« オフロード・プロテクターご紹介-② | トップページ | 高級お菓子続々入荷! »

2010年2月14日 (日)

トゥディ-バイスターター交換

今日も寒い一日でしたが、久し振りに良い天気になり忙しい一日となりました。
そんな中で今日は、《エンジン冷機時アイドリング不安定、エンスト多発》の訴えで、「TODAY」の修理を行いました。まず車体情報を検索すると、この車両なんと2002年式の最初期型で、お話を伺った感じ10万キロ程は走行している車両らしく、しかもお客様ご自身でオイル交換を行う以外は、購入してからの8年間、殆どノーメンテらしく、整備手帳にも一切の整備記録が有りませんでした。
20100214_2この事から、通常はバイクの状態を維持する為に定期的に交換を行う必要のある部品として、先ずは、<スパーク・プラグ>と<エアー・クリーナー>の交換を行いました。<スパーク・プラグ>は磨耗し<エアー・クリーナー>は著しく汚れていました。この時エンジン圧縮やスパークの状態をチェックし、問題無い事から、キャブレターのドレンボルトを緩め、底に沈殿している不純物を含む古い燃料を排出し、このキャブレターまでは、燃料が来ている事も確認し、エンジンを始動して様子を診ましたが、症状は回復しませんでした。
20100214_1ここから本腰を入れ、先ずは燃料系統のキャブレター(気化器)を取外し、分解して細部を調べようとしたところ、<バイ・スターター>が《ポロリ》とバラバラになり落ちて来ました。
キャブレターに付いている<バイ・スターター>は、オート・チュークと云うと判り易いですが、
チューク弁を使ってないので、厳密には<スターター>になります。基本的役目は同じで、エンジンの冷間始動を容易にする為に、燃料の混合比率を高める機構です。
症状から判断して、これが主原因と断定し、この部品の交換を行いました。再度エンジン始動テストを行い、始動性アイドリング状態問題なく正常となり、修理は完成いたしました。今回は<ドライブ・ベルト>もついでに交換して全ての作業は完了いたしました。

|

« オフロード・プロテクターご紹介-② | トップページ | 高級お菓子続々入荷! »

修理(電装系)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オフロード・プロテクターご紹介-② | トップページ | 高級お菓子続々入荷! »