« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

R1200GS車検

20100831_1今日は日曜日からお預りしていた<監督>のロケ車「R1200GS ADVENTURE」の車検でした。

この車両も新車から3年目の初めての車検ですし、普段からも定期的な点検、整備を行って来てましたので、特に不具合は有りませんでした。

20100831_2・・・が!こんな事でダメ出しされるとは~
一般的なバイクですと、よく左側のスプロケ・カバー付近にあるシフトチェンジ表示が、このBMWには有りませんでした。
メーター内にデジタル表示されるので、問題は無いと思っていましたが、お国は許してくれませんでした。

そこで、何か良い物ないかな~っと探していたら、某メーカー純正パーツで、こんなものを探し出しました。
薄いアルミプレートで裏側に両面テープが付いてました。(378円)
これで完璧!問題なく車検は無事に合格致しました。

20100831_3そんでもって信州ツーリング(一日で600キロ強走ったとか?)帰りの<監督>から、長野土産「信州りんぎのかほり」を頂きました。
行く先々で、いつも皆さん有り難う御座います。

| | コメント (0)

2010年8月30日 (月)

モトクロスビレッジへ行って来ました。

夏休み最後の月曜日(定休日)を、また我が家は家族全員でモトクロスコースへ走りに行って来ました。

20100830_2_2何時もとは違うところへ走りに行きたいとのリクエストから、家族全員が揃うのは、これで当分無さそうなので、今回は少し足を伸ばし、モトビの方へ走りに行って来ました。

20100830_1_5

昔は良く行ったコースですが、8~9年振りに行く久し振りのモトビです。
確か?短い本コースが1面だけで、キッズコースとかも無かったと記憶していましたので、一番下の娘(小2)が走れるのか微妙な感じでした。

20100830_7天気予報での最高気温は36~7度まで上昇と聞いて、今日も暑い一日になるな~っと思いながら現地に付くと、ここモトビは川の直ぐ横に立地し、森に囲まれて居るので日陰も多く、風が通り抜け、なんとこの風が心地良い事か!過ごし易い一日でした。

20100830_6コースの整備状態はオフビと比較すれば若干落ちますが、オフビが良す過ぎるくらいなので、普段オフビで慣れてる我々には、このくらいの凸凹は逆に刺激が有り練習になりました。
我々家族以外に3台が来場していましたが、殆ど走らず走っても我々の休憩時間だけだったので、実質は、完全に我々家族の独り占め状態のプライベート・コースでした。

20100830_8コース・レイアウトは高いジャンプは殆どなく、連続するコーナーに次ぐコーナーでバンクの壁に囲まれた、迷路のようにカーブの多いコースでした。
本コースに隣接して、フラットで大きな広場が何箇所かあり、またジャンプ練習用のコブも幾つか作ってありました。
子供や初心者さんも行って損は無いと思います。

20100830_4家の子達は、ここのコースに相当魅了されたらしく、何度も絶賛(最高!)していました。
涼しかった事もあり、殆ど休まず夕方6時頃まで走っていました。
何時もの兄弟バトルも何時も以上にヒートアップし、遂には長男(高3)が1コーナー(ストレートエンド)で、バンクを飛び越え向こう側の数メートル下へ転落してしまうハプニングもありました。(怪我やマシンの損傷は有りませんでしたが、マシンを引き出すのに一苦労しました。)

20100830_3一番下の娘(小2)は、最初から本コースを一日中走り、一度も転倒しませんでした。
途中でジャンプにチャレンジする事になり、小さなコブで練習すると、開始間も無く直ぐに飛ぶ事が出来ました。
生まれて初めてのジャンプです。まだコース上では飛べませんが、一先ず浮く感覚を覚えました。

20100830_5三男坊(小6)は、帰りに隣接する林で、また虫捕りしていました。

こうして今年も我が家の夏休みは終わりました。



詳しいレポートはこちら→
EVENT INFORMATION

動画3分バージョン



この続きはお店で!

| | コメント (0)

2010年8月29日 (日)

CB400SFタイヤ交換

またまた猛暑の埼玉から、2日連続して遠路ご来店頂きました「CB400SF」の<フクちゃん>です。

昨日はエンジンオイルの交換で来店頂きましたが、リヤ・タイヤにスリップサイン(磨耗限度表示)が出始めている事が判り、改めて本日のタイヤ交換作業となりました。

タイヤは昨日の夕方発注し、今日の朝には届きました。
今回選んだタイヤも前回フロント・タイヤで交換したものと同じ、[MICHELIN]の《 PILOT ROAD2(2CT) 》を履かせました。

20100829_1このタイヤは、「ツーリング・タイヤでは物足りないけど、スポーツ・タイヤは減りが早いし・・」というお客様に、ツーリング・タイヤでも楽しくコーナーリングできて、減り難いタイヤとして勧めしております。
このタイヤの特徴の「2CT(TWO COMPOUND TECHNOLOGY」は、タイヤのセンター部にツーリング系コンパウンドにグリップ性能を加え、ショルダー部はグリップ系コンパウンドに耐磨耗性能を加えたタイヤで、大排気量のツアラー&ネイキッド・タイプにお勧めで、街乗りからワインディングまで幅広く対応いたします。
当店では、多くのお客様から評価を頂いているタイヤですので、タイヤ交換の際は是非ご検討ください。

原付小径タイヤ~ビックスクーター用タイヤまで常時在庫しています。
在庫の無いタイヤでもご注文の翌日には入荷するシステムですので、お気軽にご相談ください。

| | コメント (0)

2010年8月28日 (土)

電装修理

エンジンの始動不能を訴えるお客様から、続けて修理の依頼がありました。
いずれも症状が似ていて、スターターモーター自体が動かないようでした。

単純にバッテリーが上がっている感じでしたが、そうでは有りませんでした。

20100828_1最初にお預りした1994年式「STEED400VLX」は、スタータースイッチの不良が原因でした。






20100828_2_2次の2004年式「SKYWAVE250」は、ブレーキスイッチの不良が原因でした。





20100828_3そして最後の2000年式「ZRX1100」。
これは普通にバッテリーの不良が原因でした。
バッテリーを見るとパンパンに膨らんでいました。
この事で、もちろん過充電も疑い、充電電圧なども調べましたが正常な値を示していました。
バイクに原因が無いとすれば、あとは充電器などでの充電の仕方に問題があったのか?・・
どうも、この膨らみは解せません。

この猛暑が原因でしょうか?
何れにしろ、電装系の故障が続きます。

| | コメント (0)

2010年8月27日 (金)

NIGHT RUN - ②

今日は<キタさん>&<海坊主様>の企画で4ヶ月振りに夜の首都高を走ってきました。

今年は暑くて、なかなかバイクに乗る気にもなりませんでしたが、そろそろ夜なら涼しいだろうと<キタさん>「ZX-12R」のお披露目も兼ねて、出動する事となりました。

20100827_120時頃から集まり始め、先ずは一番乗りで<カメちゃん>が到着。
次に飲み会が中止となって急遽参加出来るようになった<ヤス坊さん>が到着。
そして<バブリーイエローさん>が予想に反して何時もより少し早めの21時頃に到着しました。

20100827_2ところが言い出しっぺの<海坊主様>が来ていません。
結局、<海坊主様>と<若旦那>も欠席となりましたが、夕方に来店した<監督>が急遽参加出来る事となり、今回は、総勢7人が集まりました。

20100827_3_2

少し遅くなりましたが、10時頃には当店(ファンホイールズ)を出発。
何時もの首都高をグルリ一周して、24時30分頃には店に戻って来ました。

夜の首都高は涼しいどころか、ひじょに暑く汗だくになりましたが、久し振りに皆で走れて楽しかったです。

詳しいレポートはこちら→EVENT INFORMATION

| | コメント (0)

2010年8月26日 (木)

DR-Z400SM点検

今日は、うちの構成員の中でも最も若い<学生さん>「DR-Z400SM」の12ヶ月点検を行いました。

20100826_1新車から2年目の車両ですし、普段から定期的な点検、整備も行って来てますので、特に不具合は有りませんでした。

この歳で、ギヤ付きスポーツ車に乗る若者は少なくなりました。
この<学生さん>は、バイクに対してのメカ的な興味も有るようで、積極的に愛車のメンテナンスに気を使い、バイク生活をエンジョイしています。
オジサン達からすると、ひじょうに嬉しい事です。

20100826_2_2この<学生さん>からは、夏休みの帰省先から長野土産で「桔梗信玄餅」を頂きました。
ありがとうございます。
賞味期限が迫ってますので、みなさん早めに食べに来店ください。

| | コメント (0)

2010年8月25日 (水)

XR250整備

当店に初めて来店頂いた「XR250」をお乗りのお客様から、バイクの点検依頼がありました。

20100825_1お客様は、この2005年式のバイクを新車で購入後、一度も点検や整備をした事が無いと云う事でしたので、一先ず12ヶ月点検を行い、やはり一度も交換した事の無い、真っ黒に汚れたブレーキ液を交換させて頂きました。

点検の結果は、リヤ・タイヤが著しく磨耗し、フロント・フォークからはオイル漏れが発生している事が判りました。

20100825_3この5年で、たった6千キロほどしか走行していない車両は、主にストリートで使用されていたようで、フロント・フォークは、ダードなどでフル・ストロークした形跡が全く無く、油の切れたインナーチューブ下半分は、酷く腐食していました。

20100825_2今回のフロント・フォークのオイル漏れも、原因はやはりインナーチューブの腐食とシールの劣化です。
従って本来はインナーチューブの交換がベストですが、やはり費用を抑えたいと云うお客様の要望から、今回もインナーチューブの交換は行わずにシールの交換だけを行いました。

20100825_4腐食したインナーチューブの表面は、極力研磨して腐食部分を除去して組上げましたが、
今回ばかりは腐食がかなり酷いので、残念ながら腐食した凸凹は取り切れませんでした。

今後この凸凹でシールを痛めてしまい、オイル漏れ再発も覚悟頂き、今回も簡易的な処置に留める事に致しました。(次に漏れた時は、インナーチューブ交換ですネ!・・・)

20100825_5この後、磨耗したリヤ・タイヤを交換し、スパーク・プラグも交換して、全ての作業は完了いたしました。

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

YZF-R1車検

20100824_1_2今日は、<カメちゃん>号2006年式「YZF-R1」の車検でした。

20100824_4_2
当店で新車で販売してから2回目の車検でしたが、日々、定期的に整備して頂けたので、今回も油脂類やエアークリーナーのエレメント交換くらいの整備で済みましたが、ウインカーに関しましては、ノーマルに戻させて頂きました。(これはダメですので、ヨロシク!)

20100824_2エアークリーナー・エレメントは初めての交換になりますが、さすが2万キロ以上走ると、ご覧の通りかなり汚れていました。
ついでに念の為、フューエル・インジェクションのスロットル・ボディーは、いつもの様にクリーニングしておきました。

20100824_3_2今回は新車から4年目と云う事で、冷却液の交換もしておきました。
車検毎(2年毎)に行うブレーキ液の交換も行い、整備も車検も無事に終っております。

20100824_5<カメちゃん>からは、夏休みの旅先から、広島土産「もみじまんじゅう」を頂きました。
いつも、ありがとうございます。

| | コメント (0)

2010年8月22日 (日)

ZEAL整備

1991年式「FZX250 ZEAL」にお乗りのお客様より、後輪タイヤの交換依頼が有りました。

20100822_1この後輪はパンクしているようですが?、なるほどお客様の云うようにサイド・ウォールのヒビ割れが酷く、そもそもお客様ご自身も不安を感じていたようで、これはお客様の云うと通り、今回はパンク修理は行わずに、タイヤ交換を行なう事と致しました。

20100822_2外したタイヤの製造年月日を見ると、製造後15年程経過している事が判りました。
ゴムで出来ているタイヤは、オゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きます。
こうなるとタイヤはバーストしたり、路面をグリップせずに滑るようになりますので、当店では、タイヤ溝が残っていても基本的に3年毎のタイヤ交換をお勧めしております。

このお客様の場合も、この車両を最近ネットオークションで購入したらしので、タイヤ交換のついでに各部を点検してみると、例の如くステムがガコガコでした。

20100822_3これはステム・ベアリングの磨耗が原因で、グリス切れ(潤滑不良)による腐食や、調整不良が原因と考えられますが、自然消耗する部品ですので定期的な点検・調整・給油・交換が必要です。

今回のお客様のように、中古車でバイクを乗り出した方は最初からこの状態なので、「これが正常」と思い込んで乗っている方も多く、また、永く同じバイクに乗っている方などは、徐々に蝕まれた症状に気が付かなかったりして、今回のように当店での点検の際に発見される方も多く見受けられます。

20100822_4中には、不具合を指摘されるまで、低速走行でバランスが取れずふら付いたり、カーブが上手く曲がれずつまずきそうになるのは、自分がバイクに乗るのが下手だからと思ってる方が非常に多く、せっかくお乗りの自慢のバイクの性能を引き出すどころか味わう事もできず、そのバイクをそのまま評価している方も多くいるようです。

ステアリング・ステム(舵取装置)は、バイクの最も重要な基本性能を担った部品ですので、皆さんも定期的な点検を是非お勧めいたします。

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

おみやげ-12

また肉を頂いちゃいました!
20100820_1今回は、肉屋の<若旦那>より高級お肉を差し入れて頂きました。
そ~云えば、今年は毎年恒例だったキャンプを行わなかったので、<若旦那>の高級お肉を喰いそびれていました。
子供達も喜ぶと思います。ありがとうございました。

20100820_2それから夏休みも明けて、休み中の帰省先や旅行先からのお土産が沢山届いてます。
みちのく二人旅?の<NUPPYさん>からは、あま~い!薄皮「ずんだ饅頭」が届いてます。
<海坊主様>からは、岩手土産の南部煎餅、岩手屋「小判詰合」が届いております。


そして、<キタさん>からは、今日もお仕事先の千葉から「ぴーなつ最中」を届けて頂きました。

みなさん!いつも本当にありがとうございます。
各地のお土産が大量在庫中です。
みなさん、食べに来てね!

| | コメント (0)

2010年8月19日 (木)

自転車整備!

今日は、私が個人所有している自転車の整備を行いました。
20100819_1この自転車は、家の長男が生まれる丁度1年くらい前に購入した物ですから、かれこれ18年も前の1992年式の宮田製「RIDGE RUNNER」です。

古い自転車な為、先日は遂にブレーキ・ケーブルが切れ、そして今回やってしまった、フロント・タイヤのパンクを切っ掛けに、一通り整備する事と致しました。

先ずはタイヤ交換から行いました。
20100819_2この自転車は、ほんの数百メートルの通勤でしか使用しない為、元々装着のMTB用タイヤをやめて、オンロード専用のスリックパターンモデルを履かせています。
そんな訳で、選んだタイヤは今回も「PANARACER」の「HI-ROAD」シリーズ「S-BLACKS」をチョイス。
このタイヤは、軽量で転がり抵抗が少なく、安定した走行性能と軽い踏み込みを両立したシティライン・モデルです。
また、このタイプはサイドウォールを強化した仕様で、少しタイヤ空気圧が高いと若干ゴツゴツ感があり硬い感じがあるのですが、そうとう低圧(パンクに近い状態)で乗っても、腰が強く段差でチューブを切ってしまう心配も少ないので、頻繁に空気を入れなくても乗れます。私のような不精者でも手抜きが出来るので非常に楽なタイヤです。

20100819_3次に、タイヤと一緒に届いた、ブレーキとディレーラーのケーブルを交換しました。
ブレーキに至っては、未だにカンチレバーを使ってますが、ややこしい調整も、この「SHIMANO」純正の特殊工具を使いバッチリ完了です。

20100819_4そして今回一番苦労したハンドル回りの交換を行いました。
20100819_5錆々になった純正のクリモリ製ハンドルを、<マコちゃん>から貰ったアルミ製のハンドル周り一式に交換しようと思いましたが、予想通り、錆付いたステムがフレームからなかなか外れず大変苦労しましたが、最後は二人掛かりの力技で、なんとか外す事が出来ました。
グリップも新品に交換し、ハンドル回りは蘇りました。

20100819_6その他、穴の開いたサドルも新品に交換し、これも<マコちゃん>から貰った、ハブのクイック・レリーズ・レバーも交換して、そのついでに、リムの振れを取って、今日のところは完成です。

20100819_7



こうして久し振りに自転車をイジッていると、またチャリにハマリそうです。
またMTBクラブ作りますか?・・・どうせ直ぐ飽きると思いますが・・(^o^)丿

| | コメント (1)

2010年8月18日 (水)

タイヤ-バースト!

連日続く猛暑は収まる気配を見せず、今日も本当に暑い一日でした。

20100818_1そんな猛暑の中、この暑さが原因と思われる不具合が多発しています。
先日も書いた駆動ベルトの破損と同様に、ゴム部品であるタイヤのバーストが増えています。

今回行った「SKYWAVE250」の後輪も、炎天下の走行中にバーストして走行不能になったようで、この猛暑中、バイクを押して2キロの道程を数時間掛けて来店頂きました。

20100818_2タイヤを診てみると、カーカス(タイヤの骨格となるコードをゴム被覆した部分)が露出するまで磨耗し、これは明らかにパンク(穿孔で空気が漏れる)ではなく、バースト(タイヤ構造が一気に破裂する)で有る事が、ひと目見て判りました。

バーストは、一般的にタイヤの老朽化による微細な亀裂の進行、不適正な空気圧などが原因でも起こりますが、幾ら暑いからと言って、普通はバーストなんかしません。
今回のお客様の場合も、単純にタイヤが著しく磨耗し薄くなったところへ、更に、この猛暑で追い討ちが掛かり、タイヤが耐えられずに破裂(バースト)したようです。

路面温度は、気温が30度の時で50度近くまで上昇するらしいので、いかにタイヤにとって、今が過酷な次期かご理解頂いて、古いタイヤや磨耗したタイヤは、早めに交換頂き、安心・安全な楽しい夏を過ごして頂けますようお願い致します。

当店も、この次期に合わせてタイヤ交換特価セールをしてますので、是非ご利用下さい。

| | コメント (0)

2010年8月17日 (火)

《ZX-12R》カスタム!その4

止りません!まだまだ続く、<キタさん>「ZX-12R」カスタム第4弾です。

20100817_1今回は、熱い!っと云う事で、タンク側面に装着するタイプの断熱サイドカバーを装着しました。

フレームに伝わったエンジンの熱が、更に燃料タンクにも伝わっているようで、ニーグリップをした際の、膝から内腿に接触するタンク側面が異常に熱くて堪りません。

今回も、改造と云うより、改善対策的カスタムとなりましたが、この手のバイクは大体が元々熱く、皆さん困ってますよネ!
特に今年のような猛暑の中では大変です。
カーボン製のカバーは、見た目もカッコ良くなりました。

20100817_2それから、これも<キタさん>の場合は、今まで乗ってきた殆のバイクに行っているお洒落で、インナーフェンダーもカーボン・タイプへ交換しました。

勿論!これで終わりではありません。
今後もバージョン・アップ毎にご紹介させていただきたいと思います。

| | コメント (0)

2010年8月16日 (月)

ウエストポイントへ行って来ました。④

リヤ・サスなどの整備も終り、早く走りに行きたくなった<ヤス坊さん>から、夏休み期間中の走行会提案があり、本日(16日)、前回から約1ヶ月振りの走行会を行いました。

家の子2名と同じく夏休み中の<カメちゃん>も加わり、私も含め合計5名でウエストポイントへ行って来ました。

20100816_4この夏3度目の暑さのピークとなった現地(埼玉)ウエストポイントは、前回(7/19は1度目の猛暑日)よりも更に暑く、キャブ・セッティングが出ずに、急遽薄めにセッティング変更するほどでした。

今回も日除けテントの設営からマシン整備が終った時点で、もはや体力を使い切った感じで、走り出すまでに時間が掛かりました。

20100816_1_2それでも子供達は元気で、準備が出来た10時30頃から走り出しました。
Cコース(初心者コース)の3コースをウォーミング・アップでそれぞれ5週ほど行ったところで、昼少し前でしょうか? Aコースへ向かった<シュンちゃん>が直ぐに戻ってきて、<マコちゃん>が来た~!っと・・・なんと!今回も登場です。
遠路この猛暑の中、本当にご苦労様でした。

20100816_3ウォーミング・アップが終った<アイアイ>は、Aコース反対側のフラット・コースへ向かいました。
ここはフラット・ダートの所謂(いわゆる)ジムカーナ・コースです。
次々とポールに目線を移して行き、積極的なブレーキングとアクセルの練習になります。
Uターンに近いセクションでは、直ぐに後を振り返り次のポールに目を移しながら、アクセルを開けていきますが、ここで<アイアイ>は、ブレーキ・ターン(後輪ドリフト)を覚えました。
また、広々としたフラット・コースなので、アクセルの全開走行も出来ますし、何気に一番練習になりました。

Cコースでもスピードが出てきた<アイアイ>は、この後、初めて走るAコース隣接のジャンプ・セクションなど2コースを体験した後、なんとAコース(本コース)をお兄ちゃんに伴走して貰いながら走り、本コース初デビューを果たしました。

20100816_5帰りに近くの森へ、夏休み恒例の虫獲りに行きましたが、時期が遅かったのか、小クワガタばかりが沢山獲れましたが、カブト虫は一匹も獲れませんでした。
カブト虫が獲れなかったのは初めての事ですが、この猛暑が原因しているのでしょうか?

本当に暑い一日でした。
皆さん猛暑の中、大変お疲れ様でした。

詳しいレポートはこちら→ 「EVENT INFORMATION」

| | コメント (0)

2010年8月15日 (日)

おみやげ-11

20100815_1「スイカ」に続き、今度は<バンバンさん>から福島産の「桃」が届きました。
ありがとうございます。

20100815_3


福島と云えば・・福島から昨日<ネモっちゃん>が登場しました。
数年ぶりの登場ですが、この夏休みを利用して、遊びに来てくれました。
その<ネモっちゃん>からは、三万石の「ままどおる」を頂きました。

20100815_2その他、いつも差し入れ頂く<近所のおばちゃん>からも、菓子類などが届いてます。

いつも皆さん!ありがとうございます。

明日は、1ヶ月振りのオフロード走行会です。
まだ夏休み中の方は、現地でお待ちしております。

| | コメント (0)

2010年8月14日 (土)

《ZX-12R》カスタム!その3

<キタさん>「ZX-12R」カスタム第3弾です。

20100814_2やはり今回もヘッドライトが暗いっと云う事で、HIDに交換しました。

っと云っても<キタさん>の場合、今まで乗ってきた殆のバイクに同様のライト・チューンを施して来ていますので、このバイクのライトが特に暗いと云う訳ではありません。

20100814_1バイクが「ZX-12R」だけに、高速レンジでより明るくしたいとの希望でした。
今回のチョイスしたHIDは、厚み10ミリの極薄バラストを採用したキットを組込みました。
バーナーは、6000Kで超明るくなりました。


このキットは、H4シングル(HI/LO切替タイプ)で、¥28,500~っと価格もリーズナブルで、一般の物と比較して半額くらいです。(保証もちゃんと付いてます。)

汎用で、幅広い機種に対応します。
より明るく威圧的な光りが欲しい方に、ぜひお勧め!
ご注文お待ちしております。

| | コメント (0)

2010年8月13日 (金)

事故多発

今月に入って交通事故が増えているようで、当店では、立て続けに4件のご相談がありました。

内2件は相手がタクシーで、急にドアが開いた所へ衝突したり、路地裏の交差点での出会い頭の衝突などで、重大な事故に繋がったケースは有りませんでしたが、この猛暑の中で、若しかしたら皆さんの集中が切れて来ているのかも知れません。
毎日バイクに乗られている皆さんは、この暑さでお疲れとは思いますが、安全運転には十分気を付けて頂きます様お願い致します。

その中で、既に修理が終った「ZOOMER」は、単独事故で相手のいる事故では有りませんでしたが、カーブを曲がり切れず、塀に真正面から衝突したものです。

20100813_1幸いオートバイが衝撃を吸収してくれたようで、ご本人様に怪我は有りませんでしたが、オートバイはフロント周りがグッシャリ内側へ入り込んでしまい、ハンドルが全く切れないほどフロント・タイヤがフレーム側までメリ込んでいました。
20100813_2これはフレームにも影響が出ているかな?っと思いながら、フロント廻りを調べると、フォークとアンダー・ブラケットには、強い衝撃が加わったようで、明らかな曲がりや歪が確認されましたが、幸いにフレーム側にダメージは無く、上記2点の部品交換で修理は完了いたしました。


まだまだ残暑続くようですので、皆さんも安全運転の心掛けをお忘れなく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

ディオの日

世間は盆休みですか?
当店は、この盆休みド真ん中の今日も、休まず営業しています。

今日も何時もの様にお店の開店準備が終り、まだエアコンの効かない店内で、汗だくのTシャツを着替えようとしていると、息つく暇もなくお客様が殺到して、超忙しい一日が始まりました。

20100812_4そんな今日は、朝から新車(2010年式)の「DIO」が売れました。
物流が止るこの時期を想定して、何時もより少し多めに各色在庫していた事が幸いし、お客様のご希望通り、本日お買上頂いた車両を本日納車する事が出来ました。



この後予定していた修理車を片付けました。
ホンダの部品供給は凄いですネ!
20100812_1今日の発注分までは受付けるので、明日までは部品が入荷してきます。
そんな感じで、盆休み期間中もバリバリ仕事(修理)が出来ます。

先ずは、2000年式の「LIVE DIO J」のスターター・モーターを交換しました。
もう10年10万キロほど走っている車両ですので寿命でしょうか?
今年は、この猛暑で寿命を加速させ、この辺の部品がイカれる車両が多かったですね。

20100812_2次に、更に古い1996年式の「SUPER DIO」のキーセットを交換しました。
この16年前の車両も相当走ってそうな感じで、キーが金属疲労で応力破断してしまい、キー・シリンダー内にキー先端が残ったまま折れてしまいました。
20100812_3ハンドル・ロックしたままスペア・キーも無い為、バイクを車に真っ直ぐ積めずに苦労しましたが、お客様宅から車両を引き取って来ました。
キーの無いシリンダーを解除するのは難しく、端から外装をバラバラに外して、なんとか開錠する事が出来ました。


今日は、「DIO」から始まり「DIO」で終った、《ディオの日》でした。

| | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

BW’S100エンジン始動不能

1ヶ月ほど前に修理した「BW'S100」と類似したパターンです。
今回の「BW'S100」も前回と同様に、ネット・オークションの個人売買で購入した車両らしいですが、同様に近所で修理を断られたらしく、最後に当店に辿り付き、今回もJAFにレッカーされて遠方より来店頂きました。

20100811_1不具合内容は、走行中にガス欠のようにエンストした後、再始動出来なくなったと云う事で、今回も基本の「良い火花、良い圧縮、良い混合気」の原則通り、順を追って調べた結果、最後にキャブレターまで燃料が来てない事が判明しました。
更に原因を調べて行くと、燃料コック(負圧コック)を開閉している負圧ホースに穴が開いている事が判りました。
これではコックが開かず燃料の供給はストップする訳ですから、エンスト状態になる訳です。
この負圧ホースを新しい物へ交換し、手子摺る事無く無事に修理は完成いたしました。

当店は、今回のお客様のように、他店でバイクを購入したお客様や、個人売買、オークションなどで購入したバイクでも大歓迎ですが、なんせ小さな店なもんで、いつも満車状態です。
極力予約とか頂けますと助かりますので、宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2010年8月10日 (火)

MAGNA50整備

20100810_31年ほど前より来店頂くようになった「MAGNA50」のお客様ですが、今回は、クラッチの作動不良(レバーを握っても動き始めてしまう)の訴えで来店頂きました。

20100810_1_2調べると、調整範囲を超えてクラッチ・ケーブルが伸びてしまっている事が判り、こうなると調整は不可能な為、ケーブル自体を交換する事となりました。

20100810_2ついでに他の不具合は無いか調べてみると、ドライブ・チェーンも調整範囲を超えて伸びていて、切れるか外れるかの寸前だった為、これも前後スプロケットと合わせて交換する事となりました。
フロントのブレーキ・パッドに関しても、間一髪台座が出る寸前まで磨耗していましたので、これも交換する事となりました。

この他、切れているヘッドライト・バルブやエンジン・オイルも交換して、全て完了です。

そんな感じで、今日も忙しい一日でした。
既に先週末くらいから、世間は夏休みモードに入ったのかと?・・・
感じからすると、そろそろ暇になるかと思っていましたが、そんな事全然無いようです。

| | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

The Answer

才能あるネ!ダンスが巧いネ!期待してるヨ!

| | コメント (0)

2010年8月 8日 (日)

《ZX-12R》カスタム!その2

<キタさん>「ZX-12R」カスタム第2弾です。

バイクにとって見た目と音は、最も重要と云う事で、既に納車時には、マフラーの交換とリヤのフェンダー・レス化を行いました。

そして今回、早くも納車直後から、幾つかの改善要望をご相談頂き、この大柄で大パワーのマシンを少しでも楽に乗り易く、乗り熟す為に、先ずはライディング・ポジションの変更から行う事と致しました。

20100808_1今回行った処方は、微調整では無く、大胆にも純正のセパレート・ハンドルからパイプ・ハンドルに換装(アップ・ハン仕様)してしまおうと云う事で、トップ・ブリッジからクランプ付きのアルミ削り出しの物へ変更し、そこへジュラルミン製のパイプ・ハンドルを装着。

20100808_2これに合わせて短くなったブレーキ・ホースもステンレス・メッシュの物へ変更致しました。




20100808_3
当然ステップも、それごとバックステップへ換装し、前回交換した、クラッチ・レバーと相まって、絶妙なポジションとなりました。

既にカスタム計画第3弾が始まっております。
今後もバージョン・アップ毎にご紹介させていただきたいと思います。

| | コメント (0)

2010年8月 7日 (土)

おみやげ-10

20100807_1例年に無く猛暑の続く毎日ですが、この暑さと盆休み前の猛烈な忙しさで、さすがに身体もバテ気味のところへ<くすり屋ケンちゃん>からタイミング良く「栄養ドリンク」の差し入れが入りました。
これ飲んで、気合入れて仕事します!

20100807_2<NUPPYさん>からは、なんと「スイカ」が届きました。
北海道の親戚の方からの贈り物らしいのですが、今年のスイカは、この暑さで糖度が上がり美味しいそうです。
後で冷やして頂こうと思います。

20100807_4<大森の社長様>からは、また肉が届きました。
今回は、前回大好評の「照焼チキン」を更に増量して届けてくれました。
早い者順に配りますので、無くなってたらゴメンなさい!

20100807_3_3最後に、お疲れ<キタさん>からは、仕事先の茨城からのお土産で「うまかっぺ!なっとう味」を頂きました。
猛暑の中、昼夜問わずお仕事ご苦労様です。

いつも皆さん!本当に有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

SKYWAVEブレーキ修理

私も長いバイク屋人生の中で、いろんな物を見て来ましたが、今回のブレーキほど凄い物は、過去に全く見た記憶がありません。

今回このブレーキの修理を依頼された「SKYWAVE250」のお客様は、実は約2ヶ月程前(6/18ブログ参照)にも一度来店頂いた事のある方です。

20100806_1_3その時も、過去に前例の無い程に磨耗した、凄いタイヤの交換を行いましたが、その時既に、前後のブレーキ・パッドの残量は限界ギリギリで、早急に交換する事をお勧めしておりましたが、結局、直ぐには交換されずに、あれから2ヶ月間(約4千キロ)走り続けた結果、今回もブレーキ磨耗の新記録を樹立してしまいました。

20100806_2_2フロント・ブレーキのパッドに関しては、摩擦剤は完全に無くなり、見事に鉄の台座まで削れていましたが、それでも辛うじて?台座は残っていました??・・・が!
リヤのブレーキ・パッドに関しては、その台座まで削れて無くなり、遂には、その台座を押してるキャリパーのピストンまで削れていました。
(本当に今まで見た事の無い状態です。)

20100806_3_2フロントは、なんとかパッドの交換だけで済みましたが、リヤに関しては、当然ピストン交換を含むキャリパーのオーバーホールを行う事となりました。

ところが、このキャリパーがディスク・ローターに噛んでしまい、全く外れそうにありません。
仕方が無いので、後輪を外して反対側から押したり引いたり悪戦苦闘して、なんとか取外す事が出来ました。

20100806_4ブレーキと格闘して3時間、無事にキャリパーのオーバーホールも終り、前後のパッドは新しくなりましたが、当然前後のディスク・ローターは、ガリガリに削れて磨耗しています。
こうなると走行ノイズも残り、ブレーキの効きも悪くなりますし、パッドの減りも早くなりますので、本来は交換して頂きたいところですが、ここまでで相当費用も掛かってますので、今回このディス板は交換しないで、軽く凹凸を研磨して、そのまま組上げました。

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

KX125整備-その3

20100805_1昨日の「ZX-10R」に続き、今日も<ヤス坊さん>所有のマシン「KX125」の整備(遺跡発掘第三弾)を行いました。

20100805_2


前回までの整備では、前後のタイヤ交換にステム・ベアリングの給油やフロント・フォークのオーバーホールなどまで終っております。

20100805_3マシンの状態も完成に近づきつつあり、先日の走行会では、やっと正面に乗り易くなって来たらしく、それに調子付いたのか?
<ヤス坊さん>より今度は、リヤ・サスのオーバーホールの依頼がありました。

20100805_4リヤ・サスは、ガスが完全に抜けて、出てきたオイルも酷く濁り汚れていましたが、ロッドには、腐食やキズが全くありませんでしたので、ここで一先ず一安心して、あとは普通にクリーニングして新しいオイルを注入&エア抜きして組上げ、最後に窒素ガスを封入してOHは完了いたしました。

20100805_5次にリンク廻りをバラしてみると、これはある意味予想通り、ベアリングは完全にグリスが切れて固着し、スリーブに至っては、酷く腐食し段が付くほど著しく磨耗していました。

20100805_6また、お金も掛かるし部品も無いので、また!また!しょうがないな~っと思いながら・・(^.^)
今回もベアリングやスリーブの打ち換えは行わず、修正でヤッツケる事といたしました。
固着したベアリングは、パーツ・クリーナーとエアガンで汚れを除去しながら潤滑剤を用いて錆びを除去し、スムーズに動くように復活させました。
スリーブは、ひたすらグラインダーで磨き込み表面を慣らしました。
新しいグリスをたっぷり充填して組上げましたので、一先ずは、バッチ・グー(死語?)!スムーズに動くようになってます。ヨ!

| | コメント (0)

2010年8月 4日 (水)

ZX-10Rカウル修正

20100804_1先日<ヤス坊さん>から、「ZX-10R」のテール・カウルの注文を頂きました。
どうもテール・ランプの固定される、カウル側のボス3箇所が、すべて欠けてしまったようです。

20100804_2ボスは元々カウルから薄く短く、根元の補強もなく弱々しく立ち上がり、更にはカウルの一番尖った部分の内側の狭所に位置していて、なるほど補修は難しく、手の施しようもないように思えました。

20100804_3仕方が無いので、ご依頼通りにテール・カウルの注文をしようと金額を調べたら、なんと1万6千円弱する事が判り、しょうがないな~っと思いながら・・(^.^)
もう一回なんとか補修を試みる事にいたしました。

20100804_4欠け落ちたボスを溶着させる工具も届かず、しかも固定するテール・ランプの角度に合わせて接合しなければならず、作業中に何度か諦めかけましたが、悪戦苦闘の後なんとか無事接合する事ができました。





この天才的な指先の器用さで、ヤッツケておきましたが、一応<ヤス坊さん>の後を走る方はご注意ください。
テール・ランプが飛んできたら、そん時はヨロシク!

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

X-11車検

先日の日曜日(8/1)にお預りした、「X-11」の車検でした。

20100803_1この車両は、フロント・フォークの右側からオイル漏れが発生していました。
原因は、やはりインナーチューブの腐食とシールの劣化です。
従って本来はインナーチューブの交換がベストですが、やはり費用を抑えたいと云うお客様の要望から、今回もインナーチューブの交換は行わず、インナーチューブの表面を研磨して腐食部分を除去する、簡易的な処置に留める事に致しました。

20100803_2_2作業を開始して、このフォークの分解を行おうとしたところ、右側アウター・チューブとシリンダーを連結しているボルトの頭が損傷してナメている事が判りました。
ボルトは完全にナメて工具で回せない状態となっていました。

このパターンも時々ありますネ!
新車からボルトの頭が損傷している訳は無く、この車両も当店に初めて来店頂いたお客様のものですが、中古で購入されている車両らしく、過去の何処かで同様の整備をした時点で損傷したままになっていたのでしょう。
中古車や旧車、整備暦の不明なバイクは、こんなイレギュラーな事がよく有るので大変です。

20100803_3毎度の事ですが、こうなると方法は一つ。
ドリルで地道に折れ込んでいるボルト部分を壊して行くしかありません。
まずはセンター・ポンチでボルトの中心位置を決めます。
そして細いドリルで道穴を開け、徐々に太いドリルに交換しながら大きい穴を開けていきます。
最後に、ボルトと同じ太さの穴になるまで削れたところで、ポロッとボルトの頭が取れて、無事フロント・フォークの分解を行う事ができました。

オイル漏れは無いものの、腐食・劣化が進んでいる左側フロント・フォークも、同様に分解して、シールなどの劣化したゴム部品や、その他ブッシングなどの消耗部品の交換を行いました。
左右共に新しいフォーク・オイルに交換して完了です。

この後、エンジン・オイル&フィルターや前後ブレーキ・フルード、エアークリーナーなどの定期交換部品を交換して、全ての作業は無事完了いたしました。

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

おみやげ-9

金、土と2日間のお休みを頂きましたが、1泊2日の岩手は、正直疲れました。

月が変り8月初日の今日は、休み明けともあって、朝からお客様が堰を切ったように、引っ切り無しに来店頂き、超!忙しい一日でした。

この土日は、お客様達も夫々ツーリングなどに行かれたようで、また、大量のお土産が届きました。

20100801_1久し振り登場の<お坊さん>からは、千葉限定「ピーナツクッキー」が届き、<監督>&<キタさん>達は夫々ツーリングに行かれたようで、山梨「巨峰ミニパイ」や静岡「サザエさん人形焼」を頂きました。
そして最後に<マルちゃん>からは、仕事先の関空土産第2弾として、関西限定「どろソース味かっぱえびせん」や「はませんえびうす焼」、「ミルククッキー関空の夜」などが届きました。
<海坊主様>、<長老様>からは缶コーヒーなどの飲み物の差し入れを頂いております。

皆さん!いつもお土産ありがとうございます。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »