« JOGベルト切れ | トップページ | ZXR400タイヤ交換 »

2010年9月25日 (土)

《VTR》2011モデル入荷!

《VTR》は去年の3月に、2年振りの復活を遂げ、「 NEW VTR 」として新しく生まれ変わり登場いたしました。
そして今年7月には、早くも2011モデルが発売開始しております。

20100925_12011モデルの変更点は、基本的にカラーリングのみですが、今回は、新たに「B-STYLE」と云うタイプが追加されました。

「B-STYLE」は、光沢感の有る少し派手目な「パールコスミックブラック」と云う黒色外装に合わせ、フロントフォークやホイールまでも真っ黒く塗られた特別仕様になっています。
更にフレームとスイングアームは、コントラスト鮮やかな赤で塗られ、個性際立カラーリングとなっております。

20100925_2_2今回入荷の《VTR》も、「B-STYLE」です。
「ブラック(B)を基調とした個性際立つカラーリングを施したモデル」の事らしいですが、私には、このカラーリングを見ていて、まさに「B系」のクールな雰囲気を感じました。



《VTR》そのものの印象は、まず、とても軽く(161kg)、そしてスリム&コンパクトです。
それから、すごくシート高が低く、足付性が良いです。(身長160cm無い女性の方でもカカトまでピッタリ付くらしい。)
この事から、初心者さんや女性の方にも優しい感じで、お勧めできると思いました。

20100925_3《VTR》の最大の特徴であるV-TWINエンジンは、とにかく振動が少なく(90度Vツインでは、理論上一次振動ゼロ)、250cc2気筒エンジンとは思えない程パワフルです。
そして、やたらアイドリングが安定していて、笑っちゃうくらいレスポンスが良かったです。
この辺は、新設計のPGM-FIやECUの効果と思いますが、パルスジェネレーターの感知部を4ヶ所増やしたり、センサー類も2個増やし、エアクリーナー容量も0.1L拡大したりと、パーシャル開度での加速も良く、トルクバンドも幅広く、ひじょうにコントロールし易いエンジンに仕上がっています。

もうひとつ、このバイクの大きな特徴であるトラス構造のピボットレスフレームは、とにかく路面からの振動が伝わり難く、低速で軽く軽快でしなやかなハンドリングで、高速で安定感が増していく、剛性と柔軟性を両立した安心感が高い車体と思いました。

エントリーからベテランまで幅広く、バイクの原点であるスポーツライディングの楽しさを味わって頂けるバイクと思います。

総力半期決算大特価セール!
詳しい商品情報は→こちら「VTR
当店HP新製品情報は、こちらをクリック
広報発表資料は、こちらをクリック
製品情報は、こちらをクリック

|

« JOGベルト切れ | トップページ | ZXR400タイヤ交換 »

販売(新車・中古車)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JOGベルト切れ | トップページ | ZXR400タイヤ交換 »