« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

ZR-7チェーン&スプロケット交換

当ブログ最多出場?<北さん>の「ZR-7」をイジリました。
20100131_1今回は、ドライブ及びドリブン両方のスプロケット交換とドライブ・チェーンの交換を依頼されました。交換の理由(目的)?は、カッコよくしたいからです。強いて言えば中古車でこの車両を入手してから2年近く経つので、安心してバイクに乗りたいとの希望から、特に寿命が来て交換時期となった訳では有りませんが、交換する事にいたしました。又、どうせリヤ周りを外すならと、今回はホイール・ベアリングやカップリング・ダンパー等の消耗部品も同時に交換する事となりました。

20100131_2今回もチェーン&スプロケには何時もの「RK EXCEL」&「SUNSTAR」を選びました。
そしてチェーンに関しては、去年「RK EXCEL」から新発売したばかりの「GV SERIES」ゴールドメッキ・フルコートフィニッシュをチョイスいたしました。この製品は、スーパースポーツマシンを完全ロックオンして開発されたチェーンで、新型Oリング採用で耐久性を落とさず軽量化とスリム化を実現。軽量、低フリクションが馬力ロスを低減し、俊敏で極めてスムーズな駆動感、加速力アップを実現しています。車両のポテンシャルをフルに生かし、エンジンパワーをロス無く後輪に伝えます。外観は美しく、丁寧に表面研磨したプレートは、ニッケルメッキ後、更に電着ゴールドコートしています。ローラー、ピンにもプラスメッキを施し、錆びや腐食に非常に強く綺麗なゴールドカスタムアイテムです。

20100131_3チェーンのゴールドに合わせ、スプロケも「SUNSTAR」のジュラルミン製ゴールド・ハードアルマイトを選びました。今回も全て最上級のパーツで組上げましたが、性能も然る事ながら見た目も非常にカッコよくなりました。男が好きな事に、とことん拘っり本物を追求する姿はカッコいいですネ!


そう云えば・・「カッコイイ西郷さん」のブログをリンクしました。CHKしてみてください。

| | コメント (0)

2010年1月30日 (土)

大根届きました。

今度は、千葉県産「青首大根」が届きました。
20100130_1お米が届いたり、いろんな物が届きますが、こう云うの助かります。ブリ大根にでもして食べます。
ありがとうございました。

今日は、錦糸町まで床屋&商談に行って来ました。なので、少し早めに店閉めました。でもって、遅くなったので今日は帰ります。おやすみなさい。

| | コメント (0)

2010年1月29日 (金)

XJR400-車検

20100129_1相変わらず車検も続きます。
今日は、「XJR400」の車検でした。スピード・メーターが動かず、切れていたケーブルを交換し無事検査は通りました。この他、酷く汚れたえエアー・クリーナーやブレーキ・フルードの交換を行い、完了いたしました。

20100129_2それから今日は、私の使っているトランポ「REGIUS ACE」も車検でした。
1万数千キロしか乗ってないので、何事も無く無事完了いたしました。車検中トランポから全てのバイク(4台)を降ろしてましたので、この間に、1週間後に迫るレースの準備として、マシンのメンテも済ませておきました。

PCの調子が悪いので、今日はコノくらいで帰ります。

| | コメント (0)

2010年1月28日 (木)

アドレスV125ステータ交換

まだ残ってました。
久し振りに「ADDRESS V125G」の《リコール及びサービスキャンペーン》による、部品交換を行いました。この車両は、当店で販売した車両ではありませんが、確か?去年の夏前には発表された《リコール及びサービスキャンペーン》だった為、今頃何故?っと思いながら、当店のお客様らしい方のご紹介で来店頂いたそうなので、一先ず、対応させて頂きました。調べると、《リコール及びサービスキャンペーン》が発表された後に購入された車両のようですが、これら《リコール及びサービスキャンペーン》の対策が実施されぬまま販売された車両のようです。こんな事、こんなバイク屋さんも有るのですネ・・・・

20100128_1《サービスキャンペーン》の不具合の内容は、「発電機のステータリード線端子のかしめ部の圧着が不適切なため、当該かしめ部が発熱してカプラ部が溶損し、短絡する場合があり、そのため、バッテリが充電されなくなり、そのまま使用を続けると、原動機が停止し、再始動できなくなるおそれがある。」と言うもので、ステータを対策品に新品交換しました。《リコール》の不具合の内容は、「燃料タンクキャップの形状が不適切なため、亀裂が発生するものがあり、そのため、開閉操作の繰り返しにより当該キャップの亀裂が進行し、そのまま使用を続けると燃料が漏れるおそれがある。」と言うもので、燃料タンクキャップを対策品に新品交換しました。

| | コメント (0)

2010年1月27日 (水)

タイヤ交換-Ⅷ

20100127_2相変わらずタイヤ交換の仕事が続く日々ですが、今日は、綺麗にスリップ・サイン《磨耗限度表示》の出た所まで使い切り、見事に理想的なタイミングで、タイヤの交換をご依頼頂いたお客様のバイクを2台ご紹介致します。

20100127_11台目「LEAD110」のお客様は、このバイクを当店で2008年に新車で購入頂いた方ですが、丁度今月で2年が経過した時点で、走行距離は1万キロに到達致しました。この度2回目の12ヶ月点検でご来店頂き、タイヤのスリップ・サインが確認された為、タイヤ交換を実施する事となりました。

20100127_32台目「ZEPHYR400」のお客様は、わざわざ遠く小田原より2時間掛けてご来店頂きました。このお客様も、タイヤにスリップ・サインが現れ始め、前回のタイヤ交換から丁度3年が経過している事から、今回、タイヤ交換を実施する事となりました。

20100127_4スリップ・サイン《磨耗限度表示》とは、法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、タイヤ・トレッド周上に6ヶ所くらいあるどれか1つでも現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。また、ゴムで出来ているタイヤは、オゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換を推奨しています。また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。本格的な寒波の到来前に、危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願いします。

只今!タイヤ交換特価セール中です。
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2010年1月26日 (火)

フォルツァ-レギュレター交換

2001年式「FORZA」にお乗りのお客様より、《エンジン始動困難》との訴えで修理を引き受けました。イグニッション・スイッチをオン(キーを回すと)にすると、メーター回りの液晶画面も含め電源が落ちて、エンジンが始動出来なくなったと訴えられ、お客様は、バッテリーは新品で購入後1年程しか経ってないので、バッテリー以外の他に原因が有ると断定され、その原因の調査を依頼されました。

当店で診た感じでは、バッテリー上がりは一目瞭然で、完全に上がってる状態でしたので、改めて詳しくお客様からお話を聞くと、1年程前にバッテリー上がりを起こし、ご自身の判断でバッテリーを新品に交換したらしいのですが、それでもバッテリー上がりを頻繁に起こし、その都度いろんなバイク店でバッテリー充電を繰り返し行って来たらしく、バッテリー充電直後は、正常にエンジンの始動は出来るそうですが、暫くすると徐々に始動困難となり、最後は同じように完全にエンジン始動が出来なくなるそうです。

20100126_1長期放置も無く、バイクに乗る頻度も高いようなので、この事からバッテリーの上がる原因が他に有ると考えられる事から、充電系統が怪しいと踏んで調査をしたところ、やはり充電電圧が基準を遥かに超えて高い事が判りました。これはレギュレターの不良で、当然バッテリーも壊れてしまっているので、このレギュレターと合わせてバッテリーも新品へ交換する事となりました。

今回のケースも、このまま知らずに乗り続けていたらバッテリーが破裂して、中の希硫酸が飛び散り、大変な事になっていた可能性もあります。最近このケースが非常に多く、(バッテリー不良くらいと思って)ご自身でバッテリーを新品に交換した直後に、その新品バッテリーを破裂させてしまったり、今回のように傷めてしまうケースが増えています。(←かえって高い出費となります。)たかがバッテリーくらいとお思いでしょうが、バッテリー不具合の発生する原因が、他の電装部品に主原因が有る場合も多いので、むやみにお客様でバッテリー交換はせずに、不安な場合はバイク屋さんに任せる事をお勧め致します。

| | コメント (0)

2010年1月24日 (日)

ホイール交換

年明けから、タイヤ交換の仕事が続いてます。
その中でも、パンク修理の依頼からタイヤ交換に成った例を2件紹介します。

20100124_11例目の「TODAY」は、ホイールが酷く損傷して捲り上がっていました。
側面より強打したようで、捲くれて裂けたホイールの先端がタイヤ側面に突き刺さっていました。お客様ご本人もビックリで、当初はパンクと思ってご来店頂きましたが、こう云う事情で、今回はタイヤとホイールの両方の交換になってしまいました。何故ホイールが損傷したかは不明ですが、本人に自覚が無い事から、駐車中にぶつけられたか?悪戯なのでしょうか?・・・・

20100124_22例目は「ADDRESS V125G」で、これは良くあるパターンですが、《つるつる》のタイヤでパンクして、タイヤ溝が全く無い為、パンク修理と云うよりタイヤを交換した例です。《つるつる》のタイヤは、徐々に磨耗して行った結果、丸いトレッド面が四角くなり、接地面積が増えるので金属等の硬い異物を噛み込み易くなります。また、厚みの薄く成ったタイヤは、異物を貫通し易くなる為、パンクする確立が上がり、実際にパンクの多発するタイヤは、減って《つるつる》になっている事が多いです。パンク修理代の何回か分で、タイヤ交換出来ちゃいますので、タイヤ交換を節約して先送りしても、結果的に損している事の方が多いと思いますので、やはり、こう言った意味でもタイヤ交換は早めにやるのが得策です。

| | コメント (0)

2010年1月23日 (土)

スペイシー100ブレーキ・パッド交換

これも、ちょくちょく話題にさせて頂いている話ですが、連続して凄いブレーキ・パッドの交換を行いましたので書きます。
20100123_1ご覧の通り、パットの摩擦剤が完全に無くなり、それどころか見事に鉄の台座まで削れてしまっている、フロントのブレーキ・パッドです。このブレーキ・パッドは、2枚とも「SPACY100」のもので、たまたま連続して、共にブレーキから<カシャカシャ>異音が出るとの訴えでご来店頂きました。20100123_2
パットの摩擦剤が無くなり、鉄の台座でディスク板を長く攻撃していた為、ディスク板表面もガタガタになってました。荒れたディスク板に新しいパッドを装着しても、その荒れた面でパッドを削るので、摩擦剤の消耗は早くなり、騒音も出ますし効きも悪くなります。本来は、パッドとディスク板の両方を交換する事が望ましいのですが、今回は、予算的にパッドの交換だけを行いました。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

| | コメント (0)

2010年1月22日 (金)

2010年モデルCRF50F新発売!

Honda「CRF50F」が、視認性を向上させたスイッチ表示の変更などを受け10年モデルとして新発売になりました。このシリーズも、決算大特価で3月納車分までは、なりふり構わず売り倒します。

親子でバイク始めませんか。
20100122_1野球やサッカー、釣りなど、親子で出来るスポーツやレジャーは沢山有りますが、バイク以上の親子のコミニュケーション・ツールは無いと思います。間違いなく、子供の情操教育にもなりますし、何と言っても親子の絆を深いものにします。又、この混沌とした時代、どんな物よりも唯一カンフル剤(特効薬)ではないかとも思います。心・技・体が鍛えられ、頭も良くなります。

メーカー希望小売価格(税込本体価格):「¥165,900」が→ 「155,400円」です。早いお子様で3歳位から乗れます。装備の揃え方~遊び方までサポート致しますので、是非この機会にバイクを始めてみませんか!!

売り切れご免の、期間、台数限定。早い者勝ちの今が底値の買いチャンスです!買い損じの無き様、ご注文はお早めに!

更に詳しい情報→CRF50F

| | コメント (0)

2010年1月21日 (木)

リード110爆安販売中!

総力決算大特価セール!

今期最後の第四半期突入と云う事で、3月納車分までは、なりふり構わず売り倒します。この「LEAD110」に限らず「HONDA」の新車(125cc以下までのバイク)を検討中の方は、我儘放題お申し付け下さい!死ぬ気でガンバリます。

20100121_1「LEAD110」は、水冷エンジン+PGM-FI(電子制御燃料噴射)を武装。価格、燃費、性能、装備、収納スペースなどで、他メーカーを大きく引き離しています。特にシート下収納スペースは、クラス最大(35リットル)で、ヘルメットなら2個、B4バックも収納可能で、下手な250クラス・ビッグス・クーターも凌駕します。20100121_2フロント12インチ、前後アルミホイール標準装備でホイールベースも長く、このフルサイズのボディーは、高速走行でも安定していて、毎日の長時間走行でも疲れません。燃費、なんと!1リッターで50キロ走りますからネ~。(60km/h定地走行テスト値)当店も高く評価している車両ですので、お乗換検討中のお客様には是非お勧めいたします。

メーカー希望小売価格(税込本体価格):「¥273,000」が→なんと「5.775万円」引きで、大特価:「¥215,250」です。(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)車体色も各色選べます。分割ローンもOKです。下取もOK「どんなバイク(不動車もOK)も下取ます。」

20100121_3今回は更に、この大特価販売中の「LEAD110」に1,155万円相当のイタリヤGIVI製トップケース(30L容量リヤボックス)装着車もプラス9,240円特価設定いたしました。もちろん取付け工賃もサービス致します。



売り切れご免の、期間、台数限定。早い者勝ちの今が底値の買いチャンスです!
買い損じの無き様、ご注文はお早めに!

更に詳しい情報→「リード110

| | コメント (0)

2010年1月20日 (水)

おみやげ

今日は暖かい一日でした。気温は17度以上も上昇し、大寒なのに4月上旬並だったらしい・・・

また、お土産届いてます。
20100120_1前回までの「手羽先キャラメル」や「ロシアンルーレットクッキー」など、罰ゲーム的風味も一段落して、やっと普通のお菓子類が届いてますので、みなさんも食しに来店ください。

いつも、有り難う御座います。皆さんの心遣いに感謝します。

| | コメント (0)

2010年1月19日 (火)

MAJESTY400-車検

20100119_1昨日の定休日も一日中仕事で、最後は小田原まで足を伸ばし、帰宅時間は深夜でした。
休み明けの今日は、「MAJESTY400」の車検などから始まり、やはり忙しい一日でした。

| | コメント (0)

2010年1月17日 (日)

ドライブ・チェーン交換

また登場の「KDX220SR」ですが、早くもチェーン交換になってしまいました。
今回は10ヶ月しか持ちませんでした。っと云っても10ヶ月で、なんと1万3千キロ程走っていますので、仕方有りません。厳密にはもう少し張れたのですが、ここまで来るとスプロケット歯底の磨耗が加速度的に進行して、走る度にチェーンの弛みを調整する様に成った為、危険を回避する為にも少し早めの交換を行いました。

20100117_1もちろん今回も、チェーンとスプロケットは対で一緒に交換いたしました。スプロケットは、こうして新旧重ね合わせると結構減ってる事が良く判ります。

20100117_3車体に装着されている状態では、一見あまり減っているように見えないかも知れませんが、スプロケットは、磨耗を抑える歯底の表面硬化層が0.5~0.9mm程度と薄い為、ぱっと見た目には減っている様に見えなくても既に寿命が来ている事が多く、これを無視してチェーンだけを新品に交換すると、結果チェーンの寿命を短くするだけでなく、緩んだり、外れたり、切れたりする事があり大変危険な状態になります。チェーンの交換時は必ずスプロケットも同時交換でお願い致します。

| | コメント (0)

2010年1月16日 (土)

点検・整備

今日は土曜日とあって忙しい日でした。
冬でも、通勤や仕事でバイクを使っている方には関係く、寒くても毎日乗り続けている以上、バイクのメンテナンスは欠かせません。

20100116_1そんな感じで、本日は「TODAY」の12ヶ月点検や「FUSION TYPE-X」の整備など超忙しい一日でした。
「TODAY」のお客様は、このバイクを当店で2004年に新車にて購入頂いた方ですが、欠かさず半年毎に点検に起こし頂くお客様です。今回は、この点検にエンジン・オイルの交換とエアークリーナーの交換を行いました。エアークリーナーは汚れで真っ黒で、新品と比べるとその色の違いがハッキリ判ります。こうして、このお客様もバイクを購入してからの6年間、一切トラブル無しで毎日快適に走り続けています。

20100116_4次の「FUSION TYPE-X」のお客様もマメにご来店頂く方で、今回もお客様の自己申告で、トラブルを起こす前の予防整備として、ブレーキ・シューやタイヤの交換をご依頼頂きました。フロント・タイヤは綺麗にスリップ・サインの出たところで交換いたしました。リヤのブレーキは、戻りが若干悪く成って来た事と、20100116_3調整しろが少なく成って来たので、シューとカムにリターン・スプリングを交換いたしました。ブレーキは、交換して大正解でした。カムは完全に油が切れて軸受部は腐食して虫食状に穴が開いていました。これじゃ戻りが悪い訳です。シューもギリギリまで磨耗して、丁度交換時期って感じに成っていました。こんな感じで、この20100116_2_2「FUSION TYPE-X」も3万キロを走行している車両ですが、もちろんノー・トラブルで未だ新車のコンデションを維持しています。

これからも、長く、安く、快適に安心してバイクに乗り続けられるよう、サポートさせて頂きたいと思います。有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2010年1月15日 (金)

レーシング・グローブご紹介

本物を追求するライダーたちへ
「RS TAICHI」と「KUSHITANI」のレーシング・グローブのご紹介です。
マニアックなライダー達は、装備にも拘ります。
好きな事だったら、とことん拘ってください。
本気に遊んでください。

「RS TAICHI」RACING GLOVES NXT046 GP-EVO.
20100115_1 樹脂成形プロテクションとアールエスタイチ独自の多層プロテクション"スプリットアーマー" の融合が織りなす抜群の操作性と安全性を生み出したハイエンドレーシングモデル!"スプリットアーマー"(多層プロテクションシステム)によってフローティングマウントされたハードプロテクションは、抜群の操作性とプロテクション機能を発揮します。人間工学に基づいて設計された樹脂成形オリジナルプロテクションはエアーインテークを兼ね備え、操作性と快適性を向上しました。平側には路面との摩擦力を軽減するSPSを装備。小指側の補強はワンピースタイプとすることにより、プロテクション機能を高めました。¥26,250(本体価格¥25,000)

「KUSHITANI」RACING GLOVES K-5101 GPS-2
20100115_2リニアな操作性を追求した、運動性を重視したGPSグローブ。甲部の牛革は GPRシリーズと同じ1.2ミリ厚デイリーカーフ、掌部はしなやかな キップ牛革を採用。アクションプリーツ、ザイロンパッチ、主要部分のケブラー糸などGPSグローブの特徴はそのままに強度と運動性を兼ね備えたグローブに仕上がっています。親指から人差指にかけてのグリップ部分には、滑りにくいグリッピング素材を採用。手首のベルト、親指外側のパッドもプラス装備しています。¥12,600(本体価格¥12,000)

「KUSHITANI」WINTER GLOVES K-5524 GORE-TEX
20100115_3ウインターグローブのシグネチュアモデル、ゴアテックスRレザーグローブ。撥水革とゴアテックスRライナー、各種素材の組み合わせで高い防水性と運動性、そして防寒性を合わせ持つウインターグローブ。甲部の二重のプロテクターは、断熱効果も狙っています。手首外部にはウレタンプロテクションとリフレクトパイピングを装備。一部指先、掌部にはグリッピング素材を採用しています。¥16,380(本体¥15,600)

| | コメント (0)

2010年1月14日 (木)

KX65チェーンガイド交換

今日は、この冬一番の寒さだったそうで、特に午前中は寒かったですネ~!その為か、客足も少なかったので、またまた「KX65」をイジっていました。

20100114_5去年の暮れ最後にこのマシーン(KX65)を整備した時に、どうしても納得が行かなかった点が一箇所有りました。それは、リヤホイールの回転抵抗が若干大きい感じで、もちろんチェーンの張り過ぎや、ホイールの締めすぎ、ベアリングの損傷などでも有りません。ブレーキもその前に整備した時にキャリパー・スライド部をグリスアップしていますので、ひじょうにスムーズで当然引き摺りは出ていません。

20100114_1_2一般的な基準から云えば、全く問題無い程度のフリクションですが、当然マニアックな私としては納得行かず、更に良く調べて診ると、チェーン・ガイドが著しく磨耗している事が判明いたしました。《これはダメだ!》フリクションを限りなくゼロに近ずけたい私は、迷わずチェーン・ガイドとガイド・ローラーの全てを交換する事に致しました。

20100114_2_2磨耗したチェーン・ガイドを間近に見ると《これは酷い!》全てのチェーンの接触面が磨耗と云うよりエグれていました。チェーンのH型に沿う様にガイドには深い輪達が出来てしまい、その輪達にチェーンが埋没してしまい、かなりの抵抗になっていた様です。その上、後側のチェーン・ガイドは薄く磨耗して断裂寸前の状態でした。

20100114_3_2チェーン・ガイドが磨耗すると、今回の様にチェーンの抵抗に成るばかりか、抑えが効かなくなり、チェーンが外れたり切れたりする危険が伴います。消耗部品ですので適時交換を必要とする部品です。ぜひ皆さんも、この辺の点検を一度してみて下さい。結構減ってますヨ!

20100114_4っと云う事で、全てのガイド交換が終わり後輪を回して診ると、《~あ!これでなくっちゃ!》ほんとゼロに近いくらい軽く成りました。(大袈裟な!)またバイクが早くなっちゃう気がします・・・(^^ゞ
バイクって、本当に楽しいですネ!

何れにしても、これはスポーツの道具(競技用モトクロッサー)ですので、不備が有ると正しい運動が出来なくなり危険ですし、楽しくありませんので、マシンは常に新車以上のコンデションを保つようにしています。これは、一般公道用ストリートマシーンでも同じ事だと思いますが・・・

| | コメント (0)

2010年1月13日 (水)

Vベルト

スピードが出ない》と云う訴えで、「LIVE DIO」の修理を行いました。
20100113_2マフラーの詰りは無さそうなので、今までの整備暦と走行距離(2万6千キロ)から駆動系?と踏んで、左エンジン・カバーを外して調べると、ウエイト・ローラーも段付磨耗を起こしていましたが、ドライブ・ベルトが著しく劣化して切れる寸前でした。

20100113_1_2このドライブ・ベルトに使われているVベルトは、Vプーリーの溝に食込む「クサビ作用」によって駆動力を伝達しているので、ベルトが劣化すると、このクサビ作用の効果が無くなり滑る事が有ります。そのままほったらかすと、最終的には切れてしまい走行不能となります。

今回は、このウエイト・ローラーとドライブ・ベルトの両方を交換して、問題なくスピードが出るように成りました。

20100113_3左の「RV125EFI」のお客様は、出先でベルトが切れて立ち往生する事を嫌い、1万7千キロを走られた時点で、自ら予防整備としてベルトの交換を依頼されました。ベルト以外にも定期交換を必要とするエアークリーナーやスパークプラグなども交換して、不測の事態に備えてます。


殆どのスクーターが、駆動にベルトを使っていますが、ベルトが切れると走行不能だけでなく、切れたベルトがプーリーに巻き付きロックして、急ブレーキが掛かり転倒などの事故に繋がる事もあり大変危険です。スクーターにお乗りの方は、切れる前に定期的(2万キロ前後)なベルトの交換をお勧めいたします。

| | コメント (0)

2010年1月12日 (火)

ドラッグスター400レギュレター交換

東京では初雪が降ったそうです。昨日も寒かったですが、今日はもっと寒かったですネ!

そんな中、やはりバッテリー上がりが続いていますが、今回の「DRAGSTAR400」は、単にバッテリーの性能劣化によるものではなく、レギュレターが故障して充電不良を起こし、バッテリー上がりを起こしていました。しかも、このレギュレターの接続コネクターも焼けて熔けていました。
20100112_1従って、通常であればレギュレター交換だけで済む筈でしたが、このコネクターは補給部品としては、単体販売していない為、同じ形のものを探し出さなければ成りませんでしたが、苦労の結果、色は違うものの同じ形のものを探す事が出来、無事レギュレターとコネクターの交換を行う事が出来ました。

このお客様も、最初はバッテリー上がりでご来店頂きましたが、結局レギュレターの故障が分かり、バッテリーとレギュレターの両方の交換となりました。今回のように、バッテリー・トラブルの発生原因は、他の電装部品に起因する場合も多く、レギュレターの場合、故障すると充電しない場合と過充電(非常に危険)する場合もありますので、バッテリー上がりを起こした場合は、むやみに自分でバッテリーの交換をせず、今回のように、不安な場合はバイク屋さんに任せる事をお勧めいたします。

| | コメント (0)

2010年1月11日 (月)

初オフロード

今日は、今年1っ発目のオフロード走行会を行いました。今回は、大人8名、子供7名の合計15名の皆様に参加頂きました。
気温は5~6度?と大変寒い一日でしたが、真に新生オフロード倶楽部元年に相応しい、近年稀に見る沢山の方々に早朝からお集まり頂きました。
<安坊>ニューマシン「KX125」のシェイクダウンと新メンバー3名も加わり、新年早々大変盛上がりました。

20100111_1家は久し振りに、家族全員参加となりました。家の受験生(中3)も5ヶ月振りに参加でした。勉強ばかりしているので、《バカになるゾ!》っと云って、連れ出しバイクに乗せました。最後の方で「CRF250X」に乗せると、大喜びしていました。これで少しは受験のストレスから開放されたんじゃないでしょうか?

今年の<オフロード部門>盛上がりを占う、好スタートと成りました。今年は今まで以上に《本物》をマニアックに追求して行きます。まじめにスポーツして行きたいと思いますので、皆さん!宜しくお願い致します。

★走行券販売中!
ウエストポイント・オフロード・ビレッジ
フリー走行券販売しています。

ウエストポイントへ走りに行く時は、当店で走行券をお買い求め下さい。
詳しくはお問合せ下さい。宜しくお願い致します。

詳しいレポートはこちら→ EVENT INFORMATION

| | コメント (0)

2010年1月10日 (日)

レッツ整備

20100109_1同じ事は続くもので、今日は「LET'S」の《スピード・メーター作動不能》の訴えがあり、昨日同様ホイール側メーター・ギヤの交換を行いました。今回は、ギヤ・ケース側に不具合が無かった為、メーター・ギヤのみの交換で済みました。
20100109_2 それと今回は同時にエンジンの《加速不良》の訴えもあり、調べると駆動系部品の「クラッチ・スプリング」が折れている事が判り、合わせて駆動系を一通り診た所「ウエイロトーラー」も著しく磨耗している事と、ドライブ・ベルトの劣化も進んでいた為、同時にこれら全ての部品も交換しました。
20100109_3最後にボロボロに成っていたエアークリーナー・エレメントも交換して、全ての作業は完了いたしました。

| | コメント (0)

2010年1月 9日 (土)

KDX220SR整備

20100109_4今日は、先日《スピード・メーター作動不能》の訴えで入庫した「KDX220SR」の整備を行いました。この症状の場合は、大体がケーブル切れの時が多いのですが、今回はホイール側メーター・ギヤのレシーバー部が折れてしまい、作動しない状態と成っていました。基本的には、滅多に損耗する部品では有りませんが、このギヤはプラスチックで出来ているので、時々この様に折れたり減ったりして作動不能と成るケースも有ります。今回の場合は、最初にギヤ・ケース内のスクリュー・ギヤが腐食や汚れで固着し、固着して動かなくなったスクリュー・ギヤに噛合うメーター・ギヤが回転するホイールの動力を受けて破損した様です。ケース内で完全にギヤが固着して取外せなかった為、今回はギヤ・ケース・アッシの交換と成りました。
20100109_5 それから今回は、フロント・ブレーキ・パッドの残量が無い事も分かり、これも一緒の交換と成りました。パッドは、ギリギリ間一髪の所でしたが、摩擦材が無くなる金属台座の手前の所まで、見事にキッチリ使い切った感じに成っていました。
最後に、ミッション・オイルがそろそろ前回交換してから5千キロ程経ちますので、ついでに、これの交換も行い全ての作業を終えました。
この「KDX220SR」、ついに走行距離5万キロを突破し、まだまだ絶好調です。バイクは、ちゃんとメンテして乗ると、消耗品の交換だけでノー・トラブルで乗れます。それを、このバイクが見事に実証しています。(付合ってるバイク屋さんもイイんじゃない!?(^^ゞ)

| | コメント (0)

2010年1月 8日 (金)

お土産-⑳

お仕事ご苦労様です。
<丸ちゃん>から尾道土産など届いてます。
仕事とは言え遠くに行けて羨ましい。・・・
20100108_1_2 

| | コメント (0)

2010年1月 7日 (木)

タイヤ交換-Ⅶ

年末年始とタイヤ交換が続きます。
20100107_1久し振りにカーカスの見えてるタイヤを交換しました。車両は「SOONER50」で、後輪がパンクと云う事で車両を引上げて来ましたが、今回も、単に釘などを踏んで穴の空いたパンクではなく、タイヤ・トレッド(接地面)部のカーカス(タイヤの骨格となるコードをゴム被覆した部分)が露出するまで薄く磨耗し裏表が貫通して空気が抜けたもので、当然パンク修理は不可能な為、新品タイヤへ交換となりました。それと、ここまで酷くありませんが「GIORNO」や「LEAD50」の<つるつるタイヤ>の交換が続きました。
20100107_2このようなパンクするまで、若しくは壊れるまで乗り続けるバイクに原付が多く、昨日交換した「SKYWAVE250」の後輪タイヤのように、スリップ・サイン《磨耗限度表示》(法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、タイヤ・トレッド周上に6ヶ所くらいあるどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的に使用不可となります。)が出る前に交換依頼をするお客様は、250CC以上の大きいバイクにお乗りの方に多いいようです。意識の違いでしょうか?

臨時休業のお知らせ
1月7日(木)午後2時より
1月8日(金)午後4時まで
棚卸の為、お休みさせて頂きます。
1月8日、午後4時から通常営業となります。
ご不便をお掛け致しますが、宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

マジェスティ-セルモーター交換

今日は、仕事始め初日の昨日とは打って変わって、割と暇でした。
その代り、年始の挨拶で業界関係者が入れ代わり立ち代わりに来店したので、それは、それなりに忙しい一日でした。

20100106_1本日は、去年暮れにお受けした「MAJESTY250」の修理を行いました。
エンジン始動不能で、原因である故障したセルモーターを交換予定でしたが、年末ギリギリの事でしたので部品調達に間に合わず、年を越してしまいましたが、本日改めての作業となりました。2万8千キロを走行する「MAJESTY250」でしたが、信号待ちなどでアイドリングストップする方や、配達業務などでエンジンのON/OFFを多く繰り返す方などは、このセルモーターは、早めに消耗する事があるようです。いずれにしろ寿命だったのでしょう。

| | コメント (0)

2010年1月 5日 (火)

2010初荷!

今日から営業開始いたしました。
5連休してしまったので、開店するや大忙しな一日でした。
初日早々「DIO」の納車でした。
20100105_1当店では、去年位から価格の安い「TODAY」より、何故かこの「DIO」の方が多く売れてます。しかもこの「DIO」は、一般的には黒色や銀色が多く売れているらしいのですが、当店では年齢性別に関わらず、この茶色<ペルセウスブラウンメタリック>が多く売れてます。古い2スト「DIO」などから乗換の方の多くは、この4ストエンジン+電子制御燃料噴射装置搭載の新型「DIO」を目の前にして、ただただ驚きと溜息でカルチャーショックを受けられております。燃費、なんと!1リッターで73キロ走りますからネ~。(30km/h定地走行テスト値)

総力決算大特価セール!

年が明け、遂に今期最後の第四半期に突入いたしました。3月末までは、なりふり構わず売り倒しますので、この「DIO」に限らず「HONDA」の新車(125cc以下までのバイク)を検討中の方は、我儘放題お申し付け下さい!死ぬ気でガンバリます。
本年も宜しくお願いいたします。


メーカー希望小売価格(税込本体価格):「¥154,350」が→なんと「2.625万円」引きで、大特価「¥128,100」です。(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)車体色も各色選べます。分割ローンもOKです。下取もOK「どんなバイク(不動車もOK)も下取ます。」

売り切れご免の、期間、台数限定。早い者勝ちの今が底値の買いチャンスです!
買い損じの無き様、ご注文はお早めに!

更に詳しい情報→DIO

| | コメント (0)

2010年1月 1日 (金)

2010 初走り!

あけまして、おめでとうございます。
20100101_1_2行って来ました。正月早々、元日《初走り》!ここ数年続く、この《初走り》も恒例行事となってしまいました。それにしても当店「ファンホイールズ」は、年末年始走りっ放しです。この調子で今年も全開!走り続けますので、本年も宜しくお願い致します。今回集まった兵(つわもの)は、7名。平均年齢で云えば、50に近いオジサン達ばかりですが、今年も首都高を爆走して来ました。
いや~バイクって、本当に楽しいですネ!

詳しいレポートはこちら→ 「EVENT INFORMATION」

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »