« クリスマス納車完了! | トップページ | KX整備 »

2010年12月25日 (土)

カブ始動困難!

信号待ち停車中にエンストしてしまい、何度も始動を試みるも再始動できなかったそうですが、少し時間をおいて始動を試みたところ、普通にエンジンは掛かったそうです。
ところが、こんな事が何度か発生したことから、この度の修理依頼となりました。

20101225_1これは直ぐに「カーボン噛み込み」?
(走行中にエンジンン内部に生成したカーボンが偶発的にバルブ・シートに噛み込み、圧縮圧力不足になる) と考えましたが、当店でこの車両をお預りしてからは、若干アイドリングが低いような感じもありますが、上記のような症状が全く出なくなってしまいました。

この車両は当店で新車で販売した「プレスカブ」で、PGM-FIが装着された2008年モデルです。
他にも同時期に同じ「プレスカブ」を何台も納車していますが、良く言われている程、このような症状の車両は一台も出ていません。

20101225_2確かにこの車両は当店で一番最初に入荷した初期ロッド・モデルで、少し解せない気もしますが、距離も1万キロ程度で、もっと走っている車両もたくさんあります。

やはりエンジン・コンプレッション(圧縮圧力)を測定しても、基準内に収まっています。

手をこまねいている訳にもいかないので、一応PGM-FIのスロットルボディーを外して診てみると、超!真っ黒で煤(すす)だらけでした。
ここを丁寧にクリーニングしてエンジンを掛けてみると、アイドリングがぐんっと上がって、安定するようになりました。

もしかしたら・・・これが原因?だったの・・

20101225_3お客様には、状況を全て説明して、一先ず様子を見て頂く事となりました。
あれから1週間。お客様は毎日この車両に乗っていますが、今のところ症状は出ていません。
もし再発した場合にも、最後までちゃんとやりますでのご安心下さい!

もちろん!ここまでの作業は無料サービスです。
当店で何台も車両を購入頂いてる法人様で、超ご贔屓様ですので、今回もハートのポイントバックを使わせて頂きました。

|

« クリスマス納車完了! | トップページ | KX整備 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマス納車完了! | トップページ | KX整備 »