« CB223Sクラッチ交換 | トップページ | FZR1000エンジン調整 »

2011年1月21日 (金)

カブ90チェーン交換

「SUPER CUB90」にお乗りのお客様が来店しました。

20110121_1_31万7千キロほど走行している2007年式のカブですが、チェーンケース内でドライブチェーンが引き摺っているような大きなガシャガシャ音と、加速する度に発する衝撃に近い異音がすると云う訴えで、当店には初めてお越しのお客様でした。

センタースタンドを掛け後輪を浮かせて回してみると、調べるまでも無く明らかにチェーンが引き摺っているようです。

20110121_3点検口から中を覗くとやはりチェーンは完全に伸び切り、チェーンケースの底を這いつくばっていました。

更にしっかり調べる為にチェーンケースを外して診ると、長い間チェーンがケースの底を這いずって擦れた結果、なんと下側チェーンケースの底が磨耗して大きく裂けていました。

20110121_2_2チェーンは全く油っ気が無く真っ赤に錆び付き、完全に消耗しきって伸び伸びでした。

スプロケットに至っては歯の先端が今にも折れそうなくらい磨耗して、手裏剣のように尖がっていました。

20110121_4これで加速走行中の衝撃音も何故だか納得いきます。
外れる寸全まで伸びきったチェーンに尖ったスプロケットですから、加速する度(駆動力が掛かる度)にチェーンがスプロケットの歯を駒飛びしていたのでしょう。

勿論チェーンと前後のスプロケットに、今回はハブのカップリングダンパーにもヘタリ(ガタ)が発生していたので、このダンパーと穴の開いてしまったチェーンケースも一緒に交換しました。

|

« CB223Sクラッチ交換 | トップページ | FZR1000エンジン調整 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CB223Sクラッチ交換 | トップページ | FZR1000エンジン調整 »