« グリップヒーター取付 | トップページ | LEAD110入荷! »

2009年1月22日 (木)

キャブレター・オーバーホール

20090122_1 今日は「NSR250R」のキャブレターのオーバーホール(分解清掃)を行いました。走行中片肺状態(1気筒死んでいる感じ)となり、エンスト後再始動困難、更にキャブレター付近より燃料漏れとの訴えがあり、問診の結果この状態になる前に一度ガス欠になりヒューエル・コックをリザーブ(予備タンク)に切替えて走行した経緯が判りました。この事から、リザーブ切替え走行時、タンク内下層に沈殿していたゴミがキャブレター内に混入し、油面調整バルブに噛み込み燃料がオーバーフローしたものと断定。キャブレターを分解清掃と共に主原因のタンク内もコックを外し清掃しました。想像以上にコックに装着されているストレーナー付近には大量にゴミが付着していました。ゴミはどこから?→タンク内結露などによる水がタンクの底に溜まり内壁を腐食し、出た錆などが主にゴミとなるケースが多いです。当店お勧めの燃料添加剤を定期的にガソリンタンクに注入すると「水抜・防錆・清浄」効果抜群ですので、トラブルを防げますので、寒い冬の後や梅雨明けに是非お使いください

|

« グリップヒーター取付 | トップページ | LEAD110入荷! »

修理(オイル・ケミカル)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グリップヒーター取付 | トップページ | LEAD110入荷! »