« CB400FOUR車検 | トップページ | R1200GSタイヤ交換 »

2010年12月19日 (日)

タイヤ亀裂

このお客様も欠かさず定期的な点検及と整備をお受けになる方で、当店で2004年に新車で販売した「DIO」にお乗りになっています。

20101219_1今回の12ヶ月点検では、走行距離こそ9千キロ弱しか走っていませんが、タイヤやドライブ・ベルトなどのゴム製部品の交換も行うことに致しました。

距離だけで云えば、タイヤの溝もまだ残っていますし、ベルトの交換時期にも早いように思えますが、そろそろ新車から7年弱の時間が経過し、タイヤなどにもヒビ割れが目立ち始めた事から、ひじょうに危険な状態と判断し、交換する事に致しました。

20101219_2タイヤやドライブ・ベルトのようなゴム製品は、オゾンや紫外線の影響を受けて、時間の経過と共に次第に固く硬化して行き、亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、一見使えそうに見えても3~4年毎の交換を推奨しています。

20101219_3また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特にタイヤの場合は、路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤが路面をグリップせずに滑るようになります。

タイヤのスリップ事故が増える時期です。
雨や雪の日だけに起きるのではなく、硬化したタイヤは、冷たいアスファルトの上では、簡単に滑りますので注意してください。

20101219_4左の写真は、「チョイノリ」のタイヤで、製造年月日から4年モノのタイヤでした。







20101219_5右の写真は20インチのママチャリのタイヤで、破裂寸前でした。

只今、年末に向けタイヤ交換特価セール中です。
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷します。
タイヤに不安を感じている方は、お早めに!

|

« CB400FOUR車検 | トップページ | R1200GSタイヤ交換 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CB400FOUR車検 | トップページ | R1200GSタイヤ交換 »