« GSX-R1100修理-その3 | トップページ | スペイシー100ブレーキ固着 »

2010年12月 2日 (木)

スペイシー100クラッチ交換

新車で納車してから2年程経つ「SPACY100」の整備を行いました。

20101202_1そろそろ走行距離も2万キロを超える事から、今回はドライブ・ベルトの交換を依頼されました。

このベルトは定期交換を要する消耗部品ですので、定期的な交換を怠ると最後には必ず切れるか破損してしまい、走行不能の状態に陥ります。

排気量や車種、使い方にもよりますが、切れる前の概ね2万キロくらいを目安に交換をお勧めしております。

当店のお客様は皆さん優秀で、このお客様もご自身の判断で、予防整備としてのベルト交換をご依頼されました。

20101202_4_2大体このベルトの交換時には、同時にウエイトローラーとスライドピースも交換になる場合が多いです。
今回の場合もウエイト・ローラーに段付偏磨耗が始まっていましたので、ついでに磨耗したスライド・ピースと共に交換いたしました。

20101202_2この「SPACY100」は、今回が始めての駆動系整備ですし、この距離の程度であれば、一般的にクラッチの方までは、交換時期に達してないケースが多いのですが、一応点検してみたところ、クラッチ・シューの磨耗著がしく、摩擦剤が無くなり地が出る寸前の状態でした。

20101202_3お客様に聞くと、やはりクラッチの断続が多い市街地での使用が多く、ゴー&ストップを繰り返す走りの頻度が高い様でした。

こう云う方は仕方ないのですが、クラッチ・シューの磨耗が早まります。
今回は、このクラッチ・シューとクラッチ・スプリングも同時に交換して、トルクカム周りの古いグリスを清掃後、新しいグリスを封入して、駆動系の全ての整備は完了いたしました。

また次の4万キロまでノートラブルをお祈り申し上げます。
ありがとうございました。

|

« GSX-R1100修理-その3 | トップページ | スペイシー100ブレーキ固着 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GSX-R1100修理-その3 | トップページ | スペイシー100ブレーキ固着 »