« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

MAJESTYドライブ・フェイス破損!

1996年式「MAJESTY250」の駆動系の修理を行いました。

20100530_1お客様の訴えは「エンジン・アイドリング中(停車中)でもバイクが前に進んでしまう」事と、「発進時加速不良で、徐々に時間を掛ければ速度に乗る」と云うものでした。
そして駆動系より大きな異音が出ています。

早速エンジンカバーを開けて調べると、ウエイト・ローラーやスライド・ピースが破損し、その影響か、ドライブ・フェイスやプレートまで損傷していました。
4万キロ以上走る14年も前の車両ですので、そろそろ色んな所が壊れ始めているようです。
今回は、上記破損部品と念のためドライブ・ベルトも同時に交換して、一先ず完成と致しました。

| | コメント (0)

2010年5月29日 (土)

おみやげ-4

またまた!お土産いただきました。

20100525_1<監督>からは、日光霧降高原?「大笹牧場クッキー」いただきました。
ツーリングは雨で流れましたが、日光まで行って来たんですね!

<北さん>からは、千葉のお仕事帰りに、カステラ饅頭「鴨川物語」などをいただきました。

みなさん!いつも有り難う御座います。
在庫増えてきましたので、食べにご来店ください。

| | コメント (0)

2010年5月28日 (金)

ゼファー1100ブレーキ固着

「ZEPHYR1100」のエンジン・オイルの交換を依頼されました。

20100528_1 当店では、オイル交換などの作業が終った後に、サービスの一環としてタイヤやブレーキなどの点検も行うようにしています。

この「ZEPHYR1100」もオイル交換が終わり、いつもの様に車体周りを一回り点検していると、リヤのブレーキ・パッドの残量が無い事に気付きました。

20100528_3
お客様了解の元パッド交換になりました。
新しいパッドに交換する為、キャリパーから古いパッドを取り外すと、パットは酷く磨耗していて、摩擦剤が完全に無くなっていました。それどころか見事に鉄の台座まで削れていました。

この時点で怪しい気配はありました、キャリパーを見るとパッドが無くなった分、ピストンが出る所まで出てしまってる状態でした。
今から18年前に製造(1992年式)の、この「ZEPHYR1100」は、雰囲気的に、一度もこの辺のメンテナンスはしてなさそうな感じです。

20100528_2長い間交換されなかったと想像できるブレーキ液は吸湿し、ブレーキ内部の金属やゴム部品を溶かし真っ黒になっています。
こうなると、ピストンは錆びて、シールは弾力性を失い、ピストンが固着している事が多くあります。
こんな不安を感じながら、新しいブレーキ・パッドを交換する為、ピストン周りを綺麗に清掃し、珍重にピストンをキャリパーへ押し込もうとすると・・・やはりダメでした。

20100528_4シールが捲れて噛み込み、ピストンが固着して全く動きません。
分解して調べて診ると、ピストンは辛うじて使えそうな状態でしたが、シールは硬化し汚れが大量に付着している状態でした。

結果的にピストン以外のシールなどのゴム部品一式の交換となりました。


ブレーキ液は2年毎、シールなどのゴム部品は4年毎の定期交換が定められています。
みなさんも、ブレーキだけに不具合が出ると大変危険ですので、ぜひ定期的なメンテナンスをお願いいたします。

| | コメント (0)

2010年5月27日 (木)

GPZ900Rアンチダイブ交換

NINJAの修理依頼がありました。
個人売買で最近入手したらしい16インチの「GPZ900R」は、1986年モデルのA6でした。

20100527_1(フロント・フォークが沈まない)と云う訴えから、24年も経つA6ですので、直感的に(AVDSの作動不良?)と考え調べてみると、予想通り、AVDSは固着して作動不能の状態でした。
っと云う事で今回は、フォークのOH(分解・清掃)兼ねてAVDSの交換を行いました。

20100527_2作業を進めて行くにあたり、徐々に色んな事が判明して来ました。
AVDSの構造は、制動時のブレーキ油圧でAVDSのロッドを押して、フォークの作動を制御する事によりノーズダイブを軽減するものですが、この車両には、AVDSへブレーキ油圧が掛からないように、自作品のようなアンチダイブ・キャンセラーが付いていました。

ところが、このキャンセラーの取付方が、どうも変です。
油圧ラインを解除した後のフタのようなものですが、平の板側の方をAVDSに向け装着している為、はなからロッドを押してしまい、AVDSが効いた状態になっています。
当然これもボトムしない原因の一つですので、キャンセラーの板をひっくり返し、(ロッドの逃げ加工?と思われる)抉れてる方を面にして装着し直しました。

もう一つ判った事は、エア圧が異常に高かった事です。
エアゲージの目盛りを振り切ってましたので、どのくらい入ってたかは不明ですが、少なくとも1キロ以上は入ってた感じです。

これら(フロント・フォークが沈まない)幾つかの要素を全て取り除き、正規に組み直し、正常値に戻しました。もちろん、フォークは正常に沈むようになりました。

この時代の16インチ車は、アンチダイブが作動不良を起こしてる車両を多く見受けます。
部品も入手困難になりつつ有りますので、お困りの方は早めの修理をお勧め致します。

| | コメント (0)

2010年5月26日 (水)

ドレン・ボルト折れ込み!

エンジン・オイル交換時のトラブルで、一番多いのが、このドレン・ボルトの破損でしょう。

今回も、お客様ご自身でオイル交換を行う為、ドレン・ボルトを緩め、古いオイルを排出したまでは良かったのですが、この後のドレン・ボルトを閉め込む際に、ボルトを折ってしまいました。

20100526_1クランクケース側(メス側)にネジ部を残したまま割れてしまいました。
車両は「SYGNUS」で、ドレン・ボルトが中空になっていて、その中にストレーナーが入っているタイプです。
正規の取扱を行えば、けして折れる部品ではありませんが、一般的な、鉄のボルトと異なり強度の低いアルミ製で、しかも肉厚が薄いので、取扱を間違えば割れてしまいます。

また、このタイプはストレーナーを抑える為にスプリングでテンションを掛けているので、ボルトを真っ直ぐ締め込むだけでも難しいにも関わらず、そのボルトはケース真下に付いている為、更に難易度が高まります。

殆どの場合が、ボルトを斜めに無理に閉め込んだか、必要以上の力で閉め込んだ場合に多く、工具の選び方や使い方に問題が有った場合にも、同様にボルトを壊してしまうケースがあります。

これは、ドレン・ボルトに限らず、スパーク・プラグや果てはミラーなどでも、同様にネジ切ってしまう方もいます。

こうなると、ひじょうに高額な修理代が掛かってしまいますので、自信の無い方は、バイク屋さんに任せるようにしましょう。

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

FXD1450-車検

今日は先週の土曜日からお預りの「HARLEY-DAVIDSON」の車検でした。

20100529_1車検が切れて1年程放置していた車両の割りに、バッテリーの交換位でエンジンは掛かるようになりました。
それ以外の問題も特に無く、強いて云えばハンドルをカスタム・タイプの長いものに変えてあった為、これは、構造変更の申請を行い、無事車検は完了いたしました。

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

モトクロッサー整備-Ⅲ

20100523_1今日は朝からずっと雨でした。
お陰で、予定していたツーリングは中止でした。
一日中雨だったので、息子のKXを整備していました。

整備したKXは次男坊のラージ「KX85-Ⅱ」の方で、先日のGWに走りに行った時にぶっ壊れたチェーン・ガイドなどを交換しました。

20100523_2前側チェーン・ガイドは磨耗著しく、3分割にバラバラに粉砕してました。

先日のブログでも書いた通り、練習走行中のジャンプ時に異常を感じ、(滞空中異音発生、この時チェーンは外れ、後輪がロックした状態)危険回避を想定して着地した為、危うい着地にも関わらず、なんとか転倒は回避する事ができ、大事には至りませんでした。

20100523_3今回は、この粉砕した前側チェーン・ガイドと、後側チェーン・ガイドにガイド・ローラーも同時に交換しました。
ガイド・ローラーは、社外品のベアリング内臓タイプにしてみました。
これは、効能より、色(青)の入った見た目のカッコ良さで、これにしました。

これも今年の初めのブログで書いた「KX65」のガイド同様、磨耗したチェーン・ガイドを間近に見ると酷い状態でした。
20100523_4_2全てのチェーンの接触面が磨耗と云うよりエグれていました。
チェーンのH型に沿う様にガイドには深い輪達が出来てしまい、その輪達にチェーンが埋没してしまい、かなりの抵抗になっていた様です。
後側のチェーン・ガイドも薄く磨耗して断裂寸前の状態でした。
ガイド・ローラーに至っては、回転軸部分が磨耗しクリアランスが大きくなり、ガタガタになっていました。

20100523_5サスペンションの動きやスイング量が大きく激しいモトクロッサーは、常にシビアなチェーンの遊び量を保たなければなりません。
チェーン・ガイドが磨耗すると、今回の様にチェーンの抑えが効かなくなり、適正な遊び量を保てず、チェーンが外れたり切れたりする危険が伴います。
またチェーンの抵抗も大きくなり、駆動系のフリクションとなります。
一般的なバイクと異なり、ダート走行を主体とするモトクロッサーは、この辺の磨耗は特に激しく消耗部品ですので、適時交換を必要とする部品です。
ぜひ皆さんも、この辺の点検を一度してみて下さい。結構減ってますヨ!

モトクロッサー整備いたします。お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2010年5月22日 (土)

新作チーム・ジャケット受注開始!

今年も「FUN WHEELS MOTORCYCLE SPORTS CLUB」の夏季用(3シーズン)「STAFF JACKET」を販売いたします。

20100522_1ベースとなるジャケットは、従来通り「株式会社クシタニ」製を採用し、今年は、全てがバージョン・アップした新作の「K-2153TEAM JACKET」となります。

●素材:〈表〉ナイロン100%(タッサー,東レコーテックスデュールファンク/初期耐水圧10,000mm以上 透湿性10,000g/㎡/24h)
     〈裏〉ポリエステル100%(メッシュ)
●カラー:①ブラック②ネイビー③レッド
●サイズ:S、M、L、LL、XL

「DEWLFUNC(デュールファンク)」
防水性と透湿性という相反する機能を高いレベルで実現したコーティング。
ナイロン生地に超微多孔コーティングを施すことにより外部からの水の侵入を防ぎ、
発汗を伴う激しい運動においてもウェア内の群れを最小限に抑えます。
また生地表面には強撥水加工を施してあるので高い防水性を備えています。

充実した高機能装備が加わり(撥水、透湿、光反射、防風、エア・インテーク付、エア・ダクト付バタツキ防止付、すり上がり防止付、内ポケット付)、
オプションのプロテクター類(脊髄、肩、肘、胸)もフル装備出来る様になりました。

これだけバージョン・アップしておきながら、価格は従来製品より安くなってます。

¥21,000 (本体¥20,000)
※チームロゴプリント代別途

まだ、お持ちでない方!ご注文承ります。
(期間限定受注生産です。ご注文はお早めに!)

| | コメント (0)

2010年5月16日 (日)

KX125整備-その2

来月初旬のウエストポイントカップ(エンデューロ・レース)へ向け、《やす坊さん》「KX125」の遺跡発掘第二弾(整備)を行いました。

前回行ったステムとリア周りの整備に続き、今回は、フロント周りを中心にタイヤ交換やフォークのオーバーホールを行いました。

前回(3月)行った整備直後の練習走行で、《やす坊さん》曰く(フロントが固く振られる)っと云う相談を受けました。
20100516_1_2 過去に同じ型の「KX125」を乗っていた事のある私としては、開口一発!(アクセルの開けが足らないんじゃない!)っと言ってやりましたが、私の所有していた「KX125」を、昔何度も乗った事のある《やす坊さん》としては、(その固さとは違う!)っと云う事で、フロント・フォークのオーバーホールの要請が入りました。

20100516_5先ずタイヤは、前回交換したリア・タイヤと同じ、DUNLOPの「MX-51(GEOMAX)」に交換しました。
結局、これで当チーム員の4台のマシンに同じタイヤが装着されました。
元々装着されていたタイヤは古く硬化していて、かなりスリッピーな状態だったらしいので、これで安心して攻めれますネ!・・・

20100516_2次にフロント・フォークに取り掛かり、先ずはフォーク・オイルを抜いてみると、何かドロドロの赤いオイルが出てきました。




20100516_4少なくとも、純正の「KHL15-10」とは一目で違う事が判り、このドロドロ感からしてもカートリッジ・フォーク用のオイルでは無い感じでした。

内部の点検と掃除ついでに、シールやOリング、ブッシングなどの消耗部品を交換しましたが、メーカー、グレード不明なオイルが入ってた以外は、汚れや消耗は少ない状態でした。

20100516_3インナーチューブに関しては、左右1個所づつキズが入っていました。
このキズは腐食と言うよりも打痕のようで、石か何か当たって表面のメッキ層が剥離していました。
これは、仕方ないので極力表面を研磨してツルツルにして組上げました。
オイルは何時もの当店推奨「SPECTRO」を使用し、全ての作業は完了致しました。

少なくとも、これで普通に作動するようになる筈ですので、後は、《やす坊さん》の開けっぷりでカバーよろしく!

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

10年モデル《LEAD110・EX》大特価販売中!

「2010 NEW MODEL」の「LEAD110・EX」が続々入荷中です。
今回入荷は、これも今年新色の<コスミックシルバーメタリック>です。

20100514_1今回の<コスミックシルバーメタリック>は、明るく軽快な銀色で、ともすると重々しくオジサン臭さかった去年までの灰色(ボスグレーメタリック)と異なり、まるでメルセデスのシルバーアローのような、ひじょうに高級感漂う色です。
ハイソサイティーな旦那衆から若いビジネスマンまで幅広いユーザーに満足頂ける、これも相当考え抜かれた色使いになっています。
この色も、光を反射して夜間走行でも視認性が良く、また汚れキズが目立ち難い実用的な色として、当店では只今一番売れているカラーです。

その新型「LEAD110・EX」が早くも!スプリング・セール 大特価販売中!です。
《 Honda LEAD110・EX》
メーカー希望小売価格\238,000(税込本体価格:\249,900)
↓↓↓↓↓↓↓
な、んと3万円引き
↓↓↓↓↓↓↓
爆安!¥208,000(税込本体価格\218,400)
(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)
20100514_2期間台数限定!
早い者勝ちです。
お買い求め検討中のお客様は、
お早めに!

詳しくはこちら
↓↓
「LEAD・EX」特価セール!

只今!即納中!

更に特典!5月末納車分まで、盗難補償1年プレゼント中!
このチャンスお見逃し無く!!

| | コメント (0)

2010年5月14日 (金)

お勧めツーリング・バッグご紹介!

暑くもなく寒くもなく、バイク・シーズン真っ只中って感じですが、今日は、このツーリング・シーズンに向けて各種ツーリング・バッグをご紹介いたします。

《シートバック》
大きなタンク・バッグを装着し難いスーパー・スポーツ系バイクにお勧めのシートバックをご紹介。
走りに徹した”SS”系の車体フォルムは、リアの積載スペースも制約します。
ご紹介のバッグは、その限られたスペースにマッチする、違和感のない流れるようなフォルムをもち、バイクのスタイルを崩さず、リアビューにとけ込むシルエットに仕上がっています。
また、見た目以上の収納性を備え、ワンタッチで着脱できるバッグは、走りを追求するライダーの行動範囲をさらに広げます。
当店では、ZX-10R、GSX-R1000などのお客様に、お使い頂いております。

20100430_2『エアロテールトランク 』
サイドバック付きでロングツーリングにも対応。
価格 ¥13,440 (税抜¥12,800)、カーボンのみ¥14,490 (税抜¥13,800)
カラー BLACK、CARBON
容量 12~20リットル(収納スペース込み)
サイズ 本体 W24×D32×H24cm /サイドバッグ W12×D28×H10~16cm  

20100430_1_2 『SSテールバッグ』
容量アップ可変でロングツーリングにも十分対応。
品名 SSテールバッグ
価格 ¥9,975 (税抜¥9500)  カーボンのみ ¥11,025 (税抜¥10.500)
カラー ブラック,カーボン
容量 ノーマル時/12リットル 最大時/17リットル
サイズ ノーマル時/W24cm×D34cm×H17cm ※いずれも最大値
     容量アップ時/W24cm×D34cm×H23cm ※いずれも最大値

《タンクポーチ》
大きなタンク・バッグは装着したくないけど、高速道路の料金所やガソリン・スタンドで、速やかに高速券やカード、料金の受け渡しをしたいという方にお勧め!
ウエストポーチにもなるシャトル型タンクポーチは、独立した携帯スペースをもち、メインスペースへのアクセスも瞬時にOK!
超小型のタンク・バッグです。
20100430_3『シャトルタンクポーチⅡ』
品名 シャトルタンクポーチⅡ
価格 ¥5,985 (税抜¥5,700)、カーボンのみ¥6,510 (税抜¥6,200)
カラー BLACK、CARBON、METAL SILVER
容量 1.4リットル
サイズ W22×D7×H16cm

《ウエストバッグ 》
ライディング時はタンクポーチとしてはもちろん、バイクを離れればウエストバッグになるシティーユースでも大活躍のタンクポーチ。
どちらのシーンにおいても十分な役目を果たす優れた機能を持っています。

20100430_4『ウエスタブルタンクポーチ』
品名 ウエスタブルタンクポーチ
価格 ¥4,410(税抜¥4,200)
カラー BLACK、MAT LEATHER 
容量 2.2リットル(ポケット容量込み)
サイズ W22×D15×H7cm

《ホルスターバッグ》

20100502_6『F-ホルスター』
品名 F-ホルスター 
価格 ¥6,930 (税抜¥6,600)
カラー BLACK、BLACK×RED、KHAKI、GUNMETAL×SAXE
容量 2.2リットル(ポケット容量込み)
サイズ W17×D9×H27cm(メインスペース最大)

ご紹介のバッグ類は、実際に当店ツーリングクラブ員に使用して頂き、評価頂いている商品です。
上記以外のツーリングギアも取扱います。
ご注文お待ち申し上げます。

| | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

タイヤ交換-Ⅸ 

陽気が良くなって来たせいか、最近またタイヤ交換の依頼が増えてきました。

20100513_1今年の初めに車検で一度入庫した事のある「XJR400」のリヤ・タイヤの交換を行いました。
車検時には既にスリップ・サイン(磨耗限度表示)ギリギリだったのですが、その時は、タイヤは交換せずにギリギリ車検を通して、早めの交換をお願いしておりましたが、あれから約3ヶ月を経て、やっとタイヤ交換しに来てくれました。これで、当分安心して乗れますネ!

20100513_2それからパンク修理でご来店の「MAJESTY」はタイヤが<つるつる>で、サイドウォールはヒビワレだらけでしたので、これもパンク修理は不可能ですので、リヤ・タイヤを交換しました。
ついでにリヤのブレーキ・パッドとお客様持込のディスク板も交換する事になりましたが、なんと10万キロ以上走るこの車両、ディスク板は完全H型状に抉れるように磨耗していました。
20100513_3さらにビックリは、お客様持込の中古のディスク板は微妙に歪んでるようで、装着するとカシャカシャ引き摺っていました。
そう云えば、今年初めに行った「FORZA」のディスク板もお客様持込の物で、これは新品でしたが、いわゆる中国製コピー商品で、板の厚みが純正の半分以下しか有りませんでした。
最近は簡単に、こういった部品がネット通販やオークションで買えるようですが、値段を聞くと、たいがい純正新品の方が安いケースが殆どです。
さすがにブレーキは危ないですので、中古品やパチ物には気を付けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

YZF-R1タイヤ交換

2006年に当店で販売した<カメちゃん>の「YZF-R1(EUR仕様)」も、今年で4年が経ち、新車から走り始めて2万キロを突破したところで、今回2回目のタイヤ交換となりました。

20100512_2今回選んだタイヤも前回同様「MICHELIN」の「PILOT POWER 2CT」です。
今度のツーリングに向けて?<カメちゃん>張り切って少し早めの交換となりましたが、前回のタイヤ交換から1万キロ弱は走ってます。サーキットへもガンガン走りに行っての1万キロですので、このタイヤも満足頂けたのではないでしょうか?←(KXのタイヤも張り切って交換してください!)

20100512_1「サーキット走行会やワインディングでコーナーリングを楽しみたい!でもレース用タイヤのように、タイヤの暖まり具合を感じ取りながら走るのは疲れるんだよね・・」というお客様に、タイヤ温度を気にせず、サーキットはもちろん一般公道でも楽しく走れて、さらに路面からの外乱を軽減してくれ、ライディングに集中出来る様に手助けしてくれるタイヤとして当店がお勧めなのが、この「2CT(TWO COMPOUND TECHNOLOGY」です。
タイヤのセンター部には、耐久性あるコンパウンドを、ショルダー部にはセンターよりもさらに柔らかいコンパウンドを採用した「PILOT POWER(2CT)」は、大排気量のスーパースポーツやレーサーレプリカ・タイプにお勧めで、サーキットからワインディングまで幅広く対応いたします。

ゴムで出来ているタイヤは、オゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きます。
固いタイヤはグリップしません。

サーキット走行会、ツーリングの始まる時期です。
安心・安全・快適なバイク生活を送るためにも、危ないので、溝が残っていても3年毎にはタイヤ交換しましょう。

只今、タイヤ交換特価セール中です。
みなさん宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2010年5月11日 (火)

おみやげ-3

GWも明けて、お土産たくさん頂きました。

20100511_1<丸ちゃん>からは、珍しく家庭サービス?で旅行へ行った下田からのお土産が届きました。静岡限定「ばかうけ(桜えび味)」や金目鯛せんべい「金目物語」、「かるせん(わさびマヨネーズ味)」を頂きました。

<マコちゃん>からは、ストロベリーチョコレートパイ「はにかみ苺」が届いております。

いつも皆さん有り難う御座います。
お茶しに来てください。

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

DAYTONA675 SE カスタム-Ⅴ

またまた<親方>「DAYTONA675 SE」のカスタムの続きです。
前回のハンドル回り交換に続き、今回はクラッチ・レバーをホルダーごと交換しました。
今回チョイスしたパーツは、《ZETA》の「FLIGHT CLUTCH LEVER PERCH KIT」です。
発注してから、なんと2ヶ月掛かって、やっと入荷してまいりました。

20100509_1この《ZETA》製クラッチKITは、ワイヤー式のクラッチ車用に開発されたレバー/ホルダーのASSYで、その最大の特徴でもあるクイックケーブルアジャスター採用により、走行中でも瞬時にワイヤーの遊び調整ができたり、転倒時にレバーが上方可動することでショックを吸収し、レバー破損リスクを軽減する構造を持っています。
この他、レバーピボット部にベアリングを内蔵し、作動フリクションロスを軽減していたり、無段階でレバー位置調整を可能としたレバーアジャストボルトも便利で、あらゆる要求にフルアジャスタブルで対応します。
CNC精密加工機で前面切削された仕上がりは美しく高級感を醸し出してます。

《ZETA》「FLIGHT CLUTCH LEVER PERCH KIT」:\18,900

| | コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

SPACY100ステムベアリング交換

2006年に当店で販売した、この「SPACY100」のオーナー様は80才代のお客様ですが、現役バリバリで元気にお仕事されてる方で、バイクにも毎日乗ってらっしゃいます。
なんと、この4年間で5万キロ以上も走りました。

この車両にお乗換になる前に所有していた「LEAD100」に至っては、10万キロまで走りました。
今回の「SPACY100」も(10万キロ以上走らせなければならない)と云う、決意とプレッシャーで、当店スタッフは日夜アフターサービスに力を注いでます。

20100508_1今回は、ステムのベアリングにガタが発生し始めた事から、この部分のベアリングを一式交換いたしました。
5万キロも走ると流石に、この辺のベアリングは損耗します。
今回もお客様が気づく前に、事前の点検で不具合を発見する事ができました。
ご高齢のお客様でもありますし、何か有ってからでは大変ですからネ!

当店は、何故か高齢のお客様が多い店でもあります。
こういったお客様が、ちょくちょくお店に顔出してくれて、お茶を飲みながら、昔の話しをしてくれるのが大好きです。
ここ大田区の久が原の山(?)に、昔B29が撃墜されて落ちた話しとか、国道1号線沿いに1トン爆弾が落ちて大穴が開いた話しなど・・
60年以上前のいろんな話が聞けます。
ヘタな最新のCG使った映像見るより、リヤルで興奮します。
こんな感じで、幅広い年齢層や、いろんな職業の方と話が出来て、客商売をやってて良かったとつくづく感じます。

当店は、このお客様に限らず、当店で販売した全てのお客様に対して、10年、20年お付き合いさせて頂く覚悟で、お客様をサポートしたいと考えております。

今後共当店を宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

GN125H入荷!

懐かしい感じのバイクです。
20100507_1それもその筈、この「GN125(E)」は80年代初頭にスズキが国内販売を開始し、20年近く売り続けたバイクでしたが、既に10年以上も前に販売終了してるバイクです。
ところが、この「GN125(H)」をスズキから技術供与を受けた中国のオートバイ・メーカー大長江集団が、中国・広東省にてOEM生産を行っており、並行輸入という形で日本に入って来てます。

20100507_230年も前のデザインですので、現行モデルに無い真にレトロチックなバイクです。
昨今、各オートバイ・メーカー国内販売のラインナップが激減し、しかもオートマのスクーターばかりで、特に125(原付二種)クラスのギヤ付(マニュアル車)は皆無です。
その中で今脚光を浴びてるバイクが、この「GN125H」です。

20100507_330キロスピード制限のある50CCスクーターと異なり、125(原付二種)なので、法定速度60キロで走れ、煩わしい二段階右折も不要です。
しかも、このバイク最大の特徴でもある価格が、とにかく安い!
中国に感謝!
50CCスクーターくらいの価格で買えちゃいます。
125でクラッチ操作を行い、ギヤ・チェンジを楽しめるバイクが皆無な中で、なんと、そのスタイルは憧れのアメリカン・タイプです。
この時代を知らない若者達には新しく、若い頃の憧れや懐かしさでオジサン達が、老若男女~幅広い年齢層、リターン・ライダーに支持されてます。

中国製でも、20年も作り続けてるメーカーのバイクなので、信頼性は高く故障も少ないです。

大長江集団 「GN125H」
希望小売価格:\168,000(\176,400)
ご注文お待ち申し上げます。

| | コメント (0)

2010年5月 6日 (木)

10年モデル《 TODAY 》大特価販売中!

「2010 YEAR MODEL」の「TODAY」が続々入荷中です。
今回入荷は、これも今年新色の<デジタルシルバーメタリック>です。

20100506_1去年までの「シグマシルバーメタリック」に比べ、今回のシルバーは、ひじょうに高級感漂う厚みのある色で、一見明るいシルバーの輝きの奥に、重みのある大人の落ち着きを感じさせる色です。
見る角度によっては、グレーっぽくも見える、これも相当考え抜かれた色使いです。
先月紹介した、新色の「レプスピンクメタリック」同様、お値段据置でこの高級感は、なんか得した気にさせられます。
この色は、光を反射して視認性が良く、また汚れキズが目立ち難い実用的な色として、当店では一番売れているカラーです。

その「TODAY」が只今!スプリング・セール 大特価販売中!です。
《 Honda TODAY 》
メーカー希望小売価格\128,000(税込本体価格:\134,400)
↓↓↓↓↓↓↓
2万5千円引き
↓↓↓↓↓↓↓
¥103,000(税込本体価格\108,150)
(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)
20100506_2
期間台数限定!
早い者勝ちです。
お買い求め検討中のお客様は、
お早めに!


詳しくはこちら
↓↓

「TODAY」特価セール!

只今!即納中!

更に特典!5月末納車分まで、盗難補償1年プレゼント中!
このチャンスお見逃し無く!!

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

ウエストポイントへ行って来ました。②

今日は、バイクばか家族<コバ長>家と<★ぬーにゐ★>家のコラボで、ウエストポイントへ行って来ました。
20100505_1一昨日6時間もの長丁場のレースを終えたばかりだったので、この少ない貴重なお父さんの休みは、普通の家庭のように過ごしてあげようと思っていましたが、結局(バイクに乗りたい!)との子供達全員の希望で、またウエストポイントへ行って来ました。
現地では、<やす坊>にスッポカされた<フクちゃん>が朝から待ってました。
この2家族8名+<フクちゃん>の9名でGWの一日を過ごしてきました。

20100505_2家の上2人のお兄ちゃん達は、「09CRF250R」の<★ぬーにゐ★>兄弟と一緒に走って貰い、主にBコース中級クラスを「04CRF250X」で走りました。
<★ぬーにゐ★>兄弟同様、家の上2人の兄弟は、1歳違い(2学年違い)の兄弟でした。
大人になっても、この仲の良い<★ぬーにゐ★>兄弟のようにバイクに乗っててくれたらと思いました。

20100505_5_2ずっと(あーる)「CRF250R」の事が気になっていた長男に、<★ぬーにゐ★>さんから「09CRF250R」の試乗が許され(あーる)に乗る機会が与えられました。
たった1週だけの試乗ですので、良く判ってるのか?判りませんが、軽さと曲がり易さ、エンジンパワーに関しては自分が思ってた通りだったらしく、改めて(あーる)が欲しいと言われてしまいました。

20100505_6_3三男坊は一昨日のレースの疲れがまだ残り、クラッチを握る指に至っては回復しておらず、今日は無理をせずAコースを中心に走りました。
っと云っても、既に来月のウエストポイントカップが控えている為、そのコースとなるAコースを出場マシンの「KX65」で、一日練習してました。

20100505_7末娘は、だいぶ慣れてきたCコースを「PW50」で走り、コースアウトも無くなってきたので、今日はスロットルの安全装置(開度調整)を少し開き気味にして走らせました。
スピードが出ると自然とブレーキの必要性が出てくるので、イイ感じでメリハリが出てきました。

20100505_3ひじょうに充実した楽しい一日でしたが、トラブルも幾つかありました。ここウエストポイントで今月末開催の《ベテランズ》参戦予定の<★ぬーにゐ★>お兄ちゃんが負傷してしまいました。
ひじょうに深刻な怪我を負ってる筈のお兄ちゃんでしたが、さすが《ベテランズ》?怪我も慣れてるのか?テキパキした段取りの良さに感心しました。
詳しくは→『たぶん日刊☆ぬ~にゐ☆ 』のブログへ
お大事にしてください。

20100505_4その後、終盤Aコースを走っていた次男の「KX85-Ⅱ」が、最終コーナー立ち上がってのテーブル着地で後輪ロック。
ガイドが粉砕してチェーンが外れたようです。危うく大転倒は免れましたが、ひじょうに危ない状態でした。
お父さんの整備不良で、子供が怪我しなくて良かったです。反省、反省!

いろいろあった一日でしたが、楽しい一日でした。


詳しいレポートはこちら→ 「EVENT INFORMATION

 Game Soft (Wii)/ニトロ バイク Game Soft (Wii)/ニトロ バイク
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

| | コメント (1)

2010年5月 3日 (月)

おみやげ-2

ゴールデンウイーク真っ只中!

昨日の日曜日は、レースの為お店をお休みさせて頂きました。
その代り、今日(月曜日)は定休日を返上して営業してました。

超ひまな一日かと思いましたが、けっこうお客さん来ました。(^o^)丿
しかも昨日のメンバーが!
川越と宇都宮の2人が、今日もここまで来てくれました。

20100504_1そして早くもツーリング土産が!
《丸ちゃん2号》は、ツーリング先の立山から、「星の雫(ミルクアーモンド)」を届けてくれました。

20100504_2《親方》は、相変わらず地方巡業が忙しいらしく、巡業先の大阪から「はろうきてぃ(メイプルクッキー)」と「せんとくん(チョコクランチ)」を届けてくれました。

明日、明後日(4日5日)は、当店GW休暇で休業とさせて頂きます。
4/6(木)より平常通り営業いたします。

たまには休ませてネ!

【新柄入荷】【レビューでメール便送料無料】『ハローキティーちゃん』の原作者としても有名なデザイナー『清水侑子さん』が描くキュートなキャラクター『Rebecca Bonbon ”レベッカボンボン”』とマザーズエコトートバッグのコラボが実現しちゃいました!! 【新柄入荷】【レビューでメール便送料無料】『ハローキティーちゃん』の原作者としても有名なデザイナー『清水侑子さん』が描くキュートなキャラクター『Rebecca Bonbon ”レベッカボンボン”』とマザーズエコトートバッグのコラボが実現しちゃいました!!

販売元:Sir
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0)

2010年5月 2日 (日)

ウエストポイント6時間エンデューロ第2戦

今年は、<可能な限り出れるレースには出よう!>っと云う事で、今回は、このGWを利用して「WEST POINT 6HOURS ENDURO」へ参戦して来ました。

20100502_4我々も、この6時間と云う長丁場のレースに出るのは初めてでした。
従って、たくさん走れるのはイイのですが、長過ぎるのも困るので、一人でも多くの参加を期待しましたが、残念ながら集まった有志は3名でした。
それでも応援で駆けつけてくれた3名と私の合計7名で、GWの一日を、無事怪我やトラブルも無く、目一杯楽しんで来ました。
皆さん大変お疲れ様でした。
また、遠方(宇都宮)から電車&バスを乗り継ぎ駆けつけてくれた《ZXR441さん》や今は、ここの原住民と化した《フクちゃん》有り難う御座いました。

20100502_5_3スターティング・ライダーは、うちの《しゅんちゃん(小6)》でした。
最近65CCからステップアップしたばかりの、《しゅんちゃん》は、このKX85へ2回しか乗った事が無いのに、いきなり2時間走る事になりました。
6時間を3人で走りますから、一人2時間の分担となりますが、実際は、1時間毎に交代して走りました。
専らAコースを走ってきた《しゅんちゃん》は、慣れないBコースで大人たちに混ざり緊張気味でした。
走り始めの第一ライダーは、路面の状況が一番悪く大変です。
柔らかい路面は、大排気量4サイクル・マシンの駆動力で、一気に深い輪達が幾つも出来てしまい、小径ホイールの子供達は、あちこちでスタック→エンスト→転倒を繰り返し、
《しゅんちゃん》も同様、何度も倒れたバイクを起こし上げ、カブったエンジンを数十回キックし続けてました。
この暑さの中、これだけでも体力を消耗するのに、なんとか最初の1時間を完走する事ができました。

20100502_3_2第二ライダー《まるちゃん》!今日の日の為にマシン整備もバッチリ決めてきた筈が?
四十路を過ぎたオジサン・ライダーは、マシンの調子よりも身体の調子が・・・・
あらっ・・少し早く帰ってきたのネ!(^○^)

20100502_1第二ライダー《カメちゃん》も淡々と安定した走りを見せ、無事1時間を走り切りました。
途中スプリンクラーのシャワー(散水)に驚き?ジャックナイフ?(エクストリーム系?)(^○^)

20100502_22回目《しゅんちゃん》の番になり、今度はコースもかなり良くなり走りはガラッと変りました。途中《WP社長》がシャベルで輪達を埋めてくれたり路面も乾燥し、やっと、この間練習した時の走りを取り戻してきました。
ところが、この《しゅんちゃん》の走りを見ていた《やす坊さん》が、これを児童虐待と感じたのか?少し早い15分前にピット・インさせてしまいました。
(確かに多少虐待気味ですが・・子供は社会で育てるものですので・・パパ2号の判断に任せました。)

この後《まるちゃん》2回目出走するも時間通りにピット・イン。
走りは至って安定してるように見えましたが、身体は限界だったようです。

って云う事は、この時間の埋め合わせは全部《カメちゃん》が?
残り1時間30分!一人で走り切れるのか?
路面は一番良い状態となり、走りも絶好調です。
ところが、1時間を過ぎた頃から車体が暴れるようになってきました。
もはや腕があがってハンドル握れなくなったか?
ラスト2週くらいで、《カメちゃん》私に向かって、ギブアップ的目の合図とジェスチャーを見せましたが。却下して、後2週でゴールだから走りきれと怒鳴りました。(これは児童虐待ではありません。・・監督の判断です。)
《カメちゃん》生まれて初めての1時間30分を走り切り、感動のハイタッチゴールかと思いきや、右手アクセルなので手が出せず、ふらふらロータッチ気味でゴールイン。

3人の、汗だくで泥だらけの、その満面の笑顔から達成感が伝わってきました。
バイクって本当に楽しいですネ!
めでたし、めでたし!

詳しいレポートはこちら→ 「EVENT INFORMATION

BAJA1000 ENSENADA to LAPAZ [DVD] BAJA1000 ENSENADA to LAPAZ [DVD]

販売元:ユーロピクチャーズ
発売日:2006/12/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1)

2010年5月 1日 (土)

KX85整備-Ⅱ

20100503_1明日のレースに向けて、最後の整備を行いました。

水曜日に行った点検の結果、何箇所か不具合が発見されました。
なんとか発注しておいた部品が間に合いましたので、引き続き整備を行いました。

20100503_2先ずは、割れたれた右側のフォーク・ガードと、そのガイドを交換しました。
ここは良く壊れる部分です。
今回は、ガードもガイドも取付部分にヒビが入ったり割れてたりしてたので、新品に交換しました。

20100503_3それからリア・ホイールに微妙なガタが発生しているようでしたので、組立精度範囲内の気もしましたが、一応念の為ホイール・ベアリングを交換しておきました。
ここも、特に駆動輪側のベアリングは、割と消耗が早いので頻繁にメンテが必要な部分です。

20100503_4最後に新しいゼッケンを作り、貼り付けました。
このゼッケンも出来合いの物でなく、カッティング・シートを利用してオリジナルに作ります。
自分なりに凝ったデザインの書体をカッティング・シートに印刷してカットしますが、今日はオーソドックスなフォントを使い、切り抜いて貼り付けました。

明日のレースが楽しみです。参加の皆さん!宜しくお願い致します。

 山浦聡/ウイングロッシ: 3: 月刊マガジンkc 山浦聡/ウイングロッシ: 3: 月刊マガジンkc
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »