2019年3月24日 (日)

2019東京モーターサイクルショー

「第46回 東京モーターサイクルショー」でした。

今年も仕事しながら<ヤス坊さん>と、「YouTube」の動画で「モーターサイクルショー」を観てました。

プレスカンファレンスHondaブースでは、「CR ELECTRIC」と「BENLY ELECTRIC」のプロトタイプが、ワールドプレミアとして初公開いたしました。


https://www.honda.co.jp/motorcycleshow/?from=newslink_btn

20190324_01 20190324_02


| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

KX85シート加工!

第2戦(MX408)はエントリーせず、第3戦(モトクロスヴィレッシ)へ向け調整中です。

開幕戦が終わった時点で、幾つかの課題を克服するべく、時間と予算の許す限り、マシン(KX85-Ⅱ)の更新を図っています。

先ずは前回のレース後にリクエストの有った「シート」形状の変更です。

開幕戦でもヒート1で1度転倒しましたが、いろいろ考察した結果、ひとつはライディングフォームにも問題がありそうでした。

体格的にもシートの中央から後方付近に自然と着座する事になり、どうもコーナリング時にフロントにトラクションが得られてないようでした。

純正のシートでは中央部分が一番低くなっていて、マシンセンター付近への体重移動がし難いらしいので、それを是正するべく「シート」形状の加工を試みてみました。
 
前後の素早い体重移動を可能にするため、「シート」形状をフラットにした事により、150mm以上前に乗れるようになりました。
20190322_0220190322_01
コーナリング時のフロント・トラクションと旋回性向上を狙った加工ですが、同時にスタート時のフロント・アップの抑止や、ブレーキング時や加速時の後輪トラクションもコントロール性が向上すると思います。
またニーグリップや外足ホールド性、マシン・コントロール性の向上を狙い、少し固いベース材を使用してシートの角を際立たせてみました。
20190322_0420190322_03
「シート」着座面を滑り易い材質で、側面を滑り難い材質のレザーを使用し特殊ステッチ加工により、縫い目で動きを妨げられないようにもしました。

つづく

| | コメント (0)

2019年3月20日 (水)

ZX-10R 車検!

<ヤス坊さん>のバイクが車検でした。

’05式「ZX-10R」です。
20190320_01
毎週お店に「ちゃりんこ」で遊びに来る<ヤス坊さん>ですが、最近はめっきりバイクに乗らなくなりました。

去年の5月には「タイヤ」を新品に交換してますが、なんと!それから81キロしか走っておりませんでした。

前回の車検からの2年前でも千5百キロ弱しか距離が伸びてなかったので、今回は特に交換する消耗部品も無く、「エンジンオイル」と「ブレーキ液」の油脂類だけを換えて、一先ず無事に車検を通しました。

毎週お店に遊びに来る<ヤス坊さん>ですが、この数週間は当店「ホームペーシ」の引越し作業をやって頂いておりました。

<ヤス坊さん>には、もう何十年とPCの管理をやって頂いておりますが、今回は「Yahoo!ジオシティーズ」のサービス提供の終了にともない、ホームページの移行を<ヤス坊さん>にやって頂き、無事に引越し作業も終了いたしました。

<ヤス坊さん>今回も大変助かりました。

毎度!毎度!ありがとうございました。

旧URL「http://www.geocities.jp/fun_wheels_imd/」
↓ ↓ ↓ ↓
新URL「http://funwheels.ikidane.com/」

よろしければ「お気に入り」の変更をお願いします。

| | コメント (0)

2019年3月19日 (火)

バーグマン走行中異音!

「BURGMAN200」にお乗りの方から、エンジン付近から異音がするとの訴えがあり修理を頼まれました。

走行4万2千キロ近く走る2016年式の車両で、時速60~70キロ付近の走行中に発生するらしく、アイドリング状態では出ていないようでした。
20190319_01 20190319_16
試乗をして診たところ、異音の以前に加速が全くしない事が分かりました。

車速が伸びずエンジン回転ばかりが上昇してしまうので、駆動系の異常と判断してエンジンカバーを開けて診ました。

開けた途端にドライブ側プーリーがガタガタなのが直ぐに分かりました。
20190319_02_120190319_03
恐る恐る「ドライブフェイス」を外して診たところ、軸穴に圧入されている軸受ブッシュが飛び出すほど軸穴が激しく損耗し、その軸穴に入る「ボス」も酷く損耗していました。
20190319_04 20190319_05
「ウエイトローラー」や「スライドピース」の損傷も酷く、何故か?「スライドピース」は1個無くなっておりました。
20190319_0620190319_07
「ドライブフェイス」や「ランププレート」の作動部にも破損している部分が点在しており、その影響が「ドライブベルト」にも波及して傷を付けておりました。
20190319_1020190319_11
異音の原因は説明をするまでありませんが、今まで一度もメンテナンスなどは行わずに乗って来たようなので、起こるべくして起きた故障のようでした。
20190319_0820190319_09
破損した駆動系パーツを全て交換し修理は完了いたしましたが、序なので軽く車体周りも診てあげたところ、フロント「タイヤ」とリヤの「ブレーキパッド」も酷く減っていたので交換をお勧めしました。
20190319_12 20190319_13
「タイヤ」に関しては新車から一度も換えてないようで、3年前のものがそのまま付いており、磨耗も然ることながらヒビ割れが酷く発生しておりました。
20190319_14 20190319_15
最後に「エンジンオイル」と「オイルフィルター」も換えさせて頂き、全ての修理&整備を終えました。

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

F1 2019 開幕!

今年も「フォーミュラー・ワン世界選手権」が、オーストラリアGP「アルバートパーク・サーキット」で開幕しました。

ホンダPU「Honda RA619H」搭載の「Aston Martin Red Bull Racing 」は、<#33 Max Verstappen>が3位表彰台を獲得しました。

ホンダは2015年にF1復帰後4年目にして初表彰台を獲得、11年ぶりの3位表彰台でした。

https://www.honda.co.jp/F1/

20190317_01

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

タイヤつるつる危険!

毎日のようにやってる「タイヤ」交換ですが、また2台続けてツルツル「タイヤ」の交換でした。

最初の「X'proFighter150」の方は、既に2ヶ月前の「エンジンオイル」交換時には、「タイヤ」は限界を超えておりました。
20190316_03
早めの交換を勧めておりましたが、あれから2ヶ月で千キロ近くを走り、後輪「タイヤ」は完全に溝も無くなりツルツルになっておりました。
20190316_01 20190316_02
2台目の「PCX125」は、当初「エンジンオイル」の交換で来店でしたが、やはり後輪「タイヤ」がツルツルで大変危険な状態でしたので、こちらも勧めて「タイヤ」交換とさせて頂きました。
20190316_06
溝の無くなったツルツルの「タイヤ」は、特に雨の日には滑って危険です。
20190316_04 20190316_05
また真夏の炎天下なら気温30度でアスファルト路面温度は50度以上になり、磨り減って薄くなった「タイヤ」はバースト(破裂)も怖いです。

こんな状態で乗り続けている方は早めに「タイヤ」交換して頂きたいと思います。

只今!「タイヤ」交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用「タイヤ」の殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無い「タイヤ」でも、基本的に注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

RV200iブレーキ周り整備!

このお客様とも長く彼此8年くらいのお付き合いになります。

この「RV200i」に関しては、’11年に「RV125」からの乗り換えで購入を頂いたものです。
20190315_01
頻繁に来店される方で、欠かさず毎年「点検」も受けに来て頂いております。

この度も新車から8回目の1年点検として、「12ヶ月点検」の依頼でお越し頂きました。

同時にフロントのブレーキ時に異音が発生するとの訴えもあったので、最初にブレーキ回りの点検から始めて行きました。

音の感じから「ブレーキパッド」の磨耗が原因と思われたので調べたところ、やはり「ブレーキパッド」が限界を超えて減っていたので、こちらは「ブレーキパッド」を新品に交換させて頂く事になりました。
20190315_02 20190315_03
走行4万3千キロを超えたところの「RV200i」ですが、「ブレーキパッド」はリヤが3回交換しているのに対して、今回のフロント側に関しては、新車から2回目の交換になりました。

ブレーキ回りで言えば「ブレーキ液」が前回の交換から丁度2年経つので、こちらも同時に交換をさせて頂きました。

「ブレーキ液」は新車から4回目の交換となりました。

その他の点検結果としては、「点火プラグ」が前回の交換から7千キロ程度でしたが、電極の損耗が激しかったので、こちらも追加で交換させて頂きました。
20190315_0420190315_05
こちらは新車から5回目の交換となりました。

最後に「エンジンオイル」も換えて全ての点検・整備を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

レッツ4 点検整備!

20190314_01当店のお客様からの紹介で、原付スクーターの点検を頼まれました。

紹介の車両は’13年式の「Let's4」で、1年くらい前に中古車で購入したようでした。

メーター読みでは走行積算計7千キロ弱の車両でしたが、フロント「タイヤ」は「スリップ・サイン」が完全に消えるくらい磨耗していました。

スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは、法律で決められた「タイヤ」の使用限度を示すサインで、「タイヤ」トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)
20190314_02 20190314_03

「タイヤ」の磨耗具合から推測すると、実走行は恐らく1万7千~2万7千くらいは走っているようでした。

その「タイヤ」の交換と、12ヶ月「点検」をお勧めして実施いたしました。
20190314_0420190314_05
やはり点検の結果、「点火プラグ」は換え時のようで、「エアフィルター」に関してもボソボソになりかけておりました。
20190314_06_2 20190314_07
これらの消耗部品も追加で交換させて頂き、最後に「エンジンオイル」も換えて全ての点検・整備を終えました。

また何かあればご相談ください。

有り難う御座いました。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

エストレヤ カスタム!

<長老様>から久し振りにバイクのカスタムを頼まれました。

最盛期には大型車を中心に、複数台バイクを所有されていた<長老様>ですが、寄る年波には勝てず、この2004年式「ESTRELLA CUSTOM」が、最後に残った1台となりました。

今回依頼のあったカスタムは2ヵ所で、1ヵ所目は今まで付けていた「リアボックス」と「リアキャリア」を取り外し、社外品の「リヤフレーム」に換えるカスタムです。
20190313_01 20190313_02
これはフェンダーに沿ってRを描いた感じの純正「リヤフレーム」から、シートに沿って直線的に伸びるタイプの社外製「リヤフレーム」に換えるカスタムで、リヤ回りがスッキリしてスポーティーな感じになりました。
20190313_03
2ヵ所目はハンドルのカスタムで、今まで付けていたPOSH製のブレース付「バーハンドル」から、少し前傾ポジションとなるHURRICANE製「スワローハンドル」への換装です。
20190313_04 20190313_05
これに伴い「グリップ」も今まで付けていた「グリップヒーター」を取り外し、社外品のスポーティーな「グリップ」に換えました。
20190313_06
ここで再び若返りを果たした<長老様>でした。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

クロスCUBくまモン登場!

「クロスカブ50」と「クロスカブ110」のカラーバリエーションを変更し、
7月19日(金)に発売。

さらに、「くまモン」をイメージした「クロスカブ50くまモン バージョン」と、
「クロスカブ110くまモン バージョン」を新たに追加し、6月21日(金)に発売。

20190312_01

「CROSS CUB」ニュースリリース
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/news/2019/2190312-crosscub.html

「CROSS CUB」製品情報
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/CROSSCUB/

3月22日(金)から24日(日)まで東京ビッグサイトで開催される
「第46回 東京モーターサイクルショー」にて出展予定!


ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。

「CROSSCUBシルーズ」予約受付中!

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。


Emblem_15st_blk_5

★15周年記念セール開催! 

| | コメント (0)

2019年3月11日 (月)

’19 CB250R発売!

「CB250R」が、カラーバリエーションの変更と、
足つき性を向上させるため、前後サスペンションなどの足回りを変更し、
ABSを標準装備して4月19日(金)に発売します。

20190311_01

「CB250R」ニュースリリース
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/news/2019/2190311-cb250r.html

「CB250R」製品情報
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/CB250R/

3月22日(金)から24日(日)まで東京ビッグサイトで開催される
「第46回 東京モーターサイクルショー」にて出展予定!


ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。

「CB250R」予約受付中!

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。


Emblem_15st_blk_5

★15周年記念セール開催! 

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

MotoGP2019開幕!

「ロードレース世界選手権」が開幕しました。

今年も第1戦はカタール「ロサイル・インターナショナル・サーキット」でした。

https://www.honda.co.jp/WGP/

モトGPクラスは、やはり去年と同じ展開で、「Repsol Honda Team」の<#93 Marc Marquez>は、「Ducati Team」の<#04  Andrea Dovizioso>と0.023秒差で2位でした。
20190310_01 20190310_02
「LCR Honda CASTROL」の<#35 Cal Crutchlow>もケガからの復帰戦で3位。

そして「LCR Honda IDEMITSU」の<#30 Takaaki Nakagami>が9位で、自己最高グリッドの9番手から、トップ10圏内でのフィニッシュとなりました。
20190310_03 20190310_04
モト3クラスでは、「Honda Team Asia」の<#27 Kaito Toba>が、
モト3クラス日本人初優勝の快挙を果たしました。

最軽量クラス勝利は小山知良以来12年ぶりだそうです。

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

Red Bull Showrun Tokyo

「Aston Martin Red Bull Racing」が、明治神宮外苑いちょう並木でショーラン!

現役ドライバーの<#10 Pierre Gasly>と<#33 Max Verstappen>が、
F1マシンRB15を操って公道を走行しました。

https://www.redbull.com/jp-ja/events/showrun-tokyo

20190309_01

| | コメント (0)

2019年3月 8日 (金)

シグナス駆動系整備!

20190308_01「駆動系」の整備依頼がありました。

バイクは’16年式「SYGNUS X」で、1年半くらい前から時々来るようになったお客様です。

そろそろ2万3千キロ近く走るので、「ドライブベルト」や「クラッチシュー」などを交換して欲しいと頼まれました。

新車から初めて行う「駆動系」整備のようでしたので、事前に駆動系内部を一度点検させて頂きました。
20190308_02
距離的に「ドライブベルト」は交換時期でしょうが、「クラッチシュー」まではどうかな?と思いながら、エンジンカバー開けて診てみました。

「クラッチシュー」は想定していた以上に減っておりましたが、今すぐ交換と言うほどではありませんでした。

だけど次の2万キロまで持つかと言われれば無理そうでしたので、少し判断が微妙でしたが、お客様の指示通り交換させて頂く事になりました。
20190308_03 20190308_04
同様に減り始めの「ウエイトローラー」と「スライドピース」に、駆動系の冷却口の「エレメント」も加えて交換し、全ての作業を終えました。
20190308_06 20190308_05
毎度有り難う御座いました。

「ドライブベルト」はゴム部品の性質上、距離や時間の経過で劣化が進み、今回のように最後には必ず切れてしまいます。

「ドライブベルト」はタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、今回のように出先で「ドライブベルト」が切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)な「ドライブベルト」の交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2019年3月 7日 (木)

JF45 リード125 納車!

「X'proFighter150」からのお乗り換えで、「LEAD125」のご注文を頂きました。

20190307_01このお客様とも9年近いお付き合いで、長い間この’10年式「X'proFighter150」のメンテナンスを任せて頂いておりましたが、遂に走行も5万6千キロを超えた先月、エンジンに深刻なトラブルが発生してしまいました。

修理をするには期間や費用的に考えても現実的では無かったので、ご検討の結果この度8年6ヶ月振りの新車お乗り換えとなりました。

軽二輪(~250)から原付二種(~125)への乗り換えでしたが、軽二輪の「X'proFighter150」に乗ってる時にも殆ど高速道路には乗らなかったようなので、今回は原付二種モデルの中から車種を選びました。
20190307_02
当初は同じホンダの「PCX125」などもお勧めしてみましたが、ステップボードの上にも荷物を積む必要が有るらしく、第一条件としてステップボードがフラットな車種から選んで頂き、必然的に今回の「LEAD125」に決定いたしました。

入荷までに注文から約1ヶ月ほどお待たせいたしましたが、無事に一昨日納車の運びとなりました。

この度は数あるバイク店の中から、当店の様な小さなバイク店を信頼して選んで頂き、誠に有り難う御座いました。

今後もご期待に添うべく、愛車のアフターサービスとバイクライフのサポートに努力してまいりますので、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

「LEAD125」絶賛発売中!

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。


Emblem_15st_blk_5

★15周年記念セール開催! 

| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

リード125点検整備

このお客様も当店で何台もバイクを買って頂き、もう11年近いお付き合いのお得意様です。

「LEAD100」から「LEAD110」と乗り継ぎ、この「LEAD125」に関しては’15年に乗り換えて頂いた車両です。

頻繁に来店される方で、欠かさず毎年「点検」も受けに来て頂いております。
20190306_02_2 20190306_01_2
この度も新車から3年目の一年点検として、「24ヶ月点検」の依頼でお越し頂きました。
20190306_0320190306_04
今回で走行は1万キロを超えてましたので、定期交換が必要な消耗部品として、「点火プラグ」や「エアフィルター」の交換もやらせて頂きました。
20190306_07 20190306_05
その他の点検結果としては、フロント側「ブレーキスイッチ」が壊れていて、ブレーキランプが灯火してない状態でしたので、それも追加で交換させて頂きました。

それと去年この車両が対象となった、「スロットルケーブル」交換の改善対策を実施し、最後に「エンジンオイル」の交換も行い、今回の全ての「点検」&「整備」を終えました。
20190306_06
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年3月 5日 (火)

カゼ50バルブクリアランス調整!

「X'pro風50」の「エンジンオイル」交換を頼まれました。

このお客様も頻繁に来店される方で、「エンジンオイル」の交換では、欠かさず千キロ毎にお越しを頂いております。

「エンジンオイル」の交換を終え、エンジンを始動させようとしたところ、掛りが非常に悪いのでお客様に伺ったところ、朝晩のエンジンが冷えている時にはセルでは全く掛からないそうです。

20190305_01去年の寒くなり始めた10月頃からのようで、エンジンが暖まっている時には問題なくセル一発始動らしいのですが、冷えてる時はキックでなければ始動できない状態のようでした。

エンジンが始動できない訳じゃないので、こんなものかとお客様的には差ほど気になって無かったようですが、こんなんじゃ明らかにオカシイので、うち的には大変気になり、少しお客様にお時間を頂き診させて頂く事になりました。

考えてみれば「エンジンオイル」の交換では頻繁に来て頂いておりますが、定期的な「点検」や「整備」は今まで一度もを受けてないので、一先ず一番怪しいP/Sの状態とバイスターターの作動を確認しました。

こちらは正常でしたので、次にエンジン圧縮の測定と、「点火プラグ」の状態を診てみました。

新車から2年3ヶ月で9千キロ近く走る車両でしたが、やはり「点火プラグ」は電極が減って交換時期になっておりました。
20190305_0220190305_03
エンジン圧縮は基準値内でしたが、距離的に怪しかったので、「バルブクリアランス」(弁隙間)も測定して診たところ、やはり基準外に狭い状態で、特に吸気側に関しては、基準どころか完全にバルブが突いてるようで、全く隙間が無く測定不能の状態でした。
20190305_04 20190305_05
先程の酷く損耗していた「点火プラグ」の交換と、通常6千キロ毎指定の「バルブクリアランス」の調整をさせて頂き、エンジンは調子を取り戻す事ができました。

今後は少なくとも1年毎若しくは1万キロ毎には、「点検」&「整備」を受けて頂けます様お願い致します。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年3月 3日 (日)

2019 MXGP 開幕!

「モトクロス世界選手権」が開幕しました。

今年も第1戦はアルゼンチン大会「パタゴニア・レーストラック」でした。

hondaは、「Team HRC」の<#243 Tim Gajser>が、開幕戦を総合2位で飾りました。

https://www.honda.co.jp/WMX/

20190303_01

| | コメント (0)

2019年3月 2日 (土)

クロスカブ 改善対策!

20190302_01また「リコール」の案内が届きました。

今回は「CROSS CUB」が対象で、不具合部位とされる「ハンドルウエイト」を一旦取り外し、改善対策を施したあと規定のトルクで締め直す作業です。

「リコール」の連絡は3週間ほど前には届いておりましたが、その頃は少し忙しかったので、お客様へは直接TELしてませんでした。

20190302_02やっと手が空き始めたので、お客様へTELしてみたところ、既にダイレクトメールだけは届いていたようで、その日のうちに来店して頂きました。

案の定「ハンドルウエイト」が共回りしてスクリューは緩まなかったのですが、こんな感じで「ハンドルウエイト」側を押さえながら回して緩めました。

「ハンドルウエイト」端面に付着してる接着剤を取り除き、スクリューのネシ部に緩み防止剤を塗布して、規定のトルクで締め付け完了でした。
20190302_03 20190302_04
20190302_05 20190302_06
丁度「エンジンオイル」も交換時期だったので、序にやらせて頂き全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

おかげさまで創業15周年!

当店も今年(4月5日)で、15周年を迎えることになりました。

これもひとえに皆様のご愛顧の賜物と心より感謝致しております。

この場を借りまして、御礼申し上げます。

今後とも、当店「FUN WHEELS」をよろしくお願い申し上げます。

つきましては、この15年のご愛顧に感謝を込めて、今年は「15周年記念」としてセールや各種イベントを活動的に開催して参りたいと思います。

バイクの購入を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

Emblem_15st_blk_5


★15周年記念セール開催! 

| | コメント (0)

2019年2月28日 (木)

GPz750セルモター交換!

20190228_01エンジン始動不能の訴えで、去年の暮れから修理を頼まれていた「GPz750」です。

年末年始と忙しく車両を預かるスペースも無かったので、約2ヶ月ほど待って頂き修理にかかりました。

バッテリーは充電済みで元気なようですが、スタータースイッチを押してもスターターリレーがカチカチ鳴ってるだけで、「スターティングモータ」が回らないようでした。

寒い時期だったので当初は単にバッテリー上がりくらいに思ってましたが、やはりスターターリレーまでは電気が来ているので、「スターティングモータ」を外して単体でテストして診ました。
20190228_02_2 20190228_03
その結果も全く回らないので、今度は「スターティングモータ」を分解してブラシ回りを診たところ、ブラシが無くなるまで減って配線が切れてました。
20190228_04 20190228_05
ブラシだけの交換もできそうでしたが、相手のコイル側も抉れるように極度に磨耗してましたので、今回は「スターティングモータ」ごとASSYで交換になりました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年2月27日 (水)

フォルツァ 駆動ベルト交換

20190227_01「FORZA」の「ドライブベルト」交換を頼まれました。

既に去年の夏頃には、その前の交換から2万キロを超えていました。

なので先月「エンジンオイル」の交換で来店の際には、事前に駆動系内部を一度点検させて頂いておりました。

その結果「クラッチシュー」など他の消耗部品に損耗は20190227_02見受けられませんでしたが、駆動系の冷却口「エレメント」の汚れが酷かったので、今回は「ドライブベルト」に追加して交換となりました。

それから「点火プラグ」も前回の交換から2万キロを超えていたので、このタイミングで一緒に交換させて頂きました。

最後に数日前に切れてしまったと言う、右側の「ヘッドライト球」も交換して全ての作業を終えました。
20190227_03 20190227_04
5万6千キロほど走る’10年式の車両ですが、「ドライブベルト」と「点火プラグ」は新車から2回目の交換で、「エレメント」は初めての交換でした。
20190227_05 20190227_06
今年の暮れには「冷却液」の交換時期になりますので、宜しくお願いします。
20190227_07
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年2月26日 (火)

スーパーCubストリート限定発売!

「スーパーカブ」に特別なカラーリングを施した
「スーパーカブ50・ストリート」と「スーパーカブ110・ストリート」を
3月15日(金)に受注期間限定で発売。

20190226_01

20190226_02

「Super Cub Street」ニュースリリース
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/news/2019/2190226-supercub.html

「Super Cub Street」 製品情報
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/SUPERCUB/personal/special/streetcub/

ご予約受付中!
ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。

Winter_sale_2
★ウインターセール開催中!

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

2019 SBK 開幕!

20190224_01「スーパーバイク世界選手権」が開幕しました。

今年も第1戦はオーストラリア大会「フィリップアイランド」でした。

<#19 Alvaro Bautista>が選手がラウンド連続優勝でした。

恐るべし市販モトGP機「V4パニガーレ」って感じで、後続の<#1 Jonathan Rea>と12秒差で圧勝でした。

ホンダは「Moriwaki Althea Honda Team」の<#2 Leon Camier>が、SPレース/13位、レース2/10位。

<#23 Ryuichi Kiyonari>が、SPレース/14位、レース2/15位で、それぞれがポイントを獲得し、次戦に向けて手応えを感じるレースとなりました。

https://www.honda.co.jp/SBK/

20190224_02 20190224_03

| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

リード110 冷却液交換!

20190223_011ヶ月前に「スピードメーター」が動かず、「ギヤボックス」を新品に換えた’10年式「LEAD110」です。

その時点で数年振りの来店でしたので、ご提示された予算内で出来る整備として、追加で「エンジンオイル」や「ミッションオイル」、「ブレーキ液」などの油脂類に、「点火プラグ」だけは交換させて頂いておりました。

今回はその時の残りの作業として、「エアフィルター」やフロントの「タイヤ」に、「冷却液」の交換でお越しを頂きました。
20190223_02 20190223_03
新車から8年、走行は1万3千キロと少ないものの、これら定期交換を必要とする消耗部20190223_04品や油脂類は、全て新車から初めての交換でした。

今後はもう少し来店回数を増やして頂ければ、まだまだ長く乗れるバイクと思いますので、宜しくお願いします。

毎度有り難う御座いました。

冷却液について

冷却液には不凍液(エチレングリコール)と防錆剤(リン酸塩系物質)の入った、LLC(ロングライフクーラント)と云うものを使用しています。

エンジンは真水で冷やしている訳では有りませんヨ!

真水は摂氏0度以下になると凍結し始め氷となり、真水が固体化すると体積が膨張してしまうため、ラジエーターやエンジンなどの破裂に繋がります。

このため不凍液を使用して凍結を防止しています。

また、この冷却液の循環する冷却通路には鉄やアルミの金属製品が使われています。

このため防錆剤使用して腐食を防止しています。

更には冷却効率を高める消泡剤(泡立ち防止剤)などが使用されいます。

このLLCも3~5年で劣化して、その効能は失われます。

また、ラジエター含む冷却通路には、錆や溜まった不純物が堆積して行き、ラジエターそのものの冷却効果を奪って行きますので、大事な愛車のエンジンを守る為にも定期的な冷却液の交換が必要になります。

新車で買って今まで一度も交換した事が無い!
中古で買ったバイクだから過去の整備暦が判らない!
など、思い当たる方は早めに交換お願いします。

| | コメント (0)

2019年2月22日 (金)

2019 Honda F1 Kick Off

F1プレシーズンテストが、スペイン、バルセロナのカタルニア・サーキットでスタートしました。

ホンダは、テスト1の4日間で、「Aston Martin Red Bull Racing 」と「Red Bull Toro Rosso Honda」合わせて、957周(4,454.835km)を走り込み、’15年のF1復帰以来初めて、ルノーよりも最多の走行距離を達成しました。
20190222_01
3日目「Red Bull Toro Rosso Honda」の<#26 Daniil Kvyat >が、FASTEST:1:27.704で、トップタイムを刻みました。

https://ja.hondaracingf1.com/insights/barcelona-test-04.html

| | コメント (0)

2019年2月21日 (木)

グランドDink タイヤ交換!

20190221_01「Grand Dink 125」の「タイヤ」交換を頼まれました。

当店には初めてのお客様で、バイクは2万6千キロほど走る’07年式の車両でした。

丁度スリップ・サイン(磨耗限度表示)が現れたところで、危険と察知し交換を頼まれたようです。

装着されていた社外マフラーがプラプラしていて、正常な取り付けが成されてなかったため、「タイヤ」交換に少し手間取りましたが、無事に交換を終えました。
20190221_04 20190221_05
20190221_02 20190221_03
スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは、法律で決められた「タイヤ」の使用限度を示すサインで、「タイヤ」トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)

また何か有ればご相談ください。

有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低い今時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

シグナス ドライブベルト交換!

20190220_01取引先の担当営業から、「ドライブベルト」の交換を頼まれました。

2年ほど前から診ている’07年式の「CYGNUS」で、9月にはリヤ「タイヤ」や「ブレーキシュー」の交換もしている車両です。

既に1年ほど前には走行も2万キロを超えてたので、その頃からお勧めしておいた「ドライブベルト」の交換です。
20190220_02
9月の来店の際には駆動系内部を一度点検させて頂き、ドリブン側「クラッチシュー」などの損耗は見受けられなかったので、今回は「ドライブベルト」と減り始めの「ウエイトローラー」に、「スライドピース」だけ加えて交換となりました。

今回で走行は2万5千キロを超えておりましたが、なんとか切れる前に「ドライブベルト」の交換ができました。

20190220_03最後に「エンジンオイル」の交換もさせて頂き、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

「ドライブベルト」はゴム部品の性質上、距離や時間の経過で劣化が進み、今回のように最後には必ず切れてしまいます。

「ドライブベルト」はタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、今回のように出先で「ドライブベルト」が切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)な「ドライブベルト」の交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2019年2月19日 (火)

アドレスV125 ブレーキパッド交換!

20190219_01「ADDRESS V125」の「エンジンオイル」交換を頼まれました。

当店には初めてのお客様で、バイクは1万4千キロほど走る’09年式の車両でした。

少し離れた所から来て頂いたようなので、「エンジンオイル」の交換をしている合間に、軽く車体回りを診て差し上げました。

するとフロント「ブレーキパッド」の残量が無いのと、過去に転倒しているようで、「スロットルグリップ」の端が欠けて作動不良を起こしていました。
20190219_02 20190219_03
交換時期に達してる「ブレーキパッド」と、アクセルを開けると途中で引っ掛かかってる「スロットルグリップ」も一緒に交換させて頂きました。
20190219_04 20190219_05
また何かあればご相談ください。

有難う御座いました。

「ブレーキ・パッド」の使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

| | コメント (0)

2019年2月17日 (日)

’19MCFAJモトクロス開幕戦!

20190216_01今日は「MCFAJクラブマンモトクロス」 の開幕戦(オフロードヴィレッジ)でした。

http://www.mcfaj.org/mx.html

昨年からスポットですが3回ほどエントリーしているレースです。

昨年は最終戦から昇格して「エキスパートジュニア」クラスとなったので、今年も開幕戦から同クラスへエントリーしました。

初めてエントリーした最終戦ではマシントラブルなども有り、3位表彰台止まりで終わりましたが、エントリー2回目となる今回こそは、一番高い表彰台を目指してレースに挑みました。
20190216_02 20190216_04
コースコンデションは完全なドライで、所々に早朝の霜柱が溶けてスリッピーな所も有りましたが、非常に良いコンデションでした。
20190216_03 20190216_05
気温は公式練習の始まる9時頃でも6~7度くらいしか有りませんでしたが、3週間前のテスト時と殆ど同じような気温でしたので、キャブセッティングさえ外さなければ、間違いなく優勝の予定でおりました。
20190216_10 20190216_06
午前のヒート1はスタートも悪くなく、4位で1コーナーを通過し、次の2コーナーでは3位まで浮上、そのまま1周目は前2台をプッシュしながら戻ってきました。

ところが2週目の中盤で惜しくも転倒してしまい、4位まで落ちてしまいました。

そのまま追い上げ切れずに残念ながら4位でゴールとなりました。

午後のヒート2はクジ運も悪く一番端からのスタートとなり、案の定4スト「CRF150R」勢に寄せられ、1コーナーを出たところでは最下位でした。
20190216_07 20190216_08
最下位からのスタートでしたが、その後猛烈な追い上げを掛け1周目で5位まで浮上し、2週目には3位で戻ってきました。



予定通りの展開で、このまま離されずに食らい付いて行き、相手が疲れて来た頃の残り5~6分のところで勝負の予定でしたが、やはり最下位からの追い上げで、こちらの方が体力切れとなり、そのまま今回も3位止まりの結果となりました。

先頭を走るライバルの何台かは、過去に抜かした事のある選手ですが、実は相手の「CRF150R」の方が、うちの「KX85」よりラップタイムは数秒ほど速いんです。

それでも勝てたのは過去3回出場したレースはマディーコンデションで、然程マシンの性能差が出なかったのと、出場台数も多かったからだと思います。

今回のレースは過去3回出場したレースと異なり、コースコンデションが非常に良く、ジャンプの角も削れて丸くなり非常に走り易くなっておりました。



あれだけ練習して行った1コーナー後のジャンプも埋められ平らになっていたので、その成果も今回は活かせず、マシンの性能差がハッキリ出たレースのように思いました。

特に1コーナー後のジャンプは優しくなって、ただの急こう配と化していたので、コーナー直後の急な坂道では2スト「KX85」では分が悪く、ここで既に数秒の差が付けられてる様にも思いました。

マシンを換えれば簡単にも思いますが、今回も色んな事が分かったので、もう少し「KX85」でチャレンジしてみたいと思います。

今回は弟の<Ryoくん>と<syunくん>に<ヒトシくん>がサポート&応援に来てきれました。
20190216_11 20190216_09
ヒート1の始まる頃には駆け付けてくれた<ヒトシくん>は、わざわざコーヒー豆と自前のミルまで持参してくれて、美味しい挽きたてコーヒーを入れてくれました。

早朝から皆さん大変お疲れ様でした。

オフロード車!特価販売中!
HONDA CRF250L                        CRF250L RALLY
20131223_5 20170213_01_2
ファンホイールズでオフロード始めてみませんか!?
小さなお子様(3歳くらい~)~女性、初心者大歓迎です。
装備の揃え方からライディングテクニックまで、伝授いたします。


ヘルメット、ブーツ、プロテクター類も販売いたします。
お気軽にお問合せください。

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。

Winter_sale_2
★ウインターセール開催中!

 

| | コメント (0)

«KX85キャブレターOH