« スペイシー125ブレーキ・ディスク交換 | トップページ | フォルツァ12ヶ月点検 »

2009年12月 6日 (日)

KX65整備

前回までのサイレンサー・ウールとタイヤ交換に引き続き、仕事の合間の数日を掛けて「KX65」の整備を行いました。
先ずは油脂類の交換として、ミッション・オイルとブレーキ・フルードの交換を行ないました。モトクロッサーの場合、うちの場合はミッション・オイルは、3レース又は3ヶ月毎に交換して、ブレーキ・フルードは、1年毎に交換しています。
20091206_1次にエアークリーナ・エレメントの掃除とセッティングついでに、キャブレターのオーバーホール(分解清掃)も行ないました。エアークリーナは、損傷が無い限り毎レース毎にクリーニングしています。キャブのチューニングに関しては、走る度に必ず行なうものですが、実際にコースでの走行状態などの総合的判断が必要な為、ここでは最終調整は出来ませんが、季節が変り気温も相当低くなって来ましたので、今までのデーターを元に変更出来る基本的なセッティングは行なっておく事にしました。先ずは、冬仕様の大きな変更点でニードルジェット(N/J)の交換を行い。メインジェット(M/J)、パイロットジェット(P/J)の順に交換。次に針(J/N)のクリップ位置の変更と、最後にエアスクリューの戻し量の調整を行い終りました。それからスパーク・プラグの点検と清掃を行い、エンジン関係は全て終了です。
20091206_2次に足回りの整備として、リヤ・サスのセッティング変更に伴いリンク周りのグリス・アップを行ないました。ここの部分がダメだと、バイクとしては死に体も同然で全く性能は出ずに役に立っていない状態となります。この部分はフロントも含め非常に重要な部分で、オイル交換も含め、5レース又は6ヶ月毎に行なっています。20091206_3先ずはサス・セッティングですが、ここも走行状態を考慮して走る都度行なうものですが、前回までのライダーの走りと身体の成長度合いを考え、今回はスプリングの交換を主にダンパーなどのセッティングを見直しました。それからフロントも同じようにスプリングの交換を主にダンパーなどのセッティングを行い、20091206_4_2 ついでにフォーク・オイルの交換とステム・ベアリングのグリスアップも行ないました。ステム・ベアリングやリンク周りなどの高負荷の掛かる部位には、高過重用の耐水グリスを使用しています。フォーク・オイルは、「SPECTRO」の数種類の番定をブレンドしたオリジナルを使用しています。今回エア抜きしながら、「このオイルは本当に泡立ちが少ない!」と思いたしました。オイル・レベルを調整し組上げ、フォークの突き出し量を調整し完成です。ここも5レース又は6ヶ月毎に整備しています。最後にブレーキ・キャリパーのスライド部分もグリス・アップしてここまでの作業は全て完了いたしました。

|

« スペイシー125ブレーキ・ディスク交換 | トップページ | フォルツァ12ヶ月点検 »

オフロード(モトクロス・モタード)」カテゴリの記事

修理(オイル・ケミカル)」カテゴリの記事

修理(ステアリング系)」カテゴリの記事

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペイシー125ブレーキ・ディスク交換 | トップページ | フォルツァ12ヶ月点検 »