« GIORNO消耗部品交換 | トップページ | GPZ900R車検 »

2010年7月 9日 (金)

アドレスV100クランクシャフト交換

[クランクシャフト末端のネジを壊してしまった]と云うお客様から相談を受けました。

20100709_1車両は「ADDRESS V100」で、駆動系を改造する為に、ご自身でプーリーを外そうとしたところ、固定ナットを逆に回して、ネジ山を破損させてしまったようです。

20100709_2それでも無理にナットを締め込み組上げたらしいですが、そのまま走行していると、異音と共に走行不能となったそうです。
当然と云うか、潰れたネジにトルクは掛からず、固定ナットが緩んでプーリーが外れ、その周辺は見事に粉砕いたしました。

20100709_3このプーリーは、クランクシャフト末端のネジにナットで固定されていますが、そのネジが潰れてしまいましたので、クランクシャフトそのものが破損した事になります。
なんとかネジ山を修正するとか出来ないかと、手を尽くしましたが、結局クランクシャフトを交換するしか方法が無く、ひじょうに大掛かりで高額な修理となりました。

20100709_4クランクシャフトはエンジンの心臓部で、根幹をなす最も奥深い部分に位置している為、エンジンそのものを分解バラバラにしなければ到達しない部品です。
従って、バイク自体をバラバラにして行かなければならない、最も手間の掛かる大掛かりな修理になりました。当然、費用もかなり掛かりました。

スクーターを所有されているお客様にとって、沢山の色んなメーカーより発売せれている駆動系パーツは、魅力的で簡易的に手っ取り早く出来そうな、基本的スクーター・チューニングでもありますが、今回のようにイジリ壊してしまう方が、最近多くご相談にこられるようになりました。
ここをさわるには、専門知識や専用工具が必要となります。
自信の無い方は、自分でやる前にバイク屋さんに相談してネ!

|

« GIORNO消耗部品交換 | トップページ | GPZ900R車検 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GIORNO消耗部品交換 | トップページ | GPZ900R車検 »