引き出す革新的コンパウンドミキシング技術「DSM」と最新のトレッドパターンデザインを組み合わせた、現在考えうる最先端のタイヤ製造技術「インタラクトテクノロジー2nd」が投入されました。

「楽しさ」の基準は人によって様々ですが、楽しく走る為には「安心」して走れることが絶対条件となります。
最近のMOTO-GPやWSBKですら、ライダーが「安心」してライディングに集中できるかを最重要視して開発されています。

「ROADTEC Z8 INTERACT」は、この「楽しさ」と、それを享受する為に不可欠な「安心」を最大限提供し、またその「楽しさ」をより長く味わっていだだく為に、進化版「インタラクトテクノロジー2nd」を駆使して、最高のウエットパホーマンス、安心のハンドリング、脅威の衝撃吸収性、高い耐久性、性能持続性、そしてスーパースポーツタイヤ並のハイグリップをコンセプトに開発されました。

PIRELLIの「ANGEL」やMICHELINの「PILOT ROAD」をお使い頂いている方や、この辺のスポーツ~ツーリング系タイヤで選んでいる方に、ぜひ試して頂きたいタイヤと思います。

そろそろツーリング・シーズンって感じですネ!
例の原油高騰の煽りで、タイヤの価格も上がりそうです。
タイヤ交換はお早めに!ご注文お待ち申し上げます。

| | コメント (0)

2011年3月 4日 (金)

R1-Z-ETC取付

今日も<長老様>のバイクにETCを付けました。
今回は<長老様>が複数所有のバイクの内「R1-Z」にETCを装着致しました。

20110304_1「BONNEVILLE SE」と前回の「ESTRELLA CUSTOM」に続き、
これを最後に<長老様>所有のバイク3台全てにETCの装着が完了致しました。

今回は普通にアンテナ一体型のETC車戴器を取付けました。

ビキニカウルを装着している<長老様>の「R1-Z」ですが、
やはり今回も取り付けには相当拘り、アンテナはETCチェッカーを駆使して、
完全に外部からは見えない場所へ取付けました。

これでも、ちゃんと送受信の確認テスト済みですのでご安心ください。
これで「R1-Z」にも乗る機会が増えるとイイですね。!

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

エストレヤ-ETC取付

今日は<長老様>の「ESTRELLA CUSTOM」にETCを付けました。

今回ばかりは、アンテナ分離型のETC車戴器の取付は断念いたしました。

20110303_1セキュリティーや見た目のカッコ良さもあり、お客様の要望からも、なんとか今までは大概のバイクにアンテナ分離型を装着して来ましたが、このエストレヤに関しては設置スペースが全く見つからず、アンテナ一体型のETC車戴器を取付ける事となりました。

ハンドル廻りに若干邪魔な感じもしますが、使わない時は取外しておく事もできますので、宜しくお願い致します。

これで今年は、いっぱいバイクに乗ってください。
ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年3月 2日 (水)

R1200GSオイルフィルター交換

<監督>の「R1200GS ADVENTURE」のエンジン・オイルとオイル・フィルターの交換を行いました。

20110302_1今回で2回目の交換となるオイル・フィルターは、前回の純正フィルターに対して、K&N製の物にしてみました。

特に理由が有る訳では有りませんが、価格と調達のし易さと、それから純正と異なりフィルター自体に取り外し用のナットが付いているので、オイル・パンに埋没するように装着されているフィルターを脱着するのに非常に容易だと云う点で、今回はK&N製の物にしてみました。

前回苦労して調達したフィルター・レンチが無駄になってしまった感じもしますが、それはそれで、今後何かのバイクで使えるかも知れないしOKでしょう?!

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

おきなわマラソン!

先週行われた「東京マラソン」には、残念ながら抽選落ちでエントリー出来なかった<キャメちゃん>は、なんと「おきなわマラソン」に単身エントリーしていたらしいです。

20110301_1「東京マラソン」が行われた2/27を遡る、1週間前の2/20に開催の「おきなわマラソン」に、一人で走って来たらしいです。

しかも相当好成績だったらしく、本人<キャメちゃん>は、自慢気で話してました。
詳しくは→http://www.okinawa-marathon.com/

それで頂いたお土産が、ちんすこう「雪塩」です。

確か先週末には<マルちゃん>も沖縄まで出張に行ってる筈ですが・・・
お土産!まだかな・・(^o^)丿

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »