« 茶でも飲みに来てください。 | トップページ | TZRフォークシール交換 »

2010年2月 5日 (金)

スロットル・ケーブル交換

数日前に降った、あの雪の被害は身近な所でも出ていたようです。
と言っても直接雪が影響したトラブルでは有りませんが・・・

20100205_3<丸ちゃん2号>は、その日通勤の為、何時もの様に「KDX220SR」で家を出ました。暫くして、急にアクセルが戻らなくなり、エンジンが吹き上がったままとなったそうです。(今、世界中で賑わってるリコールに似てますが・・・)たまたま、そこに残っていた雪にタイヤがスリップして転倒したそうです。右に倒れた車体ごと自分も数メートル滑走して止まったそうですが、腰に大きい擦り傷を負ってしまったそうです。バイクの方も、ご覧の通りチャンバーが削れてしまいました。

問題は、アクセルが戻らなくなった事ですが、実は、その数日前より兆候が現れていたそうです。時々アクセルが戻らなる症状が出始め、そろそろ当店に持ち込む予定にしていたそうです。その矢先に運悪く、今回の雪が後押しするかたちで、大転倒を引き起こしてしまいました。

20100205_1_2当店で調べると、スロットル・ケーブルがキャブレター内のスロットル・バルブ取付部付近で切れ掛かっていました。ケーブルは数本の金属ワイヤーを束ねて1本のケーブルを形成していますが、その金属ワイヤーの殆どが切れてしまい、切れたワイヤーの毛羽立ちがケーブル・ガイド内で干渉して、スロットルの作動を妨げていた様です。この「KDX220SR」は5万キロ以上走行する車両ですが、このケーブルは一度も交換した事がありません。従って今回のケースは、自然損耗によるものと思われ、仕方が無い事に思われますが、何故この頃(特に2スト車等)の強制開閉型キャブには、戻し側ケーブルが付いて無かったのか?、若干疑問です。今回の様なトラブルが発生した時には、非常に危険に思いまが・・・

20100205_2今回は切れたケーブルを新品のスロットル・ケーブルに交換して、転倒時削ってしまったスロットル・ボディも同時に交換して、修理は完了いたしました。
さいわい?大事には至りませんでしたが、<丸ちゃん2号>怪我の方お大事にしてください。

|

« 茶でも飲みに来てください。 | トップページ | TZRフォークシール交換 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茶でも飲みに来てください。 | トップページ | TZRフォークシール交換 »