« お土産! | トップページ | メーター廻り改造! »

2009年3月27日 (金)

改善対策

20090327_1今日は、2004年式の「DIO」の市場措置を行いました。不具合内容は、「スロットルケーブルのアジャスター部に装着された防水ブーツの材料に異材が混入したものを使用したため、使用過程で大気中のオゾン劣化により当該ブーツが損傷し、雨天走行等により、ケーブル内部に水が浸入するものがある。そのため、低温時に浸入した水が凍結し、最悪の場合、アクセルグリップが戻らなくなり、エンジンの回転が下がらなくなるおそれがある。」というもので、スロットルケーブルの交換を行いました。全てメーカー保証で無料です。

このお客様は、当店2回目のご来店で、今回はオイル交換のご依頼でご来店頂きました。整備記録を行う為、いつものように整備手帳の提示を求めたところ、なんと整備手帳には全く記録が無く、保証書の記載すら何も有りませんでした。これはおかしいと思い、メーカー・オンラインで調べてみると、該当していました。2005年2月に届出の「改善対策」が、未だ行われていませんでした。お客様曰く、バイクを購入した販売店からは、この4年間全く連絡は無く(保証書に何も記載しなかった販売店は、確信犯的に保証登録すらしていなかったようで)、当然メーカーからも全く連絡が無かったそうです。一歩間違えば命を落しかねない重要な修理を長期間受けれなかったという事です。問題ですネ・・・

|

« お土産! | トップページ | メーター廻り改造! »

修理(リコール・保証修理)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お土産! | トップページ | メーター廻り改造! »