« PCX改善対策 | トップページ | CRF250X整備-その2 »

2010年10月 9日 (土)

LEAD110・EXサービスキャンペーン

<サービスキャンペーン>は、放置すると保安基準に適合しなくなる恐れのある<リコール>や、そこまでの恐れは無いものの安全上または公害防止上において修理を必要とする<改善対策>のどちらにも該当しない場合のもので、商品性や品質の改善のためにメーカーが行う修理・改修です。

20101009_1今回<サービスキャンペーン>の対象となった「LEAD110・EX」の不具合は、前輪用空気充填バルブのゴム材の原材料配合が不適切なため、バルブ成型後のゴム硬度が高くなり、空気充填バルブをホイールに組付ける際にゴムの柔軟性が不足して表面に亀裂が生じるものがあるそうで、そのため、使用過程でタイヤの空気補充時に空気充填バルブを強く折り曲げると表面亀裂が貫通して、空気抜け及び空気の補充ができなくなる恐れがあるそうです。

対象台数は、平成22年5月6日~平成22年7月20日の間に製造された、たった1,680台ですので、全ての「LEAD110・EX」が対象と云う訳ではありません。

改善内容としては、前輪用空気充填バルブを良品と交換するだけです。

早速、1台該当する車両のエアバルブを交換しました。
30分程度の時間で完了でした。

今日は、これから錦糸町まで出張でオイル交換に行きますので、お店は早めに締めます。ヨロシクです。

|

« PCX改善対策 | トップページ | CRF250X整備-その2 »

修理(リコール・保証修理)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCX改善対策 | トップページ | CRF250X整備-その2 »