« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

RGV-γ250SP復活大作戦-Ⅴ

昨晩の残業に続き、今日は1時間早出で出勤して作業に取り掛かりました。

20090731_1エンジンは無事火が入りました。修理前とはレスポンスが全く違います。軽く吹き上がり、力強く上昇していき、スロットルを戻すとスムーズにアイドリング回転まで戻ります。暖機後、冷却系統のエア抜きや、ミッションのオイル量を最終チェックし、もう一度エンジンを掛けながら、同調など細かいキャブレター調整を行いました。20090731_2 左右のエンジンはバランス良く、排圧も上がっています。ところが最後に試乗テストを行ったところ、下で非常に濃い感じでバラ付きます。社外チャンバー装着車であるこの車両は、当初よりかなり濃いセッティングである事は把握していましたが、お客様がこの車両を購入した時から、このセッティングで問題無かったとの事だったので、安易に薄いセッティングに変更して、焼付くようなリスクは回避する為に、あえてセッティングは変更せずにいましたが、改めて標準のM/Jの番定をみると、#25も上げてあります。・・・・とりあえず#5づつ下げていき、#10下げたところで、まだ濃い感じはしますが、あまり薄くして焼付かれても困りますし、一先ず乗れるようにはなったので、ここで一旦完成とさせて頂きました。

20090731_3 改めて各部の取り回しや締付け状態のチェックをして、最後に洗車をして外装を組付けようとしたところ、スロットルに引っ掛かりがあります。キャブレターの取付精度を見直し、スロットル開閉回転軸を潤滑したところ、スムーズに動くようになりました。

今日も忙しい一日でした。結局仕事がいろいろ入り集中して出来ず、「RGV-γ250SP」完成まで丸一日掛かってしまいました。21時頃でしたか?お客様には、無事納車する事ができました。明日は、当店のキャンプ・ツーリングで準備もありますので、これで本日は時間切れですが、今後キャブレターのセッティングは詰めていきたい課題です。

RGV-γ250SP復活大作戦-おわり

| | コメント (0)

2009年7月30日 (木)

RGV-γ250SP復活大作戦-Ⅳ

今日も朝から忙しく、その合間を縫って「RGV-γ250SP」超突貫工事しております。

20090730_1先週には、エンジンはご覧の通りバラバラになりました。クランクは想像以上に悪い状態で、左側ベアリングはガタガタでした。その結果、クランク・ケース底は、クランクが当たって擦っていたようで、円周状にキツく擦れた跡がありました。そしてケース内にはオイルがべっとりと溜まっていました。これら全ての部品の洗浄を行いながら各部品の点検を行い、修正が必要な部品は修正して、交換する部品を特定し、先週末には部品発注を済ませておきました。

20090730_2当店休み明けの火曜日(7/28)には、発注していた部品が全て入荷し、エンジンの組立に入っております。昨日の時点で、クランク・ケースは組立が終わり、新品のクランク及びミッション廻りが組込み完了いたしました。

本日、残りのピストン、シリンダーやクラッチなどを取付け、先ほど20090730_3 (21時頃)車体にエンジンが搭載されました。この後、オイル・ポンプやキャブレター、ラジエターなどを装着して行く予定です。

次の土日は、当店キャンプ・ツーリングの為、お休みです。明日は、その準備もありますので、予定では今日中に完成したいのですが・・・・・果たして今日中にエンジンに火が入るのでしょうか?

| | コメント (0)

2009年7月29日 (水)

RGV-γ250SP復活大作戦-Ⅲ

20090729_11年の中でも激(ゲキ)忙しい、盆休み前のこの次期ですが・・・納期に間に合わせるべく、作業は順調に進んでおります。

エンジン下ろしている間に追加作業で、リヤ・サス交換が入りました。新品で交換です。チャッチャとやってエンジンに取り掛かってます。 20090729_2

越上がバラせたところで、特に著しい焼けや傷などは有りませんでしたが、左シリンダーには、リューターで修正した形跡が発見されました。修正部分と接触するピストン側にも若干の当たりが出ています。・・・・ん~微妙だ~!

| | コメント (0)

2009年7月28日 (火)

RGV-γ250SP復活大作戦-Ⅱ

2週間程前よりお預りしている「RGV-γ250SP」の続きです。

最初は、タイヤとフォーク・オイルの交換依頼で入庫された車両ですが、他にも色々不具合が有るようなので、ついでに診させて頂くこととなりました。

20090728_12年という長い間放置した車両は、セルフでエンジンが掛からなかったようで、お客様でバッテリーを新品に交換したそうですが、何故かそれでもスターターモーターが作動せず、仕方なく押し掛けでエンジンを掛けたそうです。エンジンは掛かったそうですが、5千回転以上の吹け上がりが悪く、どうも右側エンジンが正常に爆発していないと云う事で、引き続き当店で調査して行く事となりました。

スターターモーターが作動しない理由は直ぐ判りました。これは操作上の問題で、特に不具合が発生している訳では無いと云う事で、お客様に納得して頂きました。問題は、エンジンの方ですが、順番に診ていきました。先ず、スパーク・プラグですが、これはお客様自身で新品に替えているようですが、一応調べました。20090728_2正常に火は飛んでいましたので、同時にエンジン・コンプレッションも測りましたが、正常な値を示していました。次に、ラジエターの加圧テストも行いましたが、正常に保持できたので、エンジン内部への冷却液混入も無いようです。それから排気バルブの調整に狂いが有ったので調整して、放置期間が長かったので、キャブレターも分解しましたが、特にジェット類の詰まりは有りませんでした。一応念の為、分解清掃を行いジェット類のセッティング状態を見直し、リード・バルブの点検も行いましたが問題なしです。最後に同調が狂っていたので調整して、キャブレターを組付けました。この後エンジンを掛けて、左右の排圧を診ながらシビアな同調を取ろうとしましたが、不調だった右エンジンに合わせて行くと左がダメで、左に合わせると右がダメになり、丁度左右がバランス取れるところが無い事が判りました。ここで、直感的にセンター・シールが抜けてるな?と思い。裏付けを取る為に、又もや日頃大変お世話になっている、私と業界同期のスペシャル・メカニック(SUZUKI系バイク店勤務)に聞いてみると、やはり同意見でした。この部分は、100%断定する方法が無いのと、もしそうだとすると、かなり高額な修理になる為、更にメーカー・サービスへも問合せも致しましたが、この症状の場合、やはりセンター・シール吹き抜けの症状である事を確認する事ができました。

結局クランクシャフトのオイルシールの劣化による、クランク室1次圧縮漏れが原因と判明。これは、基本的には10年位でダメになるらしい。長期放置すると更に劣化は加速するらしいです。・・・・・・とっ云う事で、エンジン・フルOHになりました。続く!

| | コメント (0)

2009年7月26日 (日)

カブ90修理の続きなど

この土日は大変忙しかったです。毎晩帰りも遅いので寝不足です。家に帰った頃には、子供は既に寝ています。子供は夏休みだというのに、遊んであげられませんが、昨日は、「安坊」さんにセミ取りに連れて行って貰いました。今日は「長老」に食事に連れて行って貰いました。うちには、代理パパが大勢いるので助かります。みなさん本当に有り難う御座いました。感謝申し上げます。

20090726_1 今日もズケジュール一杯で仕事でしたが、先ずは、一昨日の「SUPER CUB90 DX」の続きからでした。このバイクは元々12ヶ月点検で入庫した車両ですが、いろいろ不具合が発見され、本日全ての交換部品が入荷したので、修理に取り掛かりました。まず最初に、この車両も昨日の「MAJESTY125」同様レギュレタ20090726_2 ーの交換を行いました。それから接点が熔けてしまって、スイッチに不具合の出ていた、左側のハンドル・スイッチの交換を行いました。それから前ブレーキが効きっ放しになっていた為、ケーブルの交換と、不具合の出ていたヘッドライト・リムを交換して全ての作業は終了いたしました。この他、終日忙しい一日でした。

| | コメント (0)

2009年7月25日 (土)

小マジェ整備

20090725_2ここ数日間、小マジェ「MAJESTY125」の整備をしてました。最初のご依頼は、前後のタイヤ交換とフォークオイルの交換依頼でした。ところが、タイヤを注文して、週末のご来店をお待ちしていたところTELがあり、エンジンの始動が出来ないとの訴えがありました。急遽その晩車両を引取って来て翌日調べてみると、20090725_4バッテリーが上がっていました。 詳しくお客様に話しを聞くと、この直前にウインカーの作動不安定やライトが暗くなったので、バッテリーを新品に交換したばかりだそうです。これは直感的に・・・やはりレギュレターの故障で、受電電圧が上がっておらず、結局レギュレターの交換となりました。これは非常に多いパターンで、20090725_5 症状がバッテリー上がりな為、即バッテリーを交換してしまう方が多いのですが、充電・発電系統のトラブルが発生している事も多いので、注意です。それから、このパターンの場合、レギュレターの故障で過充電を起こしている場合は、せっかく交換した新品バッテリーをダメにしてしまう事も多く、最悪の場合破裂して希硫酸をばら撒く事もあります。たかがバッテリーされどバッテリーですので、自信の無い方はバイク屋さんにお任せください。20090725_1

今回の事で、当初の予算より修理代が掛かってしまう事と、走行距離2万キロの車両の為、今後、他の部分で不具合が発生して、また修理代が立て続けに掛かる事も予想される事から、一度バイクを全体的に診て悪い部分をピックアップしようという事になりました。ところが悪い方に予想が当20090725_3た  り、調べた結果、ステムにガタが発生している事が判明しました。お客様とも十分相談した結果、今回は、このステムのベアリングも打ち替える事となり、最初に依頼された前後タイヤの交換と前ブレーキ・ディスクの交換、及びフォーク・オイルの交換も行い、無事全ての作業は終了いたしました。

| | コメント (0)

2009年7月24日 (金)

FORZA駆動系修理など

この次期、そろそろ動き始めたお客様が多いらしく、夏休みに北海道や東北方面へツーリングに行く為に、長い間眠らせていたバイクのメンテナンスなどが続きます。

20090724_1今日は、昨日ご依頼のあった「FORZA Z」のドリブン・プーリー・ベアリングの交換を行いました。お客様訴えとしては、「車体後部ミッション付近より異音が発生する」との事で調べると、ドリブン側(後)プーリーのベアリングにガタが発生している事が判りました。早速、部品を発注し、本日午前中には全ての部品が入荷しましたので、このベアリングの交換と、作動部分のグリスアップを行い作業は完成いたしました。このお客様は、この夏北海道へツーリング予定だそうです。2万5千キロ走行しているバイクですので、旅先でトラブルがあってはと、各部点検サービスしておきました。!

20090724_2それから今日は、バッテリー交換が続きました。3ヶ月放置でエンジン始動不能の「DD50」や、レギュレターのパンクによるバッテリー上がりの「MAJESTY125」、やはり3ヶ月放置で12ヶ月点検ご用命の「SUPER CUB90 DX」などのバッテリーを交換いたしました。「SUPER CUB90 DX」もレギュレターのパンクで、バッテリー上がりしていました。このお客様も来週から、このバイクで東北方面に旅立つそうです。

みなさん楽しい夏を過ごしてください。そして旅の安全を心よりお祈り申し上げます。

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

エアゲージ制度チェック

20090723_1最近、気温の上昇と共に、タイヤ交換やタイヤ空気圧点検のご依頼が多い事から、ここで一発、エア・ゲージの点検を行いました。専用の機器を使用して制度チェックを行います。今回は、当店のどのエア・ゲージにも狂いは有りませんでしたが、制度が狂っていた場合は、調整又は修理を行い、場合によっては新しいものへ交換します。このように当店は、エア・ゲージに限らず、トルク・レンチやコンプレッション・ゲージなどの測定機器を欠かさず、定期的にメンテナンスしています。タイヤの場合、たとえ空気圧が1キロ(kgf/cm2)違っていただけで、グリップ力などに大きく影響します。皆さんに、安心して快適なバイクライフを送って頂く為にも、当店は見えない所も精一杯努力致します。

20090723_2高価なダイヤルタイプのエアゲージよりも、じつは安価なバータイプのゲージの方が精度が高く、狂い難いって知ってました?使い勝手は若干悪いですが、小型軽量で、バイクの僅かなスペースに車載できます。峠の前にエアを少し落としたり、ツーリング中のエアチェックなどに、バイク乗りなら当然絶対持っていたい嗜(たしな)みです。ここで当店でお勧めする、エアゲージがASAHI(旭産業株式会社)のバータイプ「BC-1」です。エアゲージと言ったらASAHI以外に無いと言うくらい、超有名ブランドです。我々プロは殆ど、これ使ってます。少し在庫ありますので、欲しい方は是非買いに来てください。

| | コメント (0)

2009年7月22日 (水)

ZOOMER整備

20090722_1 今回のお客様は、当店に初めてのご来店で、最初のご来店目的は、お乗りの「ZOOMER」のヘッドライト球交換でしたが、今まで殆どメンテナンスしてなかったとの事でしたので、軽く全体を診させて頂いたところ、前後のタイヤが使用限度を超えて磨耗していたので、タイヤ交換と走行距離(約1万5千キロ)から推測してエア20090722_2 ークリーナー・エレメントの交換もさせて頂き、いつ行ったか判らないエンジン・オイルの交換も一緒に行いました。エアークリーナー・エレメントは、ご覧の通り真っ黒でした。これは、これからの次期(夏場)気温が上昇した時に、混合気が濃くなりエンジン・トラブルの原因になります。エンジン・オイルは量が減り殆ど入ってない状態で、このまま乗り続けた場合、エンジンが焼き付く寸前の状態でした。一先ずこれで安心して乗れると、お客様には大変喜んで頂きました。

| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

定期点検-Ⅲ

20090721_1_2当店のお客様は皆さん優秀で、定期的な点検・整備を欠かさずご依頼されます。今回のお客様は、2006年に当店で販売した「SPACY100」で、点検とその他消耗部品の交換を行いました。新車で納車後ちょうど3年目を迎え、距離も2万キロを越したところです。今回整備した内容は、エンジン・オイルに加えミッション・オ20090721_2_2 イルの交換や真っ黒に汚れたエアークリーナー・エレメントの交換、磨耗してスリップ・サイン(法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、タイヤ・トレッド周上に6ヶ所くらいあるどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的に使用不可となります。)が出てしまった後輪タイヤの交換を行いました。20090721_3_2 そして最後に予防整備として、駆動系のドライブ・ベルトを交換して全ての作業は完了いたしました。車検の無い原付バイクも、こうして皆さん定期的にご依頼頂けると、バイクは本当にトラブル無く長持ちします。こうしたお客様の為にも、1キロでも長く乗れるよう励んでサポートしたいと、また決意を新たにいたしました。

| | コメント (0)

2009年7月20日 (月)

オフロード走行会-Ⅱ

今日は、2ヶ月半振りのオフロード走行会でした。大人9人、子供8人の総勢17名が集まり、今回も、大きなトラブルや怪我も無く、大変有意義な一日を過ごせました。

梅雨明けして夏真っ盛りなオフロード・コース(ウエストポイント)は、時々強い日差しが射すも終日曇り空で、風があった分過ごしやすく、練習にも身が入りました。

20090720_1 夏休みに入り、今回も子供達が一杯集まり大盛り上がりでした。やはり子供は上達が早く、驚かされます。前回のゴールデンウィークに来た時からすると、目覚しい進歩の後が見られ、中には、初めてマニュアル変速のバイクに乗って本コースデビューを飾り、ジャンプまでこなす子もいました。うちの一番下の娘も、補助輪を外して初めて自転車に乗れました。(^^ゞ20090720_2

我が家は現地で解散後、近くの雑木林へ虫取りへ行きました。収穫は少なめでしたが、カブト虫や小クワガタなど10匹程度採ってきました。

夏休み中の何回かは、定休日の月曜日を利用して練習に行く予定です。ご都合付く方は、走りに行きましょう!

詳しいレポートはこちら→「EVENT INFORMATION

| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

タイヤ交換-Ⅴ

梅雨の前後はタイヤ交換のご依頼が多く、磨耗したタイヤで、雨天のスリップ事故を起こしたくないお客様からの依頼や、路面温度の上昇する夏場のタイヤ・トラブルを気にしての依頼も多く、今週もずっとタイヤ交換が続きました。

20090719_1 今日は、当店で2007年に販売した「GSX1300R隼」の後輪タイヤを交換しました。この車両は、後輪のみ2回目のタイヤ交換となります。純正装着の「BT56R」は1回目が8千キロ弱、今回が1万キロ強持ちました。前回より2千キロ程度多く持ったのは、高速道路で距離を稼いでいるらしく、町乗りよりタイヤは持ちが良い事が判20090719_2ります。この他「CYGNUS-X 125」の前後タイヤの交換など何台かのタイヤ交換を行い終了いたしました。

これからの次期、気温が30度の時で路面温度は50度近くまで上昇する時もあります。いかにタイヤにとって過酷な次期かご理解頂いて、古いタイヤや磨耗したタイヤは、早めに交換頂き、安心・安全な楽しい夏を過ごして頂けますようお願い致します。

当店も、この次期に合わせてタイヤ交換特価セールをしてますので、是非ご利用下さい。

| | コメント (0)

2009年7月18日 (土)

プラグコード交換-Ⅲ

最近プラグキャップの不具合による修理が続きます。今回は5千回転以下でモタツクという「ZX-7R」でしたが、調べるとキャップに穴が開き、リークしたスパークがヘッドカバーにバリバリ飛んでいる状態でした。これは一先ず応急処置として、キャップの裂けて空いた穴や、その周辺にシリコン系液状ガスケットを塗布し、更に乾いたところへ絶縁テープを何重にも巻いて対処いたしました。(←基本は交換です。)

20090718_1 その前に行った「GSX250S KATANA」は、エンジン始動困難やプラグがカブルなどの不調で調べると、プラグキャップがきちんとハマらない状態で、キャップ内部のコネクターがバカになって簡単に外れてしまうようになっていました。このバイクの場合は、NGK製の「POWER CABLE」と交換して対処いたしました。20090718_2 この商品は、ケーブルとキャップが一体型の超低抵抗5Ωシリコン製で、一般ケーブルの1/10の抵抗値から優れた着火性と加速性が発揮され、パワーアップも認められる定番の優れものです。古いバイクや、性能向上を求める方、ドレスアップにもカッコよく、値段も安いので、リプレイス・パーツ(代替部品)としてお勧めできるパーツです。気になった方ご相談ください。

| | コメント (0)

2009年7月17日 (金)

FORZAカスタム

20090717_1今日は、当店に初めて来店頂いた「FORZA」にお乗りのお客様からのご依頼で、お客様持込パーツの交換を行いました。持ち込まれたパーツは、エアークリーナーとハンドルグリップです。スクーター用カスタム・パーツですから、基本ドレスアップ・パーツです。実用性は低く、性能向上どころか低下するパーツの方が多いのですが、やはり若い方は、見た目が重要で、今回交換のパーツも光物で、メッキで表面処理されたパーツに交換する事で、グンと目立つようになります。こんな飛び込み依頼でも、忙しくなければ対応できます。20090717_2 また、当店でもパーツ注文は出来ます。カタログがありますので、その中から選んで頂き注文となります。当店でパーツ注文から取付けまでをご依頼の場合、取付け工賃も安くなりますので、お急ぎで無い方は、どうぞご利用ください。

| | コメント (0)

2009年7月16日 (木)

ZX-14インナーカバー交換

今日は、当店で2006年に販売したお客様の「ZX-14」へ、アッパーカウルのインナーカバーをカーボン製のものへ交換する作業を行いました。
20090716_1
既にバイクを購入した当時から、いろいろカスタマイジングを施されている車両ですが、また段階的にカスタムしていく予定ですので、この車両については、今後も取り上げて行きたいと思います。

| | コメント (0)

2009年7月15日 (水)

RGV-γ250SP復活大作戦-Ⅰ

20090715_1秋の耐久レース参戦に伴い、「RGV-γ250SP」2年振りの復活に向けメンテナンスのご依頼がありました。先ずは、前後タイヤ交換から、選んだタイヤは「PILOT POWER」。年数回のサーキット走行とお遊びレース程度で、一般公道でも楽しく走れるタイヤということで、チョイスいたしました。それから今回は、20090715_2_2フロント・フォークに僅かなオイル滲みが発生している事から、シール交換ついでに、オーバーホールをいたしました。分解・清掃後スライド・メタルなど消耗パーツの交換を行い、新しいオイルを入れて完了いたしました。この後、不調の右エンジンを診ていく予定です。只今の時間、深夜1時50分。もう少し詳しく書きたいのですが、疲れたので今日は帰ります。おやすみなさい。

| | コメント (0)

2009年7月14日 (火)

システム障害のお知らせ!

当店ホームページが閲覧できなくなっています。

当店ホームページのサービスプロバイダ「Yahoo!ジオシティーズ」が7月13日(月)午後1時43分頃から、ハードディスクの故障による不具合で、ホームページの閲覧~更新まで、全く出来ない状態になっております。データが消失した可能性もあるらしいですが、復旧のめどもたっていないらしく、現時点(23時40分)で、なんら連絡もありません。(http://geocities.yahoo.co.jp/v/info/index.html)いい加減長すぎ・・・うちのデータ無くなってたら、どーすんだ!ったく!ざけんなヨ!

当ブログは、「niftyココログ」ですので、生きてます。分散していて良かった!管理者「安坊」さんのお陰か!いっその事、ホームページのプロバイダも「niftyココログ」へ乗り換えるか!?

話しガラリと変って、数日前に古い友人より、こんな写真が送られてきました。20090714_1
たぶん25年くらい前の写真で、地元の仲間達との写真です。「KR250」2台に挟まれたライムグリーンは「RG500γ」改KR500です。一番右の赤いのは「350IMOLA」かな?

あの頃は、よかった・・・・・


やっぱ、長過ぎですので、商売になりません。「安坊」さん!こいつらダメだから、引越し計画お願いします。

つーことで、梅雨明けしましたので、夜練ガンガン行きたいと思います。

| | コメント (0)

2009年7月12日 (日)

ETC-Ⅳ

先日(7月9日)、ETC車載器新規導入助成は、累計台数5万台に達しましたので、助成を終了いたしました。(詳しくは→http://www.etcjyosei.com/)皆さん!大変有り難う御座いました。

20090712_17月7日に、当店で最後に取付けた「ナベちゃん」の「ZZR1100」は、本当にギリギリだったんですネ!それにしても「ナベちゃん」!良い事ずくめで、おめでとうございます。今回の取り付けにも相当拘り、アンテナはETCチェッカーを駆使して、完全に外部からは見えない場所へ取付けました。これでも、ちゃんと送受信の確認テスト済みですのでご安心ください。これでバイクに乗る機会が増えるとイイですね。!

20090712_2 あれから入荷したETCは、たったの2台分で、もう一台は新車の「VTR250」へ装着させて頂きました。助成期間中に取付け出来なかった皆さんには、大変申し訳御座いませんでした。

「助成はいらないから付けてくれ!」とのご要望も多く頂いております。助成期間は終了いたしましたが、今後もETC車載機は少しづつ入荷の予定です。ご迷惑お掛け致しますが、もう暫くお待ちください。

| | コメント (0)

2009年7月11日 (土)

床屋に行ってきました。

今日は、少し早めに店閉めて床屋に行って来ました。

昼間メールで散髪の予約を入れると、エンジン・オイル交換とブレーキ・パッド交換の依頼が返信されました。そーです。この床屋さんも長くお付合いさせて頂いている、私のお客様で、もう20年くらい経ちますか?最初は、「GPZ1000RX」からのお付き合いで、その後「GOLDWING」、「V-MAX」と、いろいろ乗り継ぎましたが、現在は妻子持ちとなり、2年程前に通勤用で「SPACY100」を購入いただきました。

20090711_2今回は、この「SPACY100」のメンテと、私の散髪で、錦糸町まで行って来ました。戸越から首都高に乗り、夜の東京タワーやレインボーブリッジを見ながら、40分程で下町錦糸町に到着(バイクだったら30分)。深川生まれの私としては、何か懐かしいホットする町です。散髪は1時間程度で終わる筈が、同い年の江戸っ子同士話しが弾み、いつも2時間くらいは掛かります。床屋さんは、髪の毛を切るだけでなく、髭を剃ってくれたり、特にこの床屋さんの場合は、顔の隅々まで剃ってくれて、耳たぶの産毛や耳の穴の入り口付近まで剃ってくれます。これは最高に気持ちイイです。もちろん鼻毛も処理してくれて、耳垢も掃除してくれ、最後に、頭~首~肩にかけてのマッサージ&指圧で終わります。私にとっての床屋さんは、月に一度の最高の癒しの場で、レジャーの一つとなっています。隠れ家的お店は、最近リニューアルして、座席は二つ、かなりイイ感じの店内で、社長一人でやってるので、こちらも気軽で、我が家のように落ち着きます。

美味しいコーヒーを飲みながら会話を楽しめる、こんな癒しのスポット(サービス)って、最近少なくなりました。最近では、ワンコインで10分で済んじゃう床屋さんなんかも増えているようですが(バイク屋さんも同じです・・)、昔ながらの、こんな床屋さんも粋な感じで、是非お勧めします。
20090711_1
「カットサロンしのずか」東京都墨田区緑3-11-12

ファンホさんの常連さんは、安くなるらしいですヨ!是非行ってやってください。例のお楽しみ特典ありです。(^o^)丿

| | コメント (0)

2009年7月10日 (金)

ある日の光景-Ⅱ

電球を換える「安坊」さん!
20090710_1
店の蛍光灯が切れて、電球を交換している・・・何故か?お客様の「安坊」さんです。
お客様には、何時もいろいろと手伝っていただいて、ありがとうございます。


| | コメント (0)

2009年7月 9日 (木)

納車-Ⅱ

そー!このバイク業界、昔から4月、7月は繁忙期。例年ですと来月盆休み前までがピークと思いますが・・・お陰様で、納車ラッシュで忙しくさせて頂いております。ところが、今年のメーカーさんは生産数が少なくて、まず車両が無くて、お待たせしているお客様も多く、ご迷惑お掛けしております。

20090709_1本日納車した車両は、「Addressv125」と「LEAD110」の2台でした。「LEAD110」の2008年モデルは、本日納車分で完売です。有り難う御座いました。今後は2009モデルとなりますが、続々入荷しております。現時点ではお待たせしないと思いますが、お急ぎの方はお早めに。!それから、本日より、「LEAD110」が更に安くなっております。「AddressV125」のリヤボックス・プレゼントも再開しております。このチャンスお見逃し無く!!

| | コメント (0)

2009年7月 8日 (水)

サイド・スタンド取付

今日は「LEAD100」にサイド・スタンドの取付けを行いました。お客様の当初のご依頼は、センター・スタンドが外れて垂れ下がり、地面と接地してしまうという訴えでした。

20090708_1スタンドの構造は、フレーム側ピボット部にシャフトを通して取付けられ、その軸を中心に上下にスイングするように固定されていますが、調べてみると、スタンドは大きく曲がり亀裂が入り、フレーム側ピボット部のシャフトの通る穴は著しく磨耗し、元の大きさの倍くらいに横長に広がり、シャフトも磨耗して曲がっていました。ガタガタになったところで、スプリングが外れ、プラプラになったようです。

20090708_2ちなみに、この車両は、2001年式の3万キロを走る車両です。8年3万キロ・・・実は、よくありがちなパターンですが、これは2本あるスタンドの足を、きちんと両方接地してテコの原理を利用しながら車体を持ち上げている方には、起き難い現象のようで、車体を斜めに傾け片足スタンド掛けを長年行っている方に多く発生しているようです。ほとんど軽量な原付バイクに多く発生しています。今回の場合、時間と距離を考えると、スタンドの掛け方より、そろそろ対応年数を超えてるような気もしますが・・・

20090708_3 センター・スタンドを新品に交換しても、フレーム側がダメな為(磨耗したピボット部を溶接で修正する方法もありますが)、今回は、安く確実な方法として、しかたなくサイド・スタンドを装着する事で対応する事と成りました。

| | コメント (0)

2009年7月 7日 (火)

お土産-Ⅷ

20090707_1 ずーとチャイナのカメちゃんから、中国土産届いてます。ナベちゃんからは、幸せのお裾分け?・・・・その他マルちゃん、主夫さんなどからも、沢山届いておりますので、みなさん賞味期限前に食べにきてください。

(安坊さん差し入れ鯛焼は土曜の取材の時に20090707_2 、皆で食べました。有り難う御座いました。)

いつも、みなさん!有り難う御座います。!

| | コメント (0)

2009年7月 5日 (日)

ブレーキ・パッド交換

20090705_3前ブレーキからの異音を訴えられてご来店の「AXIS100」のブレーキ廻りの整備をいたしました。音の出ている前ブレーキを診ると、パッドの摩擦剤が無くなり、ご覧の通り鉄の台座でディスク板を長く攻撃していた為、ディスク板表面はガタガタに減って、円周上に何本も溝が入っていました。 これが原因で異音が発生していたよ20090705_2_2うです。ディスク板の表面は荒れてしまいましたが、厚みは残っているので、お客様の予算の関係上、今回はパッドの交換だけでディスク板の交換は行いませんでした。荒れたディスク板に新品のパッドを装着しても、減りが早く制動力も低下し作動音も残るので、本来はディスク板も一緒に交換するのが理想ですが、今回はその予20090705_4 算を、同じく減っている後輪ブレーキ・シューの交換に当てる事として、そちらのシューの交換も同時に行いました。一先ず、これでブレーキ廻りは安心して乗れるようになりました。

パッドは、摩擦剤が2mm以下になったら要交換です。皆様も定期的な点検と、パッドは早めに交20090705_5換 していただき、ディスク板がガタガタにならないように気を付けてください。ディスク板の交換は高いですヨ~!当店では、純正パット以外の社外品パッドも取り扱ってます。安価で長持ちするタイプや製動力やタッチに拘る方のニーズに合わせたパッドをお選びいたします。「RK EXCEL」や「VESRAH」など国産メーカーに拘り、シンタードやセミメタルなど、目的用途に合わせてお選びいたします。

| | コメント (0)

2009年7月 4日 (土)

クランク・ベアリング交換

今日は、工科大学の学生さんからのご依頼で、実験で使う「KX80」のエンジン修理を依頼されました。当初、この焼き付いたエンジンを修理して、実験用に使う予定だったらしいのですが、修理の為のクランク・ベアリングを抜く特殊工具が無かったらしく、紹介者を通じて、当店へクランクが持ち込まれました。早速作業を行いましたが、オーバーヒートで焼きついたらしいクランク・ベアリングは、かなり頑固に固着して、ベアリング・プーラーでも簡単に抜けず、結局少し暖めましたが、なんとか外す事が出来ました。

20090704_1このエンジンは、この後組み立てられ、シリンダーの表面処理の強度テストなどに使われるそうです。・・・・メッキとか、・・・・コートなどの実験でしょうか?学生さん!頑張って下さい。

このエンジンは、シリンダー及びピストンを輸出用「KX100」の100ccのものへ換装されたエンジンのようです。むかし流行ったお約束チューンですネ!懐かしい~!

| | コメント (0)

2009年7月 3日 (金)

KSR整備

20090703_1今日は、「KSR-Ⅱ」の整備を行いました。この車両は、最近中古車で購入した車両らしく、最初は、タイヤのヒビ割れが気になり、タイヤの交換依頼でご来店頂きましたが、バイクをよく診てみると、このバイク18年前(1991年式)の当時物のタイヤが、そのまま装着されている事が判り、 しかも15年程前にバイク用タイヤから20090703_2撤退した「YOKOHAMA」タイヤが装着されているではないですか!サイドウォールからトレッド部にもバリバリに入ったヒビ割れにも驚かされましたが、久し振りに見る「YOKOHAMA」の文字にも驚きと懐かしさを感じました。古い上に、特殊なタイヤ・サイズな為、タイヤの選択する余地はなく、強制的に「K180」の装着となりましたが、タイヤは前後共無事に交換作業完了となりました。

20090703_3 上記の事から、このバイクに疑念を持った当店は、一度このバイクをジャッキアップして、車体周りの全を点検してみると、やっぱりダメでした!ステムがガキゴキで、全くまともにに乗れた状態ではありませんでした。これは、ベアリングの打ち換え作業となりましたが、長期間(恐らく18年間)グリスUPなどのメンテナンスはされなかったようで、ひと目で判るほど、レースは完全に腐食して、凄い状態となっておりました。新品のベアリングに交換して、これも無事完了いたしました。

20090703_4 タイヤのゴム質は、経年劣化して徐々に固くなり滑り易くなります。外観上使用可能のように見えたとしても(溝深さが法律に規定されている値まですり減っていない場合も)、3年経ったら交換時期です。安心、安全、楽しくバイクに乗る為にも、早めのタイヤ交換をお願いします。雨の日滑りますヨ!只今、タイヤ交換特価中です。宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2009年7月 2日 (木)

タイヤ交換-Ⅳ

20090702_1今日のタイヤ交換は「DR-Z400SM」の後輪で、見た目を太く見せたいとのご要望から、サイズをスタンダードの140/70-17から150/70-17へサイズアップしての交換となりました。当初160サイズへの交換を希望されていましたが、タイヤがチェーンラインなどに干渉する恐れがある為、今回は、このサイズとなりました。交換する前のタイヤは新車時装着タイヤのD208で、そろそろカーカスが見え始める寸前まで使用して、8千キロほどしか使えなかった為、今回も「PILOT ROAD2」を試してみる事となりました。時々ウイリーやドリフトなどをして遊んでるらしいので、どこまで持つか判りませんが、もう少し持つといいですね!

| | コメント (0)

2009年7月 1日 (水)

ドリブン・フェイス破損!

今日は、「VECSTAR125」の駆動系の修理を行いました。お客様の訴えとしては、「走行中走らなくなり、エンジンは回るが駆動しない」というもので、当初ベルト切れくらいに思っていましたが、開けて見るとご覧の通り、ドリブン・フェイスが真っ二つに割れて、ベルトもズタズタになっていました。

20090701_1ドライブ側ウエイトローラーや、クラッチも減っていましたが、もうすぐ4万キロを走る車両で、この先掛かるランニングコストも考えると、高額な費用は掛けられないということで、今回は、破損した部品と、その関連部品の交換の必要最低限の内容で修理を行いました。

20090701_2 この車両の場合、過去にも一度(2万キロくらいの時)ベルトを交換した事があるらしいのですが、その時も今回同様、切れてしまってからの交換で、切れる前に交換していれば、このような他の部品に影響を与えるような高額な修理にならなかったとも思われます。また、直接壊れた部品だけを交換する修理でなく、開けたついでに全ての駆動系部品を点検整備していれば、同様に、このような事にならなかったかも知れません。駆動系に関わらずですが、定期的な点検は必要で、特にベルトは切れる前の定期交換を行うことをお勧めいたします。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »