« 10年モデル《LEAD110・EX》大特価販売中! | トップページ | 新作チーム・ジャケット受注開始! »

2010年5月16日 (日)

KX125整備-その2

来月初旬のウエストポイントカップ(エンデューロ・レース)へ向け、《やす坊さん》「KX125」の遺跡発掘第二弾(整備)を行いました。

前回行ったステムとリア周りの整備に続き、今回は、フロント周りを中心にタイヤ交換やフォークのオーバーホールを行いました。

前回(3月)行った整備直後の練習走行で、《やす坊さん》曰く(フロントが固く振られる)っと云う相談を受けました。
20100516_1_2 過去に同じ型の「KX125」を乗っていた事のある私としては、開口一発!(アクセルの開けが足らないんじゃない!)っと言ってやりましたが、私の所有していた「KX125」を、昔何度も乗った事のある《やす坊さん》としては、(その固さとは違う!)っと云う事で、フロント・フォークのオーバーホールの要請が入りました。

20100516_5先ずタイヤは、前回交換したリア・タイヤと同じ、DUNLOPの「MX-51(GEOMAX)」に交換しました。
結局、これで当チーム員の4台のマシンに同じタイヤが装着されました。
元々装着されていたタイヤは古く硬化していて、かなりスリッピーな状態だったらしいので、これで安心して攻めれますネ!・・・

20100516_2次にフロント・フォークに取り掛かり、先ずはフォーク・オイルを抜いてみると、何かドロドロの赤いオイルが出てきました。




20100516_4少なくとも、純正の「KHL15-10」とは一目で違う事が判り、このドロドロ感からしてもカートリッジ・フォーク用のオイルでは無い感じでした。

内部の点検と掃除ついでに、シールやOリング、ブッシングなどの消耗部品を交換しましたが、メーカー、グレード不明なオイルが入ってた以外は、汚れや消耗は少ない状態でした。

20100516_3インナーチューブに関しては、左右1個所づつキズが入っていました。
このキズは腐食と言うよりも打痕のようで、石か何か当たって表面のメッキ層が剥離していました。
これは、仕方ないので極力表面を研磨してツルツルにして組上げました。
オイルは何時もの当店推奨「SPECTRO」を使用し、全ての作業は完了致しました。

少なくとも、これで普通に作動するようになる筈ですので、後は、《やす坊さん》の開けっぷりでカバーよろしく!

|

« 10年モデル《LEAD110・EX》大特価販売中! | トップページ | 新作チーム・ジャケット受注開始! »

オフロード(モトクロス・モタード)」カテゴリの記事

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10年モデル《LEAD110・EX》大特価販売中! | トップページ | 新作チーム・ジャケット受注開始! »