« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

11年モデル《スーパーカブ110》入荷!

1年数ヶ月前に大幅なモデルチェンジを受けて登場した「SUPER CUB110」ですが、既に新色を加えて11年モデルが発売中です。

20110130_1_2その中でも本日入荷の新色<ブコブルー>が大好評でバカ売れ中です。
70年代アメ車風の一見派手そうなブルーですが、実際は割と落ち着いたブルーで、白と青を絶妙に調合した良く考え抜かれた色に思います。

この色は、いろんな方にお買い求め頂いていますが、このままリヤボックスを装着して、ビジネスユースとしてスーツ姿でお乗りになられても、ひじょうに落ち着いたアダルトな感じのブルーにも見えますし、もちろん改造しまくるカスタムベース車としても栄えるカッコ良い色でした。

改めてこの「SUPER CUB110」をご紹介させて頂きます。

20110130_2まず、このバイク、エンジンが凄いでしょう!
新開発の109ccエンジンは、旧モデルの「SUPER CUB90」(85cc)と比較して排気量を24ccアップ。
エンジン内部構造摩擦フリクションを低減させるためにHonda独創の特許技術を投入し、クランク・シャフトに対してシリンダーをオフセット配置したオフセット・シリンダーや、ローラー・ロッカーアームなどを採用することで、パワーも1.2馬力UP(7.0PS→8.2PS)しましたが、
燃費は旧モデル(60.0km/L)を3.5km/Lを上回る63.5km/L(60km/h定地走行テスト値)を達成しています。

20110130_3更に、世界最高レベルの精密制御で燃料を超微粒化する「PGM-FI(電子制御燃料噴射装置)」を採用。
これは、様々な走行条件に対し、コンピュータ制御で最適な燃料を供給するもので、特にアクセルの開閉頻度が高い市街地における燃費の向上に寄与し、燃焼効率が最も良くなる理論空燃比燃焼で、出力・燃費を大幅に向上しています。
また、スロットルボディには、IACV(Idle Air Control Valve)を備えることで、空気吸入量をコントロールし、アイドリング時におけるエンジン回転数の安定化や始動性を向上させ、寒い朝などの始動を容易にしています。

20110130_4その他、実際に試乗した個人的な意見としてまず、この《スーパーカブ110》に何気に跨って嬉しかったのは、シートからハンドルまでの距離が長くなってる事です。
旧モデルと比較して、軸距が15mm延長されている為でしょうか?
身長180cmほどの私が旧カブに跨ると、ハンドルが直ぐお腹の前まで来る感じで窮屈な感じでしたが、ハンドル幅も長くなってるようで(全幅50mm延長)、ライディング・ポジションに凄く余裕がありました。

20110130_5次に走り出して直ぐに感じたのは、ギヤ・チェンジが軽くスムーズな事です。
旧カブの(ガチャコン!ガチャコン!)っとショックを受けながら変速していた、あの嫌な感じが全く無くなり、(カツン!カツン!)っと心地よくギヤ・チェンジが出きるのに驚きました。
これは、発進と変速のそれぞれ独立したクラッチ機構を備えた、新採用の2段クラッチシステムの効果でしょうか?
また、今回採用された4速ミッションのお陰か?
トップ・ギヤ巡航時は、旧カブのエンジンが唸ってギクシャクした感じが無くなり、長時間乗ってても疲れなさそうな快適さを感じました。

20110130_6その他、特記するとすればフレームとサスペンションでしょうか。
フロント・サスペンションは、あの旧カブのボトムリンク式から、テレスコピック式に変りました。
このカブにとって、これは大きな変更点かも知れません。
だって、旧カブのブレーキ制動時の、あの変な突き上げ感は全く無くなりましたから・・
新設計の角断面パイプを採用したバックボーンフレームとスイングアームも貢献しているようで、新型エンジンとあいまって、ひじょうにスポーティーで軽快な走りが楽しめました。

20110130_7まだまだ書ききれませんが、バイク好きにとっては通勤・通学にはもちろん、カスタム・ベースにも最適なバイクで、パーツが豊富なのもこのバイクの大きな魅力のひとつです。

写真のマフラーやサスペンションなどカスタム承ります。
お好みの自分流カスタムをお申し付けください。

ご注文お待ち申し上げます。

詳しい商品情報は→こちら「SUPER CUB110

| | コメント (0)

2011年1月29日 (土)

PCX入荷!即納!第二弾!

大変お待たせしました。

まだ相変わらずBO(バックーダー)が続いてる《PCX》ですが、それでも大分生産状況が追い付いて来つつあるようで、今回も予定より数ヶ月程早く入荷して来ました。

20110129_1その中で車体色パールヒマラヤズホワイト(白)1台限りですが、即納できます。
ほぼ100%のお客様が予約入荷待ちで、お待たせしていましたが、1台余裕が出て来ましたのでご案内致します。(地域限定で遠方の方はご遠慮下さい。)

もう既にご存知の通り、この《PCX》はホンダの世界戦略車としてタイで生産が開始された第1号車です。
20100923_3これだけのスペックでこの価格なのは、世界共通仕様の部品を採用したりして、部品の調達コストなどを抑えているからですが、じつは世界でも群を抜いて高いクオリティーを求める日本向け《PCX》は、日本仕様専用ラインで、しかも現地のエース級の優秀な人達に作られているそうです。

そんな訳で、予測を遥かに上回る注文の殺到も有り、現地生産が追い付いていなかったようです。

ついでに日本向け《PCX》についてですが、日本向けは、仕様だけでなく、部品スペックも日本専用の物を使っているらしいです。
例えば、ゴム製部品に関しては日本の気候や日本人の求める品質に合わせて、タイ仕様とは異なる部品を使っているらしいです。

エンジンの振動を抑えるマウント・ラバーなどは、特に冬場の寒い時期にクリアランスが大きくなり、振動や他の弊害が出ないように専用に調合されたゴムを使っているそうです。

20110129_2気温で云えば、タイなどの暑い国の仕様とは、そもそもPGM-FI(電子制御燃料噴射装置)自体のセッティングが全く異なる筈です。
日本仕様では、燃料が濃すぎたり薄すぎたりしないように、四季のある日本の気候に当然合わせています。

“Made by Global Honda” 
Hondaはグローバルネットワークを活用し、部品の調達・生産を世界の最適な拠点で行い、最適な市場へ提供します。
「PCX」は日本で研究・開発し、アジア諸国で厳選した最適な部品を調達。
徹底した品質管理のもと、最終組立をタイで行っています。
安心品質のHonda2年保証が適用されます。

次の入荷も現時点で納期未定です。
このチャンスに、日本仕様《PCX》が欲しい方は、ぜひGETしてください。
1台限りの早い者勝ちです。!

詳しい商品情報は→こちら「PCX125

当店HP新製品情報は、こちらをクリック
広報発表資料は、こちらをクリック
製品情報は、こちらをクリック

PCX関連ブログは、こちら

| | コメント (0)

2011年1月28日 (金)

パイロットロード3

早くもMICHELINの「PILOT ROAD3」がお店に届きました。

20110128_1今度の3(スリー)は、最新技術「エックス・サイプ・テクノロジー(XST)」を採用し、あらゆる気象条件下での安全性とセキュリティーの向上を追求したタイヤだそうです。

最大の特徴は、グルーブ(トレッド主溝)以外にサイプと言う超極細の切り欠きがあり、このサイプのエッジに適切に掛かった過重が路面の水膜を切り裂き、その後サイプによって吸上げられた水はグルーブによって効率良く排出され、可能な限りドライコンディションに近付けるよう作用するタイヤだそうです。

20110128_3_2また、サイブのX状にクロスした部分にウェルと言う貯水ホールが配置され、接地面からの吸水性を高めています。

サイプはグルーブと同じ深さまで刻まれ、タイヤの摩耗が進んでもその効果が変わりにくい、フル・デプス・サイプが採用され、15度の傾斜角度を持たせ偏磨耗や走行ノイズを制御しています。
もちろんフルシリカで、従来のデュアルコンパウンド技術(2CT)も継承されています。
(写真のモデルは、ブロスのねーちゃん!)
「PILOT ROAD2」からの履き替えにお勧めです。
ご注文お待ち申し上げます。

20110128_2それからタイヤと言えば、毎年お楽しみの「BRIDGESTONE」の巨大ポスターが、やっと今年も届きました。

ところが今年は「Lorenzo」でした。
ここ何年かBSのポスターは毎年「Rossi」のポスターでしたが・・・
そりゃ~そうですよネ!
ここからも時代の移り変わりが垣間見れる感じがしまた。

「Rossi」ファンの<キャメちゃん>には残念ですが、先週催促されてましたので、一応「Lorenzo」で良ければ、BSのポスターGETしておきました。
先週あげた「DUNLOP」の「Stewart」のポスターと一緒に保管しておきますので、早めに取りに来てネ!それから早めにCRF買ってネ!

20110128_4そして私はノロウイルスだったと思う・・・
一日吐き気で飯(メシ) 食えなかった。
あまりにも苦しいので、何か薬ないかなって、腹の中消毒して、ばい菌殺せば治るんじゃない? 正露丸?でも無いし・・すきっ腹にBOSSの無糖BLACKを胃に流し込んだら、途端に完治しました。カフェイン?これホントですヨ

| | コメント (1)

2011年1月27日 (木)

コーヒー大量入荷!

<海坊主様>と<長老様>からの差し入れです。
20110127_2_3   
これで今年の冬は越せそうなくらいの大量のコーヒーが届きました。
20110127_1_2 
その他、<監督>からの千葉ツーリング土産「房総(暴走)えびせんべい」や、
お仕事帰りの<マルちゃん>からは、例の関空土産で「えびせんべい小袋ミックス」を頂きました。<海坊主様>からは三峰神社土産のチョコレートクランチバー「四季の森」が届いてます。
いつも皆様ありがとうございます。
そんな訳で、暖かいコーヒーでも入れますので、仕事帰りにでもお立ち寄りください。

| | コメント (0)

2011年1月26日 (水)

《ZX-12R》カスタム!その12

20110126_1_2前回のホイール交換に引き続き、<キタさん>の「ZX-12R」の作業を行いました。

今回はカスタムと云うより、ヘッドカバーのガスケット交換などの修理をメインに、残りのカスタムを少々行いました。

20110126_2エンジンヘッド左側からオイルが滲んでいました。
何時ものように正確なオイル漏れの場所を特定する為に、オイルが滲んで汚れているヘッド・カバー付近を一旦綺麗に洗浄・脱脂した後、エンジンを暫く掛けておくと、やはり今回もヘッドとヘッド・カバーの合わせ面から、少しづつオイルが滲んで来るのが確認出来ました。

20110126_3ここのガスケット類を交換する事になりましたが、今回は前回の「ZEPHYR1100」と異なり、エンジンはフルカウリングされた車体の更に奥の、特殊なフレーム形状に隙間無くギッシリ詰め込まれ、ダクトやハーネスに妨げられている為、一見手の入る余裕は一斉有りませんでした。

20110126_4カウルやダクトにカバー類を外した後、結局スロットルなどのケーブル類3本にカムシャフトポジショニングセンサーなどのコネクタ類を4箇所外し、バキュームスイッチなどのバルブとホース類を2箇所と、冷却液リザーバータンクまで外し、やっとヘッドカバーを外す余裕が出来ましたが、作業性を考慮してラジエターもずらしました。

20110126_5_2今回はかなりやり難かったですが、ガスケットやOリングなどを新品に換えて、無事にヘッド・カバーを組み直しました。

その後またエンジンを暫く掛けておいて、オイル漏れの無い事を確認して、ここまでの作業は一先ず完了いたしました。

次に今回は劣化してヒビ割れ始めたゴム製のウインカーステーを交換して、修理は完了です。

20110126_9カスタムとして今回は、シガーライターとUSBの使えるDC電源を付けたり、アクスルやフレームにスライダーを付けました。
DC電源は漏電が怖いのでヒューズを介してジャンクションボックスから取りました。
これでツーリング中のビデオ撮影などでバッテリー上がりも心配ありませんネ!
20110126_6スライダーは転倒時の車体保護プロテクターですが、やはりどっちかって云うと、見た目ですよネ!
カッコ良くなりました。

20110126_7今回も<キタさん>ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年1月25日 (火)

《ZX-12R》カスタム!その11

20110125_1_2<キタさん>の「ZX-12R」カスタム第11弾として、ホイール交換しました。

やはり、クルマやバイク買ったら真っ先にやりたいのが、マフラー!そしてホイールですよネ!

っと云う事で今回選んだホイールは、「GALESPEED」の「Type-C」です。
20110125_2_2このアルミ鍛造ホイールは、熱間鍛造法により8千tもの高圧で鍛えられ、ノーマルの鋳造品ではなしえない強度と、約2.5~3キロも軽い軽量ホイールに仕上がっています。

20110125_3_2また鍛造材は、強度があるため大幅な切削加工が可能です。
ひと目見て鍛造ホイールと判る細身のスポークや肉薄リムなどの独特の形状は、ここからきています。カッコいいですネ~!

20110125_4更にT字断面の5本スポークは、バイクの運動性能を左右するあらゆるファクターを最良の状態にもっていくため設計され、剛性や衝撃吸収性にも優れています。

20110125_6バネ下重量を軽くする!基本中の基本ですね!
バネ下が軽くなると、慣性の影響が少なくなる為、サスやタイヤの路面追従性が良くなります。←これってどう言う事か判りますか?かなり凄い事です。
20110125_5バネ下1キロの軽量化は、バネ上15キロの軽量化に相当するとか?
いいサスペンションも重いホイールでは・・・
旋回・加減速・制動・燃費などバイクの挙動に多くのメリットをもたらします。

当店は「GALESPEED」、「MARCHESINI」、「MAGTAN」、「SWORD」などの軽量ホイール取り扱います。
興味が有る方は、ぜひご相談ください。

<キタさん>ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年1月23日 (日)

FORESIGHTキャブレター交換

信号待ちなどで暫く停車していると、エンジンが徐々に不安定になって来て、そのまま放っておくと最終的にはエンストしてしまうと云う「FORESIGHT」をお預りしました。

20110123_4_2エンスト後はエンジン再始動は非常に困難で、全く掛からない事も有りますが、数時間放置しておくと、また掛かる様に成るらしいです。

不安定になって来た際、エンストする前にアクセルを開ければ、何とか止まらずに済む場合も有りますが、この場合でも発進時には、ひじょうにバフバフ云って、バタツキながら走り出すそうです。
走り出してエンジン回転を保っている間は特に不具合は出ずに、調子良いと云う事です。

20110123_1ところが、このフォーサイトをうちで預かった途端に症状が出なくなってしまいました。
何も診ない訳には行かないので、とりあえずここは基本と云う事で、スパークプラグとエアークリーナーを診たところ、真っ黒だったので先ずはこれを交換して、キャブレターの微調整をしながら、フロートチャンバー底のドレンから燃料を抜き取って診ましたが、燃料は行ってる様だし、水やゴミの混入も無さそうです。

20110123_2そうこうしているうちに明確な症状が出始めました。
最初は始動性が悪いくらいでしたが、やはり最終的にエンジンが掛からなくなり、アクセルを全開付近でやっと掛かる感じです。
しかも油面が高いのか?エンジン内部にけっこう生ガスを吸い込んでます。

火は正常に飛んでる様なので、一応エンジン圧縮のチェックとバルブクリアランスも調整して、やはり状況から考え燃料系統に問題ありと断定して、調査を続けて行きました。

20110123_3するとキャブレターホルダー(エンジン側マニホールド)を止めているバンドのナットが脱落しているのが判り、これで2次空気?っとも思いましたが、症状は回復しません。
更にキャブレター回りを中心に点検しましたが問題ないので、キャブレター自体を取外し分解して診ると、なんとフロートの可動ピンのキャブレター側軸受穴が磨耗して、大きく縦長に開いてフロートがガタガタに緩んでいる状態になってました。

これでは当然油面が定まらず極端に油面は高くなり、特にスロー系では燃料が濃すぎた筈です。
原因は一目瞭然で、結局今回はキャブレターの交換となりました。

お待たせ致しましたが2泊3日の入院で、本日無事に退院となりました。
ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年1月22日 (土)

FZR1000エンジン調整

1ヶ月ほど前にエンジンの載せ替えを行った「FZR1000」の再入院です。

ネットオークションで入手した、この「FZR1000」はエンジンがダメで、またまたネットオークションで入手した中古エンジンに載せ替えたまでは、前回のブログの通りですが、実は載せ替えたそのエンジンも今一調子が悪い感じでした。

何万キロ走行しているエンジンかも不明で、載せ替えたまでは良かったのですが、どうもアイドリングが若干不安定で、たまにエンストしがちで、レスポンスも悪い感じでした。

そこで今回は、エンジンのバルブクリアランスの調整と、キャブレターの清掃及び調整も行う事になりました。

20110122_1作業に着手する前に、エンジンコンプレッション(圧縮)や、バキューム(負圧)を事前に測定をして記録しておきます。
測定結果は、やはり圧縮や負圧の低いところやバラツキが有りました。

20110122_3次にシリンダーヘッドカバーを外して、バルブクリアランスの測定を行います。
ここも予想通り、基準値を外れるどころかクリアランスがなくなり、全く測定不可能なところも幾つかありました。

20110122_4ここでやっとカムシャフトを外し、バルブリフター内側にセットされているシムを外します。
1気筒あたり5バルブなので、合計20個のシムを外し、今度はこのシムの厚みを1個づつ測定して、正規のバルブクリアランスになる厚さのシムを特定します。

特定したシムに入替え、クリアランスが小さ過ぎて測定できなかった場所のシムは、感で少し薄めのシムに入替え、一先ずカムシャフトを組み戻します。

20110122_2もう一度最初に戻ってバルブクリアランスの測定を行いますが、やはり一発で丁度良いクリアランスは出ないもので、この作業を繰り返し2回ほど行い、基準値内に収まるクリアランスに調整しました。

20110122_5 ヘッドカバーを取付た後、次にキャブレターのOH(オーバーホール)です。
先ずはキャブレターを分解して、洗浄しながら各部を点検していきます。
キャブレター内部はかなり汚れて、ジェット類も通路が詰まって塞がりかけている所もありました。
念入りに清掃した後、元に組み戻しエンジンに装着しました。

20110122_7ここからエンジンにバキューム計を装着してキャブレターの調整に入ります。
計測器文字盤の針を睨みながら、パイロットスクリューやアイドリングスクリューを調整しつつ各気筒間の同調を取っていきます。

ぴったり同調が取れ、且つ規定のアイドリング回転数で安定しながらも、レスポンス良く、途中引っ掛かる事無くストンっとアイドリング回転まで歯切れ良く回転が戻る様になりました。

作業スピードの速さが自慢の当店でしたが、やはり古い逆輸入車の為、サービス情報や部品番号を調べるのに時間が掛かり、今回の仕事も異例の8日間も費やす長丁場となりましたが、無事に全ての作業は完了して退院となりました。

ありがとうございました。

| | コメント (1)

2011年1月21日 (金)

カブ90チェーン交換

「SUPER CUB90」にお乗りのお客様が来店しました。

20110121_1_31万7千キロほど走行している2007年式のカブですが、チェーンケース内でドライブチェーンが引き摺っているような大きなガシャガシャ音と、加速する度に発する衝撃に近い異音がすると云う訴えで、当店には初めてお越しのお客様でした。

センタースタンドを掛け後輪を浮かせて回してみると、調べるまでも無く明らかにチェーンが引き摺っているようです。

20110121_3点検口から中を覗くとやはりチェーンは完全に伸び切り、チェーンケースの底を這いつくばっていました。

更にしっかり調べる為にチェーンケースを外して診ると、長い間チェーンがケースの底を這いずって擦れた結果、なんと下側チェーンケースの底が磨耗して大きく裂けていました。

20110121_2_2チェーンは全く油っ気が無く真っ赤に錆び付き、完全に消耗しきって伸び伸びでした。

スプロケットに至っては歯の先端が今にも折れそうなくらい磨耗して、手裏剣のように尖がっていました。

20110121_4これで加速走行中の衝撃音も何故だか納得いきます。
外れる寸全まで伸びきったチェーンに尖ったスプロケットですから、加速する度(駆動力が掛かる度)にチェーンがスプロケットの歯を駒飛びしていたのでしょう。

勿論チェーンと前後のスプロケットに、今回はハブのカップリングダンパーにもヘタリ(ガタ)が発生していたので、このダンパーと穴の開いてしまったチェーンケースも一緒に交換しました。

| | コメント (0)

2011年1月20日 (木)

CB223Sクラッチ交換

「CB223S」にお乗りになるお客様からの連絡で、走行中に異音と共に速度が低下し、加速不能な状態になったとの訴えが有りました。

20110120_1早速車両を引き揚げて来て調査を始めると、先ずはクラッチレバーの遊びが全く無くなっている事が判りました。
次に実際にこの車両に試乗して診ようと、エンジンを掛けて走り出そうとしましたが、エンジン回転が吹き上がったまま発進できません。

これはクラッチが完全に滑っていると断定して、エンジンカバーを取外し、中のクラッチを調べて診る事に致しました。

20110120_2カバーを開けた途端に炭の焼け焦げた様な臭いがしました。
これは予想した以上に酷そうかなと思いながら、クラッチハウジングごとクラッチ一式を取外し、クラッチディスクを外して診ると、ディスクもプレートも真っ黒に炭化し焼け焦げていました。

この様なクラッチ焼けの起きる直接の原因は判りませんが、半クラッチ操作や急加速等の多用が考えられ、通常の取扱を行っていれば、一般的にこの様な故障は起こらないと思われます。

20110120_4しかしながら、この車両は当店で丁度2年ほど前に新車で販売した車両で、走行距離もやっと1万キロを越したばかりですので、今回は特別に保証対応で無料修理とさせて頂きました。

通勤で使用されているバイクと云う事で、お仕事に支障が無い様に、お預りしてから48時間以内に修理を済ませて、納車させて頂きました。

これからもお客様のバイク生活を全力でサポートして行きますので、宜しくお付き合いのほどお願いいたします。
ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年1月19日 (水)

エアークリーナー交換-Ⅱ

この寒さでも、毎日のバイク通勤・通学ご苦労様です。

雨の日も風の日も1年中バイクで走り続ける元気な皆さんは、バイクの健康管理にも気を配っていますネ。

今年に入って、通勤・通学ライダーのお客様から、点検・整備のご依頼を多く頂きます。

特に大きいバイクより、125CCまでの原付ユーザー様が元気良く、やはり365日毎日のように使うバイクですので、点検・整備の意識が高いようです。

当店のお客様方は、原付バイクでも何万キロも走行している方が多く、今年になってご依頼された12ヶ月点検や24ヶ月点検では、軒並みエアークリーナーの交換時期の車両が多かったです。

20110119_1写真のエアークリーナー・エレメントは、「フュージュン」、「フォーサイト」、「リード110」、「トゥディ」の物で、交換の為取外した汚れたフィルターです。

最近の4ストエンジンのクリーナーエレメントは、ビスカス式と云うタイプです。
昔の乾式ではありませんので、清掃はできません。
乾式であれば吸気側から高圧エアなどでゴミを吹き飛ばし掃除していましたが、不織布にオイルを染み込ませてあるビスカス式は掃除できないので、定期的な交換が必要となります。
当店では1万キロ毎の交換を推奨しております。

エンジンは、ガソリンと空気の混合気を燃焼させ動きます。
取入れる空気には、ごみ・埃・異物が含まれますので、これらを取り除きエンジン内部を保護する働きをするのがエアークリーナーです。

エアークリーナーが許容量以上に汚れると、吸入する空気が通り難くなり、エンジン・トラブルの原因になるばかりか、出力低下や燃料消費の増大につながります。

汚れたエアークリーナーエレメントを新品に換えると、エンジントラブルを未然に防ぐだけでなく、燃費が良くなりパワーアップしますヨ!
1万キロ越しても交換した覚えの無い方!
早めに交換を!

| | コメント (0)

2011年1月18日 (火)

ZRX1100マフラー修理

20110118_1今回で3度目です。
また!マフラー壊れて修理に持って来たのは、皆さんご存知「ZRX1100」の関西人、<被害者の改(自称)>さんです。

今までと同じく今回もリベットがブッ飛んでいました。
こうして1年毎に壊れて修理に持って来てますが、修理の度にリベット穴が大きくなり、その度に大きいサイズのリベットに打ち換えて来ましたが、20110118_2今回ばかりは穴がかなり広がってしまい、同じ修理を何度繰り返しても、またリベットがブッ飛びそうなので、今回の修理はリベット止めは行わずに、ボルト止めにする事に致しました。

先ず折れ込んだリベットの残骸を慎重にドリルで揉んで抜き取ります。
次に何ミリのボルトにするか、広がった穴の内径を1箇所づつ計測して、一番大きい穴に合わせボルト・サイズを決定します。

20110118_3ここらボルトを入れる雌ネジを作って行きますが、このままでは雌ネジは切れないので、雌ネジを切れるサイズまで、またドリルで下穴を開けて行きます。

下穴が開いたところで、タップで雌ネジを作って行きます。
1番タップから少しづつネジを切って行き、無事に5本全ての雌ネジが出来ました。

20110118_4丁度良いサイズのボルトの在庫が無かったので、今回はステンのヘキサゴンを使用してマフラーを組み付けました。

ヘリサート入れてる訳じゃ有りませんので、雌ネジが何処まで持つか判りませんが、今までよりは良いと思います。
たまに増締めして下さいネ。

これでツーリング中に、マフラーがブッ飛ぶなどの迷惑は、皆さんに掛らないと思いますが・・・

| | コメント (0)

2011年1月16日 (日)

ZEPHYRオイル漏れ!

20110116_1_2「ゼファー1100」をお乗りのお客様から、エンジン左側のシリンダー・ヘッド付近より、オイルが漏れているとの訴えがありました。

正確なオイル漏れの場所を特定する為に、オイルが滲んで汚れているヘッド・カバー付近を、一旦綺麗に洗浄・脱脂した後、エンジンを暫く掛けておくと、やはりヘッドとヘッド・カバーの合わせ面から、少しづつオイルが滲んで来ました。

20110116_2ここのガスケット類を交換する事になりました。
エンジンが大きいのと、ヘッド・カバーが2分割式になっていたりで、若干やり辛さも有りましたが、ガスケットやOリングなどを新品に換えて、ヘッド・カバーを組み直しました。

その後またエンジンを暫く掛けておいて、オイル漏れの無い事を確認して、ここまでの作業は一先ず完了いたしました。

この他ついでにエンジン・オイルの交換と、オイル・フィルターも交換して無事に全ての作業は完了致しました。

| | コメント (0)

2011年1月15日 (土)

お弁当届きました。

20110115_1今日もお店で何時もの皆さんと、お昼ご飯を始めたところに<大森の社長>が登場。
なんと今回はお弁当が届きました。

丁度いいタイミングで、ホカホカの<大森の社長>手作り弁当です。
鳥五目御飯?に特製卵焼きなどのおかず付きでした。

20110115_2朝の開店前から来ていた<キタさん>と、その1時間遅れで登場の<海坊主様>と一緒に、今日も楽しく美味しい昼食を頂きました。

<大森の社長>有難う御座いました。
ご馳走様でした。

| | コメント (0)

2011年1月14日 (金)

VECSTARレギュレター交換

「ヴェクスター125」のお客様より、車両の引取修理依頼が入りました。

20110114_1お客様の診断では、バッテリー上がりと云うよりも、電源自体が落ちてる感じで、IGスイッチを入れても全く反応が無いとの訴えです。

早速、葛飾区まで30キロの道程を車両の引取に行ってきました。

先ずはバッテリーを調べると、何やらメーカー不明の見た事も無い外国製が付いていました。
診断装置に掛けると、直ぐに異常サインが出てバッテリーが故障している事が判りました。

20110114_2次に満充電済みの新品バッテリーに交換して、充電電圧をテスターで計ってみると、規定の値を示さず充電不良が発生している事も判明いたしました。

今回も原因はレギュレターの故障でした。
バッテリーとレギュレターの両方を交換して、無事に修理は完了いたしました。

| | コメント (0)

2011年1月13日 (木)

トゥディ桃色完売!

2010年モデル「TODAY」の桃色(レプスピンクメタリック)が完売いたしました。

この最後のピンク色をゲットしたお客様は、なんと遠く宮前区からお越しの女子大生でした。

もっと近くにバイク店は沢山あると思いますが、わざわざ遠方より来店頂き、当店をお選び頂きまして、誠に有難う御座いました。

20110113_1やはりこのお客様も始めてのバイクと云う事で、事前にバイクに乗車するのに相応しい服装や、装備のお話しをさせて頂きました。
その中でヘルメットをお持ちでないと云う事で、今回はヘルメットも一緒にご注文を頂きました。
選んで差し上げたヘルメットは、ホンダ純正の「AMIMIND」シリーズから、「FB7A」のピンクメタリックです。
このヘルメットはJIS規格125CCまでのバイクに対応で、UVカットの開閉式シールドを標準装備で、内装は不快な臭いを低減させる防菌防臭加工済です。
20110113_2そして長時間バイクに乗っても首や肩が疲れにくい、嬉しい軽さが特徴で、この手のスクーターにお乗りのお嬢様方にお勧めしています。

若干は車体色の桃色(レプスピンクメタリック)と異なる、桃色(スピカピンクメタリック)ですが、ま~それなりにコーディネートして、ご本人様も<カワイイ~>っと喜んで頂きました。

20110113_4_3納車当日の午後、早速オーナー様が来店いたしました。
何時ものように保険の話しや、事故を起こさない為の安全運転の話しに、バイクの点検の必要性や整備の話しなどを机上で1時間、次に実車を前にバイクの構造や仕組などを30分間お教えしました。
実際にご自身でセンタースタンドを掛けてみたり、キックスターターでエンジンを掛けれるまで練習しました。

その後本日のメインイベント、バイクに乗る練習をいたしました。
今回はいきなり公道はやめて、その前に路地で軽くバイクに跨りアクセルやブレーキの基本動作に慣れて貰いました。
少しづつバイクの動き出す感覚やブレーキの効く感じを覚えたら、走る距離を増やして、バイクの加速感も体験して頂き、大丈夫そうだなぁ~!ってところで、実際に公道に出てみる事にいたしました。
20110113_3_2公道では勿論、当店のスタッフが先導しながら一緒に走り、最初はお店の周りを最短ルートで1週してみて、様子を見ながら徐々に教習ルートを広げていきます。
約1時間ほどトレーニングしましたが、全然問題なく乗れちゃっているので安心しました。
戻ってきて開口一発!<楽しい~!><バイクって凄く楽しい~!>って満面の笑顔で連呼していました。

20110113_5ガソリンスタンドで燃料補給の仕方も覚えたし、そろそろ旅立つ時が来ました。
生まれて始めてのバイクで、これから遠く宮前区まで帰らなければなりません。
緊張気味のドキドキ感が伝わってきます。
バイクを買った以上、何時かは必ず乗り始めなければなりません。
やっぱり心配なので、環八合流まで先導して送って行く事にいたしました。
(女子には優しいコバ長でした。)

20110113_61時間ちょっと経った頃、無事にご自宅に到着のメールが入りました。
これからも末永いお付き合いを宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

桃色以外の「TODAY」は、まだ少し在庫あります。
ラスト特価販売中です。
バイクを買うならファンホイールズで!
ご注文お待ち申し上げます。

| | コメント (0)

2011年1月12日 (水)

スチール棚設置

20110112_2350SSの有った所のデットスペースが、あまりにも汚く、無駄なスペースに成ってるのを見兼ねたのか?
またもや<マルちゃん>がスチール棚を調達して来てくれました。
これでスッキり!原チャリ1台分のスペースが出来ました。

棚の15インチ・ディスプレーは、昨日の車検だった「ZRX1100」のお客からの頂き物です。
ごめんさない!<K監督>のディスプレーは電源スイッチが壊れたので退役して頂きました。

いつも皆さんには貰い物ばかりでスミマセン!

20110112_1貰い物と云えば、今年も年始から皆さん有難う御座います。
<キタさん>からは、<キタさん>らしい「靖国神社参拝記念ミルククッキー」を頂きました。
<K監督>からは、栄養ドリンクの「エナジカン」の差し入れがあり、<マルちゃん>からは、北海道土産で「タラバガニ焼きせんべい」を頂きました。

いつも皆さん!有難う御座います。

| | コメント (0)

2011年1月11日 (火)

初車検

20110111_1_2今日は今年一発目の車検でした。

この「ZRX1100」をお乗りのお客様とも、20年以上のお付き合いを頂いております。

1996年初度登録の初期型「ZRX1100」で、新車から15年も経ちますが未だ快調で、本日の車検も無事に完了いたしました。

これからも宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2011年1月10日 (月)

2011 初オフロード

今日は、毎年恒例の初オフロード走行会と云う事で、いつものオフロードビレッジへ行ってきました。

20110110_4もう恒例行事になってますので、予定には入れてましたが、この寒さで少し滅入っていたところ、今年は何故か?<ヤス坊>さんが、走りに行く気満々で、<マルちゃん>もハリキッて参加らしいので、家も次男と末娘の2人を連れて、冬休み最後の日をバイクで過ごす事に致しました。

20110110_3予報最高気温は5℃・・・
ところが現地に付くと、この寒さにも関わらず、オフロードビレッジは満員御礼状態!
やっぱり好きな奴らは、どんな時でも走りに来てるんだな・・・
シーズンオフじゃないんですよネ!
この時期の方が集中して長く走れるので、練習になるんですヨ!

20110110_2_2家は今回、長男と三男が別件でお休みで、チーム員の<キャメちゃん>も仕事で欠席だったりで、今年は、去年より少ない参加人数でしたが、寒さにも負けず頑張って走ってきました。

20110110_6それでも昼頃には10℃近くまで気温は上昇し、それなりに皆さん冬装備もして来てるし、
また今回は少し考えて、風向きや日当たりを見て、トランポの駐車する向きなどに一手間掛けたお陰で、割りと過ごし易い陣を立てる事が出来ました。

20110110_1_2家の末娘<アイアイ>は、初めて本コースを20分×2回走りました。
またPW50からCRF50へ移行し始めました。
CRFにも少し慣れて来た終盤に、ジャンプの着地でフラ付き、バンクを超えて飛んで行き転倒しました。

こんなアクシデントもありましたが、皆さん大きなトラブルや怪我などもなく、終わりの時間の4時まで、たっぷり走り込んで来ました。

詳しいレポートはこちら→ 「EVENT INFORMATION

| | コメント (0)

2011年1月 9日 (日)

PCXグリップヒーター取付

<マルちゃん2号>の「PCX125」へ、グリップ・ヒーターとハンドル・カバーを取付けました。

20110109_1通勤で毎日この「PCX125」に乗っている<マルちゃん2号>は、ここのところ続く寒波にまいってしまったらしく、遂にグリップ・ヒーターとハンドル・カバーを装着する事に致しました。

今回もグリップ・ヒーターとハンドル・カバーは「ホンダ」純正を選びました。
特にグリップ・ヒーターは、殆ど無加工で装着出来て、新規に配線を通したり切った張ったが無く、安心・簡単設計で、性能にも優れていますので、最近は純正をお勧めしています。

20110109_3_2ところがこの「PCX125」の場合は、そう簡単には行きませんでした。
専用の取付アタッチメントが設定されていて、配線はコネクターを接続するだけで、無加工で簡単に付きますが、そこへ行くまでが大変で、ご覧の通りフロント周りはバラバラで、外装一式を外さないと配線接続に漕ぎ付けないありさまでした。
(メーカー参考取付時間は30分になっていましたが、実際は3時間近く掛かりました。)

20110109_4しかしながら、グリップ自体の取付けはひじょうに楽でした。
特にスロットル側グリップには、「LEAD・EX」用などと同様の、専用インストール・キットが設定されていて、キットのスロットル・スリーブに交換すれば、無加工のジャスト・サイズで簡単に装着する事が出来ました。

汎用品ではスリーブの外径が大きければ削ったり、逆に小さければスリーブにテープを巻いたりの悪戦苦闘がありますが、さすが純正だけあり、グリップの取付は簡単・安心設計でした。

20110109_5性能に関しても優れものです。
この手の電装パーツの装着で、一番心配なのがバッテリー上がりですが、それも心配無用のバッテリー監視システムが搭載されていて、電圧低下時に「グリップヒーター」への電源供給をカットする機能付きです。
その他、設定温度を5段階に調整できるコントロール・スイッチ付きで、それをLEDインジケーターで表示する嬉しい高機能付きでした。

もの凄く寒くなりました。
20110109_6_2「グリップヒーター」は暖かいですヨ~!
「ハンドルカバー」も暖かで、
同時装着は、更に無敵です。
通勤・通学&ツーリングに強い味方です。
手元を暖かくして、快適なバイク生活をおくってください。

「グリップヒーター」装着承ります。
メーカー及びモデルに関わらずご相談ください。
ご注文も待ちしております。

| | コメント (0)

2011年1月 8日 (土)

嬉!チャーシュー&煮タマゴ

また!チャーシュー&煮タマゴを頂いちゃいました。

去年の年末に<大森の社長>から差し入れて頂いたのが、かなり美味かったので、おかわりを催促したら、早速、作って来てくれました。

20110108_1さすが昔プロだっただけ有り、そんじゃそこらのラーメン屋なんかでは味わえない、超極上急のお味です。

しかも今回は、前回の3倍くらいの量を作ってきてくれました。
タマゴも固湯でと半熟の2種類に別け、手の込んだ仕様となっております。

一応、店の冷蔵庫に入れてますが、そろそろだと思いますので、試食したい常連様は、カップ麺持参でお店に昼食しに来てください。

<大森の社長>!
何時もいろんな物を差し入れて頂いて有難う御座います。

| | コメント (0)

2011年1月 7日 (金)

神棚設置

新年早々<キタさん>から商売繁盛の立派なお札を頂きました。

20110107_1それにしてもデカくて豪華なお札なので、これを祀るのに相応しい場所もないし、ちゃんとした神棚でも置くか!って云ってたら、早速、本日<キタさん>がデカイ袋を持って来店しました。

なんと!神棚&祭器具と大神宮様&氏神様のお神札まで調達して来てくれました。
この寒い中、「ADDRESS V125G改」で飛び回り、ホームセンターから神社にまで回って調達して来てくれたようです。

20110107_2この寒さで<キタさん>は凍り付いていましたが、ひじょうに心温まるお気持ちを頂きました。

早速<キタさん>が、この神棚キットを組み立ててくれて、当店も7年目にして無事に神棚が設置されました。

本当に有難う御座いました。
感謝申し上げます。

| | コメント (0)

2011年1月 6日 (木)

町の本屋さん!

頼んでおいた本が何冊か届きました。

っと云ってもネット通販とかを利用して、宅急便で届いたんじゃなくて、馴染みの本屋さんが「SUPER CUB」に乗って届けてくれました。

今回も2週間ほど待ち、やっと届きました。

20110106_1ネット通販なら送料無料で翌日届きます。
今は競い合うように、何でも高速情報化社会ですから、待たずに何時でも何処でも早く簡単に、あらゆるサービスを受けられるようになりました。
バイクの部品だって翌日には入荷する時代です。
昔はバイクの部品なんかは、入荷に大体1週間は普通に待たされたものでした。

だけど便利になった反面、辛抱して待つ心の余裕みたいなものも失われて来た気もします。
待つ事が何か損しているかのようです。
確かにタイム・イズ・マネーですけど・・・

この本屋さんとも20年以上のお付き合いで、バイクもうちで何台も買って頂いているお客様です。
私は時々こうして本を届けてくれる、この本屋の社長の顔が見れて、ついでに世間話や無駄話が出来て嬉しいです。
凄くイイ社長なんだなぁ~
何か人と直接触れ合ってコミニュケーションしている感じがします。

この本屋さんは近所の商店街にある、うちの店より更に小さい個人商店ですが、最近こう云う個人商店ってどんどん無くなってますよネ、

相手の見えないネット通販で、どこの誰だか判らない人から物を買うより、知り合いから買った方が、少なくとも自分の周りの内需は多少は上がるかな?
そんな事も考えながら、こんな時代ですから極力知り合いから物を買う事にしています。

<私しが良くなれば、貴方も良くなります。>
年末の忘年会で「大森の社長」が言ってた言葉です。

そして今回買った本の中の一冊が、これです。
20110106_2














| | コメント (0)

2011年1月 5日 (水)

「携帯電話」換えました。

去年はパソコンやプリンターなどが、一気に壊れた年でした。
うちの店も、そろそろ7年経ちますので、仕方ないですかね!

壊れ始めると一気に続くようで、去年最後の土壇場に壊れたのが、携帯電話です。

この携帯電話「MOVA」も、うちの店をオープンする少し前に導入したものなので、7年以上使ってました。
去年の12月頭くらいから調子が悪くなり、騙し騙し使っていましたが、年明け2日に完全にぶっ壊れました。

っと云う訳で、年末年始の特に去年12月半ばくらいからは、皆様にはご迷惑をお掛けしたと思います。
もうダメかな?っと思うと復活してたりの繰り返しで、特に送信が出来なくなっていて、着信してても返信出来ませんでした。

20110105_2_2既に新しい携帯電話「FOMA」に換えましたが、古い携帯電話の方が完全に壊れてしまい、アドレスなどのデーターを新しい携帯電話に転送出来ませんでした。
他にデーターの保存はしてなかったので、皆様の電話番号などは全て消去されました。 

もう二度と電話出来ない方も居るかと思います。
残念ですが仕方有りませんネ! 
新しい携帯電話の電話番号は変わっておりませんので、ヨロシク!

20110105_1それで新しい携帯電話はこんな感じ ←
まるで「メルセデス・ベンツ」のワークス・カラー「シルバー・アロー」を思わせる、高級感漂う仕様で10万円はする感じ・・・!? 

実は「らくらくホン」で21円でした。
もう私もお爺さんなんで、これが一番ラックッラク~ウ! 

| | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

《FAZE》納車完了!

本日(1/4)より通常通り営業を開始致しました。
新年を迎え、営業初日から常連様にはお集まり頂き、誠に有難う御座いました。
明日から仕事の方や、今日から仕事始めの方も、沢山の方にご来店頂き感謝申し上げます。
そして商売繁盛のお札を頂いたり、栄養ドリンクの差し入れを頂きました。
また新年早々に、沢山の方達から仕事のご依頼を頂き、大変感謝しております。
本年も宜しくお願い申し上げます。

*************************************

20110104_1もう去年の話しになってしまいますが、当店が年末年始休暇に入る前日の12月29日に、2010年最後の納車が有りました。
ギリギリ最終営業日の納車に間に合ったバイクは新車の「FAZE」でしたが、注文は12月21日で、入荷は25日予定だった為、実は29日納車はギリギリでした。
年内納車を熱望のお客様の期待に添うべく、今回もガンバリました。

先ずは注文を頂いた21日にはメーカーへ車両の発注を行い、オプションでETCの装着も依頼されていた為、車載機本体やステー類も同時に発注しておきました。
車載機本体は翌日22日には入荷し、車両本体もETCステー類も予定通り25日には全て入荷しました。

20110104_2ここからがミスは絶対許されない工程でした。
土日は役所が休みで、しかも年内は28日迄だったので、残された猶予は全くありませんでした。
バイクの登録もETCのセットアップ申請もギリギリです。
しかもお客様は遠く「湘南ナンバー」です。

24日に住民票が届き、ETCのセットアップに間に合わせるべく、26日(月)の定休日は休み返上で、朝6時起きで湘南までバイクの登録に走りました。
バイクの登録も無事に終わり、昼前にはこちらへ戻り午前中にはETCのセットアップ申請も完了致しました。
翌日27日には予定通りETCセットアップも無事に完了しました。

20110104_3先にバイクの納車前整備とETCの取付けも済ませておいたので、最後にETCの作動確認と洗車を行い全ての作業は終わりました。
そして予定の29日の納車に無事に間に合う事が出来ました。

去年の年末は、クリスマスまでに離島(父島)へバイクを送ったり、ギリギリ納期の仕事が多かったですが、ガンバッた甲斐があり、皆さんに喜んで頂き、私も大変嬉しかったです。

今年も旧年以上にガンバリますので、宜しくお願い致します。

フェイズも安いヨ!総力決算大特価セール!
詳しい商品情報は→こちら「FAZE
当店HP新製品情報は、こちらをクリック
広報発表資料は、こちらをクリック
製品情報は、こちらをクリック

| | コメント (0)

2011年1月 1日 (土)

2011初走り!

あけまして、おめでとうございます。

20110101_1すっかり恒例行事となってしまいました、元日《初走り》に今年も行ってきました。

昨日大晦日のオフロード・レースに続き、今日の首都高ショート・ツーリングと、この年末年始は連日走りっ放しの「ファンホイールズ」です。

今年も去年以上に、土の上もアスファルトの上も走り込んで行きますので、本年も宜しくお願い致します。

今年は去年より少な目の4名のオジサン達が、保土ケ谷PAに集合いたしました。

いつものように今年も首都高を走って来ました。
いや~バイクって、本当に楽しいですネ!

詳しいレポートはこちら→ 「EVENT INFORMATION

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »