« FORZAカスタム | トップページ | タイヤ交換-Ⅴ »

2009年7月18日 (土)

プラグコード交換-Ⅲ

最近プラグキャップの不具合による修理が続きます。今回は5千回転以下でモタツクという「ZX-7R」でしたが、調べるとキャップに穴が開き、リークしたスパークがヘッドカバーにバリバリ飛んでいる状態でした。これは一先ず応急処置として、キャップの裂けて空いた穴や、その周辺にシリコン系液状ガスケットを塗布し、更に乾いたところへ絶縁テープを何重にも巻いて対処いたしました。(←基本は交換です。)

20090718_1 その前に行った「GSX250S KATANA」は、エンジン始動困難やプラグがカブルなどの不調で調べると、プラグキャップがきちんとハマらない状態で、キャップ内部のコネクターがバカになって簡単に外れてしまうようになっていました。このバイクの場合は、NGK製の「POWER CABLE」と交換して対処いたしました。20090718_2 この商品は、ケーブルとキャップが一体型の超低抵抗5Ωシリコン製で、一般ケーブルの1/10の抵抗値から優れた着火性と加速性が発揮され、パワーアップも認められる定番の優れものです。古いバイクや、性能向上を求める方、ドレスアップにもカッコよく、値段も安いので、リプレイス・パーツ(代替部品)としてお勧めできるパーツです。気になった方ご相談ください。

|

« FORZAカスタム | トップページ | タイヤ交換-Ⅴ »

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FORZAカスタム | トップページ | タイヤ交換-Ⅴ »