« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

納車!

バイク業界も、4月は1年の内で最も忙しい繁忙期。本日迄でに、連休前納車予定分の車両は納める事が出来、なんとか納期を守ることが出来ました。明日を最後に役所が休みに入りますので、あとは、ゴールデンウイーク中~明けの納車となります。宜しくお願いいたします。それから店頭在庫がほぼ無くなってしまったので、次ぎの入荷も5月中旬~下旬となります。重ねてご迷惑お掛け致しますが、宜しくお願いいたします。

本日最後に納車した車両が、「Today」と「AddressV125」の2台です。「Today」2008年モデルは、本日納車分で完売です。今後は2009モデルとなります。入荷まで暫くお待ちください。「AddressV125」のリヤボックス・プレゼントは本日で終了いたしました。

20090430_1 「Today」のお客様は、長くお付き合い頂いている法人様です。やはり法人様社用車は、燃費が良く、丈夫でランニングコストの低い「Today」が人気で、今回も古い2スト車からの乗換です。「AddressV125」のお客様も長いお付き合いで、今回は「AddressV100」からの乗換です。この車両の場合、やはり2ストの「AddressV100」からの乗換が多く、乗り換えてからの、燃費の良さに喜んで頂いております。今回はリヤボックスのプレゼント・キャンペーンにギリギリ間に合っての納車でした。良かったですネ!

| | コメント (0)

2009年4月29日 (水)

ブレーキ作動不良

20090429_1当店近くを走行中のお客様から、前ブレーキ・レバーの握りに違和感を感じ、同時にブレーキ・ディスク付近より異音が発生するとの訴えで「FUSION TYPE X」が入庫しました。お預りした時点では、レバーの動きが硬く感じましたが、引き摺りなども無く、これと云って極端な異常は見られませんでした。恐らくキャリパー・ピストンなどの動きが悪く、一時的に効きっ放しの状態になったのでしょう。様子を見ながら、ゆっくりこのまま帰る事もお勧めしましたが、お客様は不安を感じているようでしたので、改めてブレーキの構造と、不具合原因と思われる可能性とブレーキ廻りの定期整備の重要性をお伝えし、相談の結果キャリパーのオーバーホールを行う事となりました。ブレーキを分解するとやはりピストンは錆び錆びで、ゴム部品も硬く硬化していました。新車で乗り始めてからの6年間、ピストンシールなどの定期交換とされるゴム部品類を一度も交換した事が無かったらしいので、丁度良いメンテナンスのきっかけとなり、安心も得られたようで、お客様も喜んでいました。

| | コメント (0)

2009年4月28日 (火)

バッテリー交換

20090428_1相変わらずタイヤ交換や車検の日々が続いておりますが、今月は何故か?冬でもないのにバッテリー交換が続きます。今日だけでも3台のバッテリー交換を行いました。1台目は、2004年式の「EPSILON」でした。このバイクは、今まで何度も充電を繰り返し、走行直後もバッテリー上がりを起こしてしまう事から、オーナー様と相談の上、新品バッテリーの交換となりました。今年で5年を経過しているバッテリーでもあるし、寿命でしたかね。2台目は、「MAJESTY250」で、3ヶ月放置のエンジン始動不能と云う事でお預りしました。キャブレターの詰まりなどもなく、エンジンには問題ありませんでしたが、バッテリーが完全に上がり、これも新品バッテリーの交換となりました。3台目は「FREEWAY250」で、近くの車屋さんでバッテリーを充電してもダメだったらしく、新品バッテリーの交換となりましたが、各部電装系の接点も接触不良を起こしていた為、修正及び給油を行い完成となりました。今回交換したバッテリーの内、在庫にあった物はひとつだけで、後は取寄せでした。その為、連休前にお渡し出来るよう、お客様の要望を叶えるべく、昨日(定休月曜日)の休みを利用してバッテリーを調達し、なんとか連休前に納車できました。ホッと一息って感じです。

| | コメント (0)

2009年4月26日 (日)

お土産-Ⅲ

20090426_1昨日の土砂降りと打って変わって今日は晴天、気温も上昇し絶好のツーリング日和となりました。朝から走りに出かけられた方も多かったようで、午後には皆さんお店に集合。既にゴールデンウイークに突入って感じで、皆さんからの各地のお土産が今日も沢山届きました。

そして待つこと午後3時、皆でMOTO-GPを観戦致しました。今年も当店でチケットを購入頂いたお客様数名は、既に昨日から現地入りしています。雨の予選中止は残念でしたが、今日は天気も良く楽しめたのではないでしょうか?お店の小さなテレビで観戦して頂いたお客様も、それなりに盛り上がれました。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2009年4月25日 (土)

スプロケットカバー交換!

20090421_1 このお客様もよく登場致しますが、やはりバイクを数台所有しています。今回はその中の1台「ZZR1100」をちょっとイジってみました。殆どフルカスタムに近いこのバイクですが、前回タイヤ交換が終わった時点で疑問が!?「何か変だ!バランスが悪い!」・・・ホイールはマルケでブレンボ・レーシング!20090421_2 なのに・・やたら古臭い、ノーマルチックなままな部分が全体のバランスを崩してるような~~。→ここだな!っと云う事でスプロケットカバーをアルミ削り出し3ピース構造のものへ交換する事に決定!←殆どオーナー様無視で私の趣味でやってます(^^ゞ!そう言えば・・前にフェンダーレスキット付けた時も、私の趣味でしたが、20090421_3 結果的にはオーナー様にも喜んで頂き、今回もかなりカッコよくなりました。40も半ばを過ぎたオジサン達の遊びです。~あっと!ハンドルグリップとグリップエンドもアルミ削りだしにしておきましたので、よろしく~!20090421_4

| | コメント (0)

2009年4月24日 (金)

RV125i

20090425_1「RV125i」早くも入荷!じゃありません!発売前ではありますが、いきなり本日スポットで試乗車が届きました。見てビックリ!かなりカッコよくなってます。外観で一番目に付いたのは、デュアル化されたヘッドライトと材質・形状が変り質感とフィット感が向上したシートですね。もちろん、今までのいい所はそのままで、20090425_2フル・フラット・ステップや大容量40Lシート下スペースは継承しています。乗ってビックリ!ECU一体型スロットルボディーとbit数をUPしたEFIのおかげでしょうか?スロットルのツキが物凄く良く、極下から上は125とは思えない程回ります。そしてパワーアップに伴い、高速安定性も相当良くなってます。20090425_3 これは12→13にインチアップ化されたフロント・ホイールの効果でしょうか?最後に特記したいのが、ブレーキです。元々このクラスでは考えられない大きさのフロント「273mm」という大径ディスクにステンメッシュ・ホースが標準装備されていたので、効きに不満は有りませんでしたが、今回はリヤ・キャリパーが従来の1ポットから2ポット・キャリパーに20090425_4変更された事で、制動力もUPしてますが、それ以上にコントロール性が数段UPしている事に驚きました。乗ってて安心と信頼を感じる事のできるバイクで、長距離でも疲れないだろうなと思いました。この他、ボタン操作でシートや燃料キャップが開閉できたり、盗難防止点火カットスイッチが標準装備されてたり、国内モデルや他メーカーには無いユニークな仕様、装備満載で、お値段据置→\330,750(税込本体価格)です。予約受付中。

| | コメント (0)

2009年4月23日 (木)

MT-01-車検

今日も車検でした。これで連休前のひと盛り上がりは終息しそうです。残り数台の車検予約を頂いておりますが、パーツ供給の問題などで、連休明けとさせて頂きました。申し訳御座いません!

20090424_1今日の車検は「MT-01」でした。これも珍しいですよネ!なんたって「1700cc OHV Vツインエンジン」ですから!当店の場合、車検の殆どがリッタークラスで1000cc前後の排気量が多いんですが、今回のは今年最高排気量のバイクでした。

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

ZZR400-車検

20090423_1ゴールデンウイーク前の駆け込みで、相変わらず車検が続きます。今日の車検は「ZZR400」でしたが、3年目の最初の車検で距離も3千キロ程でしたので、定期交換の油脂類としてエンジン・オイル&ブレーキ液の交換程度で作業は完了致しました。

それにしても3年で3千キロとは・・・何回か前にも書きましたが、本当に最近はバイクを持っていても乗らない方が増えました。1年で千キロの計算ですね!このペースで10年乗っても1万キロですか・・色々事情も有ったかと思いますが、実にもったいない話しです。

もったいないので、当店ではバイクを売る場合、バイクの骨の隋まで楽しんで頂けるよう、
また買った値段以上の価値を引き出せるよう、10年、20年お付き合いさせて頂く覚悟で、遊びのサポート&お手伝いをして行きたいと考えています。もちろんメンテナンスなどのアフターサービスにも力を注ぎます。これは当店でバイクを買って頂いた方だけの特典です。

| | コメント (0)

2009年4月21日 (火)

お土産-Ⅱ

20090422_1先週末は絶好の行楽日和でした。当店のお客様も各地へレジャーに行かれたようで、今週も全国各地のお土産が届いております。有り難う御座いました。皆さん!お土産食べにご来店ください。無くなる前に!

| | コメント (0)

2009年4月19日 (日)

シリンダーヘッド・オイル漏れ!

当店のお客様の中には、趣味で古いバイクを永く乗る方も多く、今日お預りしたバイクも古いバイクで1983年式の「GPZ750」です。6年くらい前に私の後輩のレストア担当が、手塩に掛けて作った1台で、車体番号的にはA1(1983年式)ですが、部品寄せ合わせですので、A2(1984年式)の「GPZ750F」にも見えます。40代前半のオーナー様は、もちろん定番の「レイニー」仕様(ライムグリーンに全塗装)&「KERKER」です。←さすがに最近は殆ど見なくなりましたけどね!

20090419_1今回のお預りは、シリンダーヘッドカバー合せ面周辺からのオイル漏れでの入庫です。最初にオイル漏れの場所を特定する為に、ヘッド廻りを綺麗に脱脂洗浄して、エンジンを掛けること数十分。変化が現れません。更に数十分掛けたままにしておくと、エンジン左側ヘッド前方のカム・プラグのボルト貫通穴の下より滲んできました。カバー・ガスケット及びカム・プラグの交換です。←この作業・・・・私の永いバイク屋人生の中でも最も多く行った修理のような気がします。遠い昔、「KAWASAKI」空冷4気筒シリーズ、特に「ZEPHYR」シリーズでは、毎日のようにヘッドカバー・ガスケットを交換していた日々を思い出します。ガスケットが環境対応でノンアス化(石綿を含まない)し、ペーパーベースになった頃、弱くてよく吹き抜け、何十台と修理した記憶があります。今ではいい思い出ですが。カム・プラグ付近及び貫通穴には液体パッキンを塗布し、作業は完了いたしました。もう一度エンジンを数十分掛けたままにしてテストを行い、漏れの無い事を確認して終わりました。

| | コメント (0)

2009年4月18日 (土)

カーナビまで・・

20090418_1 すんません!いつも・・今回はカーナビまで頂いちゃいました!この前Kさんの車の助手席に乗った時、「そのカーナビいいね!」って・・・まさか「それは頂けないですよね!」って言って見るもので、貰っちゃいました!このカーナビは、数年前私が事故った時、夜中に千葉まで駆け付けてくれた時のカーナビですネ!そー言えば、病院名を言っただけで、速攻来てくれてカーナビの凄さを思い知らされた例のヤツですネ!これからバイクの登録で地方の陸事や役所へ行く時などに役立ちます。けっこう迷うんですよネ!助かります。有難う御座いました。

| | コメント (0)

2009年4月17日 (金)

ミッションオイル交換

20090417_2 度々登場のご常連様「KR-1」のメンテで、今回はミッション・オイルの交換とエンジン・オイルの補給を行いました。このお客様も5千キロ毎にミッション・オイルを必ず交換される方で、今回はエンジン、ミッション両方のオイルにオイル添加剤の金属表面改質剤「ZOIL」を注入いたしました。当店のお勧めする「ZOIL」は、化学反応(熱と摩擦圧力が必要)により、金属表面をオイル潤滑にとって理想的な状態に改質します。メカノイズの低減、オイル上がり(白煙)の改善、エンジン圧縮の回復など効果は多岐にわたり、部品の寿命を約3倍に延ばし、新車時からの使用の場合、確実に新車状態をキープします。中古車の場合、まるで時計の針を戻したかのような効果を実感できるという優れものです。特にチューニング・マシンや旧車、中古車などにお勧めしたい、当店一押しケミカルです。

20090417_1それから「KR-1」のような2スト・マシンのエンジン、ミッション・オイルに当店推奨オイルが米国製輸入オイルの「SPECTRO」です。ミッション用は、最高のシフト・フィーリングと特筆すべきは、クラッチの切れの良さで、熱くなって来た時の切れ不良を解消します。また、レース時の2、3速スタート等、過酷な使用にも耐えます。20090417_3エンジン用は排気バルブや燃焼室、プラグなどのカーボン堆積を抑えクリーンに保ち、強靭な油膜形成によりピストンスカッフィングと焼き付きを防ぐと共に、鋭いレスポンスとトルク感を実現します。「SPECTRO」と「ZOIL」ぜひ一度お試しください。

| | コメント (0)

2009年4月16日 (木)

長期放置車-Ⅱ

20090416_1長期放置車もここ数年増えてきている現象です。昔のバイク乗りは、皆さん1年に1万キロくらいは走っていましたが、最近の方はバイクを所有していても乗らない方が多くなってきて、それでも時々乗って頂ければいいのですが、最近はエンジンが掛からなくなるくらい長期に放置される方が増えてきています。

20090416_2 今回お預りした「GSX250S KATANA」も約3ヶ月の長期放置でエンジン始動不能となり、当店で修理する事となりました。まずバッテリーが弱く、充電している間に燃料系統を診ました。古いガスを抜き、他の元気のいいバッテリーを繋げエンジン・スタートを試みると、すんなりエンジンは掛かりましたが、どうしてもアイドリングが不安定で、エンジンが暖まっても片肺状態で不整脈を打つ感じが続き、#3エンジンのエキパイが冷たいままです。これは、キャブをバラスすしかないな!と云う事で、キャブレターの分解清掃を行い、ついでにタンク内もコックを外して洗浄いたしました。予想通り、キャブレター及びタンク内には「水」と「ゴミ」がいっぱいでした。長期放置の典型的パターンです。

20090416_3 これでエンジンは正常になりましたが、ついでに各部を点検したところ、エンジン・オイルの量が異常に多く、エアークリーナーボックス内に吹き上げて、エレメントはオイルで真っ黒な状態でした。これは、オイル交換して規定量に合わせ、新しいフィルター・エレメントに交換して完了いたしましたが、もう一点不具合が!またまたステムがバキバキです。本当に最近物凄く増えてるステム・ベアリングの不具合ですが、今年に入ってからだけでも5~6台は同じ修理をしています。その中でも今回のは最高に凄い状態でした。ベアリングは、真っ赤っカに錆びて終わってました。当然これも打ち換えて、全ての修理は完成いたしました。

オーナー様ご自身でオイル交換される方で、オイル量がひじょうに多く入っている方が最近目立ちます。オイル量が多いと、ミッションやクラッチの不具合、ガスケット吹き抜けによるオイル漏れや場合によってエンジンを壊す事もあります。多少多いだけでもエンジンのフリクションとなり、せっかく高級オイルを入れてもエンジン・パワーダウンしてたりします。またドレン・ボルトをナメてる方も多くいますので、オイル交換もけっこうシビアで難しいので自信の無い方は、なるべくバイク屋さんで行うようにしてください。

| | コメント (0)

2009年4月15日 (水)

車検-Ⅱ

20090414_1 今週も連続2台の車検を行い、これで一先ず車検ラッシュも落着いて来ました。今週一発目の車検は「ZRX1100」で、前後ブレーキ・フルード、冷却液の交換と、前後タイヤ交換を行い完了致しました。今回、タイヤは当店お勧めの「MICHELIN」で交換しましたが、阪神ファンで、DUNLOPファンのお客様は、20090414_2 当初タイヤに「D208」を履いていましたが5千キロも持たず、次に「D221」へ交換しましたが、8千キロも持たなかった為、今回は諦め、おフランス製の「PILOT ROAD2」への交換となりました。交換したタイヤを見ると、ライディング・スクールなどに頻繁に参加している事も有り、端まで綺麗に使い切っていていました。(←元取ってまんがナ!)

20090414_4 もう一台は「ZX-9R」でしたが、ステムがダメでした。最終型(03年)F2ですが、5万キロ弱走ってる車両ですので、これもベアリング打ち換になりました。その他、前後ブレーキ・フルードや前ブレーキ・パッドなどを交換して完了の筈が、ラジエター・キャップやウインカー・リレーがNGで、これも交換となりました。20090414_6 ラジエター・キャップは点検の際、圧力テスタで開弁圧力テストの結果、基準値を保持出来ずスコスコで交換となりました。(←夏場冷却液じゃじゃ漏れ間違いなし)ウインカー・リレーは、社外品の物が付いていて、点滅回数が「1分間に60回~120回」の範囲を超えていましたので、交換となりました。それにしてもステムがガコガコなのに、乗ってて全く気にならないのは、何故でしょう?←曲がれないと思いますが・・・・最近物凄くこういう車両が増えてますが・・・

| | コメント (0)

2009年4月14日 (火)

ベルト切れ

ドライブ・ベルト切れで入庫していた「SR50 STEALTH」の「MALOSSI  ケブラーVベルト」が、やっと入荷しました。当初1週間~10日で入荷の予定でしたが、これでも少し早く5日で入荷しました。実は、注文前にこの機種に該当するベルトがなかなか探せず、既に廃盤になっていたり、日本に無いので本国から取寄せで、ロット(10本)単位でしか注文出来ないとかで、最初はどう成るかと思いましたが、品番変更で該当パーツをやっと見つけ出しました。その他お客様との打合せとかで4日間を費やし、お預り9日目にしてやっと作業に掛かれました。外車の「APRILIA」で、しかも更に珍しい機種と、純正部品でない「MALOSSI」  という、これまた輸入パーツという事で、パーツ入手に苦労しましたが、作業は、ベルト交換だけですので、1時間も掛からず直ぐに終わりました。ついでに他の不具合や影響が無いかクラッチなども点検し、バッテリーは弱いので納車まで充電して、お客様の引き取りをお待ちしたいと思います。こんな感じでお預り修理車が、この狭い小さな店にまだまだ滞留しておりますので、修理をお待ちのお客様!ご迷惑お掛け致しますが、今週いっぱいくらい、もう少しお待ちください。

20090415_1ケブラー・ベルトは切れないのでしょうか?実は今回、通勤途中で走行不能となったこの車両を引上げた時点では、エンジン始動不能と云う事で駆動系の不具合ではなく、エンジンが怪しいと思っていました。調べて診ると結局ベルトが原因と判明。ベルト切れと云うより切れる寸前でボロボロになってしまい、これがプーリーに巻き付きロックしてしまいエンジンが掛からない状態となっていました。高強度ケブラー繊維と言いますが、切れずに最後は巻き付いてしまうのも考えもののような気がします。いずれにしろ、ベルトは最後に必ず切れるか破損してしまい、走行不能となります。排気量や車種にもよりますが2万キロ(国内メーカー)くらいを目安に、切れる前に交換する事をお勧めいたします。(過去の整備暦は不明ですが、このバイクは2万キロ持たないのでは?・・)

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

改善対策-Ⅱ

20090412_1 最近直感が当たります。先日タイヤ交換でお預りした「MAGNA50」ですが、雰囲気を醸し出していましたので調べてみると、また該当していました。平成12年のメーカー「改善対策」が行われていない事が判明。不具合内容は、「運転者用ステップ(足掛け)金具の溶接に不適切なものがあるため、そのままの状態で使用を続けると、乗車時にステップに足を掛けた際にステップが折れ曲がるおそれがある。」というもので、こんな危険な事が、9年間も放置プレーでした。左右ステップ(ASSY)を良品と交換して対策いたしました。今回も全てメーカー保証で、もちろん無料でした。お客様には大変喜んで頂きました。

| | コメント (0)

2009年4月11日 (土)

RVシリーズ最終入荷!

20090411_1 「SYM」の「RV125EFI」が入荷しました。これが、おそらく最終入荷となります。今後は、モーターショーでも発表されました、NEW RVシリーズとして、5月下旬頃からデリバリー予定となっています。今まで通り、125~250までのラインナップとなりますが、RV180はRV200となっての登場予定です。価格は未定ですが、ほとんど変らないらしいです。 内容は、かなりのフルチェンジを受けての発売らしいです。台湾メーカーの「SYM」ですが、保証も2年になり、信頼性は向上したみたいです。パーツ供給もよくなってきました。国内メーカーには無いニーズを満たしてくれる大きさや、仕様、価格がこのシリーズの特徴です。ご予約お待ち申し上げます。

20090411_220090411_3

| | コメント (0)

2009年4月10日 (金)

車検

20090410_1 毎日タイヤ交換の日々かと思いきや、タイヤ交換だけの筈はない訳で、実は毎日のように車検、車検、車検で、てんてこ舞いしています。まさにシーズン真っ盛りって感じです。昔から、忙しくて身体が壊れかけるくらいで生きがいを感じる私としては、忙しくさせて頂いて大変有り難く存じ上げます。←(麻生太郎風に・・)

20090410_2 「CBR1100XX」と「STEED VLX」の2台の車検が続き、更に週末週明け前後に3台入庫予定となっております。「CBR1100XX」は、長期放置で車検が切れエンジンも掛からなくなった為、車両を引き取りに行って来ました。バッテリー交換だけでエンジンは掛かり、ブレーキ・フルードの交換だけで作業は完成しました。20090410_3 「STEED VLX」に関しましては、左フォークのオイル漏れとホイール・ベアリングのガタ、ステム・ベアリングのガクガク!などで、ちょっと時間掛かりましたが、無事完成いたしました。フォークのオイル漏れは、大体左側ですね!どんなバイクでも。サイドスタンドで左に傾けて止めてるバイクは、左側フォークが錆びるようです。20090410_4 その錆びでシールを傷めてしまい、オイル漏れするようです。まめにフォークを磨いて錆びないようにしていれば防げます。今回はフォークは錆びを極力落として、シールの交換だけで済ませました。(本来は、錆びたインナー・チューブは交換です。)ステムとホイールのベアリングは、打ち換えました。ステムは凄かったです。フロント・ホイールを浮かして、ステアリングを左右に振ると、何箇所かでカクン、カクンと止まってしまう状態でした。これはステアリングの役目を全くしていない状態です。ご本人様は全く自覚が無く気が付かなかったようですが・・・これも車検という制度が有ったから見つかった不具合ですが、車検でお金をいっぱい掛けるより、普段からの定期点検で早期発見、早期調整で防げるトラブルもありますので、最低1年に1回は点検お願いします。

| | コメント (0)

2009年4月 9日 (木)

ここまで乗り続ける?

今日も疲れました。しかも暑いし・・・忙しくて、歯医者の予約も来週にして貰いました。予約と言えば、うちも修理は予約制にしようかな?一応当店のお客様は、最優先で行うようにしています。ご常連様にはご協力頂き、入出庫はコントロールさせて頂いております。感謝!感謝!キツイのが緊急外来的イレギュラーな飛び込み修理の対応がいっぱいいっぱいって感じです。そんな感じで、長期休暇が欲しいナ~!シーズン入り口で、こんな弱音を吐くなど、歳のせいでしょう・・とにかく身体が疲れやすくなりました。毎日店閉めるの日にち変ってますから、しょ~がないカナ?

20090409_1_2 愚痴はこのくらいで、今日もタイヤ交換をしました。パンク修理依頼でご来店(ご来店というか、朝出勤したら店の前にバイクが置いてありましたが←よくある事です。)の2台ですが、今回もパンクじゃなくてバーストで、修理不可能な為タイヤ交換となりました。何回か前にも書きましたが、ほんとここ数年タイヤに穴が開くまで交換せずに乗り続け、20090409_2_2 バーストするバイクが増えてきました。特にビックスクーターやアメリカンに多く、今回も「FUSION TYPE X」と「MAGNA50」の2台でした。車高が低かったり、大きなフェンダーでタイヤが隠れ、見えづらい事も有りますが、やはり車検の無い軽2輪(250cc)以下のバイクに多く、定期点検などもせず、壊れるまで乗りっ放しという方が増えています。バイクに対しての意識が変って来ているのでしょうか?バイクに乗る人は、自己責任で定期点検を行う義務を負ってます。バイクは生き物。動物飼っているくらいに思っていただいて、可愛がってください。

今(22時40分)カズちゃんからTEL!バイクの配達&引取完了の報告アリ!私も帰宅いたします。

| | コメント (0)

2009年4月 8日 (水)

MICHELIN PILOT ROAD2入荷

20090408_1 今日は暑かったです。早くも夏バテ気味!・・・気温の上昇と共にバイク乗りも活動し始めたのでしょうか?、先月末くらいから修理関係の仕事が忙しく、特にタイヤ交換がここ数日毎日続きます。今日も大量のタイヤ(合計8本)が入荷し、ご注文頂いておりました、「PILOT ROAD2」も入荷いたしました。20090408_2 今日は先ず、「ZZR1100」の前後から交換いたしました。元々装着していた「PILOT POWER」から、今回は「PILOT ROAD2」への交換です。ホイールを前後共「MARCHESINI」の5本スポークへ換装しているこの車両は、フロントは標準サイズですが、リヤを5.5インチへワイド化している為、タイヤ・サイズも180サイズで交換しました。それにしてもマグホイールは軽いですね、久し振りに持ってみて驚きました。

バネ下重量を軽くする!基本中の基本ですね!バネ下が軽くなると、慣性の影響が少なくなる為、サスやタイヤの路面追従性が良くなります。←これってどう言う事か判りますか?かなり凄い事です。バネ下1キロの軽量化は、バネ上15キロの軽量化に相当するとか?いいサスペンションも重いホイールでは・・・当店は「MARCHESINI」、「MAGTAN」などの軽量ホイール取り扱います。興味が有る方は、ぜひご相談ください。

| | コメント (0)

2009年4月 7日 (火)

キャリパー・ピストン固着

20090407_1今日は、ブレーキ・キャリパー・ピストンの固着について書きます。数日前にタイヤ及びブレーキ・パッドの交換ご依頼でお預りした車両「ESTRELLA」で起きた不具合です。当初お預りした時点で怪しい気配はありました。この車両ブレーキ・パッドが全く無いどころか、台座の鉄板で長期間ブレーキを掛けていたようで、ピストンは出る所まで出てしまってる状態でした。しかも17年(1992年式)間、一度もこの辺のメンテナンスはしてなさそうな感じです。長い間交換されなかったと想像できるブレーキ液は吸湿し、ブレーキ内部の金属やゴム部品を溶かし真っ黒になっています。こうなると、ピストンは錆びて、シールは弾力性を失い、ピストンが固着している事が多くあります。こんな不安を感じながら、新しいブレーキ・パッドを交換する為、ピストン周りを綺麗に清掃し珍重にピストンをキャリパーへ押し込もうとすると・・・やはりダメでした。ピストンが固着して全く動きません。分解して調べて診ると、予想通りピストンは錆びで虫食い状態で、シールは硬化し汚れが大量に付着している状態でした。結果的にピストン及びシールなどのゴム部品一式の交換となりました。ブレーキ液は2年毎、シールなどのゴム部品は4年毎の定期交換が定められています。みなさんも、ブレーキだけに不具合が出ると大変危険ですので、ぜひ定期的なメンテナンスをお願いいたします。

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

SPACYドライブフェイス磨耗

20090405_1 今日は、昨日お預りした「SPACY100」の駆動系の修理を行いました。エンジン異音の不具合を訴え来店頂いたお客様は、2006年3月に当店でこのバイクを新車で購入後、約3年で4万キロ以上を走行いただいているお客様ですが、ほぼ2千キロ毎にオイル交換を実施していますので、まずエンジン自体に不具合など発20090405_2生する筈はないと踏んで、音の感じから駆動系をチェックしてみました。原因が判りました、「ドライブ・フェイス」の「ボス」の入る穴が磨耗で大きくなり、その磨耗した隙間にガタが発生。その振動がエンジン全体に共振していました。「ウエイト・ローラー」も角が出る程磨耗し、「クラッチ・ウエイト」も磨耗が酷かったので、20090405_3 今回同時に交換いたしました。「ドライブ・ベルト」は過去2回交換していますので、状態から今回は交換しませんでした。昨日お預りで今日には完成し先程納車しました。土日のお預りで、月曜日からまた通勤で使えるとお客様に喜んでいただきました。

| | コメント (0)

2009年4月 4日 (土)

タイヤ交換-Ⅲ

20090404_2 今日は夕方から「GSX-R1000」の前後タイヤの交換作業を行いました。このバイクは当店で、2007年に新車で購入いただいたバイクですが、今回これで2回目のタイヤ交換となります。新車時装着のタイヤは「BRIDGESTON」の「BT015」でしたが、これは6千キロちょっとしかもたず、次に「MICHELIN」20090404_1の「PILOT POWER 2CT」へ交換したら、なんと1万キロ程もちました。毎週箱根付近の峠を攻めに、また年に数回筑波サーキットへ走りに行く使い方で、1万キロは嬉しいかぎりです。そこで今回も前回同様「PILOT POWER 2CT」を選び交換いたしました。今回キャンペーン期間対象商品だった為、クォーカード千円分と豪華商品抽選券が貰えました。韓国旅行が当たるといいですネ!

「サーキット走行会やワインディングでコーナーリングを楽しみたい!でもレース用タイヤのように、タイヤの暖まり具合を感じ取りながら走るのは疲れるんだよね・・」というお客様に、タイヤ温度を気にせず、サーキットはもちろん一般公道でも楽しく走れて、さらに路面からの外乱を軽減してくれ、ライディングに集中出来る様に手助けしてくれるタイヤとして当店がお勧めなのが、この「2CT(TWO COMPOUND TECHNOLOGY」です。タイヤのセンター部には、耐久性あるコンパウンドを、ショルダー部にはセンターよりもさらに柔らかいコンパウンドを採用した「PILOT POWER(2CT)」は、大排気量のスーパースポーツやレーサーレプリカ・タイプにお勧めで、サーキットからワインディングまで幅広く対応いたします。サーキット走行会、ツーリングの始まる時期です。タイヤ交換特価セール中ですので、みなさん宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2009年4月 3日 (金)

ADDRESSV125大作戦PART4

20090403_2なんと!オイル・クーラー入荷いたしました。予定では2週間先の予定だった「TAKEGAWA SUPER COOL BL KIT」が、いきなり入荷いたしました。そこで、昨日で一旦お休みの筈だった「ADDRESSV125G」の続きを今日も行いました。

20090403_3先ずは、オイル取出し口のオイル・フィルター部を取外し、 アダプターやフィルターも含めた専用キット・パーツの組込みと、油温センサー取付けの為にオイル・ドレンボルトも専用アダプターへ交換いたしました。この後車体左下前方へブラケットを取付けオイル・クーラーを設置いたしました。20090403_4

20090403_1最後に今回一番の難所、オイル・クーラーに風を当て冷やす為の、 導風口をロア・レッグシールドに開ける作業を行いました。先ず、同梱のインテークプレートの型紙を起こし、レッグシールドへネジ穴及び開口部をマークし、ドリルとノコギリ、リューターなどを駆使して図面通りの導風口が開き、インテークプレートを取付けて完成いたしました。20090403_620090403_5

20090403_7オイルは、いつもの当店お勧め最高級グレードのフル・シンセ・オイルを使用し、そこへ更に当店定番添加剤、金属表面改質剤の「ZOIL」を注入いたしました。

ハイオク・ガスを入れ、「FIコントローラー」で空燃比計を見ながら燃料噴射量のセッティングを行い全ての作業が完了いたしました。

これで、本当に一旦完了となりますが、次回足回りのモデファイ計画が既に練られ始めました。この続きは、その時また・・・ 

| | コメント (1)

2009年4月 2日 (木)

ADDRESSV125大作戦PART3

20090402_1今日は朝から天気も良く、そこそこ忙しく、他の仕事の合間をみながら今日で3日目となります「ADDRESSV125G」の作業を引き続き行いました。昨日までで、エンジン廻りは完成していますので、今日は最終局面となります電装系に着手致しました。先ずは、「FI(インジェクション)コントローラー」の装着から始めました。20090402_2これは「S-STAGE KIT」組込に伴い、一般にサブコンと言われる燃料噴射量の設定を行う為の部品で、昨日取付した「SILENT BOMBARD」と共にKIT組込のエンジン性能を最大限引き出すものです。プラグも指定の「CR8HSA」へ交換し、これで点火系、吸/排気系も含めて 完璧となりました。20090402_3最後に「TAKEGAWA SUPER MULTI LCD METER」の装着を行いました。この多機能メーターは、指針式/デジ表示の2つのタコ、最高速記録機能付スピード、燃料計、時計、オド/トリップ×2が付いており、更に凄いのは「空燃比計」と最高温度記録機能付「温度計」が内蔵されています。昨日も紹介した「SILENT BOMBARD」20090402_4 エキパイ部へ装着されたO2センサーで計測した空燃比をデジタル表示し ます。これで更に「FIコントローラー」のセッティングが容易になります。「温度計」は、油温もしくはシリンダー温度が計測出来ますが、今回は油温計として使う予定です。そして・・エンジンに火が入りました。!少し暖機した後、軽くスロットルをスナップしてみると・・すっスゲ~!STDエンジンとここまで違うとは・・・何だこの吹け上がり、そしてレスポンス!これってヤバくない?(^^ゞ。横に居たオーナー様と顔を見合わせニンマリ(^_^)。2人ともいい年して精神年齢15~6って感じでした。一旦これで完成しますが、今後更なるバージョン・アップを予定しています。この続きは、その時また・・

| | コメント (0)

2009年4月 1日 (水)

ADDRESSV125大作戦PART2

20090401_1 今日は朝から降ったり止んだりで、天気の優れない一日でした。そんな訳で仕事が捗り、昨日に引き続き「ADDRESSV125G」の作業に着手しました。昨日バラしたエンジンに「TAKEGAWA  S-STAGE KIT」を組み込みました。ピストン→シリンダーの順に組み上げ、ヘッドには、キット同梱のスポーツ・カムシャフトを装着。これ20090401_3 は出力アップと共に、デコンプ機能が有り、キット組込でコンプレッションが上がりますが、交換する事で始動性に影響が出ないようになっています。同じく同梱のウエイトローラーも交換し、これによりベストな変速ポインントが得られるようになります。この後、マフラーを「TAKEGAWA  SILENT BOMBARD」に交換しました。この20090401_2マフラーは、エキパイに02センサー装着用ボスが付いている為、そこへO2センサーを取付けました。今日はここまで、次回につづく・・・

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »