« つるつるタイヤ | トップページ | ホイール・ベアリング交換-Ⅱ »

2009年11月 6日 (金)

ドライブ・ベルト交換

ここ数日は、毎晩のように故障車の引上げが続いております。
20091106_1昨晩は、走行中に後輪が急にロックして停車後、エンジンの再始動は出来るものの駆動不能に陥ってしまった、「FORESIGHT」を環七まで引き取りに行って来ました。これは予想通り、ドライブ・ベルトの断裂による故障で、ベルトは粉砕してボロボロでしたが、完全に切断されずにドリブン側(クラッチ側)プーリーに絡まって20091106_2 後輪がロックしたようです。走行距離1万3千キロ弱の車両ですが、ウエイトローラーやクラッチ・シューなど、他の駆動部分に著しい磨耗が無かった事から、11年程経過する古い車両の為、経年劣化が進みゴム部分が剥離してバラバラになったようです。今回も、走行距離だけでは予測出来ない、ゴム部品の性質がよく現れたケースに思います。走行距離が短い車両でも、目安として4年を経過したバイクは、全てのゴム部品(特にガソリン・ホースなど)は危ないと判断頂き、早急に交換して頂けますようお願い致します。

|

« つるつるタイヤ | トップページ | ホイール・ベアリング交換-Ⅱ »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つるつるタイヤ | トップページ | ホイール・ベアリング交換-Ⅱ »