« STEED VLX-車検 | トップページ | 中古車「JOKER90」展示中! »

2009年8月27日 (木)

レギュレター交換-Ⅲ

20090827_1ここのところレギュレターの交換が続きます。バッテリー上がりは、冬場の寒い時期に多いのですが、レギュレターは、非常に高温(100度くらい上がるとか?)になる部品の為か、夏場の暑い時期に故障が多い気がします。サイドカバー内側とかシート下に設置してあるバイクが多く、レギュレターの上にウエス(雑巾)や書類(車検証の袋)などを置いて、放熱を妨げると故障し易くなるようです。大きい冷却フィンが付いている電装部品がレギュレターです。エンジンが掛かっている時触ると火傷しますので、気を付けてください。最近のバイクは、フロント・カウル内側などの走行風の当たる場所に設置してあるものが多くなってきていて、故障も減ってきています。故障すると、多くの場合バッテリー上がりを起こします。今回の「SUPER CUB50」のお客様も、最初はバッテリー交換でご来店頂きましたが、結局レギュレターの故障が分かり、バッテリーとレギュレターの両方の交換となりました。レギュレターが故障すると充電しない場合と過充電(非常に危険)する場合もありますので、バッテリー上がりを起こした場合は、むやみに自分でバッテリーの交換をせず、バイク屋さんにお願いするようにしましょう。

|

« STEED VLX-車検 | トップページ | 中古車「JOKER90」展示中! »

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STEED VLX-車検 | トップページ | 中古車「JOKER90」展示中! »