« エアークリーナー交換-Ⅱ | トップページ | カブ90チェーン交換 »

2011年1月20日 (木)

CB223Sクラッチ交換

「CB223S」にお乗りになるお客様からの連絡で、走行中に異音と共に速度が低下し、加速不能な状態になったとの訴えが有りました。

20110120_1早速車両を引き揚げて来て調査を始めると、先ずはクラッチレバーの遊びが全く無くなっている事が判りました。
次に実際にこの車両に試乗して診ようと、エンジンを掛けて走り出そうとしましたが、エンジン回転が吹き上がったまま発進できません。

これはクラッチが完全に滑っていると断定して、エンジンカバーを取外し、中のクラッチを調べて診る事に致しました。

20110120_2カバーを開けた途端に炭の焼け焦げた様な臭いがしました。
これは予想した以上に酷そうかなと思いながら、クラッチハウジングごとクラッチ一式を取外し、クラッチディスクを外して診ると、ディスクもプレートも真っ黒に炭化し焼け焦げていました。

この様なクラッチ焼けの起きる直接の原因は判りませんが、半クラッチ操作や急加速等の多用が考えられ、通常の取扱を行っていれば、一般的にこの様な故障は起こらないと思われます。

20110120_4しかしながら、この車両は当店で丁度2年ほど前に新車で販売した車両で、走行距離もやっと1万キロを越したばかりですので、今回は特別に保証対応で無料修理とさせて頂きました。

通勤で使用されているバイクと云う事で、お仕事に支障が無い様に、お預りしてから48時間以内に修理を済ませて、納車させて頂きました。

これからもお客様のバイク生活を全力でサポートして行きますので、宜しくお付き合いのほどお願いいたします。
ありがとうございました。

|

« エアークリーナー交換-Ⅱ | トップページ | カブ90チェーン交換 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エアークリーナー交換-Ⅱ | トップページ | カブ90チェーン交換 »