« 延長保証 | トップページ | 市場措置-Ⅱ »

2009年3月13日 (金)

市場措置

20090313_1 今回は、「GYRO X」の「サービスキャンペーン」を行いました。不具合事象は、「CDIユニット(点火制御装置)内に組み込まれた昇圧回路の部品が不適切なため、電源スイッチ「ON」の位置にした状態でエンジンを始動せずに放置すると、昇圧回路の部品が発熱して短絡し、エンジンが始動できなくなるおそれがある。また、エンジンが始動できたものは走行中にエンジンが不調となり、最悪の場合、エンジンが停止し再始動できなくなるおそれがある。」というもので、対策品のCDIユニットと交換いたしました。このお客様は、当店に初めてご来店の方で、今回は割れたテールレンズの交換でご来店頂きましたが、当店のメーカーと繋がるPC画面より、テールレンズを注文する為車体番号を入力したところ、キャンペーン対象車であることが判明いたしました。一時間程度の作業時間で、無事完了いたしました。上記症状の出ている「GYROシリーズ」をお乗りの方は対象車かも知れません。不安な方は当店までお気軽にお問合せ下さい。

|

« 延長保証 | トップページ | 市場措置-Ⅱ »

修理(電装系)」カテゴリの記事

修理(リコール・保証修理)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市場措置:

« 延長保証 | トップページ | 市場措置-Ⅱ »