« カウル補修 | トップページ | BONNEVILLE SE カスタム »

2009年8月30日 (日)

折れ込みボルト抜き取り!

今日も悪天候にも関わらず、お客様が途切れない忙しい一日でした。その合間に昨日お預りした「ZEPHYR400」の修理を行いました。この車両も昨日の車両同様に特殊な修理のご依頼で、なんと小田原からご来店のお客様です。内容は右側転倒による破損部分の修理ですが、その中でも厄介な問題があり今回も苦労しました。

20090829_1破損部分は、右側のステップ・ホルダー、ブレーキ・レバー、クラッチ・レリーズ・レバーなどですが、問題はミラーが取付部分根本で折れてしまっている事です。右側のミラーですので、取付部分はブレーキ・マスター・シリンダーと一体となっている為、それ毎交換するには値段が高すぎると云う事で、今回(何とか外して欲しい)と20090829_2のご依頼でした。診てみると、何とか外すにも摘む隙間も無い程根本で折れてしまっています。こうなると方法は一つ。ドリルで地道に折れ込んでいるミラーのボルト部分を壊して行くしかありません。まずサンダーで折れた部分を平に削り、センター・ポンチでボルト中心位置を決めます。そして細いドリルで道穴を開け、徐々に太20090829_3いドリルに交換しながら大きい穴を開けていきます。最後にリューターで、雌ネジを壊さないように細心の注意を払いながら薄くボルトを削っていき、最後にタップで仕上げて完了です。書くと簡単そうに思えますが、実は大変難しい技術を要する仕事で、実際に今回も2時間以上の作業時間が掛かっています。そして100%抜け20090829_4る確証はありません。今回のようなケースの場合も通常は部品交換となります。何時もやってる訳ではありませんので、ご了解ください。20090829_5

|

« カウル補修 | トップページ | BONNEVILLE SE カスタム »

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カウル補修 | トップページ | BONNEVILLE SE カスタム »