« AV機器入替! | トップページ | 定期点検-Ⅴ »

2010年4月17日 (土)

DAYTONA675 SE カスタム-Ⅳ

20100417_1着々とカスタムされて行く《親方》「DAYTONA675 SE」ですが、今回は、予定通りハンドル回りを交換しました。

ハンドルは、多少でも前傾ポジションを緩和出来ればと、垂れ角7度(ノーマル9度)のアルミ削り出しのものを選びました。
20100417_2 今回は、このハンドル交換に合わせ、グリップとバーエンドも同時に交換しました。
グリップは車体色に合わせ、ブルーのワンポイントが入ったデザインのものを選び、バーエンドもブルーアルマイトの施されたアルミビレット製を選びました。
スタンドフックも同様のブルーアルマイトでお洒落に決めてみました。

20100417_3今回、このハンドル交換で少し困った事が・・・
トップブリッジ下にセバレートで装着されてるハンドルを外す為、先ずは、このトップブリッジを外そうとステムナットを緩めようとしたところ、このナットのサイズに合うレンチが無い事に気付きました。国内モデルのサイズとは異なりインチサイズの為、急遽このボックスレンチの調達から始めなければなりませんでした。
ボックスは、もちろん悩まず《KOKEN》を選び、調達に数日掛かりましたが、無事作業は完了いたしました。

着々とカスタムが進む「675 SE」ですが、次のステップとしては、マフラー?バックステップ?とか・・・
今後もバージョン・アップ毎にご紹介させていただきたいと思います。
To Be Continued

トライアンフ スタッグ Mk1 1971 ブルー トライアンフ スタッグ Mk1 1971 ブルー
販売元:ショッピングフィード
ショッピングフィードで詳細を確認する

|

« AV機器入替! | トップページ | 定期点検-Ⅴ »

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(ハンドル・シート・ステップ)」カテゴリの記事

修理(外車・逆輸入車)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AV機器入替! | トップページ | 定期点検-Ⅴ »