« おみやげ-8 | トップページ | 《ZX-12R》納車完了! »

2010年7月21日 (水)

TZR250SPR油脂類交換

今日は、久し振りに<海坊主さま>の「TZR250SPR」を整備しました。

長い梅雨も明け、湿気の溜まったエンジン内部などをリフレッシュする為に、今回の整備は、油脂類などの交換を中心に行いました。

まずはミッションのオイルを交換しました。
20100722_1距離は乗っていませんが、前回の交換から丁度1年が経つ事から、交換する事にいたしました。
使用したオイルは、以前より当店が推奨する米国製輸入オイルの「SPECTRO」です。
このオイルは、ひじょうにクラッチの切れが良く、特に熱くなって来た時の切れ不良を解消し、シフト・フィーリングが向上いたします。特に「TZR250SPR」などの2スト・マシンにお勧めしています。

次に前後のブレーキ・フルード(液)を交換しました。
ブレーキ液の交換こそ、この梅雨明けの時期に必ず行って頂きたい部分です。
ブレーキ液は、空気中の水分を徐々に吸収し、特に梅雨の時期など湿気の多い時期にたっぷり吸湿し、沸点が下がります。沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こします。
ブレーキは吸湿すると、粘土が増加し、ブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。
その結果、ピストンの戻りが悪くなり、引きずりの原因にもなり大変危険です。
今回使用したブレーキ液は、これも当店が推奨する「SPECTRO」です。
特徴は、グリコールエーテル系のドライ271℃、ウエット186℃の高沸点を有する吸湿性の低いブレーキ液で、商品名にはDOT4を使用していますが、DOT5.1の企画をパスすると共に、はるかに上まわる性能を持っています。
一般のDOT4より低粘度で流動性に優れる為、素早く、細かい動きが要求されるABSシステムにも最適です。
ブレーキのタッチ、コントロール性が向上します。サーキット、峠走行など連続制動でも安心です。

最後にフロント・フォークのオイルを交換しました。
20100722_2これも当店が推奨する「SPECTRO」で、特徴としては、スティクションを抑え摩擦抵抗を最小限にする添加剤、泡立防止剤、減摩剤、電気的に金属表面に保護膜を形成する腐食防止剤等がたっぷりバランス良く配合、処方された最高級オイルで、シールの膨潤、収縮、硬化を抑え、オイルもれを防ぎ寿命を伸ばします。
当店自慢のオイルで、多くのお客様から高い評価を頂いております。
フォークの作動が大変滑らかになり、衝撃吸収性、路面追従性が大幅に向上。
操作性の違いを体感できるはずです。ぜひ一度お試しください。走りが変りますヨ!

|

« おみやげ-8 | トップページ | 《ZX-12R》納車完了! »

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(オイル・ケミカル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おみやげ-8 | トップページ | 《ZX-12R》納車完了! »