« ドラッグスター車検 | トップページ | 秘密基地移転完了! »

2010年9月15日 (水)

キャブレターOH

20100915_1ここ最近キャブレターに関連する修理が続いております。
特にキャブレターから燃料が漏れるとの訴えが多く、しかもTWで連続しました。

20100915_2


前回のTWは、フロートバルブの磨耗が原因によるオーバーフローでしたが、今回のTWは、単純にフロートチャンバーの取付合わせ面のパッキン不良によるもので、ここのガスケットを交換して燃料漏れは治りました。

20100915_3


次に片肺の「RG250γ(GJ21)」の修理で、キャブをバラしました。
この車両も最近ネットオークションで購入したらしく、入手当初より片肺で、前オーナーよりキャブのOH(分解・清掃)の必要性を云われていたそうです。

20100915_4当店では、実車を確認した感じから、年代物(26~7年前製造)でもありますし、キャブの詰りだけが原因では無い可能性も説明させて頂き、ご了承の上で、一先ず調子の悪い方のエンジンのキャブを調べてみると、なんと片側の正規のメインジェットより10番も低いものが装着されていました。
・・・これは若しかして?っと思いながら、全ての部分をサービスデーター通りの値に調整し直しエンジンを掛けると、今度は調子の良かった方のエンジンの燃えが悪いようです。←やっぱし!?
プラグを換えたり、なんとか左右を調整して、辛うじてバランシングするようになりましたが、やはりクランク・シールが抜けてるようで、予想は悪い方に的中してしまいました。
お客様は、賢明なご判断で、これ以上の修理を諦めました。

こうやってババ抜きみたいに、ネットオークションをタライ回しになってるバイクなのでしょう。
次は貴方が、このババを引く番かも知れません!気を付けましょう!

|

« ドラッグスター車検 | トップページ | 秘密基地移転完了! »

ネットオークション」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラッグスター車検 | トップページ | 秘密基地移転完了! »