2018年6月17日 (日)

ル・マン24時間レース 

WEC 2018-19 第2戦 ル・マン24時間決勝レースが行われました。

「TOYOTA GAZOO Racing」、悲願のル・マン初制覇でした。

20180617_01

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土)

SRX400レギュレータ交換

20180616_01「SRX400」にお乗りのお客様より、故障診断の依頼がありました。

事の始まりは、ある日セルフスタートが出来なくなり、お客様としては「バッテリー」上がりを疑い、ご自身で「バッテリー」を新品に交換したそうですが、その「バッテリー」も直ぐに上がってしまったそうです。

近所にお住まいのようでしが当店には初めての方で、バイクはネットオークションの個人売買で入手したという、1991年式の27年も前の旧車でした。

20180616_02なので電装回りにしても老朽化が進んでいるでしょうから、診断にも時間が掛かりそうに思ってましたが、呆気なく原因が分かり、「レギュレータ」がパンクしている事が分かりました。

正常な充電電圧が掛かってなかったので「バッテリー」上がりを起こしたようで、辛うじて過充電には今回なってなかったようで、「バッテリー」も補充電で生きかえりました。

年式の古いバイクの割には非常に綺麗な「SRX400」で、他は整備も行き届いてるようなので、これからも大事に長く乗ってあげてください。

また何かあればご相談ください。

有り難う御座いました。

レギュレート/レクチファイヤ
この部品は、エンジンの回転が上昇するにつれて増加するジェネレータ(発電機)からの交流出力を、適正な電圧に制御すると共に直流を整流する機能を持ち、半導体で構成され、作動時に発熱するので放熱性を良くする為、冷却フィンの付いたアルミケースの中に基盤を樹脂で封入している部品です。

| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

危険つるつるタイヤ!

20180615_01ほぼ毎日のようにやってる「タイヤ」交換ですが、今日やった2台は共に後輪「タイヤ」がツルツルでした。

久し振りに見る凄い状態で、最初の「Super CUB50」は当初パンクの訴えで車両を預かりましたが、それ以前に「タイヤ」の溝が完全に無くなりツルツルの状態でした。

前回の交換から2年以上経ち距離も1万4千キロ近く走ってるので、お客様も分かっているようで、即「タイヤ」交換とさせて頂きました。
20180615_02 20180615_03
続けざまに「エンジンオイル」の交換で来た「LEAD110」も同様に「タイヤ」がツルツルでした。

その事を告げたところお客様にも自覚があったようで、最近やたらに後輪が滑るようになっていたらしいです。

入梅したこの時期に大変危険なので、お勧めして「タイヤ」交換させて頂きました。
20180615_04 20180615_05
溝の無くなったツルツルの「タイヤ」では、特に雨の多い梅雨時期は「タイヤ」が滑って危険です。

また梅雨が開けて真夏の炎天下なら気温30度でアスファルト路面温度は50度以上になり、磨り減って薄くなった「タイヤ」はバースト(破裂)も怖いです。

こんな状態で乗り続けている方は早めに「タイヤ」交換して頂きたいと思います。

只今!「タイヤ」交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用「タイヤ」の殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無い「タイヤ」でも、基本的に注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

KX85-Ⅱ戦闘準備!

20180614_014月のエンデューロに続き、今度はスプリントレースに参戦決定で、それに向け準備を始めました。

この「KX85-Ⅱ」でも数年振りのレースで、しかも本格的なのは初めてなので、ほぼマシンもストック状態のままです。

なので少しでも安全で乗り易くするために、サスペンションやポジョンなどの変更を行うことにしました。
20180614_02_2
開催日も近づいてきたし、頼んでおいたスペシャルパーツも入荷してきたので、そろそろ戦闘準備の開始です。

| | コメント (0)

2018年6月13日 (水)

フォーサイト9万キロ突破!

20180613_01FORESIGHT EX」の「ブレーキパッド」交換をしました。

このバイクは当店で販売したものではありませんが、’08年くらいから彼此10年以上診ている常連様の車両です。

’99年式の車両で走行1万8千キロくらいの頃から診てますが、新車から19年経つ今回、なんと走行9万キロを突破しました。

今回は10日ほど前に「エンジンオイル」の交換で来店された際に勧めていた、フロントの「ブレーキパッド」交換でお越し頂きました。

フロント側ブレーキは、「ブレーキディスク」も丁度1年くらい前の8万キロを越した頃に1度交換してますが、「ブレーキパッド」に関しては、今回が8回目の交換となりました。
20180613_02 20180613_03
概ね8千~9千キロで交換して来ておりますが、今回は少し交換が遅れてしまったようで、摩擦材のスリットも消えてしまってました。

次回は、もう少し早めの交換をお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年6月12日 (火)

カゼ50ブレーキシュー交換

20180612_01当店で’14年に販売した「X'pro風50」です。

このお客様も年3~4回のペースで頻繁に来る方で、今回も「エンジンオイル」の交換でお越し頂きました。

作業の合間いつものように軽くバイクの周りをサービス点検しあげたところ、リヤ「タイヤ」にスリップ・サイン(磨耗限度表示)が出ており、「ブレーキシュー」の調整代も無くなり交換時期でした。

どちらもホイールを外す丁度いいタイミングなので、追加で「タイヤ」&「ブレーキシュー」も一緒に交換させて頂きました。

フロント側の「タイヤ」は過去に1度しか交換しておりませんが、リヤ側は今回で2回目の交換となりました。
20180612_02 20180612_03
新車から3年7ヶ月で1万4千キロほど走る車両ですが、「ブレーキシュー」に関しては今回が始めての交換でした。

最後に「エンジンオイル」の交換を行い全て作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

トゥディ24ヶ月点検

20180610_01台風(5号)が近づく今日は一日雨でした。

そんな雨のなかを予約を頂いてたお客様が、「TODAY」の「点検」で予定通りに来てくれました。

この車両は’09年に当店で販売した車両ですが、このお客様も頻繁に来店される方で、「点検」にも毎年欠かさず来て頂いております。

この度も新車から9年目(9回目)の1年「点検」で、24ヶ月「点検」を実施させて頂きました。

走行距離は短く、やっと8千キロを超えたところですが、9年近く経っている車両ですので、駆動系なども開けて細かく診てゆきました。

流石に距離が短いので、時間が経っている割には「ドライブベルト」の劣化もなく、「ウエイトローラー」や「クラッチシュー」の損耗もありませんでした。
20180610_02 20180610_03
エンジン回りに関しては、「点火プラグ」と「エアフィルター」が換え時だったので交換しました。

どちらも今回が新車から初めての交換で、「点火プラグ」は中心電極が減り、「エアフィルター」は真っ黒になってました。
20180610_04
それから「タイヤ」が前回の交換から3年経ち、特に後輪に関してはスリップ・サイン(磨耗限度表示)も出ちゃってたので、一先ず後輪「タイヤ」だけは今回交換させて頂きました。

最後に「エンジンオイル」の交換を行い、全ての「点検」&「整備」を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年6月 9日 (土)

The all new Honda CRF450L

欧州とアメリカで「CRF450L」が正式発表

https://young-machine.com/2018/05/24/9990/

レーサー「CRF450R」ベースに保安部品を装着し公道仕様にしたロードゴーイングレーサー

LEDヘッド/テールライト、セルスターター、6速ギアボックス、リアスプロケットダンパー、サイドスタンドなど公道走行に必要な保安部品が標準装備。
20180609_01
アメリカでは10,399ドル(@US$1=約109円 約1,139,000円)

Summer_sale_4_2★サマーセール開催中!

| | コメント (0)

2018年6月 8日 (金)

スペイシー フロントフォークオイル漏れ!

20180608_02「SPACY100」にお乗りのお客様から、「フロントフォーク」からのオイル漏れの訴えでした。

平成20年に初度登録の車両なので、「オイルシール」の経年劣化が主原因と思われますが、「インナーチューブ」の方にも多少キズや点サビが出ておりました。

サビは上の方に多く出ており、摺動部には少なくキズも浅かったのですが、このキズやサビが「オイル・シール」のリップ部を損傷させ、オイル漏れした可能性もゼロではありません。
20180608_01_2 20180608_03_2
なので本来はサビた「インナーチューブ」は交換するのが望ましいのですが、今回は修理代を抑えるためにも、「インナーチューブ」はポリッシュしてキズやサビを出来る限り落して再使用する事にして、「オイルシール」だけを交換して修理を終えました。

| | コメント (0)

2018年6月 7日 (木)

シグナス ブレーキパッド交換!

20180607_03_2「CYGNUS」にお乗りの方から「エンジンオイル」の交換を頼まれました。

初めての方かと思ったら3月にも来た事があり、「タイヤ」交換をやったお客様でした。

この’13年式「CYGNUS」は、ご友人から譲り受けたもので、過去の整備状況も分らないらしいので、せっかく今回リピートして頂いた事でもありますし、軽くバイクの周りを診て差し上げました。

するとフロントの「ブレーキパッド」摩擦材が全く無くなってる事が分かり、急遽「ブレーキパッド」も追加で交換させて頂く事になりました。
20180607_01 20180607_02
外した「ブレーキパッド」はピストン側が台座の地金が出る寸前まで磨耗し、反対側もスリットが消えかかるほど減っておりました。

ヤバイところで気が付き交換できて良かったネ!

毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ・パッド」の使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

フォーサイト点検整備!

「Foresight EX」にお乗りのお客様から、諸々の点検や整備を頼まれました。

2ヶ月前にも遠く埼玉県から来て頂いた方で、今回は始動性の問題や「タイヤ」交換などの依頼でした。

始動性の問題は「キャブレター」のOH(分解清掃)や、二次エアを吸い込んでいた「インシユレーター」の交換と、真っ黒に汚れていた「エアフィルター」を交換して改善いたしました。
20180606_01_2 20180606_02
「タイヤ」に関しては、スリップサイン(磨耗限度表示)も消えて、溝も殆ど無くなり掛けておりました。
20180606_04 20180606_03
製造年月日を見ると3年以上も前の「タイヤ」のようで、経年劣化によるクラック(ヒビ割れ)も酷かったので、前後とも新品に交換させて頂きました。
20180606_06 20180606_05
スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは、法律で決められた「タイヤ」の使用限度を示すサインで、「タイヤ」トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)

最後に「エンジンオイル」の交換を行い、今回の全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年6月 5日 (火)

2018WCT日本GP

2018 FIM 「トライアル世界選手権」 第2戦(6/3)
日本グランプリ(ツインリンクもてぎ)が終わりました。

http://www.honda.co.jp/WCT/race2018/rd02/

Repsol Honda Teamは<#1 Toni Bou>が表彰台に返り咲き、
ランキングトップを奪取しました。
20180605_01
<#3 Takahisa Fujinami>は9位でした。
20180605_02

トライアル世界選手権 入賞応援感謝Tシャツのご案内

HRC トニーボウ Tシャツ 受注限定品 3,240円(税抜)
20180605_03 20180605_04
HRC フジガス Tシャツ 受注限定品 3,240円(税抜)
20180605_05 20180605_06
■表示価格は消費税抜き価格です。
■在庫は御座いませんので、全て取寄せとなります。
■~6月14日(木)まで、受注期間限定商品です。
ご注文はお早めに!宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2018年6月 4日 (月)

2018ARRC日本GP

「アジアロードレース選手権」 第3戦(6/3)
日本グランプリ(鈴鹿サーキット)でした。

昨日も<ヤス坊さん>とライブ放送観てました。
UB150(アンダーボーン)がおもしろかった。

http://www.honda.co.jp/ARRC/race2018/rd03/ap250.html

AP250(市販車ベース)クラスは、Astra Honda Racing Teamの<#123 Rheza Danica Ahrens >が両ヒートを制し、ランキングトップを維持しました。
20180604_01

| | コメント (0)

2018年6月 3日 (日)

2018第7回サーキット走行会!

20180603_01_3「VT250SPADA」今年7回目の「桶川スポーツランド」でした。

気温30度越え路面温度は60度越えだったそうで、やはりエンジンは熱ダレしまくりだったようです。

タイヤは終わりに近づいている頃で、まだコントロールできるレベルらしいですが、スライドするようになってきたらしいです。

6月はレース用タイヤサポートキャンペーンなので、今月中に注文を入れておこうと思います。

ロードスポーツ車!特価販売中!
CBR250RR               GROM
20161024_11 20161024_08
ファンホイールズでモータースポーツ始めてみませんか!?
初心者、女性 大歓迎です。
装備の揃え方からライディングテクニックまで、伝授いたします。

GROMレースベース
http://www.honda.co.jp/HRC/products/machine/grom/
20160501_01

ブーツ、グローブ、レザースーツも販売いたします。
お気軽にお問合せください。

宜しくお願い致します。

Summer_sale_4_2★サマーセール開催中!

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

シグナス バッドピン固着!

20180602_04「CYGNUS」にお乗りの方から前「タイヤ」と、「ブレーキパッド」の交換を頼まれました。

初めての方かと思ったら1月にも来た事があり、更に調べると3年ほど前にも1度来店され、「エンジンオイル」の交換をやった事のあるお客様でした。

今日は、その1月の来店時に勧めておいた消耗部品の交換で来て頂きましたが、あれから4ヶ月以上経ち距離も千キロ以上走っちゃっていたので、「タイヤ」はスリップサイン(磨耗限度表示)も消えかかり、溝が殆ど無くなり掛けておりまし20180602_01_2た。

減りも然る事ながら経年劣化によるクラック(ヒビ割れ)も酷かったので見てみたら、なんと!’09年11月製造の「タイヤ」が付いておりました。

この「CYGNUS」は’10年式なので、恐らく今回が新車から8年目で初めて行う前「タイヤ」の交換だったようです。

これらの消耗部品は早急に交換するよう勧めていたのですが、あれから4ヶ月以上も交換を引き延ばしてしまったので、「ブレーキパッド」も摩擦材が無くなり酷い状態になっておりました。
20180602_02 20180602_03
そして恐らくブレーキのメンテナンスもやってなかったようで、キャリパーのピストンはサビサビな上に汚れがたっぷり堆積しておりました。
20180602_05 20180602_06
嫌な感じはしてたのですが、極め付けで例のパッドピンが固着し、案の定ビクともしませんでした。
20180602_07_2 20180602_08
このパッドピンを抜き取るのに今回も2時間以上の時間を費やし、なんとか「ブレーキパッド」の交換を終えましたが、暫くの間「ブレーキパット」の地金でブレーキしていたため、ディスク板の方もかなり荒れちゃっておりました。

こちらは軽くローター面を磨いておきましたが、「ブレーキ液」なんかも交換してないようなので、一度ちゃんとした整備をするようお勧めします。

原付と言えども乗りっ放しのノーメンテでは、その先かえって高い修理代がかかりますので、今後は定期的な点検・整備を受けて頂けますようお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年6月 1日 (金)

ズーマー タイヤ交換

20180601_01このお客様とも彼此11年近いお付き合いになります。

この「ZOOMER」は、’14年に、それまでお乗りの同じ「ZOOMER」から乗り換えを頂いたもので、今年で新車から4年目に入りました。

今回は、先日「エンジンオイル」の交換で来店された際に勧めていた、リヤ「タイヤ」の交換でお越し頂きました。

既に去年交換の終わってるフロント「タイヤ」も2万キロ以上持ちましたが、今回のリヤ「タイヤ」も2万5千キロ以上走って新車から初めての交換でした。

20180601_02一般的に「ZOOMER」の場合は1万4~5千キロで交換時期になる方が多いのですが、この方の場合は体重も軽く走り方も優しいので、「タイヤ」の持ちが良いようです。

しかも普通は駆動輪のリヤ「タイヤ」が先に減るのですが、この「ZOOMER」は5千キロも早くフロント「タイヤ」を先に交換しました。

「ZOOMER」の「タイヤ」はオフロードをイメージしたブロックパターンが特徴なのですが、それが災いしてか?操舵輪のフロント側が先に偏摩耗してしまう傾向にあるようです。

なので今回もフロントで交換したのと同じ、普通のトレッドパターンの「タイヤ」にしました。

こちらの方が乗り心地も性能も上なので、安全、快適なバイクライフを過ごして頂きたく、お勧めしてみました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月31日 (木)

T1-125 エンジン始動不能!

20180531_01当店で’15年に販売した「T1-125」です。

このお客様も大事に乗ってる方で、点検も頻繁にされてたのですが、新車から2年9ヶ月目で壊れてしまいました。

突然エンジンが掛からなくなり、当店で診させて頂いたところ、「燃料ポンプ」が壊れていました。

走行距離も4千キロ少々と少ないのですが、保証期間も切れていて、当店でもどうしようもありませんでした。

20180531_02しかも壊れたこの部品「燃料ポンプ」が日本に無く、メーカー(台湾)でもBOとなっていて、なんと調達に約2ヶ月も掛かってしまい、大変お待たせする事になってしまいました。

ご迷惑を掛けてしまいしたが、修理完了いたしました。

今後も部品供給の問題など不安が残りますが、当店でできる事は努力いたしますので、よろしくお願いいたします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月30日 (水)

CRF2019MODEL

HRCがワークスマシンに採用している技術(ローンチコントロールシステム)を初採用するなど、仕様の一部を変更して受注期間限定で発売。

「CRF450R」「CRF450X」ニュースリリース
↓↓↓
http://www.honda.co.jp/news/2018/2180524-crf450r.html

「CRF450R」「CRF450X」 製品情報
↓↓↓
http://www.honda.co.jp/CRF/crf450r/
http://www.honda.co.jp/CRF/crf450rx/
20180530_02 20180530_01
「CRF250R」「CRF250X」ニュースリリース
↓↓↓
http://www.honda.co.jp/news/2018/2180524-crf250r.html

「CRF250R」「CRF250X 製品情報
↓↓↓
http://www.honda.co.jp/CRF/crf250r/
http://www.honda.co.jp/CRF/crf250rx/
20180530_03 20180530_04

ご予約受付中!
ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。

Summer_sale_4_2★サマーセール開催中!

| | コメント (0)

2018年5月29日 (火)

カゼ50 ドライブベルト交換!

20180524_01当店で’13年に販売した「X'pro風50」です。

この度は「エンジンオイル」の交換で来店でしたが、このバイクも今年で新車から6年目に入り距離も2万キロを超えたので、この機会に駆動系の整備をお勧めしました。

距離的に「ドライブベルト」は定期交換になるのですが、同時に駆動系の隅々を細かく点検させて頂きました。

結果的には他に大きな損耗はありませんでしたが、減り始めの「ウエイトローラー」と「スライドピース」に関しては、次の4万キロまでは持ちそうになかったので「ドライブベルト」とセットで交換させて頂きました。
20180524_02 20180524_03
それからフロントの「タイヤ」が、気付けば5年以上交換してない事が分かり、見てみたら減りも然る事ながら、経年劣化によるクラック(ヒビ割れ)が酷かったので、こちらも勧めて交換いたしました。
20180524_04 20180524_06
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月28日 (月)

2018インディ500

第102回インディ500決勝レースが行われました。

Hondaは<#9 Scott Dixon>が3位。
20180528_01
昨年に続く連覇を目指した<#30 Takuma Sato>は、
序盤にクラッシュを喫しリタイアでした。残念!
20180528_02

| | コメント (0)

2018年5月27日 (日)

カゼ50 ホイールベアリング交換!

20180527_01このお客様も当店で何台もバイクをお乗り継ぎ頂き、もう10年以上お付き合いを頂いてる大のお得意様です。

この「X'pro風50」に関しては’15年に、それまで乗ていた「JOG」からの乗り換えで、今年で新車から3年目に入り、距離も1万5千キロを超しました。

この度は「エンジンオイル」の交換でお越し頂きましたが、その際に軽くバイクの周りを診て差し上げたところ、フロントホイールのハブ周辺が広域に赤サビで染まってました。

もしやと思い点検して診たところホイールにガタが生じており、「ホイールベアリング」逝っちゃってるようでした。
20180527_03_220180527_04
1万5千キロくらいで逝っちゃうのも少し早過ぎですが、直すしかないのでお客様に説明して交換させて頂きました。
20180527_02
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月26日 (土)

TZR250SPR 12ヶ月点検!

20180526_01<ウミ坊主様>から先日の「ZZR1100」に続き、今度は「TZR250SPR」方のメンテナンスを頼まれました。

3年振りの入庫で「12ヶ月点検」と「ミッションオイル」の交換依頼でした。

暫く乗ってなかった割にはエンジンも掛かり、本人的には調子よく此処まで乗って来れたと・・・・

さっそく作業に掛かりました。

こちらは「ZZR1100」よりも放置期間が長いようで、その間エンジンは掛けていたようです20180526_03_3が、なんか吹けが悪く1発カブって死んでるような感じでした。

なのでエキパイ触って診たところ、右エンジン側が冷たく爆発してないようです。

そこで「キャブレター」のドレンを排出して診たところ、強烈な腐敗臭とともに腐ったガソリンが出てきました。

この匂いで私は体調が悪くなるほどで、その後一週間以上も店内に漂っておりました。

20180526_02燃料タンクの中も真っ赤々に錆々で、キャップの裏には白カビのような錆がふいてました。

急遽「キャブレター」のオーバーホール(OH)になりましたが、イレギュラーな展開で当日作業は無理なので、車両はお預かりとなりました。

後日「キャブレター」のOH(分解清掃)を行い、燃料タンク内やキャップ裏側の錆も落とし、「点火プラグ」も換えて作業を終えました。

エンジンが調子を取り戻したところで、最初に言われてた「12ヶ月点検」と「ミッションオイル」の交換を行い、8年以上やってなかった「ブレーキ液」も前後で交換し、全ての作業を終えました。
20180526_0420180526_05
20180526_06
20180526_07
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月25日 (金)

タクト オレンジ 納車!

20180525_01また当店のお客様からの紹介でバイクの注文を頂きました。

今回は数ヶ月前に原付スクーターの新車を購入頂いた方からで、同じ職場で働いてるお仲間を紹介頂きました。

このお客様も同じ原付スクーターをご希望で、当初は中古車も含め検討で来店されました。

予算や将来的なランニングコストもトータルで考えて頂き、今回は長く安心して乗りたいとの希望から新車をお勧めしました。

そして決めて頂いたのがローシート仕様のホンダ「TACT BASIC」でした。

メーカー在庫も有り即納(1週間~10日)で、車体色も全6色から選べるタイミングでしたので、好きな色を選んで頂き「キャンディーブレイズオレンジ」に決めて頂きました。
20180525_02 20180525_03
一見は派手な色にも見えますが、良くこんなバランスで調合できたなと思うくらい実際には派手過ぎず地味過ぎずで、要若男女OKなベストな色合いでした。

造形美と言い、最近のホンダはデザイナーがヤバイですね。

「TACT」排出ガス規制対応2018年モデル!生産拠点を今までのベトナムから日本の熊本製作所に移管され、メイドインジャパンとなって絶賛発売中!

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!

宜しくお願い致します。

Summer_sale_4_2★サマーセール開催中!

| | コメント (0)

2018年5月24日 (木)

アドレスV100駆動ベルト粉砕!

「ドライブベルト」が切れたらしく、バイクを押して来た人から修理を頼まれました。

うちの前の国道を通過中に切れたようで、仕事か何かで遠く藤沢の方から来てるようでした。
20180529_01_2
バイクは数ヶ月前に友達から貰ったものらしく、4万キロ近く走る古い’96年式の「ADDRESS V100」でした。

状況から訴え通りに「ドライブベルト」切れに違いなさそうでしたが、そんなバイクなので他の部分も壊れてないか、事前に調べてから受ける事にしました。

お客様が居る間に立ち会ってもらい、エンジンカバーを開けて駆動系を細かく点検してみました。

やはり「ドライブベルト」は切れていたのですが、切れていると云うよりはバラバラに粉砕してケース内に散らばっておりました。
20180529_02_220180529_06_2
もちろん丸い筈の「ウエイトローラー」も角張ってしまい、「スライドピース」なんかも減ってガタガタで、極め付きは「ドリブンフェイス」が壊れておりました。
20180529_03 20180529_04
恐らくトルクカムやピン穴が磨耗しピン&ローラーが脱落したらしく、「ドリブンフェイス」を突き破りロックして動かなくなっておりました。

主原因の粉砕した「ドライブベルト」に加え、「ウエイトローラー」と「スライドピース」に「ドライブフェイス」の全てを新品に交換しました。
20180529_05 20180529_07
ここまで来ると心配なので、エンジンカバーが開いてる序に「ミッションオイル」もお勧めして交換させて頂き、全ての作業を終えました。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

ZZR1100 レバー類交換!

<ウミ坊主様>からカスタムと言うか?修理の依頼で、ブレーキ&クラッチのレバー交換を頼まれました。

<ウミ坊主様>も暫く乗ってない時期がありましたが、また去年くらいから乗り始めました。

調子を崩していた「ZZR1100」も、この1年を通して修理を重ね、やっと本調子になりました。

特に最近は毎週バイクに乗ってるようで、「エンジンオイル」や「点火プラグ」の交換などで頻繁に来店されてます。
20180523_01
その矢先にやってしまったようで、ある日バイクを押して急な坂道を登っている最中に倒してしまったようです。

被害は最小限でしたが、「ブレーキ・レバー」が折れてしまいました。

この「ZZR1100」はブレーキもクラッチ側も「Brembo」の「マスターシリンダー」に換装してますが、それも15年以上前の可倒しないタイプの鋳造品なので、切欠の所でポッキリ折れました。

今回はそれの修理の依頼でレバー交換を頼まれましたが、どうせ交換するなら「Brembo」純正に拘らず、最新の可倒式タイプをお勧めしました。
20180523_02 20180523_03
これなら転倒によるダメージを最小限に抑えてくれて、高速領域での風圧をかわすベンドホールも付いてますし、アルマイト処理された全面切削加工品なので見た目もカッコいいです。
20180523_04 20180523_05
そんな流れで「クラッチ・レバー」側も同じタイプの可倒式へ交換し、少しキズの付いたアンダーカウルの「キャップホルダー」も新品交換して作業を終えました。
20180523_06 20180523_07
また頼まれた修理が発端でカスタムしちゃいました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

フェイズ フェンダー交換

20180522_01約9ヶ月振りに「小田原」から来てくれたのは、当店で2010年に販売した「FAZE」のお客様です。

4日前に連絡があり、今回は割れてしまったフロント「フェンダー」と、「エンジンオイル」の交換を頼まれました。

頻繁に来れる方ではないので、他にも交換が必要な部品はないか調べておきました。

新車から8年目のバイクですが、未だ月平均で8百キロ強は走っているようなので、総走行距離は6万6~7千キロくらいと想定し、過去の整備歴をチェックしてみました。
20180522_03 20180522_02_2
すると前回の来店でリヤ「タイヤ」は換えてますが、フロント「タイヤ」は1年半前に交換してから1万6千キロくらいは交換してないようなので、事前にフロント「タイヤ」だけは注文を入20180522_05れて準備しておきました。

予定通り来店され車両を点検してみたところ、案の定フロント「タイヤ」は交換時期を超えて損耗激しかったので、頼まれていたフロント「フェンダー」と共に新品に換えさせて頂きました。

それからリヤブレーキから異音がするとの訴えもあったので調べたら、「ブレーキパッド」の摩擦材が全く無くなっておりました。

20180522_04こちらも1万6千キロ近く交換してなく地金の一部がディスクに当たっておりました。

同様に「点火プラグ」も2万5千キロ近く交換してなく、「ブレーキパッド」も「点火プラグ」も在庫があったので新品に換えさせて頂きました。

最後に球切れしてた右前「ウインカーバルブ」と、「エンジンオイル」の交換を行い今回の全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

RAPIDE-IR 入荷!

20180520_01_2また<ケンちゃん>から色々頼まれました。

この一年バイク「GPZ900R」に乗る機会も増えてきた<ケンちゃん>ですが、つい先日も6百キロほど走るツーリングへ行ってきたそうです。

走り屋の若者達に混ざっての久し振りのロングツーリングに、大変お疲れになったようです。

そこで今後は少しでも楽なライディングがしたいと頼まれたアイテムが、「スロットルアシスト」と「パームカバー」です。
20180520_02 20180520_03
やはり長距離ツーリングは手にくるらしいので、今回はグリップを握らずに手のひらでスロットル操作が出来る「スロットルアシスト」と、グローブの上から装着して振動を吸収し疲労軽減に役立つ「パームカバー」の発注でした。
20180520_06
少し納期が掛かり発注から9日ほど掛かりましたが、追加で4日前に頼まれたヘルメットと同時に入荷して来ましたので、さっそく連絡して本日ご来店頂きました。

気が付けば今被ってるヘルメット「MZ」も5年ほど経っているので買い替えとなりましたが、今回は同じ「ARAI」でも今までの「オープンフェイス」からタイプを換えて、「フルフェイス」タイプの「RAPIDE-IR」で発注を頂きました。

今後は高速道路や峠などアグレッシブな走りも想定し、昔に戻って「フルフェイス」ヘルメットに若返りを果たしました。
20180520_04 20180520_05
ヘルメット注文の際には必ずセットで注文される「ミラーシールド」ですが、今回もセミスモークのシルバーで一緒に注文を頂きました。
20180520_07
毎度有り難う御座いました。

そんな感じで、当店の常連様方は平均5~6年毎にヘルメットを買い換えていますが、それは何故かと言えば、ヘルメットにも当然寿命が有るからなのです。

内装パッド類に使われるウレタンフォームは劣化しても交換できるものが多くなってきましたが、帽体のFRP(繊維強化樹脂)に使われている樹脂には吸湿性があり、水を含むと内部の強化繊維が剥離を起こし、最長5年くらいで強度的に寿命となり衝撃でバラバラになります。(古いヘルメットって重くなりますよね!・・・)

衝撃吸収材の発泡スチロールはもっと早く経年劣化し、表面から徐々に酸化して強度低下が進み約2~3年で寿命といわれています。

その他、顎ヒモなども時間とともに磨耗、劣化していくため、SGマークに付いている対人賠償責任保険の有効期間(製品の耐久性を考慮して設定)も購入後3年を設定しています。

ヘルメットは決して安いものではありませんが、定期的に買い替えが必要な消耗品です。

被っていれば交通違反には成りませんが、事故を起こした時にはヘルメットの役目をしません。(死にます。)

当店では、「ARAI」以外にも「SHOEI」、「OGK」、「LEAD」などのヘルメットも取り扱います。

古くなって買い替えを考えている方!ご注文お待ちしております。
店頭在庫は有りませんので、色やサイズを確かめてご注文ください。
宜しくお願いいたします。(カタログ注文後の取寄せとなります。)

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

シグナス「エンジン警告灯」

「CYGNUS X」にお乗りのお客様から、「エンジン警告灯」が点灯しているとの訴えがあり修理を頼まれました。
20180519_01 20180519_02
このお客様も年2~3回ペースで起こし頂く方で、車両は当店で販売したものではありませ20180519_05んが、かれこれ7年以上のお付き合いを頂くお得意様です。

エンジン自体に不具合は出てないようでしたが、何処かで何らかのトラブルが起きてるには間違いないので調査して行きました。

専用ツールを接続しエラーコードを検出したところ、42の「スピードセンサー」だったので更に調べたところ、スピードメーターが動いておりませんでした。

若しかしてと思い「メーターケーブル」を調べたところ、あっけなく「メーターケーブル」が切れてる事が分かりました。
20180519_03 20180519_04
原因が分かったので「メーターケーブル」を新品に交換し、無事に「エンジン警告灯」も消え修理を終えました。
20180519_06 20180519_07
せっかく来店頂いた序なので、軽くバイクの回りを診て差し上げたところ、フロントの「ブレーキパッド」が交換時期なのと、そろそろ「ブレーキ液」の方も前回の交換から2年近く経つので、交換させて頂き全ての作業を終えました。
20180519_0820180519_09
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

ZX-10R タイヤ交換!

20180518_02今日は午後から「ZX-10R」の「タイヤ」交換をしました。

<ヤス坊さん>に頼まれてた「タイヤ」ですが、入荷したので連絡したところ、たまたま今日は仕事が休みだったようで、直ぐに来店頂く事になりました。

この数年<ヤス坊さん>もバイクに乗らなくなりました。

前回の「タイヤ」交換からは5年5ヶ月ほど経っておりますが、その間に走った距離は非常に20180518_03少なく5千キロ程度でした。

なので3年経っても4年経っても「タイヤ」が減らなかったので、あえて今までは強く勧めてなかったのですが、流石に5年以上経って古くなってきた「タイヤ」は危険と判断し、今回はお勧めして交換して頂く事となりました。

今後も「タイヤ」の減るのを待ってると平気で5年~6年経っちゃいそうで、そうなると劣化(硬化)して性能の落ち20180518_04た「タイヤ」で走り続ける事になり、かえって危ないので、今回は前回より更にコンパウンドが柔らか目で交換サイクルの早い「タイヤ」をお勧めしてみました。

<ヤス坊さん>もライフよりグリップ重視の「タイヤ」を希望だったので、今回は今まで2回履いた「MICHELIN」から「PIRELLI」に銘柄を換えて、モデルチェンジして登場したばかりの「DIABLO ROSSO CORSAⅡ」にしてもらいました。

ラッキーな事に、この「DIABLO ROSSO CORSAⅡ」は、たまたま今回「タイヤキャンペーン」対象商品だったので、「ピレリ オリジナルキャップ」がプレゼントになりました。
20180518_01 20180518_05
<ヤス坊さん>良かったネ!

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

モンキー トライク

三輪「MONKEY」の修理を頼まれました。

後輪が三輪に改造され、ミニカー登録された青ナンバーの「MONKEY」でした。

1年くらい放置したらエンジン始動が困難になり、始動できてもアイドリングが不能の訴えでした。

20180517_01近所にお住まいのようでしが当店には初めての方で、既に当店に来る前に3店舗くらいを回って断られて来たらしいです。

そんな依頼なので事情を聞くと、近所の大手パーツ量販店では「点火プラグ」を交換させられたようですが症状は回復せずに、それ以上の修理はして貰えなかったそうです。

メーカー直営店などにも頼んだそうですが、改造車だからでしょうか?取り合ってくれなかったそうです。

それで最後に辿り着いたのが当店のようですが、当店も既に他の修理で預かってるバイクで満車でした。

なので一旦は当店もお断りしようと思いましたが、大変お困りのようなので今回も何とかバイク預かる事にしました。

症状から原因は単純そうでした。

恐らく「キャブレター」の詰まりに違いなさそうだったので、分解してスロー系を軽く掃除してあげたら、あっけなくエンジンは掛かり、アイドリングも安定するようになりました。

また何か有ればご相談ください。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

«リード125 特別カラー!