« KSR整備 | トップページ | ブレーキ・パッド交換 »

2009年7月 4日 (土)

クランク・ベアリング交換

今日は、工科大学の学生さんからのご依頼で、実験で使う「KX80」のエンジン修理を依頼されました。当初、この焼き付いたエンジンを修理して、実験用に使う予定だったらしいのですが、修理の為のクランク・ベアリングを抜く特殊工具が無かったらしく、紹介者を通じて、当店へクランクが持ち込まれました。早速作業を行いましたが、オーバーヒートで焼きついたらしいクランク・ベアリングは、かなり頑固に固着して、ベアリング・プーラーでも簡単に抜けず、結局少し暖めましたが、なんとか外す事が出来ました。

20090704_1このエンジンは、この後組み立てられ、シリンダーの表面処理の強度テストなどに使われるそうです。・・・・メッキとか、・・・・コートなどの実験でしょうか?学生さん!頑張って下さい。

このエンジンは、シリンダー及びピストンを輸出用「KX100」の100ccのものへ換装されたエンジンのようです。むかし流行ったお約束チューンですネ!懐かしい~!

|

« KSR整備 | トップページ | ブレーキ・パッド交換 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KSR整備 | トップページ | ブレーキ・パッド交換 »