« 《ZX-12R》カスタム!その4 | トップページ | 自転車整備! »

2010年8月18日 (水)

タイヤ-バースト!

連日続く猛暑は収まる気配を見せず、今日も本当に暑い一日でした。

20100818_1そんな猛暑の中、この暑さが原因と思われる不具合が多発しています。
先日も書いた駆動ベルトの破損と同様に、ゴム部品であるタイヤのバーストが増えています。

今回行った「SKYWAVE250」の後輪も、炎天下の走行中にバーストして走行不能になったようで、この猛暑中、バイクを押して2キロの道程を数時間掛けて来店頂きました。

20100818_2タイヤを診てみると、カーカス(タイヤの骨格となるコードをゴム被覆した部分)が露出するまで磨耗し、これは明らかにパンク(穿孔で空気が漏れる)ではなく、バースト(タイヤ構造が一気に破裂する)で有る事が、ひと目見て判りました。

バーストは、一般的にタイヤの老朽化による微細な亀裂の進行、不適正な空気圧などが原因でも起こりますが、幾ら暑いからと言って、普通はバーストなんかしません。
今回のお客様の場合も、単純にタイヤが著しく磨耗し薄くなったところへ、更に、この猛暑で追い討ちが掛かり、タイヤが耐えられずに破裂(バースト)したようです。

路面温度は、気温が30度の時で50度近くまで上昇するらしいので、いかにタイヤにとって、今が過酷な次期かご理解頂いて、古いタイヤや磨耗したタイヤは、早めに交換頂き、安心・安全な楽しい夏を過ごして頂けますようお願い致します。

当店も、この次期に合わせてタイヤ交換特価セールをしてますので、是非ご利用下さい。

|

« 《ZX-12R》カスタム!その4 | トップページ | 自転車整備! »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 《ZX-12R》カスタム!その4 | トップページ | 自転車整備! »