« ウエストポイントへ行って来ました。⑦ | トップページ | FORZAサービスキャンペーン »

2010年11月 9日 (火)

シャドウスラッシャー修理

2000年式の「SHADOW SLASHER 400」の修理を行いました。

20101109_16万キロ弱を走行している車両で、走行中にフロント廻りから異音がするとの訴えでお預かりいたしました。
先ずはフロントをジャッキ・アップしてステアリングやブレーキ、ホイールなどの作動を調べると、ホイールがガタガタで、すぐにベアリングが損傷している事が判明いたしました。

異音の原因は判りましたが、フロント・フォークからオイルがじゃじゃ漏れ状態でした。
今回はフォークのインナーチューブ自体の腐食が酷いので、これ自体の交換が必要な旨お客様にご説明いたしました。

20101109_2お客様からご了解をいただき、今回は、異音の原因であるホイール・ベアリングの打ち換えと、左右のフォーク・インナーチューブを交換する事となりました。

まずホイールの方は、ガタの出ているホイール・ベアリングを抜取り、新品のベアリングを圧入して作業は完了ですが、抜取ったベアリングをみると粉砕する寸前の状態で、これ以上放置していたら事故ってたかも知れない状態でした。

20101109_3つぎにフロント・フォークですが、フォークを分解すると右側のフォークからは水が出てきました。
左側のフォークはオイルが完全に抜けて、何も出て来ませんでした。
中は完全に腐食し真赤っかでした。
漏れたオイルがブレーキに染み込み、ブレーキが効かない状態で、これも非常に危険な状態でした。
内部を綺麗に洗浄して新品のインナーチューブに交換しました。
この際もちろんゴム製シール類などのインナーパーツも新品に換えました。
新しいオイルを注入後、丁寧にエア抜きを行いオイルレベルを調整して完了いたしました。

この車両は、つい最近どこかで車検をとったばかりらしいのですが・・・
・・・・・・・・・

ここまでの作業、お昼頃お預りして翌日夕方には納車しました。
修理が早いのも当店の売りです。
通勤などで毎日バイクをお使いのお客様からは、なにげに喜んでいただいています。

|

« ウエストポイントへ行って来ました。⑦ | トップページ | FORZAサービスキャンペーン »

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウエストポイントへ行って来ました。⑦ | トップページ | FORZAサービスキャンペーン »