« GSX-R1100修理-その2 | トップページ | ウエストポイントへ行って来ました。⑦ »

2010年11月 7日 (日)

PW50整備

うちの末娘の乗ってる「PW50」ですが、いまいちブレーキが効いてないようだったのでバラしてみました。

20101107_1上のお兄ちゃん達3人が乗り継いできたバイクですが、末娘も、このバイクをそろそろ卒業しそうですし、在庫の消耗部品を取っておいても使い道が無いので、今回はブレーキを分解したついでに、前後のブレーキ・シューとケーブルを在庫の新品に交換しました。

20101107_2まめに開けて掃除したり給油してた筈ですが、シューの削りカスやサビなどで、けっこう汚れてました。
ドラムのライニングやカムなどを綺麗に磨いて、各部摺動面をグリスアップして組付けました。




20101107_4握力の弱い娘でも軽くブレーキが掛けられるようにと、今回はグリスに金属表面改質剤配合の「SUPER ZOIL GREASE」を使いました。
このグリスは金属表面を平滑にし、1000Kgを超える極圧に耐える合金を形成します。
また摩耗の進行を飛躍的に軽減します。
-35℃~+130℃と幅広い温度条件下でも使用可能で、酸化・劣化が極めて少なく長時間安定した潤滑が得られます。
更に潤滑面に強力に付着したグリスは泥や水の進入を防ぎ、水や水蒸気にさらされても乳化しにくく優れた防錆効果を発揮します。
なによりもフリクションが低くなり軽くスムーズな作動が期待できることから使ってみました。
【SUPER ZOIL GREASE】金属表面改質剤配合・消音グリース
\2,310(\2,200)

20101107_3新品のケーブルも潤滑して組みました。
こちらは「WAKO'S MTL」を使用しました。
一般的な溶剤を使用する潤滑剤は浸透性は高いですが、この溶剤が元々ケーブル内に封入されているグリスを洗い流してしまい、一時的には滑らかになっても、すぐに潤滑不足を起こしてしまいます。
したがって私は以前からフッ素樹脂を配合した100%化学合成油の「WAKO'S MTL」を使用しています。
高い浸透性に加え、長期間の潤滑効果を持続し寿命を延ばしてくれます。
やはりクラッチやスロットル操作が軽くなりますので、今回も使ってみました。
【MTLメンテルーブ】多目的防錆・潤滑スプレー
\1,680(\1,600)

ブレーキは前後共に劇的に軽くなりました。
明日の娘の走りが楽しみです。(いつもの親バカです・・・)

|

« GSX-R1100修理-その2 | トップページ | ウエストポイントへ行って来ました。⑦ »

オフロード(モトクロス・モタード)」カテゴリの記事

修理(オイル・ケミカル)」カテゴリの記事

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GSX-R1100修理-その2 | トップページ | ウエストポイントへ行って来ました。⑦ »