« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

カウンター・シャフト オイル漏れ

20090930_1あれから7ヶ月。また漏れてきました。2月にサーモスタット部からの水漏れ修理をしたばかりの「KTM 640LC4 ADVENTURE」が、また入庫してまいりました。今度は、カウンター・シャフトのオイル・シール部からのオイル漏れです。

前回の修理から5千キロ程走20090930_2り、現在1万7千キロを走破したところで、今年2回目の入庫となりました。部品が揃ったところで、本日作業を行いましたが、交換するオイル・シールはエンジンを分解する等の大掛かりな修理にはならず、簡単に交換出来ました。今回は念の為、スペーサー・ブッシングも同時に交換し無事完了いたしました。

20090930_3 それから今回は、ついでにエンジン・オイルとフィルターも交換しました。このバイクのオイル交換は何度も行ってますが、複雑な工程が多く何度やっても、なかなか慣れません。先ず車体の底に付いているエンジン・ガードを外し、ドレン・ボルトを2本外してオイルを抜きます。ここからが普通のバイクと大きく異なり、なんとフレー20090930_4 ム・ブレスト・パイプに付いているカートリッジ・フィルターを外し、そこに有るドレン・ボルトを更に抜いて全てのオイルを完全に抜きます。オイルを抜き終わったら外したボルト類を元に戻し、規定量オイルを注入します。この後今度は、ステアリング・ヘッド脇のボルトを外し、特殊工具を使って規定量オイルを注入します。この後エア抜きを行い終わりですが、今回はスクリーン・フィルターも交換する為、エンジン右下のクラッチ・レリーズのバンジョー・ボルトを外し、オイル・フィルター・カバーを外してスクリーン・フィルターも交換しました。結局このバイクには、ドレン・ボルトが全部で4本、フィルターが2個付いてます。普通のバイクの倍です。作業時間も今回の作業全てで3時間以上も掛かっています。いろんな意味で凄いバイクです。

| | コメント (0)

2009年9月29日 (火)

初回点検

今日は、先日新車で納車した「BONNEVILLE SE」の初回点検を行いました。

20090901_4「TRIUMPH」の場合、初回の点検は、納車後800キロまたは1ヶ月で行いますが、大体どこのメーカーでも1,000キロ前後または1ヶ月を指定していて、基本的に無料で行われます。この初回点検は非常に重要な点検・整備です。無料で実施される為、新車でバイクを購入すると付いて来るサービスのようなもので、実施しても、しなくても良いと思っている方も多いようですが、各部の増締めや初期調整を行いますので、皆様には必ず実施して頂けますようお願いしております。また、初回点検以外にも指定された定期点検を実施せずに発生した不具合に関しましては、保証対象外となる場合も有りますので、合わせて定期的な点検・整備も実施して頂けますようお願いしております。

20090929_3 今回は、点検とエンジン・オイル及びオイル・フィルターの交換も行いました。「BONNEVILLE SE」の場合、ドレンボルトが#3~#4マフラーの間に横向きで付いている為、外し難く熱いので注意です。また、フィルターもエンジン後方の奥まった所に装着されている為に、脱着し難く火傷に注意です。

20090929_1それから追加で依頼された作業が、ヘルメット・ホルダーの取り付けです。「BONNEVILLE SE」の場合、ヘルメット・ホルダーが元々装備されていない為、追加で装着する事と成りました。実はこのオーナー様の場合、この「BONNEVILLE SE」に乗り換える前に所有されていた、旧「BONNEVILLE」にも同じようにヘルメット・ホルダーを追加装備されていました。旧「BONNEVILLE」の場合は、リヤ・フェンダーに直接取り付けていましたが、今回の「BONNEVILLE SE」の場合、マフラーの形状や車高の違いからフェンダーにホルダーを直付けすると、ヘルメットがマフラーに干渉する事が判り、より高い位置に取付ける為、ステーを介して装着する事と成りました。またホルダーを前回使用した「ESTRELLA」用から、より小振りな「SUPER CUB」の物へ変更しました。

| | コメント (0)

2009年9月27日 (日)

ブレーキ引き摺り

今日は、フロント・ブレーキの引き摺りを起こしている「LIVE DIO」の修理をしましたが、ここまで大変な作業に成るとは・・・・

20090927_1_2この「LIVE DIO」は、2000年式の「SK50MY」というモデルで、フロントが油圧ディスク・ブレーキのタイプです。お客様は、そのブレーキ付近からガシャガシャ異音がするとの訴えでのご来店でした。お預りして調べて診ると、ブレーキ・パットの摩擦剤が無くなり、それでも使い続けた為に鉄の台座まで削れ、その鉄の台座でディス20090927_3_2ク板を長く攻撃していた為、ディスク板表面もガタガタに減っていました。異音の原因はこれが主原因ですが、更に良く調べると、ブレーキ・ピストンも固着しています。ここまでは、良く有るパターンですが、更に酷いのは、キャリパー・スライド・ピンが長年の整備不良及び腐食の為、完全に固着して全く動かない事が判明しまし た。この時点でお客様にはキャリパーの交換をお願いしましたが、予算が出ないと云う事で、なんとかスライド・ピンの抜取りにチャレンジする事と成りました。

20090927_2_2ここからが大手術となりました。先ず全く動かないスライド・ピンのキャリパー・ブラケット・ネジ止め部の裏側からネジ部分を切削して、スライド・ピンからブラケットを切り離し。 次にキャリパーを温めながらプレス機でスライド・ピンをゆっくり抜き出しましたが、キャリパーに圧入されているガイド・ブッシュまで一緒に抜けてしまいま20090927_4_2した。荒れたキャリパー側圧入面と腐食してガイド面がガタガナのガイド・ブッシュを極力研磨して仕上げ、ガイド・ブッシュを再度キャリパーへ圧入して戻し、新しいガイド・ブッシュをセットして何とか大手術は成功いたしました。書くと簡単そうですが、時間にして5時間以上掛かっています。この他、キャリパー及びマスターのピストンやゴム部品等を交換して全ての作業は無事完了いたしました。スライド・ピンも滑らかに動く事を確認して、なんとか完成してますが、キャリパー側の荒れは残ったまま組付けてますので、完全な修理とは言えません。今後少なからず、この影響が出る場合や同じ症状が発生する場合もあります。今回も延命修理です。

| | コメント (0)

2009年9月26日 (土)

APRILIA修理

20090926_1ここ数日、「APRILIA」の修理が続きます。先ずは、「LEONARD250」のヘッドライト灯火不能の修理でしたが、これはヘッドライト切替えスイッチの不良で、この部品を交換して完了しました。次に「HABANA50」の長期放置のエンジン始動不能で、これは燃料系の修理で完了しました。その他「SR50」のブレーキ・パッド交換や「ATLANTIC250」のバッテリー交換を行いました。「APRILIA」以外にも「TRIUMPH」や「KTM」などの外車の修理が、ここ最近続いています。

| | コメント (0)

2009年9月25日 (金)

2009 DAYTONA675 SE 入荷!

今日は、今年2台目となる英国からの輸入車「TRIUMPH」の2009年式「DAYTONA675 SE」が入荷致しました。

20090925_1オーナー様は当店クラブの親方様で、この限定なんと!たった80台の「DAYTONA675 SE」に一目惚れして衝動買い?してしまいました。少し冷静に吟味して頂くよう促すも、衝動は抑えられず探し出すようご依頼されたのが、7月の終わり頃。発売されたのが6月で、この時点で既にメーカー完売となっていましたが、永い(20年程)付合いなので、こうなったら止まらない親方を知る私は、この夢を叶えるべく全国を探し回り、中半諦め掛けた約一ヶ月後の8月下旬、ようやく見つかりました。見つかってからも長く、さらに1ヶ月待ちましたが、本日やっと入荷しました。ここ数年頑張ってきた親方を見ると自分へのご褒美ですね。お疲れ様!癒されてください。本日登録も完了し、明日までには、オプション・パーツの装着や、整備が完成予定です。ご来店お待ちしております。楽しみにね~!

20090925_2 このバイク最大の特徴である675ccトリプル(3気筒)エンジンは想像以上に凄いです。レスポンスの良さは、私が昔乗ってたロータリー・エンジン見たいにポンポン跳ねて笑っちゃいました。下から力強く一気に上まで回ります。この辺も2ストっぽい感じでした。そして私は何より音が気に入りました。明らかに4気筒エンジンの音とは異なるサウンドも想像通りで、こういうの大好きです。この128psエンジンを包む車体はなんと162kgと、非常に軽く400cc位の感じです。フルアジャスタブルのサスペンションやモノブロックラジアルキャリパー&ラジアルマスターシリンダーなどの装備は全て最高級品ばかりですので、説明するまでもありません。そして、もう一つトリプル・エンジン以上に、このバイクの高い評価に貢献しているのが、特徴的なアルミ製ビームツインスパー・フレームで、比較試乗テスト「マスターバイク」で1位、「スーパースポーツ」で3年連続「キング・オブ・スーパースポーツ」の栄冠を手に入れています。値段も安く、このシリーズは今後もバカ売れの予感がします。

当店は、小さなバイク店ですので、展示在庫は有りませんが、このような珍しいバイクをお探ししたり、正規では入って来ないカラーリングやフルパワーの並行輸入車を入れたり、円高為替を利用したお買い得車など、自転車から中古原付スクーター~外車、逆輸入車のお取り寄せも出来ますので、お気軽にご相談ください。

| | コメント (0)

2009年9月24日 (木)

中古車「LEAD50」展示中!

20090924_1希少な絶版車「LEAD」の50ccが入荷しました。100ccの方も少なくなりましたが、特に50ccは見なくなりました。この「LEAD」は、元々「HONDA」が景気の良かったバブル期に、原付スクーター最上級グレードのモデルとして発売したもので、前ブレーキに油圧ディスク・ブレーキや前後輪にアルミ・ホイールなどの豪華装備が特徴でした。

現在では、「HONDA」に限らず国内4メーカーの販売する原付スクーターの殆どが中国や台湾製で、その殆どのモデルが如何にコストを下げられるかに力が注がれたモデルばかりですが、当時の「LEAD」は純国産で、なんと価格も今の原付スクーターの倍以上(\208,950)していました。50ccで100ccの車格と装備を持つ「LEAD50」は、当時から他の50ccと比較して値段が高かった為か?、100ccに比べ生産数が少なかったようで、中古市場でも非常に数が少ないようです。

20090924_2今では、どのメーカーからも50cc専用ボディの小さなスクーターしか販売されておらず、100cc共通ボディの大きな車体を持つ「LEAD50」を求めるお客様が多く、特に「LEAD50」を新車から乗っている方は、乗り換えられず修理しながら永く乗っている方が多くいらっしゃいます。4ストエンジンになった現行「LEAD110」をベースに50ccは発売されないようです。4ストでは、非力で走らないとか?、50ccでそんなに高い値段のスクーターは売れないと、メーカーは見ているようです。

今回ご紹介の中古車「LEAD50」は、改善部品(キャブレター、エアークリーナー、スターターモーター、レジスタ)へ交換済み(総額1.5万円相当)で、外装(色物)も全て新品交換済みです。タイヤも前後共十分溝が残ってます。ここまでリホーム済みの、気になるお値段は、大特価、「\71,400」(税込本体価格)です。超希少な人気車の為、早い者勝ちです。購入希望の方は試乗も出来ますので、是非一度実車を見にご来店ください。

他にも中古車在庫してます。更に詳しい情報は、こちらから→「http://www.geocities.jp/fun_wheels_imd/used_bike_6.htm

「LEAD50」 ←もっと詳しく!

| | コメント (0)

2009年9月23日 (水)

KR-1 点検・整備

来月の4日(日)は、当店主催のツーリングです。このツーリングに向け、この連休中は点検・整備のご依頼を多く頂きました。参加される皆さんは、マシン整備には余念が無いようで、準備は着々と進んでいるようです。

20090923_1連休最後の本日行った点検・整備は、北さんの「KR-1」です。先ずは、以前より右エンジン・カバー付近よりオイルの滲みを訴えられていましたので、この部分を調べると、キック・シャフトのオイル・シール部分よりオイル漏れしている事が判りました。このバイクに関しては、今まで徹底的に整備して来ている為、これ以外に今20090923_2更悪い所は出ないと思いながら整備を進めて行くと、リヤのブレーキ・パッドの残量が少ないので、一応キャリパーを外して診てみると、なんとピストンが錆々でシール(ゴム部品)が捲れて変形してしまい、ピストンが固着して動かない状態が確認されました。最近ではリヤ・サスまでオーバーホールしているのに、ここはノーマ20090923_4 ークで見落としていたようです。全ての部品が揃った今日、キック・シャフトのオイル・シールとブレーキは、キャリパー及びマスターのピストンと全てのゴム部品を交換し、パッドも新品へ交換しました。

パッドは「RK」のシンタード「MA-X」を選び、ブレーキ・フルード20090923_5 (液)は、「SPECTRO」のDOT5.1を使用しました。このフルードは、グリコールエーテル系のドライ271℃、ウエット186℃の高沸点を有する吸湿性の低いブレーキ液で、商品名にはDOT4を使用していますが、DOT5.1の企画をパスすると共に、はるかに上まわる性能を持っています。一般のDOT4より低粘度で流動性に優れる20090923_6 為、素早く、細かい動きが要求されるレースにも最適です。皆さんも!是非お試し下さい。!!それから今回のキック・シャフトのオイル・シール交換に伴い、ミッション・オイルは、何時もの「SPECTRO」「GEAR LUBE」を使い、冷却液には、チューニングマシン向けラジエター冷却液「WAKO'S」「ヒートブロックプラス」20090923_7を使用しました。

パーツ及び油脂類も全て最高級のものを使用して、無事全ての作業は完了しました。完璧です。ツーリング、思う存分走り倒してください。!

まだ整備の終わってない方!今週末までに点検に持って来て下さい。宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

ラジエター・ホース交換

20090922_3 今日は、冷却液漏れの訴えでお預りした、「TDR250」の修理を行いました。液漏れは、エンジン上部を通るラジエター・ホースからで、調べるとフレームの角にホースが干渉していて、長年掛かって少しづつ擦れて穴が開いたようです。

「TDR250」と言えば20年以上前20090922_1_2 のバイクですが、見た限り、このラジエター・ホースは一度も交換された形跡は無く、起きるべくして起きたトラブルって感じでした。ラジエター・ホースはもちろん、燃料ホースやブレーキ・ホース、ブレーキ内部のゴム部品などは、外部からはオゾンや紫外線の影響を受けて亀裂が発生したり、内部からも劣化がすすみますので、20090922_2外見による寿命の判断が難しいため、メーカーは4年毎の交換を指定しています。命に関わる重要な部分もありますので ライダーの自覚と責任により正しく実施して頂けます様お願いいたします。

今回は、全てのラジエター・ホースとラジエター・キャップもテストの結果、圧力保持できなかったので一緒に交換し、ミッション・オイルも交換して全ての作業は完了いたしました。

| | コメント (0)

2009年9月21日 (月)

オフロード走行会-Ⅲ

今回も前回(7月20日)から2ヶ月振りとなる、今年3回目のオフロード走行会で、皆さんと汗を流して来ました。今回は、何時ものメンバー数名が不参加でしたが、逆に久し振りに参加頂いたメンバーや、初参加(オフロード初心者)の方も含め、大人8人、子供7人の総勢15名が集まり、今回も、大きなトラブルや怪我も無く、大変有意義な一日を過ごせました。

今日は、普段オンロード・バイク・オンリーの2名が土の上で大奮闘していました。一人は日頃スーパースポーツを駆りサーキット走行もされている方で、もう一人はバイク自体初心者の方ですが、ロード・バイクでは経験出来ないバイクの限界性能や、バイク本来の基本的な挙動などを知り、テクニックを身に付けるには非常に良い経験になり、良い練習にもなったと思います。

20090921_1そして今回もKIDS達は、元気でした。本当に子供は上達が早く、驚かされます。見る度に目覚しい進歩の後が見られ、もう普通にクラッチ操作を行い本コースで普通にジャンプしていました。うちの一番下の娘は、自転車の補助輪が外れて、やっと自転車に乗れるようになったので、もうバイクに乗れるだろう!?(バイクは自転車よ20090921_2 り簡単という定説通り)っと云う事で乗らせてみたら、やっぱり乗れました。!何十回と転んでも嫌がらず一日中乗っていましたが、一度も泣きませんでした。上3人のお兄ちゃん達より根性と、素質がある感じがしました。お父さん的には一安心しました。

詳しいレポートはこちら→「EVENT INFORMATION

お勧めKIDS(子供用バイク)

| | コメント (0)

2009年9月20日 (日)

ブレーキ・パッド交換-Ⅱ

シルバー・ウイークに入れば少しは暇になると思ってましたが、この土日の2日間は特に忙しく、修理に追われた週末となりました。

20090920_2その中でも今日は、ブレーキからの異音を訴えての修理が2台「GRASS TRACKERとXJR400」続きました。しかも2台共同じ原因で異音が出ており、原因は、ブレーキ・パッド摩擦剤が無くなり、それでも使い続けた為に鉄の台座でディスク板を長く攻撃していた為、ディスク板表面がガタガタに減ってしまい、これが原因で異音が出てるというものでした。

20090920_1 パッドの交換になりますが、こうなると新しいパッドに交換しても、ブレーキの引き摺りを起こす事が多く、やはり今回も「XJR400」のフロントが引き摺りを起こしてしまいました。本来はディスク板を交換して、キャリパーやマスター・シリンダーなどの定期交換を要するゴム部品なども交換する事がベストですが、今回は新品の表面20090920_3が平なパッドが、荒れて表面に山谷が出来てしまったディスク板に馴染むように面取加工を行い、なんとか引き摺りを抑えました。こんな綱渡りな、やっつけ仕事は基本的に行いません。車検が近く、その時には完璧に整備させて頂く事をお約束して、今回は一か八かやらせて頂きました。

パッドは、摩擦剤が2mm以下になったら要交換です。みなさんも定期的な点検と、パッドは早めに交換 していただき、ディスク板がガタガタにならないように気を付けてください。ブレーキ液は2年毎、シールなどのゴム部品は4年毎の定期交換が定められています。ブレーキだけに不具合が出ると大変危険ですので、ぜひ定期的なメンテナンスをお願いいたします。

| | コメント (0)

2009年9月19日 (土)

お土産-⑬

また沢山お土産届いております。20090919_1 梨は東京の特産だったとは、知りませんでした。「稲城の高級梨」を頂きました、有り難う御座います。それから今日は、IRLインディーカー・シリーズの「ツインリンクもてぎ」の日だったのですね!TVで予選は少し見ましたが、私的には、F1より面白く思いました。ダートラやドラッグ・レース、スーパークロスなどと通じる、まさにアメリカン・スポーツって感じで、見せる為のスポーツとして確立されているなと思いました。そのインディーカーの「ツインリンクもてぎ」土産も届いております。(何故か?鈴鹿オフィシャル・クッキーも届いております。)有り難う御座います。その他、お坊さんの福島土産など、今回もみなさん大変有り難う御座いました。お土産食べに、皆さん!ご来店ください。

| | コメント (0)

2009年9月18日 (金)

R1-Zタイヤ交換など

20090918_1 今日は、「R1-Z」のタイヤ交換を行いました。タイヤは今まで装着していたのと同じ「TT900GP」を選びました。このタイヤは、レース・テクノロジーをフィードバックしたGPコンパウンドが採用されたバイアス最高峰のタイヤで、軽い「R1-Z」には非常に相性が良いらしく、今回も同じタイヤの交換を依頼されました。

20090918_2 それから今回は、プラグが燻り気味との事で、YPVSやオイル・ポンプの作動点検やキャブレターなどの燃料系統を点検しましたが、特に不具合は無かった為、少しでも燃焼が改善されればと云う事で、まずはプラグの熱価を下げてみて、次にエンジン・オイルを今までの部分合成油から100%化学合成油へ交換してみる事と20090918_3 なりました。今回当店で自信を持ってお勧めするオイルは、「SPECTRO」の「PLATINUM SX2」 と言うフルシンセのオイルです。このオイルは、一般的な鉱物油と異なり、カーボン生成が非常に少なく良く燃えカブリが大変少ないオイルで、更に強靭な油膜を形成しフリクションも少ない為、鋭いレスポンスとトルク感を実現する、レースで使用する事を主に開発されたオイルです。それから最後に、こんな時当店が何時もお勧めしている、燃焼調整剤タイプの燃料添加「WAKO'S PREMIUM POWER」を今回も使いました。この添加剤は、燃焼調整剤と含酸素成分が最適な燃焼を促進させ、燃焼を改善、効率が上がり、パワーアップを図ります。セッティングを変更する事無く、中低速トルクが向上し、加速、レスポンス、アイドリングの安定などにも効果が出るというものです。ここまでやれば、完璧でしょう!どんな感じか結果が楽しみです。

| | コメント (0)

2009年9月17日 (木)

KYB

20090917_1_2詳細不明ですが・・・こんな情報が飛び込んで来ました。写真は、「GSX1300R隼」用試作品らしく、カーボン素材が目を引きます。ぜひ市販化していただき、ラインナップも増やして欲しいですね。20090917_2


  20090917_320090917_4

| | コメント (0)

2009年9月16日 (水)

長期放置車-Ⅲ

20090916_1長期放置(約2年)車の「D-TRACKER」の復活整備が、やっと完成いたしました。先週末に車両を引上げて来ましたが、当然2年も放置するとエンジンは始動不能で、ブレーキは固着し重くホイールを引きずっていました。これだけ放置するとキャブレター(気化器)は詰まり、バッテリーは死んでしまってますので、先ずはキャブレターの分解・清掃を行いました。キャブレター内部は劣化残留物でべっとり、そして非常に臭いです。燃料を計量しているジェット類も当然詰まってましたが、なんとニードル・バルブも固着して動かない状態でした。久し振りに酷く汚れたキャブレターを見た気がしました。何種類かの洗浄液を用いて、汚れを除去し高圧エアで吹き飛ばし、なんとか清掃は完了しました。バッテリーも完全にダメなようですので、新品に交換させていただきました。この後エアークリーナーやプラグを清掃して、無事エンジンも調子良く復活いたしました。ブレーキの方は、エア噛みや引き摺りを改善する為、フルード(液)の交換とキャリパー作動部分の汚れや錆びを除去した後、グリスUPして対処いたしました。この他、錆びて動きが悪くなってしまったケーブル類の給油やエンジン・オイルの交換を行い、全ての作業は無事完了いたしました。

「D-TRACKER」と言えば!こんなカスタム・コンプリート車も作ってました。
昔の事ですが・・・ 20090916_220090916_3

20090916_4

| | コメント (0)

2009年9月15日 (火)

お土産-Ⅻ

みなさんバリバリ仕事のようで、各地の出張先よりお土産が沢山届いております。

20090915_1姫路駐屯地土産「特菓隊」は、もちろん軍曹より届きました。栃木からは「レモン入牛乳クッキー」が届いてます。これは親方からですが、完全復活したようで現在4tに乗ってるそうです。みなさん元気に仕事ガンバってるようです。風邪(流行性感冒)が流行ってるようですので、身体に気を付けて仕事してください。

お土産有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2009年9月13日 (日)

ヨンフォア-修理

今日は、珍しい「CB400FOUR」が入庫しましたので、ご紹介です。20090913_1

このお客様とは2年程のお付き合いで、時々調子が悪くなるとご来店頂きます。今回は、リヤ・ブレーキがエア噛みしてスカスカになり、修理のご依頼でご来店頂きました。ブレーキ・フルード(液)を交換しながら、エア抜きを行い、オイル漏れしている形跡もないので、各部を増締めして完成しました。20090913_2

もう35年(1974年式)も前の旧車です。私も当時「サンゴーフォア(CB350FOUR)」に乗ってた事があります。懐かしいですネ!いい音してました。遅かったけど・・・

| | コメント (0)

2009年9月12日 (土)

ZOOMERカスタム

今回は、当店が得意とする「ZOOMER」のカスタムをご紹介します。

そもそも、そんなに専門にやってた訳では有りませんでしたが、何故か昔から注文が多く、今では、排ガス規制以降のPGM-FI搭載車(08~)にも対応したカスタムも行っています。

20090912_2そして今回ご紹介の「ZOOMER」は、当店が提案する最も得意とするカスタムで、「ロー&ロング」(低く、長く)をコンセプトにホイールベースの延長やマフラーなどを換装した仕様です。まずロング・ホイール・ベース化に伴い、エンジン・ハンガー・リンクを専用の物へ交換します。これで125mmホイール・ベースが延長される訳で20090912_3すが、これに伴い長さの足りなくなった、アクセル及びリヤ・ブレーキのケーブルを長い物へ交換したり、リヤ・サスペンションにもブラケットを追加したりで、車体はご覧の通りバラバラで燃料タンクまで外されました。この後、テールに後輪が干渉するのを防止する為、リヤ・フェンダーを取外したり、ステーをかましてテール・ラン20090912_4プの位置を上方へずらしたりの細かい作業を行いました。それからシート・フレーム(メッキ仕上)を短いタイプ(55mmダウン)に交換し、マフラーを交換して全てのカスタムは完了です。

20090912_1今回ご紹介「ZOOMER」と同仕様のカスタムを施した、新車(2009年モデル)ベースのカスタム・コンプリート車も絶賛販売中(受注生産)です。ホイールベースの延長やマフラーなど後からでは、なかなか手が出し難い部分を中心に、基本はしっかり抑えた充実内容のコンプリート車です。(後からカスタムするよりお得な設定とな20090912_5っております。)この他、細かい部分(ハンドル、ミラーなど)はお好みで自分流のカスタムを少しづつ完成させていく楽しみも残してあります。迫力の存在感!ロー&ロング!友達に差を付けろ!ご注文お待ち申し上げます。

「ZOOMER」カスタム・コンプリート

| | コメント (0)

2009年9月11日 (金)

X4-車検

20090911_1もちろん!今日も車検でした。今日は「X-4」の車検でしたが、問題が幾つかありました。このバイクは、カスタム・パーツとして市販されているフェンダーレス・キットを装着されていますが、そのパーツを装着した事により、リフレクター(反射板)が無くなり、ナンバー灯が適合外のLEDになっている為、このままでは車検は通りません。これも、ここ最近増えてきているパターンですが、有名パーツ・メーカーのキットであれば、このような事は有り得ないのですが、最近は、インターネット通販などで買える無名激安商品に手を出したりすると、車検に対応しない今回のようなパーツが多く、不法改造となるケースが多く見受けられるので、要注意です。今回は、これらパーツの適正な取付と交換(取付位置の変更)を行い対処いたしました。みなさんも気を付けてくださいね!

| | コメント (0)

2009年9月10日 (木)

CB1300SF-車検

20090910_1 まだまだ車検は続きます。今日は2005年式「CB1300SF」の車検でした。このお客様も長い付き合いの常連様で、他の常連様同様に半年毎の定期点検を欠かさず行う優秀なお客様です。なんとエンジン・オイルの交換は、3千キロ毎に行っています。その甲斐あって、2万キロ以上走行している車両には見えず、まるで新車20090910_2 のように良いコンデションを保っています。その為、今回は一般的な消耗部品(エアー・クリーナー、スパーク・プラグ、前ブレーキ・パッド)の交換と定期交換を必要とする油脂類(エンジン・オイル/フィルター、ブレーキ・フルード、クラッチ・フルード、冷却液)の交換整備だけで、特に不具合も発見されず、無事車検は完成いたしました。

| | コメント (0)

2009年9月 9日 (水)

ZZR1100タンク被弾!

20090909_1海坊主様!3回目のガソリン・タンク交換となりました。一度目は、走行中に崖から崩れて来た石に被弾し、2度目は、会社の駐車場で倒され鉄柱に被弾。そして今回は、自宅駐車場で、何者かに狙撃!?いくら長く乗ってるバイクでも3回もタンク凹んで交換する人は少ないかと思いますが・・・一先ず交換は終わり、20090909_2 ご注文頂いておりました開運タンク・プロテクターも入荷しました。これも綾織のカーボン製で、カッコイイですよ!ご利益ありますように!

| | コメント (0)

2009年9月 8日 (火)

CB400SF-車検

20090908_1やはり車検が続きます。明日も明後日も・・・っと云うことで、今日は「CB400SF」の車検でした。大きな不具合としては、今回もステムがダメでした。これも、ここ最近ずっと続く修理ですが、17年前(1992年式)の「CB400SF」で、走行距離も3万5千キロ程走行している車両ですから、ここのベアリングが逝くのは仕方ないでしょ20090908_2 う。今回もステム・ベアリングの打ち換えを行い、錆々だったフロント・フォークは、いつシールを傷付けオイル漏れしてもおかしくないような状態でしたが、今回は、なんとか錆びを除去し、磨き込んで対応しました。(本来はインナーチューブ交換が理想ですが・・・)この他、シート・ロックが壊れていたので、この部分の部品交換やラジエター・キャップを交換し、今回も定期交換を必要とする油脂類(エンジン・オイル/フィルター、ブレーキ・フルード、冷却液)やエアークリーナー・エレメントなど一般的な消耗部品の交換整備を行い、無事全ての作業は完了いたしました。

| | コメント (0)

2009年9月 6日 (日)

ステム・ベアリング打ち換えⅣ

20090906_1激!忙しい土日でした。その大量の仕事の中で、今日は「DR-Z400S」の整備をご紹介いたします。数日前、この馴染みのお客様が突然ご来店して、ステム・ベアリングの交換を依頼されました。暫く我慢して乗っていたようですが、いい加減我慢が出来なくなり、観念してご来店頂いたようで、ステムはガコガコで、20090906_2 もう真っ直ぐ走れる状態を通り越して、カーブも曲がれない状況だったようです。この部品が入荷し、本日このステム・ベアリングの交換とリヤ・ブレーキのパッドとエンジン・オイル&フィルターの交換を行いました。ステム・ベアリングは、4万キロを越す「DR-Z400S」ですので、交換時期だったのでしょう。それにしても、よくここまで頑張りました。・・・

| | コメント (0)

2009年9月 5日 (土)

お土産-Ⅺ

20090905_1夏休みの帰省やツーリングなどのお土産が沢山届いております。今回は、信州限定「じゃがりこ」(野沢菜味)や北海道限定「カリーせんべい」、日光からは「とち餅」など届いております。皆さん!いつも大変有り難う御座います。食しにご来店ください。!お待ちしております!

| | コメント (1)

2009年9月 4日 (金)

市場措置-Ⅵ

今年3台目の排出ガス規制対応2スト・スクーター対象の、燃料供給装置「サービスキャンペーン」を行いました。「LEAD50」に関しましては、今年に入って、今回で2台目となります。症状は、既に何度か書きました通り「数日間バイクに乗らないとエンジンが掛かり難く、走行中もエンストが多発する」というもので、今回も、改善品(キャブレター、エアークリーナー、スターターモーター、レジスタ)の交換と、チェックバルブの追加を行いました。(もちろん今回も無料です。)20090904_1 8年前から実施されている「サービスキャンペーン」にも関わらず、お客様は知らずに、長い間、この不具合に悩んでいたらしいです。今回当店に初めてご来店頂き、上記症状を訴えられて初めて発覚いたしました。11年前(1998年型)の古いバイクでは有りますが、それでもこうして無料修理を受けられるかも知れませんので、気になる方は諦めずに一度当店へご相談ください。

| | コメント (0)

2009年9月 3日 (木)

電動自転車入荷!

20090903_1_2今日は、ご注文頂いていた電動アシスト機能付自転車「BRIDGESTONE」の「VEGAS E.A.」が入荷してまいりました。この自転車は取寄せ商品で、8月中半の注文で約1ヶ月待ちの予定でしたが、少し早く注文後2週間程度で入荷してきました。このお客様も古いお付き合いで、今回は1998年に販売した「HONDA 」の「RACOON COMPO」からのお乗換です。20090903_2_2

当初お客様からの注文は当店に全てお任せで、製造メーカーも車種も価格帯のご指定も全く無く、一任されました。当店の場合良くあるパターンですが、20年くらい長いお付き合いのお客様ですので、大体のご希望は分かります。それでも任された以上は、良い物で適している物を提案したいと20090903_3 考え、まず製造メーカーを考えましたが、今までの「HONDA 」は、既に電動自転車から撤退しているので、バイク屋としては次に親近感があり信頼性のあるメーカーとして「BRIDGESTONE」から選ぶ事にいたしました。そして車種に関しては、お客様の使用目的と行動半径や趣味を考慮して、今回の「VEGAS E.A.」に決定いたしました。カテゴリー的には「RACOON COMPO」に近く、同じ電動アシスト機能付自転車ですが、バッテリーが違います。そうです、今回の「VEGAS E.A.」は、もちろん「リチウムイオン」バッテリーを搭載しています。軽量コンパクトになり、後続距離(30キロ)が大幅に拡大し、充電時間(1時間30分)も大幅に短くなりました。価格も安くなり、¥86,800(税込本体価格)です。

20090903_4今日は箱で梱包されて届いた8分組の車体組立と、オプションの前カゴを付けて、最後にバッテリー充電をして全ての組立整備は無事完了となりました。明日には納車予定です。楽しみにお待ちください。

店頭には中古の原付スクーターが雑然と並んでいる小さなバイク屋ですが、数日前に納車した外車(TRIUMPH) など大排気量車から今回の自転車まで、ご注文でなんでも対応(取寄)致します。そして末永くお付合いさせて頂く中で、大型店では出来ない細かい手の行届く仕事をしてまいりますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

CBR900RR FireBlade-車検

「CBR900RR FireBlade」の続きです。このバイクは逆輸入車の為、端末からの部品検索が出来ず、一度メーカーに部品番号を翻訳して貰ってからの手配になる為、部品調達に時間が掛かりました。お預りして、そろそろ1週間になりますが、なんとか本日をもって車検&諸々の修理が、やっと完成いたしました。

20090902_1先日書いたカウルなどの修正以外に行った内容としては、前後のブレーキ・パッドや定期交換を必要とする油脂類(エンジン・オイル/フィルター、ブレーキ・フルード、冷却液)やスパーク・プラグにエアークリーナー・エレメントなど一般的な消耗部品の交換整備を行い、壊れて作動しない後ブレーキのスイッチを換えて全ての作業は無事完了いたしました。

20090902_2既に週末は、次の車検予約で埋まってます。そろそろ車検の方は、早めに一度バイクを見せて貰えると助かります。申し訳御座いませんがご協力お願いいたします。それから車検証、自賠責保険証、納税証明書(コピー不可)を揃えておいてください。宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2009年9月 1日 (火)

BONNEVILLE SE カスタム

20090901_1今日は、先月納車の「BONNEVILLE SE」を早くもカスタムしました。慣らし運転も半分終わり、スタンダードの状態を暫く味わったところで、先ずはポジションと足回りの変更から入りました。ポジションに関しましては、ステップの位置に当初より不満を持つオーナー様の意向で、真っ先にバックステップへの変更となり20090901_3 ました。シートは以前所有の旧「BONNEVILLE」 は、好みの形状へ加工していましたが、今回のNEW「BONNEVILLE SE」 に関しましては、手を加える必要が無いくらい洗練されているようで、今回は触らずそのまま行く事となりました。ハンドルは、若干高いようで今後交換する予定となりました。そしてリヤ・サスペンションは20090901_4 勿論「OHLINS」です。これは一度でも「OHLINS」を使った事の有るユーザーならお分かりと思いますが、このオーナー様も「OHLINS」に対しての信頼から、今回も迷わず「OHLINS」装着のご用命がありました。これからも少しずつカスタムしていく予定で、その際はご紹介しますので、参考にしてください。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »