« 新作チーム・ジャケット受注開始! | トップページ | FXD1450-車検 »

2010年5月23日 (日)

モトクロッサー整備-Ⅲ

20100523_1今日は朝からずっと雨でした。
お陰で、予定していたツーリングは中止でした。
一日中雨だったので、息子のKXを整備していました。

整備したKXは次男坊のラージ「KX85-Ⅱ」の方で、先日のGWに走りに行った時にぶっ壊れたチェーン・ガイドなどを交換しました。

20100523_2前側チェーン・ガイドは磨耗著しく、3分割にバラバラに粉砕してました。

先日のブログでも書いた通り、練習走行中のジャンプ時に異常を感じ、(滞空中異音発生、この時チェーンは外れ、後輪がロックした状態)危険回避を想定して着地した為、危うい着地にも関わらず、なんとか転倒は回避する事ができ、大事には至りませんでした。

20100523_3今回は、この粉砕した前側チェーン・ガイドと、後側チェーン・ガイドにガイド・ローラーも同時に交換しました。
ガイド・ローラーは、社外品のベアリング内臓タイプにしてみました。
これは、効能より、色(青)の入った見た目のカッコ良さで、これにしました。

これも今年の初めのブログで書いた「KX65」のガイド同様、磨耗したチェーン・ガイドを間近に見ると酷い状態でした。
20100523_4_2全てのチェーンの接触面が磨耗と云うよりエグれていました。
チェーンのH型に沿う様にガイドには深い輪達が出来てしまい、その輪達にチェーンが埋没してしまい、かなりの抵抗になっていた様です。
後側のチェーン・ガイドも薄く磨耗して断裂寸前の状態でした。
ガイド・ローラーに至っては、回転軸部分が磨耗しクリアランスが大きくなり、ガタガタになっていました。

20100523_5サスペンションの動きやスイング量が大きく激しいモトクロッサーは、常にシビアなチェーンの遊び量を保たなければなりません。
チェーン・ガイドが磨耗すると、今回の様にチェーンの抑えが効かなくなり、適正な遊び量を保てず、チェーンが外れたり切れたりする危険が伴います。
またチェーンの抵抗も大きくなり、駆動系のフリクションとなります。
一般的なバイクと異なり、ダート走行を主体とするモトクロッサーは、この辺の磨耗は特に激しく消耗部品ですので、適時交換を必要とする部品です。
ぜひ皆さんも、この辺の点検を一度してみて下さい。結構減ってますヨ!

モトクロッサー整備いたします。お気軽にお問合せください。

|

« 新作チーム・ジャケット受注開始! | トップページ | FXD1450-車検 »

オフロード(モトクロス・モタード)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新作チーム・ジャケット受注開始! | トップページ | FXD1450-車検 »