« 新型《 FORZA Z 》入荷! | トップページ | 10年モデル《 TODAY 》入荷! »

2010年4月 7日 (水)

CB400SF-車検

今日は、当店で中古で販売した「CB400SF」の車検を行いました。
早いもので、アッと云う間に2年が経ち、この「CB400SF」が初めてのバイクだったオーナー様も、免許取立ての初心者だった頃から比べれば、もうすっかり、ベテランさんの仲間入りです。それにしても、この2年で約2万2千キロの走破は、お見事です。たった2年間のお付合いですが、いろんな所を皆で走りに行った思い出がありますね!
これからもバイク三昧楽しみましょう!

車検はスンナリ合格!
20100407_1この3万7千キロを走る2001年式の「CB400SUPER FOUR HYPER VTEC(NC39)」は、9年前のバイクにも関わらず、不具合などは一切なく車検に合格いたしました。当店から片道60キロも離れた埼玉にお住いにも関わらず、月いちペースくらいで遊びに来店頂き、都度マメにメンテして頂いたからか、それとも、このバイクを売ったバイク屋さんが素晴らしいのか?・・・とにかく調子の良いバイクです。

20100407_4そんな訳で、一般的な前後のブレーキ・フルードの交換や、汚れたエアークリーナー、ちょっと固くなったクラッチ・ケーブルの交換程度で、特別な整備は行いませんでしたが、整備とは関係無い部分で、今回は《メーターバイザー(ヘッドライト上部に取付の小振りの風防)》を新調してみました。

ブレーキ・フルード交換
20100407_2_2ブレーキ・フルード(液)の汚れが少し酷い様にも見えますが、2年でこれ位の距離を走れば、大体こんなもんでしょうか・・・このバイクは通勤でも使っているので、ブレーキ頻度は高いかも知れません、ブレーキ液の交換は2年毎を推奨していますが、液が濁ったり、今回の様に変色が大きい場合は、適時交換をお勧め致します。ちなみに、うちのリッタークラスを駆るクラブ員達は、最低1年毎に交換しています。

20100407_3ブレーキ液は、空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。ブレーキは吸湿すると、粘土が増加し、ブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。その結果、ピストンの戻りが悪くなり、引きずりの原因にもなります。

お勧め!
《ゴールデン スペクトロ DOT4 ブレーキフルード》(DOT4 and DOT5.1)
20100407_5グリコールエーテル系のドライ271℃、ウエット186℃の高沸点を有する吸湿性の低いブレーキ液です。商品名にはDOT4を使用していますが、DOT5.1の企画をパスすると共に、はるかに上まわる性能を持っています。一般のDOT4より低粘度で流動性に優れる為、素早く、細かい動きが要求されるABSシステムにも最適です。ブレーキのタッチ、コントロール性が向上します。サーキット、峠走行など連続制動でも安心です。
当店在庫アリ!ぜひお試しください。



青島文化教材社(アオシマ) 1/12ネイキッドバイク No.9 Honda CB400SF(B) 青島文化教材社(アオシマ) 1/12ネイキッドバイク No.9 Honda CB400SF(B)
販売元:オタクの電脳街 Yahoo!ショップ
オタクの電脳街 Yahoo!ショップで詳細を確認する

|

« 新型《 FORZA Z 》入荷! | トップページ | 10年モデル《 TODAY 》入荷! »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(車検・点検)」カテゴリの記事

修理(オイル・ケミカル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型《 FORZA Z 》入荷! | トップページ | 10年モデル《 TODAY 》入荷! »